『椿町ロンリープラネット』12巻までネタバレ!王道展開の少女漫画【無料】

更新:2020.12.8 作成:2019.4.3

高校生の大野ふみは、ある日父の借金により家を追い出され、住み込みで家政婦をすることに……。彼女は、何かと理解し難い行動の多い雇い主・木曳野暁に振り回されるものの、しだいに彼の人間性に惹かれていくことになるのです。 「このマンガがすごい!2020」オンナ編でもトップ20入りした本作。この記事では不器用な2人の恋模様が魅力的な『椿町ロンリープラネット』について、見所を紹介していきます。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

『椿町ロンリープラネット』が毎日無料で読める!12巻までの見所をネタバレ紹介!【あらすじ】

始めは嫌い合っても、だんだんお互いに惹かれていく王道的な展開が本作の魅力でしょう。まずは作品のあらすじから紹介します。

父親と2人暮らし、裕福とは言えないながらも、毎日を幸せに過ごしていた女子高生・大野ふみ。

しかし、ある日突然、父親の借金により家を追い出されることになります。そして父親と離れて、住み込みの家政婦として働くことになりました。

そんな彼女の雇い主は、小説家の青年・木曳野暁。目つきも態度も悪くぶっきらぼうな彼に、当初は反感を持ったり、理解できないと頭を悩ませていたりしたふみですが、彼の純粋で真っ直ぐなところにしだいに惹かれていくように。

一方の暁も、年の割に落ち着き、何かと気にかけてくれる彼女を意識していくようになるのです。

ここからは『椿町ロンリープラネット』を12巻まで紹介していきます。ネタバレも含みますので、苦手な方はご注意ください。

ネタバレなしで読みたい方や、すでに本作が気になった方は、まずはスマホの漫画アプリで読むのがおすすめです。下のボタンから簡単にインストールできるので、ぜひご利用ください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

女子高生に大人気!作者・やまもり三香とは

2005年に、オールマーガレット新人まんが賞に入選してデビュー。『ひるなかの流星』が実写映画化するなど、デビューから十数年ながら、人気と実力双方を兼ね備えた人気漫画家です。

やまもりは、メインとなる2人の恋を周りがサポートしたり引っ掻き回すという、群像劇に近い方法で恋愛物を描いています。

多くの少女漫画でもメイン以外のサブカップルの話や、第三者によるちょっかいというものを描きますが、やまもり作品は他の少女漫画より、さらにそれらの要素を盛り上げて描いているのです。

著者
やまもり 三香
出版日
2011-10-25

 

サブカップルについては、好きになる過程や衝突などメインにも劣らない起承転結をきちんと描きますし、横恋慕をする第三者を次々と登場させていきます。そのため、常に新しい緊張感やトキメキを感じることが出来る展開を生み出します。

サブキャラを丁寧に扱うからこそ、メインのキャラクターの人間性がさらによくわかり、きちんと「生きた人間」として見ることが出来る。それが、やまもり作品の特徴といえるのではないでしょうか。

やまもり三香のおすすめ作品を紹介した<やまもり三香のおすすめ胸キュン漫画4選!実写化作品『ひるなかの流星』など>の記事もおすすめです。

作品の魅力1:主人公が純情でかわいい!

本作の魅力は、なんといっても主人公である大野ふみの可愛さではないでしょうか。彼女は非常に素直で真面目で、「いい子」を絵に描いたような人物。しかし、譲れないところは決して譲らない頑固さや、たまにわがままを言うところなど、人間らしい部分も持ち合わせています。

育ってきた環境のせいか、彼女は生活やお金に関すること以外は、ほとんど興味を向けることなく過ごしてきました。そんな彼女が初めて気にしたのが、居候先の木曳野暁。初めての恋に浮かれたり、どこか空回したりする姿は、見ていて微笑ましい部分です。

著者
やまもり 三香
出版日
2015-11-25

 

暁のことが好きすぎて独占欲や嫉妬が出てくるものの、彼を信じようとしたり、自分の想いを隠そうとする健気さには胸を締め付けられることも。飾らない自然体でいるからこそ、読んでいて応援したくなるのかもしれませんね。

素朴で純粋でありながら、きちんと芯のある人間というのが彼女の魅力であり、作品の魅力でもあります。普段はしっかりしているのに、抱擁されてドギマギしてしまう、そんな彼女のギャップは非常にかわいいので要注目です。

 

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

作品の魅力2:一回り違う年の差恋愛!

