漫画『ソマリと森の神様』のあらすじから見所を全巻ネタバレ紹介!【アニメ化】

更新:2019.4.2 作成:2019.4.2

人間の少女と、森の守り人ともいわれるゴーレム。人間が迫害される世界で旅をする、「父娘」の絆の物語です。 Webコミックぜにょんで連載されているファンタジー漫画。幻想的な絵とストーリーで高い人気を得ている本作は、コミックスも次々に発売され、ますます注目度が高くなっている作品です。今回はコミックス既刊分の魅力とあらすじをご紹介しましょう。 ちなみにスマホアプリで無料で読むこともできます!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

漫画『ソマリと森の神様』が面白い!無料で読める!【あらすじ】

 

異形の姿をしたもの達が地上で生き、人間達は姿を隠した世界。そんな世界を舞台に、森の守り人であるゴーレムと、人間の少女・ソマリが親子として旅をする日々を描いたのが、本作『ソマリと森の神様』です。

物語の舞台となる世界にはさまざまな異形の姿をした生き物が暮らしており、人間はほとんどいません。

存在はしているのですが、過去の争いから異形の者と人間は相入れない関係になっており、人間は異形の者に見つかれば、食べられてしまうか、あるいは愛玩用のペットとして飼われるかの運命を辿るしかなかったのです。

 

著者
暮石ヤコ
出版日
2015-11-20

 

そんな世界でゴーレムは、ソマリのために人間を探す旅をしています。2人の旅の過程では、ゴーレムとソマリの強い絆が描かれることはもちろんのこと、そもそもどうして人間と異形のもは争い合っているのかなども描かれていきます。

壮大なスケールの世界のなかで、親子の絆というささやかで魅力的なストーリーを描くファンタジー作品です。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

『ソマリと森の神様』の魅力とは?

『ソマリと森の神様』の魅力とは?
出典:『ソマリと森の神様』1巻

 

本作の魅力は、なんといっても壮大なスケールの世界観と、そのなかで描かれる親子の絆、そしてそれらを表現する幻想的な絵にあります。ファンタジックな世界観と幻想的な絵が絶妙にからみ合い、お互いの魅力をさらに引き出し合っているといえるでしょう。

そして何よりも、異形の者と人間という種族を超えた親子が紡ぐ絆は、ほのぼのとしていたり切なかったり、温かかったり悲しかったりと、さまざまな感情を味合わせてくれます。

また、主人公であるゴーレムとソマリの2人だけではなく、彼らが旅先で出会うキャラクター達もとても魅力的です。2人と同じ旅人であったり、この世界の成り立ちを知る魔女だったりと、さまざまな人物が登場。お気に入りのキャラクターを探してみるのも面白いかもしれません。

ストーリーも設定もファンタジックな本作ではありますが、描かれるエピソードはそれほど複雑なものではなく、現実に置き換えても考えられるようなテーマを扱っていることが多いのも特徴。ファンタジーに馴染みがない方でも読みやすい作品ともいえるでしょう。

 

1巻の見所をネタバレ紹介!

 

神聖な森を守る守り人であるゴーレム。そのゴーレムを父と呼ぶ少女・ソマリを連れて、彼は「人間」を探して旅を続けていました。

しかし、地上はすでに人外の生き物ばかりで……。

 

著者
暮石ヤコ
出版日
2015-11-20

 

異形の生き物が地上に生き、人間はほとんどいないファンタジックな世界を舞台に、ゴーレムと人間の少女の旅を描いた本作。第1巻では、どうして世界が異形の者だけになったのか、ゴーレムにはどういった特徴があるのかなどが描かれていきます。

物語の舞台となっている世界には、人間はほとんどいません。かつて異形の者と人間は争いを起こしていたこともあり、見つかれば食べられるか愛玩用にされるかの運命が待っているため、残ったわずかな人間達も身を隠して生活せざるを得ませんでした。

ゴーレムと旅をしているソマリも常にかぶっているフードに角をつけて、人間であることを隠しています。そこまでしてどうして旅をしているのかというと、彼女を本当の両親に返すためでした。

本巻ではソマリの他に、枯れた森の中でひっそりと生きている人間も登場。異形の者と人間との歴史についても触れられ、物語の世界がどうやって生まれたかについても語られています。本作を理解するためにもとても重要な一冊だといえるでしょう。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

2巻の見所をネタバレ紹介!

 

ソマリを両親の元へ返す――その目的を果たすために人間を探す旅を続けるゴーレムとソマリ。人間を見つける手がかりを探して、魔女が管理する図書館へやってきました。

しかし、手がかりが書いてあると思われる本が、本を食らうオトト魚に襲われてしまい……!?

