『低反発リビドー』が面白い!ゆるくてリアルな3つの魅力【無料で読める】

更新:2019.10.13

性癖にスポットを当てながらもゆるくてサクサク読め独特な作品が『低反発リビドー』です。とあるアパート30室、30人分の性癖はよく聞くものから、ちょっと変わったものまでさまざまで、のぞき見しているかのようなワクワク感が味わえます。 この記事では本作の魅力をご紹介します。スマホアプリで無料で読むこともできるので、このテーマに興味がある人から、サクサク読める漫画を探している方まで、気軽に読んでみてはいかがでしょうか。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『低反発リビドー』が面白い!無料で読める!【あらすじ】

著者
高野雀
出版日
2015-05-20

どこにでもありそうなアパート「コルダーハイツ」が舞台の物語。建物は5階建てで各フロアが6室構成、全部で30室というアパートには、それぞれ十人十色の性癖を持つ住人たちが暮らしています。30通りの性癖が、コルダーハイツの住人たちのゆる~い雰囲気のなかで明かされていきます。

制服、鎖骨、体臭、緊縛……。一般的に知られている性癖もあれば、アブノーマルな性癖まで、いろいろ。さらにその性癖への向き合いかたも、アブノーマルでわかってもらえなくて辛い、一緒に楽しんでいこうなど、スタンスはさまざま。今まで特に自分の性癖について考えたことのなかった方から、アブノーマルな方まで、幅広い人におすすめできる作品です。

マンガほっとで無料で読んでみる

作品の魅力1:性癖に対する考え方がゆるっと変わる!

作品の魅力1:性癖に対する考え方がゆるっと変わる!
出典:『低反発リビドー』

本作はさまざまな性癖が出てくることによって、自分の趣味嗜好への理解が深まる作品です。

全30話、30とおりの性癖が出てくる本作では、よく耳にするものから、こんな性癖を持っている人もいるのか!と新発見なエピソードまで、いろいろ。誰しも多少のクセは持っているもので、恥ずかしがることはないのだと気づかされます。

そもそも性癖自体持っていたら恥ずかしいもの、世間では受け入れてくれないだろうと悩んでいる人もいるでしょう。しかし本作ではそれぞれの性癖を否定せず、うまく付き合っていこうと前向きに考えさせてくれます。

また逆に性癖自体、もしくは変わった性癖に多少の抵抗感を持っていた人にとっては、見方を改善されられるような内容でもあります。でもあくまでもゆる~い雰囲気で進んでいくので、押しつけがましいものではありません。

性癖、そして性生活に関して前向きに明るくさせてくれるのが本作の魅力なのです。

作品の魅力2:1話1話ショートで読みやすい

本作は性癖という題材を扱いながらも、ゆるっと後ひかない雰囲気も魅力。

そもそもストーリー構成として各話数ページ、そして1話完結型です。また、舞台は同じコルダーハイツですが、誰かひとりにフォーカスして深く見ていくのではなく、毎回違う住人さんが出てきて楽しませてくれます。

さらに性癖というとアングラで濃ゆい印象を受けるかもしれませんが、本作はねっとりしておらずさらっと読める内容。そもそもの始まりも作者である高野雀が、飲み屋で爽やかに性的をぶちまけるお客さんを目にしたことがきっかけだというので、納得です。

絵柄もゆるいものなので、忙しいときにちょっと読みたいとき、気軽に読める漫画を探している方にもおすすめです。

作品の魅力3:珍しい性癖が楽しめる!

著者
高野雀
出版日
2015-05-20

本作はさらっとしているとはいえ、たまにそんな性癖もあるのか!という驚きも感じられます。

「臭いフェチ」「緊縛」「コスプレ好き」など、耳にしたことがあるものもあれば、「彼女を太らせることに喜びを感じる」「ゴスロリを彼女に着せるだけではなく自分も着て出かけたい」「指が気持ち悪くて靴下と手袋をはめないと性行為ができない男性」などなど…。

世の中の広さが勉強になります。性癖から見る個人は、価値観などについて語られるよりよっぽどその人について知ることができたような気がします。

なかなか見ることのない個人の奥深いところを知ることができる本作。珍しい性癖とともにその人たちの考えをのぞき見してみてはいかがでしょうか?

マンガほっとで無料で読んでみる
もっと見る もっと見る