漫画『ガイシューイッショク!』のエロシーンを紹介!巨乳美女の焦しプレイ!

更新:2020.1.16

主人公の部屋に無理やり住みついたのは、わがまま放題で女王様気質の巨乳少女。2人は、勝った方の言うことを聞くという条件で「先に感じた方が負け」という触り合いの「勝負」を繰り返すことに……。あの手この手でくり広げるHなバトルが見所の同棲コメディの始まりです。 エロ漫画好きにはお馴染みの色白好作による本作は、ドMで焦らしプレイが好きな方に特におすすめです。本作の購入を迷っている人に向けて、作品の魅力を紹介していきます。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『ガイシューイッショク!』はズバリこんな漫画!

新しい漫画を漁っても、自分好みの作品に出会うのはなかなか難しいですよね……。

本作は、「ストーリーが楽しめるエロ漫画」を求めている人に読んでほしい作品です。どんな作品なのかをお伝えします。

本作のヒロイン・境みちるはとにかく巨乳!つり目が印象的な小柄な美少女で、ショートボブがよく似合っています。20歳で家出同然で上京してきたらしく、その目的はエロ漫画家になること。

『ガイシューイッショク!』1巻

しおらしく見えますが、実はそんな彼女の性格は、ツン100%の女王様。上から目線で、主人公の小森広海を傍若無人に振り回します。挙句自分からエロい「勝負」を持ちかけてくるくせに、実は男性との経験がありません。

本作は、こんな巨乳の美少女に「振り回されたい」「尽くしたい」というドMの方にぴったりの作品です。
 

そして、互いの主張に折り合いをつけるために行う触り合いの「勝負」のシーン。もちろんとてもエロチックですが、モロに過激な描写ではありません。みちるの乳首も、想像をかき立てるような線で描かれています。

1巻は特に胸が好きな人には最高な内容となっています。それだけでは物足りない方もご安心を。2巻以降、パンツをずらして……という触り合いやおもちゃ、アロマを使ったマッサージなど様々なプレイ好きに対応していきます。しかし、これだけしておいて最新3巻の時点で一線を越えていないというじれったさ。

このままエッチするのでは?というギリギリを攻める展開が続きますので、寸止めが好きという方にはたまらないでしょう。

『ガイシューイッショク!』のあらすじを紹介!

「マンガは世界一自由なメディアだ!」をモットーとしたジャンル不問の青年誌『ビッグコミックスペリオール』で連載中の本作。芸人・おぎやはぎのラジオで朗読されたことでも話題になりました。そんな本作のあらすじをご紹介します。 

小森の働いている不動産屋に、みちるが部屋を探しに来ます。しかし、駆け出しの漫画家で、収入が不安定な彼女に部屋を貸してくれるところはありません。それでも高飛車な態度を変えず、条件を一歩も譲らない彼女は、とうとう部屋を見つけることができませんでした。

ひょんなことから、小森の家に別れたばかりの彼女が住んでいた空き部屋があることを知ったみちる。その部屋に転がり込むため、小悪魔と化します。満員電車で、身体が密着してしまった小森のことを、盗撮魔にしたて上げるのです。

こうしてまんまと小森の部屋に住み始めるみちる。それだけでなく、世話になる彼に対し、生意気な態度で接し続けます。

家事を1つもしないうえに足のマッサージまで要求してきた彼女に、堪忍袋の緒が切れた小森。始まった喧嘩に折り合いをつけるため彼女が提案したのが、「感じた方が負け」の勝負でした。

ルールは簡単。「10分間、小森がみちるの身体を好きに触るだけ」です。みちるが喘いだら小森の勝ち、小森が勃起したらみちるの勝ちというもの。

同居していくうえで意見がぶつかるたびに、この「勝負」をすることになった2人。彼らの歪な同棲生活が描かれていきます。 
 

著者
色白 好
出版日
2018-06-29

見所1・ウザ可愛いヒロインを攻略したい…

ご紹介したように、ヒロインのみちるは自分勝手で、他人をめちゃくちゃに振り回すような人物です。

勝負の時も強気な姿勢を崩しません。よほど自信があるのか、小森のことを相手にもしていないような発言をします。

『ガイシューイッショク!』1巻

最初はみちるに触れる前に、勝負がついてしまっていた小森でしたが、勝負を繰り返していくうちに、負けるまでの耐久時間が長くなってきます。

彼の耐久時間が長くなるほど、勝負している時間も長くなります。攻めの時間が増えるほど、彼女の方もだんだん感じ始め……声をあげるのを必死に我慢している様子はなんともエロい!たまにみせる潤んだ表情もたまりません。