 

著者
暮石ヤコ
出版日
2016-06-20

 

人間を探す手がかりを求めて魔女の図書館へやってきたゴーレムとソマリ。しかし、人間のことが描かれていると思われる本「ハライソの伝記」は、本を食らう魚・オトト魚によって食べられてしまいました。せっかくの手がかりを失ってしまったゴーレム達でしたが、だからといってあきらめることもできません。

そこで、「ハライソの伝記」の内容を知っている人に会うことにしました。その人物とは、図書館の館長である魔女・イゾルダ。しかし、病で寝たきりになっている彼女には会えないと言われてしまい、ゴーレムとソマリはこっそりと忍び込むことにするのです。

本巻では、前巻に引き続き、この世界の成り立ち、人間と異形の者の始まりについてが描かれていきます。自分達とは違うというだけで異形の者を恐れる人間達と、そんな人間達の村に迷い込んだ幼い魔女。その交流が、すべての始まりでした。

人間の弱さや恐ろしさを感じる内容が美しい絵で描かれていくストーリーは、静かに胸に染みてくるものになっています。

また、魔女の図書館を出たゴーレムが、旅の費用を稼ぐためにウェイターとして働くというエピソードも注目。ちょっとシュールなその姿には、微笑ましさと面白さの両方を感じることができるでしょう。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

3巻の見所をネタバレ紹介!

 

ゴーレムを父親と慕うソマリは、彼とずっと一緒にいたいと願っていました。

その強い気持ちを知った少年・キキーラは、ソマリを「枯らさずに持ち帰ると願いが叶う」と言われている花のある場所へ連れて行ってくれたのですが……。

 

著者
暮石ヤコ
出版日
2017-03-18

 

前巻で、旅の費用を稼ぐためにウェイターとして働き始めたゴーレムでしたが、彼が働いている間ソマリは、店の子供であるキキーラと親しくなっていました。

ソマリは、ゴーレムがいつか自分から離れてしまうのではないかという不安を抱え、ずっと一緒にいたいのだとキキーラに自分の気持ちを打ち明けます。それを知ったキキーラは、「枯らさずに持ち帰ると願いが叶う」という夜覚めの花を摘みにいくことを提案してくれました。

しかし、その花が咲いているところは、子供だけで行ってはいけない危ない場所だったのです。

夜覚めの花のエピソードでは、ソマリのゴーレムに対する想いはもちろんのこと、ゴーレムが彼女のことをどれだけ心配して想っているかが分かる話になっています。血のつながりはもちろん、種族も何もかもが違う2人の親子としての強いつながりを感じることができ、温かな気持ちになることができるでしょう。

そして、キキーラ達と別れた2人が出会ったのは、ウゾイとハイトラという、同じ旅人。彼らは、病気のハイトラを治すための薬を探していました。

同じ探し物の旅ということもあって、話をしていたゴーレム達はウゾイの誘いもあって、しばらく行動をともにすることにするのです。しかし、そこにはウゾイのある思惑があって……。

ゴーレムとソマリの絆、新しい出会いなどが描かれる第3弾です。

 

4巻の見所をネタバレ紹介!

 

ゴーレムとソマリが旅の途中で出会った、ハイトラとウゾイの親子。2人は病気のハイトラを治すための薬を探して旅をしていましたが、ハイトラの正体は、実は人間でした。

彼は、ゴーレムにある衝撃の事実を告白して……!?

 

著者
暮石ヤコ
出版日
2017-12-20

 

病に侵されているために見た目は異形の姿をしているハイトラでしたが、実はもともと普通の人間でした。

かつて人間の村で家族とともに暮らしていましたが、異形の者に襲われ、命からがら逃げ出した彼。しかし家族を抱えて逃げ切ることはできず、食べるものもないまま彷徨っていたところ、ウゾイの母親を見つけます。

そして、家族とともに生き延びるため、彼はウゾイの母親を殺し、食べたのです。しかし、異形の者の肉を口にした途端、ハイトラの妻と子は死に、彼もまた病に体を侵されてしまいました。

ハイトラがウゾイと一緒にいるのは、彼女の母親、そして自分の家族を殺した罪滅ぼしだったのです。しかも、この話を寝ていたはずのウゾイも聞いてしまい、2人の関係に亀裂が入ってしまいます。

辛い過去を抱えながらもともに旅をしている2人が、真実を知り、そのうえで新しい関係を築こうとしていく姿はとても切ないものがあるでしょう。読者も読んでいて、思わずぐっとこみ上げるものを感じるのではないでしょうか。

また、ウゾイ達と別れた後、ゴーレムとソマリが出会ったシズノとヤバシラという人物達には、なんとソマリの正体がばれてしまいます。2人が何者なのか、ソマリの正体がばれた時にゴーレムがどうするのか、このあたりは次巻へと持ち越し。ますます先が気になる一冊です。

 

5巻の見所をネタバレ紹介!