 

17歳女子高生×29歳小説家という年齢差も、作品の魅力として挙げられるのではないでしょうか。年上男性×年下女性というのは少女漫画の鉄板の1つであり、また憧れのシチュエーションでもありますよね。しかも、この2人の差は12歳。一回り違うので、けっこう大きな年齢差です。

ふみが公式で老け顔とされているので、私服姿で並んだときにそれほどの年齢差は感じられませんが、やはり暁のほうが余裕綽々といった様子が見て取れて、生きてきた年数の違いを感じさせます。

 

著者
やまもり 三香
出版日
2016-03-25

 

暁はもともとイケメンという設定で、過去に多くの女性に言い寄られては付き合ってきていたので、女性経験に関してはとても豊富。そんな男性と、恋愛未経験の純情女子が付き合うのですから、まずはその設定だけで胸キュンですよね。

年の差恋愛の楽しいところは、年上男性が普段は余裕そうにしているのに、相手の意外なアプローチにドキドキしたり余裕をなくすところ。そして、年下女性が恋にいっぱいいっぱいなるところではないでしょうか。本作も、その王道のポイントをしっかり押さえていて、読む側がワクワクするような展開が満載です。

経験の差、年齢の差で、なかなか恋愛面では噛み合わないこともある2人ですが、だからこそ徐々に寄り添っていこうとする姿が、微笑ましく見えるのかもしれませんね。

 

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

作品の魅力3:サブキャラの恋模様も気になる

 

本作は、人付き合いが下手な暁と、人に本音でぶつかれないふみの、恋愛と心の成長を描いた物語でもあります。そんな本作では、彼らを取り巻くサブキャラたちの動向にも注目したいところ。

まず、サブカップルのメインである、ふみの友人・洋と一心。一心は当初、ふみに何かとちょっかいをかけており、ふみのことを好きになるのでは、と匂わせていました。しかし、彼はふみを異性として見ることはなく、彼女を通して親しくなった洋に惹かれていくようになりました。

ふみと暁にはない高校生同士の初々しさがあり、非常にかわいい組み合わせのカップルです。ふみと暁の仲が進展していくのを追うように2人の仲も進んでいくので、同時に違うタイプのドキドキを味わうことができますよ。

 

著者
やまもり 三香
出版日
2016-06-24

 

また、他のカップル未満のサブキャラについても、片想いのもどかしさや、夢見がちでキラキラしているだけではない恋愛の苦しさ、失恋の悲しさが描かれ、メインカップルでは描ききれない恋の複雑さが表現されています。
 

サブキャラの恋がふみたちに影響を与え、また、ふみたちの恋がサブキャラに影響を与えるという見事な循環を見せる本作。そんな注目のサブキャラがどんな恋をしていくのかも、気になるところでしょう。

 

『椿町ロンリープラネット』11巻までのあらすじ

 

隠そうと思っていた気持ちが溢れ、暁に告白をしたふみ。その行動を彼女は後悔するものの、なんと暁のほうからあらためて交際の提案をされました。

完全ではない部分も多いものの2人は交際を始め、そのなかでしだいに距離を縮めていきます。

 

著者
やまもり 三香
出版日
2018-07-25

訳あって交際の提案をした暁も、いつしか本心からふみに好意を寄せるようになり、たまに喧嘩をしながら、2人の絆はどんどん強いものになっていきました。そして暁の家庭事情や、脆い部分に初めて触れたふみは、彼のためにサプライズ誕生パーティーを開くことにするのです。

問題や間違いはあったものの、パーティー自体は成功。ふみも暁も、変わらず互いへの想いを募らせていました。そのなかで暁が自分に触れてくれているように、ふみも彼と多く触れ合いたいと願うようになるのです。

一緒の布団で寝ても、大切にしたいからと添い寝だけで済ませてくれる暁に、気恥ずかしさと幸せを噛み締めていたふみ。そんな彼女のもとに、ある人物が訪ねてきて……。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

『椿町ロンリープラネット』12巻の見所をネタバレ紹介!

 

ふみの父に借金を押し付けたまま逃げた人物が帰ってきたことで、ふみの父は漁船から降りることができ、また父娘2人で一緒に暮らせることに。

しかし、暁との交際がバレたことで、父と暁のファーストコンタクトは最悪に終わり、ふみと父も少々気まずくなってしまいました。

 

著者
やまもり 三香
出版日
2018-11-22

本巻の見所は、ふみの父のことを知ろうと彼の仕事場まで働きにいく暁と、ふみの父親の話ではないでしょうか。ふみを傷つけないよう、彼女に見られることはない職場で接触の機会を図ろうとした暁。しかし初めて会ったその日にふみの父に殴られてしまいます。

小説の締め切りがあるにも関わらず他にも仕事をするというのは、なかなか大変なこと。それだけふみのことを大事にしているという、彼の想いの強さが見て取れますね。

男親と娘の彼氏という、複雑でありながらも、もっとも近い感情を抱いている両者の話は、見ていてどこか胸が温かくなるような、家族の大切さを思い出させてくれるような、そんな気持ちにさせられます。

暁の真面目さや不器用さ、父親の愛情、ふみを取り巻く「優しいもの」がいっぱい詰まった一冊。今までのふみのように、恋愛に頑張る暁が見られる大切な巻でもありますね。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

年の差、不器用同士の恋愛という、もどかしいながらもキュンとする部分が多い『椿町ロンリープラネット』。すれ違いばかり起きていた2人が、互いには互いだけだと徐々に認識をすり合わせていく姿は、まさに王道。読んでいて非常に楽しくなる作品でもありますね。