普段生意気な分、小森が優勢になった時の快感は倍。それどころか、作品にますますハマってしまう面白さです。  

また、身体だけでなく精神の面でも攻略したくなるというのが男心。みちるは勝負を始めた当初、この勝負を漫画を描くための参考資料と捉えていました。この生活を繰り返していくうちに、彼女の心情も変化していきます。どんな変化をしていくのか……というところも見所です。

これだけ女王様気質のみちるですが、ごく稀に、満面の笑みで小森の背中を押すようなことを言ってくれます。主人公の小森が真面目でおひとよしな人柄だからかもしれません。

次章では、その小森についてご紹介します。

見所2・おひとよし主人公だから、もどかしい

「勝負」の1戦目の結果は、触る前に興奮してしまったため、小森の完敗。そこからみちるに尽くす、もとい言いなりになる日々が始まりました。

主人公である小森は、人並みの下心を持ってはいますが、欲で押し切らない好青年という一面もあります。不動産会社で顧客のことを思って頑張る様子も描かれますし、勝負で決まった不条理なルールにも不服ながら従います。

時々、「勝負」に勝つため、勃起しているのがばれないようなずるをすることもありますが、すぐに罪悪感から反省したり、理不尽極まりない仕返しをされても受け入れたり。おひとよしで正直な人間なのです。

『ガイシューイッショク!』1巻

だからこそ、焦らし、焦らされっぱなしの展開でストーリーを引っ張ってくれます。読者からすると「もっと強引にいけばいいのに!」とヤキモキしてしまうシーンも。

普段の生活で、不条理なことに振り回されている方にとっては共感でき、応援したくなるような主人公だといえます。いつか報われてほしいですね。

『ガイシューイッショク!』のおすすめエロシーン1:着衣の上から乳首攻め【1巻】

ここからは、本作のなかでも特に「エロい!」とグッとくるエロシーンを3つピックアップして紹介します。

1つ目は、「感じた方が負け」勝負の2回目。1回目の勝負では、みちるのノーブラに小森が気づいた時点で勃起してしまったので、実質的にこれが初対戦となります。

出会った経緯と1回目の戦績から、みちるは小森を完全に見下しています。余裕綽々の彼女は、ノーブラTシャツとホットパンツという無防備な姿でソファに座り、「勃起したら起こして」と言って寝てしまいました。

ここでのみちるは着衣姿ですが、服のシワで乳首の形や股間の筋が確認できる際どい描写が入ります。モザイクがない分、直接描かれるよりエロいレベル。

小森はみちるの胸に浮き出た、小豆大の突起を執拗に責めていきます。それが乳首なのは自明です。

最初は小森がただひたすら焦るだけ。しかしいつの間にか寝ていたはずのみちるが目を覚まし、段々表情を変えていくのは見ごたえがあります。変顔に近い百面相は、笑えてなおかつエロい!

的確な責めを受けて、心なしか乳首の大きさやみちるの顔色が変化して……小森による会心の一撃が入ったかと思いきや、いきなりみちるが逆ギレして逃亡。2回目の勝負は無効試合となりました。みちるの心理描写こそありませんが、ほぼ感じる寸前だったと思われます。

また逆ギレされた瞬間に見せる、小森の絶望的な表情も必見です。同作者の代表作『ネトラセラレ』で、絶望感たっぷりに表現されていた迫真の表情が、ラブコメの本作では印象が180度変わって完全にギャグ。情けない小森の顔に、エロとの落差で笑ってしまいます。

著者
色白 好
出版日
2018-06-29

『ガイシューイッショク!』のおすすめエロシーン2:シックスナイン【2巻】

みちるのわがままで、小森の部屋のエアコンを彼女の部屋に移設した日のこと。小森はみちるとの家事分担をほぼ諦めつつ、同居を正式に決めるため、みちるの両親と連絡を取りたいと打ち明けました。小森のアパートは居住者の登録が必要となっており、みちるの身元を確かめなければいけないためです。

かくして、またしても「感じた方が負け」勝負が始まりました。これが2つ目のおすすめエロシーンです。

勝負にあたってみちるが勝った場合には、小森の両親を彼女に紹介する罰則が決められたので、小森はいつも以上に負けられなくなっています。

みちるの格好は通常通り、ノーブラシャツ+ホットパンツ。ここで注目したいのは、1巻まで胸中心だったのが、とうとう股間へと焦点が変わった点です。小森は衣服の上からとはいえ、下着越しに股間を撫でてこすり、みちるを感じさせようとします。