 

ゴーレム達が知り合ったシズノとヤバシラの2人。

ソマリが人間であることに気が付いたシズノは、ゴーレムに、どうして人間の父親をやっているのかと尋ねますが……。

 

著者
暮石ヤコ
出版日
2018-08-20

 

前巻でシズノとヤバシラと知り合い、ともに旅をすることになったゴーレムとソマリ。ソマリが人間であることに気が付いたシズノは、どうしてゴーレムが人間の父親をしているのかと尋ねます。

ゴーレムは、ソマリとの出会いを語り始めました。もともと彼は森を守るために、葉っぱ1枚も外に持ち出すことを許さない厳しい守り人でした。

そんな彼が守る森に、ある日、奴隷商人の馬車が通ります。ひょんなことから荷馬車が事故を起こしてしまい、商人も奴隷の人間も死んでしまいましたが、その唯一の生き残りがソマリだったのです。

ゴーレムとソマリは、最初から絆が強かったわけではありません。むしろ相入れない存在同士でした。そんな2人がどのようにして心を通わせ、ゴーレムがソマリのために旅をする決心をしたのか、本巻ではそのあたりのエピソードが描かれていきます。

ここまで読んでいる読者にとっては、2人の絆が強いことはとてもよくわかっていますが、だからこそ2人の始まりのエピソードはとても気になるところ。本巻ではそれをゆっくりと読むことができるので、ぜひ注目してみてください。

しかし、その後のエピソードでは、まさかの急展開が描かれます。ソマリが人間狩りの異形の者に捕まってしまうのです。ここまでほのぼのとしたエピソードが多かった本作ですが、ソマリの絶体絶命のピンチにハラハラすることは間違いありません。

ただ、ここから先は次巻へ持ち越し。最新刊を待ちながら、ここまでの話を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

6巻の見所をネタバレ紹介!

異形の者に捕らえられたソマリを助け出す為にゴーレムは力を振り絞りますが、それが引き金となり力の制御が効かなくなってしまいました。

暴走するゴーレムは遂に、仲間であるヤバシラに襲い掛かってしまい……!?

著者
暮石ヤコ
出版日
2019-04-20

人間狩りをする異形の者に捕らわれてしまったソマリを救うため、力を暴走させてしまったゴーレム。黒いオーラを立ちのぼらせる恐ろしい姿に変貌してしまったゴーレムは、見境なく周りを攻撃し始めました。

ゴーレムの暴走を止めようと尽力するヤバシラでしたが、ゴーレムの力は圧倒的で全く歯が立ちません。そして遂にゴーレムが、ヤバシラに攻撃を振るいかけた、その瞬間。

必至の表情で足にしがみつくソマリの姿を確認したゴーレムは、気を失って倒れてしまいました。

その後、無事に目を覚ましたゴーレムは、シズノから何者なのかを問われます。しかし彼は、その問いに上手く答えることはできませんでした。彼が記憶しているのは、「森を守護する」という使命だけ。一体、ゴーレムとは何者なのでしょうか。謎は深まるばかりです。

場面は移り、浮島タマキノガマを訪れる一行。

タマキノガマで開かれる競市に出品される、魔女の国から盗み出された幻の書物「ハライソの調書」。そして、その「ハライソの調書」を出品した「トコカワ商団」のリーダー・サクラをめぐって、物語はまた大きく動き出すこととなります。

気になる謎が多くなってきたこの物語は、今後どのような展開をみせるのでしょうか。次巻の発売を待ちましょう!

『ソマリと森の神様』がアニメ化!可愛い世界観に一目惚れ間違いなし

 

本作は、2020年1月9日からテレビアニメが放送されます。放送局は、Abema TV、TOKYO MX、BS日テレの3局で観ることができます。

キャストも既に発表されており、ソマリを水瀬いのり、ゴーレムを小野大輔が演じます。そのほかにも、関智一、小野友樹、早見沙織などが脇を固めます。オープニング主題歌は森山直太郎が務めるなど、豪華出演陣に期待が高まります。

すでにPVが公開されていますので、ぜひ放送前にご覧になってくださいね。可愛い世界観に釘付けになってしまうでしょう。

 

さらに詳しい情報を知りたい方は、TVアニメ「ソマリと森の神様」公式サイトやTwitter・【アニメ公式】ソマリと森の神様がおすすめです。

いかがでしたか?幻想的な絵とストーリーが絶妙にからみ合い、独特な世界観を作り上げている本作。ファンタジックな世界が満載ではありますが、それほどわかりにくい設定はないので、ファンタジーが苦手な人でも比較的読みやすいのではないでしょうか。これを機会に、ぜひ手に取ってみてください。