マンガ

『海辺のエトランゼ』が、清い。映画化原作を「春風」まで解説!ネタバレ注意

更新:2019.11.23 作成:2019.11.23

小説家の卵と、物憂げな少年との穏やかな恋を描いたBL(ボーイズラブ)作品、『海辺のエトランゼ』。繊細で書き込まれた絵と雰囲気が人気で、心が洗われるBL作品と言われています。2020年夏にアニメ映画化されることでも話題です。 今回は、元アニメーターの漫画家・紀伊カンナのデビュー作でもある本作のあらすじと魅力をご紹介します。続編『春風のエトランゼ』についても紹介しているので、そちらもあわせてご覧ください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

『海辺のエトランゼ』が映画化決定!穏やかで優しいBL漫画は、映像化でどう変わる?【あらすじ】

橋本駿は、小説家の卵でゲイの青年です。とある理由からやってきた離島で出会った男子高校生・知花実央と言葉を交わすようになり、交流を深めます。しだいに彼から思いを寄せられるのですが、それに応えることはできず、実央は島を出ていってしまうことに。

そのままモヤモヤとした時間を過ごしていた駿でしたが、3年経ったある日、実央が島へ帰ってきます。そして駿のことが好きだから付き合おうと告白してくるのです。それまで彼への想いを募らせていたはずの駿ですが、なぜか素直に喜ぶことができず……。

出典:『海辺のエトランゼ』

『海辺のエトランゼ』は2020年9月11日に劇場アニメが公開される予定となっています。制作をつとめる「BLUE LYNX」はBL(ボーイズラブ)に特化した新しいアニメレーベル。『海辺のエトランゼ』は、『ギヴン』、『囀る鳥は羽ばたかない』に続く3作目になり、ファンからも高い期待を寄せられている注目作です。

橋本駿役に村田太志が、知花実央役に松岡禎丞が決定しました。演技力の高いお二人が、どのように駿と実央を演じるか楽しみですね。

雰囲気のよさに定評がある原作ですが、アニメ版も期待大。公式サイトからもその様子がうかがえますので、ぜひご覧になってみてください。

映画『海辺のエトランゼ』公式サイト

原作漫画の魅力:心が洗われるような、清らかな世界観

原作漫画の魅力:心が洗われるような、清らかな世界観
出典:『海辺のエトランゼ』

ここからは作品の魅力をご紹介していきましょう。

本作の主人公は、橋本駿と知花実央の2人の青年です。駿はゲイですが、実央はゲイではありません。それでも駿のことを好きになり、自分から告白して付き合うことになりました。

実央に思いを募らせていた駿にとっては、彼からの気持ちはうれしいはずです。しかし、なぜか素直に喜ぶことができません。

それはゲイであることで辛い思いをしたことがあるからでした。

ゲイではない実央は女の子を好きになることもできます。それなら女の子を選んだほうが幸せになれるのではないか……、そんな思いがあったのです。

自分の喜びよりも相手の幸せを考える駿。相手を思うからこそ、気持ちを受け入れられないという、切ない優しさに胸が痛みます。

また、駿だけでなく、実央が彼を思う気持ちもまっすぐで強いもの。彼の生い立ちを考えるとより一層、「好き」と伝えた気持ちの重みも感じられます。

そんな本作はそんな2人を包む世界観もとても緩やかで繊細なことも特徴。自然豊かな離島が舞台ということで、空や海などの風景や季節の移り変わりも見所です。緻密に描かれた背景やモチーフが読者の心を癒してくれます。

本作はストーリーでも絵柄でも心が洗われる作品となっているのです。 

著者
紀伊カンナ
出版日
2014-07-25

原作漫画の魅力:考えさせられる、シリアスな展開も

原作漫画の魅力:考えさせられる、シリアスな展開も
出典:『海辺のエトランゼ』

離島での生活がメインで描かれる本作ですが、駿はもともとこの地の住人ではありませんでした。では、どうして彼は島へやってきたのでしょうか?そこにはなかなかシリアスな理由がありました。

駿はゲイなのですが、もともと女性と結婚をする予定でした。しかし、結婚式当日に相手の女性に自分がゲイであることを告げて逃げてきてしまったのです。

先ほども少しご紹介しましたが、駿は、ゲイではない実央に対して、普通に女性のことを好きになったほうが幸せになれるだろう、と考えていました。そのような気持ちがあるから、自分も過去に女性と結婚しようとしたのでしょう。

しかし結局、本当の自分に嘘をつくことができず、逃げてきて、今もその「普通の幸せ」に悩まされていたのでした。

世間の目を気にしなくていい「普通」への憧れと、本当の自分との間で揺らぐ駿。誰しも「普通」に合わなかった経験があり、思わず感情移入してしまうのではないでしょうか。

また、物語が進むと、駿がかつて結婚しようとしていた女性も登場します。元花嫁と駿、そして実央の3人がそろった時、それぞれがどういう行動をするのかぜひ本作を手に取って確認してみてください。

劇場アニメ版ではどこが見所になるかを考察!