小森は気持ちを静めるため、「チン静化作戦」と称して母親のことを考えながら、みちるの股間をなぞって「母さん」と書いていきました。エロ過ぎるシチュエーションに反して、「母さん」の場違い感。これは笑ってしまいます。

小森は早い段階で勃起してしまいますが、偶然履いていたジーンズのシワに紛れてしまって判別不能でした。それを良いことに、小森はガンガン責めていき、勢い余ってシックスナインまでしてしまいます。

ついにはみちるのカラダを押さえ込んで、直接股間を舐め始め、とうとう勝利か……と思いきや、小森が興奮しすぎてジーンズでもごまかせないぐらい勃起したためあえなく敗北。

「策士策に溺れる」という結果になってしまいました。

著者
色白 好
出版日
2019-02-28

『ガイシューイッショク!』のおすすめエロシーン3:オイルマッサージ【3巻】

もはやみちる優位の同居が、当たり前になりつつある日常。小森の肩身は狭くなる一方でした。そんな時、外出中に突然の雨に振られた小森は、雨宿りでアロママッサージを受けます。この体験が小森を次の勝負に駆り立てました。

「感じた方が負け」の日。小森が提案した勝負方法は、自分が施術されてムラムラしたアロママッサージでした。施術用の紙パンツに催淫アロマまで焚き、マッサージで局部だけを避けて焦らす作戦。さらに小森は勃起隠しの秘策まで仕込んでおり、必勝を期した大勝負となります。

マッサージ中の手つきのいやらしさは、とても言葉では表現できません。性器の描写がない分、みちるの素肌やおっぱい、お尻の柔らかさが異常に強調されています。紙パンツに滲んだ染みはあくまでギリギリのラインですが、ほぼ18禁と言って差し支えないレベルです。

みちるはほとんど陥落寸前どころか、催淫アロマの影響か小森と2人揃って半分トリップ状態となり、挿入していないだけでほぼ性行為に近い状態まで行ってしまいます。

そのままフィニッシュ……にならないのが『ガイシューイッショク』です。際どいところで勃起隠しがみちるにバレて逆転敗北。

3巻ではほぼ全編を使った長丁場で、オイルマッサージの対決が濃厚に描かれます。既刊分でも屈指のセクシーシーンでした。

1巻からここまでで胸から股間、そして疑似性行為と順調にエロさがエスカレートしています。果たして今後はどうなってしまうのでしょうか?

著者
色白 好
出版日
2019-11-29

エロ漫画ではなくエロい恋愛漫画!作者は『ネトラセラレ』の色白好!

本作の作者は、 男性にはお馴染みのエロ漫画家である色白好。『過ち、はじめまして。』や『ネトラセラレ』が代表作です。

著者
色白 好
出版日
2014-07-26

煽情的なシーンのある作品を手がける作者ですが、複雑な人間関係やリアリティのある心理を描写することも得意としています。エロ漫画というより、エロい恋愛漫画としてストーリーを楽しめる作品が多いため、女性でも読みやすいでしょう。

本作でも、徐々にみちるの内面が変化していく様子が表情や行動で表現されており、人物を身近に感じることができます。また、2巻からみちるの漫画家としての活動をサポートする、編集者の石井という男性が登場します。彼の存在により、2人の関係性が揺らいでいくところも面白いのです。

さらに、エロいシーンに盛り込まれたギャグのセンスも高く、コメディとしても楽しめるエロ漫画になっています。

【おまけ】『ガイシューイッショク!』のタイトルの意味は?

 

『ガイシューイッショク!』という聞きなれない単語のタイトルの意味が気になるという方もいるでしょう。

実は、「鎧袖一触(がいしゅういっしょく)」という四字熟語が由来となっています。その意味は、

「鎧の袖でちょっと触れる程度のわずかな力で、簡単に相手をやっつけること」
(『ガイシューイッショク!』2巻より引用)

 

 

とのこと。まさに作品の内容にぴったりの言葉です。

本作の最新情報が気になった方は、色白好の公式Twitterをチェックするのがおすすめです。

 

焦らし、焦らされのプレイが続く本作。エスカレートが止まらないエロシーンと、みちるの心情の変化にも今後ご注目です。ぜひ、お手にとって絵とともに楽しんでいただきたい作品です。

もっと見る もっと見る