『おくさまは女子高生』が可愛すぎ!ヒロインを永遠に愛でたくなる恋愛漫画!

更新:2019.9.12

17歳の女子高生と先生が送る結婚生活がうらやましすぎる!そう叫びたくなるラブコメ漫画が『おくさまは女子高生』。2002年にゲーム化、2005年にアニメ化、さらにノベライズ化もされている人気作品です。 今回は、そんな『おくさまは女子高生』に登場するヒロインとのうらやまけしからん日々についてご紹介しましょう。ファンからも「たまらない!!」と絶賛されるヒロインの魅力とは何なのでしょうか?ちなみに本作はスマホアプリで読むこともできるので、そちらもどうぞ。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『おくさまは女子高生』が可愛い!完成度バツグンのヒロイン【あらすじ】

ある高校に通う小野原麻美と物理教師の市丸恭介がくり広げる物語です。実はこの2人結婚していて夫婦なのですが、まわりには秘密にしています。他人にはいえない秘密生活とはどんなものなのでしょうか?

2人は結婚生活を始めたものの、麻美の父から高校を卒業するまではプラトニックな関係でいることを約束させられています。しかし麻美は現役の女子高生。しかもスタイルバツグンで、向こうから誘惑してくるのですから、たまったものではありません。

しかもラブラブなだけの日々ではなく、麻美にせまる男性、そして恭介にせまる女性や、実は夫婦だという秘密が周囲にバレそうになってハラハラさせられるシーンもあり、いい感じにストーリーの緩急がついています。

お色気要素あり、笑いあり、シリアスな場面もあり……と総合的に楽しませてくれるラブコメ漫画です。

著者
こばやし ひよこ
出版日
2002-11-20

作者・こばやしひよことは。『ハンツー×トラッシュ』で有名!

本作品の作者は、こばやしひよこです。可愛いもの研究家と自称し、大のアイドル好きでライブにも通っていることでも知られている人物です。

本作品の主人公である麻美も「可愛い」「スタイルがよい」と世の中の男性に振り向かれる容姿なので、アイドル好きである作者ならではと感じます。1999年から活動していて、本作品をはじめ、『はじめでぃすぱっち』『PERIDOT 』『ハンツー×トラッシュ』など、数々のヒット作を生み出してきました。

著者
こばやし ひよこ
出版日
2013-01-04

特に『ハンツー×トラッシュ』は人気があり、それを通じて作者を知った、また本作品を知ったという人も多いでしょう。本作品も『ハンツー×トラッシュ』もそうですが、むちむちの女の子が出てきてドキッとさせられた方も多いでしょう。スタイルがよいのはもちろんですが、ほどよくお肉が乗った女性のスタイルはこの作者ならではのリアルなセクシーさがあります。

ストーリー性もありますが、そんな可愛い女の子を見て楽しめる作品がこばやしひよこの特徴。目の癒しに、疲れたときにに、作品を読んでみるのがおすすめ。漫画だけではなく、ゲームのジャケットを手がけたりと幅広く活動しているので、絵が好きな方はそちらもご覧になってみてはいかがでしょうか。

『おくさまは女子高生』の魅力:とにかく麻美が可愛すぎる!

本作の魅力はなんといっても麻美。高校2年生というあどけなさを残しつつも、人妻。しかもスタイルも申し分なし……。

読者としては高校生、そして人妻というタブーがありながらもその可愛さにメロメロにさせられ、心を揺さぶられるでしょう。

著者
こばやし ひよこ
出版日
2003-08-20

しかも性格もよくて好感度もバツグン。父の言いつけをずっと守ってきたお父さんっ子で、中学生までは一緒にお風呂に入っていたほど。真面目な性格で、授業中もしっかりノートをとっている様子がうかがえます。

それゆえに父親も彼女をとても可愛がり、ずっと守ってきたことから、彼女は性的な知識がとぼしい面があります。そこがまた大人の世界を知らない幼さを感じさせ、さらに可愛らしさを引き立てています。

可愛いヒロインとして、手の出せない人妻として、一生懸命な高校生として、どこから見ても可愛く、つい応援したくなるキャラです。

『おくさまは女子高生』おすすめエピソードをネタバレ紹介!誘惑の展開!

恭介は麻美の父と約束したとおり、彼女が高校を卒業するまではプラトニックな関係でいなくてはいけません。しかし麻美は美少女で、ついいたずらをしたくなってしまうのはやはりどうしようもありません。その誘惑の様子がなんともいえずドキドキハラハラします。

著者
こばやし ひよこ
出版日
2003-12-18

たとえば恭介はトランプなどの簡単なゲームをし、負けたら罰ゲームを課します。そして彼女にエッチな格好をさせることもあるのです。麻美が恥じらいながらも、恭介のいうことを聞く様子はなんともたまりません……!

そんな姿を見ていると、また罰ゲームでエッチなことを要求したくなりますね。読者がしたいことを、恭介が代わりにやってくれているという感じの展開です。うらやましい……、もっとやってくれ!男性読者にはたまらない展開ばかりです。

『おくさまは女子高生』おすすめエピソードをネタバレ紹介! 三角関係の危機?おじさんキラーの桜木あや!

また、本作はラブラブな2人の関係性の危機にも引き込まれてしまいます。

麻美と同級生の桜木あやは幼いころに両親が離婚していて、母と一緒に暮らしている少女。離婚してから父に会えず、またお父さんっ子だったこともあり、恋愛対象が中年以上の男性というおじさんキラーです。

著者
こばやし ひよこ
出版日
2004-04-20

不倫をくり返している彼女ですが、麻美と恭介が公園でキスをしているところを見かけ、なんと次のターゲットを恭介にしてくるのです!あやはまず麻美に公園でキスをしていたところを見たと伝えてきて……?

麻美だけではなく、恭介も他の女性からモテる面があり麻美はハラハラします。大切な旦那さんをとられたくないと、悩んだり奮闘したりする麻美の表情がまたたまりません。

『おくさまは女子高生』おすすめエピソードをネタバレ紹介! 生徒会長の天海から麻美を守れ!

物語も最終章に近づいてきたころ、生徒会長の天海が動きはじめます。天海は裏表のある人物。成績優秀、運動神経もよく、生徒会長として目立つ存在です。しかもスペックだけでなく他生徒からの信望が厚く人気者でもあるのです。

しかしそれはあくまで表の顔。彼は狡猾な面があり、裏で麻美をおどすこともあります。さらにもともと英語教師の岩崎と付き合っており、別れてからも体の関係が続いているという関係を持ってもいます。

著者
こばやし ひよこ
出版日
2007-06-20

彼が麻美に注目したのは、彼女だけが天海になびかなかったから。そのことが面白くなく「あること」をしかけてくるのですが……。そこで恭介が立ち上がります!

ふだんは麻美のエロいところを見たいという気持ちで頭がいっぱいの恭介。頼りがいがあるのか怪しかったですが、麻美のために立ち上がるシーンはカッコイイもの。麻美を手放したくないという気持ちが伝わってきて、心が動かされます。恭介が活躍するシーンもぜひ読んでみてください!ストーリーらしいストーリーはないものの、13巻で完結なので、ぜひ麻美の可愛らしい姿を思う存分楽しんでみてください!

もっと見る もっと見る