劇場アニメ版の『海辺のエトランゼ』では、作品の監修とキャラクターデザインはを原作者の紀伊カンナ本人が務めています。

映画『海辺のエトランゼ』特報PV

紀伊カンナは元アニメーターということで、今回の監修やキャラクターデザインにもなじみがあるとともに、誰よりも原作を知っている者としてまさに適任。原作の絵の美しさがアニメならではの表現ではどうバージョンアップされるのか気になるところです。

すでに公開されている紀伊カンナ書き下ろしのビジュアルでも、美しい島の風景と、どこか影のある駿と実央の雰囲気が描かれており、アニメへの期待を高めてくれるものとなっています。

また、映像にするのは老舗のアニメスタジオ雲雀なので、美しいアニメーションに今から胸が高鳴りますね。

監督は『暗殺教室』の演出や、『宝石の国』1巻発売記念フルアニメーションPVの監督、絵コンテ、演出などを手掛けた大橋明代。瑞々しい演出が評判のある監督です。

駿と実央の恋の行方と、離島の自然豊かな美しい風景が強力タッグを組んだスタッフ達によってどう作られていくのでしょうか。

『海辺のエトランゼ』が好きなら、続編『春風のエトランゼ』もおすすめ!【あらすじ】

『海辺のエトランゼ』が好きなら、続編『春風のエトランゼ』もおすすめ!【あらすじ】
出典:『春風のエトランゼ』1巻

ゲイであることを打ち明けて結婚式当日に逃げ出した過去を持つ駿。元花嫁は、幼い頃から北海道で一緒に過ごした幼馴染でした。その一件があってから両親とも絶縁状態になってしまい、離島にやってきたのでした。

しかしある日、父親が病気になったことを知ります。帰郷することは駿にとってつらいものでしたが、意を決して北海道へ向かうことに。その隣には、恋人である実央の姿がありました。

しかし、そもそもの絶縁の原因は駿がゲイであることに端を発しているのですから、実央を連れていくことで状況が悪化しないとも限りません。さまざまな不安を抱える駿がとった行動とは……? 

舞台を北海道に移し、駿の苦悩にもあらためて触れられていきます。 

続編『春風のエトランゼ』の魅力とは?

続編である『春風のエトランゼ』。前作では、離島の暖かで豊かな自然の中で物語が進んでいきましたが、本作の舞台は北海道です。さらに、駿の両親や弟のふみなども登場し、家族も絡んだストーリーが展開していきます。

そんな続編は、初々しかった2人の恋愛が、交際関係になって、より深まっていく様子が楽しめます。

著者
紀伊 カンナ
出版日
2015-07-25

過去と関係する内容ということで、駿がかつてゲイとして味わった様々な苦悩が描かれる続編。学生時代や、出版社に就職した頃など、さまざまな状況下で、ゲイであることで悩んできた様子が描かれます。

実央はもともとゲイではないので、そのあたりの悩みは経験がありません。しかし、それでも彼を理解し、寄り添おうとする様子に、2人の絆が深まっているのが感じられます。

また、前作ではもどかしい距離が見所だった2人の関係も変化し、自然と愛し合うことができるようになっています。そんなところからも2人の仲が進展したことがわかりますね。

舞台が変わったり新しいキャラクターが登場したりするなどする本作ですが、穏やかに物語が進んでいく魅力は健在。心が洗われるような雰囲気は、前作と変わりません。

前作でゆっくりと進んでいくキャラクター達や繊細な絵柄に癒された方は、ぜひ続編も手に取ってみてください。 

いかがでしたか?

本作はBL(ボーイズラブ)作品なので、普段あまり馴染みのない方は手に取る機会も少ないかもしれません。しかし、本作はご紹介した通り、とても穏やかで心が癒されるピュアな作品です。普段あまりBLは読まない方や、男女なども関係なく楽しむことができると思うので、この機会にぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。