『くまクマ熊ベアー』はアニメを見るなら漫画も押さえとくべき!百合要素も嬉しい

更新:2020.2.4

2019年時点でシリーズ累計部数50万部を超えたこのヒット作、『くま クマ 熊 ベアー』。アニメ化も決定し、ますます見逃せない作品です。 引きこもりのゲーマー少女ユナが「神様」により異世界に閉じ込められ、時に魔物を倒し、時に魔法を使い、時にビジネスを始めたりとその時々で出会った人々を助ける異世界ファンタジーストーリーです。可愛らしい見た目に反してエグいくらい最強な装備・クマの着ぐるみを身にまとっているという、ギャップの面白い作品です。 くま、クマ、熊、そしてベアー。とにかくクマでいっぱいの可愛らしい、けれど超チートなユナの異世界生活を貴方も覗いてみませんか?

ブックカルテ リンク

『くま クマ 熊 ベアー』が面白い!ラノベ原作だけど、漫画も面白いぞ!

冒頭でも少し語りましたが『くま クマ 熊 ベアー』はライトノベルが原作の物語です。

ライトノベルにはライトノベルの魅力がありますが、今回は『くま クマ 熊 ベアー』漫画版をおすすめさせていただきます!

コミカライズ版の作画を担当するのはイラストレーターのせるげい。

「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! MAGAZINE」で「アイマス」のアンソロジーを担当し、某大手ファンアートサイトでも数多くの可愛らしい女の子を描いている人気の絵描きさんです。

ハラハラドキドキな冒険譚も楽しいものですが、可愛いもの尽くしの世界観はどこまでも可愛くハッピーなもの。かわいいクマ、かわいい女の子、ほのぼのとしたストーリー展開、最後は笑顔がきらめくハッピーエンド……。平和な異世界生活を見守るという作品の楽しみ方を教えてくれる作品です。

コミカライズ版『くま クマ 熊 ベアー』は、どのページを開いても確実に「可愛い」が溢れているのです!

また、時々ちょっとシリアスな雰囲気を醸しつつ、ストーリーが進んでいくので、途中で飽きるということもありません。このあとからその魅力をさらに詳しくご紹介していきます。

まずは、あらすじを紹介

ユナは15歳のゲーム廃人の女の子。疑似体験できるRPGに没頭する毎日です。

しかしある日ゲームの世界に降り立つと、そこはいつもと勝手が違います。レベルMAXに育てたキャラクター(ゲーム内でのユナ)はレベル1で、恥ずかしいほど可愛いクマの着ぐるみ「クマセット」を強制装備させられていたのです。

「ユナちゃんおめでとう。
(中略)君がいる場所はゲームの世界ではなく、
わたしが管理する世界です。

つまり異世界です」

(『くま クマ 熊 ベアー』(PASH!コミックス)1巻より引用)

今日からここで暮らすようにと「神様」なる人物から届いた一通のメール。戻れない現実世界。そしてクマセット……。 

ユナは元の世界に戻れないのか?この世界は一体?なんでクマ??

様々な疑問を抱きつつ、ユナは持ち前の知性と最強のクマ装備で異世界をたくましく生き抜きます。

漫画『くま クマ 熊 ベアー』の魅力:見た目と中身のギャップが可愛い!ユナの魅力

本作の魅力のひとつに、ユナの存在があげられます。彼女とクマ装備の組み合わせが色んなギャップに引き込まれるのです。
 

クマ装備はとてもかわいいですが、着てるユナは実にドライな現実主義者。元の世界に戻れないと分かって多少焦っても、その後は生来の頭の良さと廃人生活で培ったゲームセンスで異世界生活をマイペースに謳歌しています。 

また、クマの着ぐるみは最強装備かつ便利なので、着ているときのユナは向かうところ敵なし。しかし、脱いだ彼女は運動不足な少女で、ひ弱な印象です。

このように、最強装備クマセットとユナの間にはたくさんのギャップが存在します。そしてそれが彼女の多面的な魅力をつくっているのです。

ちなみにそのギャップはユナがいる異世界でも特殊らしく、ユナが出会う人々はまず彼女の格好に驚き、そして想像もしなかったユナの知略とチート振りに愕然とします。

その驚きようは三者三様で、それもまた読者の声を代弁しているようで面白い部分です。

著者
せるげい
出版日
2018-07-27

作品の魅力:軽く読める雰囲気がいい!

『くま クマ 熊 ベアー』は、基本的にはほのぼのとしたハートフルストーリー。たとえシリアスな展開でも数話で完結するハッピーエンドが多く、気負うことなく読めます。

ユナが人々の笑顔を取り戻すということが基本的な軸となったストーリー展開と、どんなにシリアスな雰囲気でもお構いなしに繰り出されるクマづくしの描写は、見る者の心をほっこりと暖かくしてくれます。
 

もちろん、現実世界のユナが孤独な引きこもりという事実や、異世界から帰って来れるのかなど未だ解決していない問題もあり、今後は今までと違う展開になる可能性も充分あります。

しかしそんな不安も、ユナならどうにかしてくれそう……。そんな安心感があり、それがまた、本作の優しい魅力をつくってくれています。

笑顔にあふれた展開、クマづくしの描写、主人公の安定感……、そんな要素が本作をストレスなく読めるものにしてくれています。 

作品の魅力:ゆる~く百合展開!仲良しな様子が可愛い!

『くま クマ 熊 ベアー』はとにかく「分かりやすい可愛さ」で構成されています。そのひとつが、クマと同じくらい登場するたくさんの女の子たち。彼女たちがくり広げる「百合っぽい」展開も本作の魅力のひとつです。

ユナが一番最初に出会う少女フィナや、領主の娘でお嬢様なノア、女冒険者ルリーナに孤児院の子供達やその先生リズ……。立場や考え方の違いからくる面白さや、コミカルな笑いなどを交えながら、どんどん彼女たちが仲を深める様子は非常に微笑ましいものです。

一方でユナが彼女たちとの交流を経て変化していく様子も見所。普段はクールな表情が基本ですが、仲良くなった人々の前では自然と笑うことが多くなっていくのです。

たくさんの女の子たちのにぎやかな愛らしさもあれば、ユナの秘められた優しさが開いてくような静かな愛らしさもある本作。それぞれベクトルは違いますが、可愛い女の子の「百合っぽい」展開がたまりません!

『くま クマ 熊 ベアー』は、原作小説もいいけど、漫画がおすすめ!

 

コミカライズされた『くま クマ 熊 ベアー』は原作小説には無い視覚的な魅力が足されたことでより世界観が分かりやすく、可愛らしさが格段に増しています。 絵柄自体が丸みを帯びて可愛らしいので、主人公のユナを含め、物語に登場する女の子達が皆とても愛らしいです。

しかし何といっても一番の肝は、ユナの着ぐるみやクマアイテムがどれもこれも本当に可愛いことでしょう!

原作小説では挿絵からイメージするしかなかったクマ装備やクマアイテムの魅力が、漫画で描かれることでより細やかにより愛らしさで満ちています。

漫画作中にはユナが作り出したクマハウスや、召喚獣の「くまゆる」「くまきゅう」などいろいろなクマが登場しますが、そのどれも可愛く、「本当にこれが最強装備なの?」と疑ってしまうほど。ハイスペックにも関わらず、まるで見た目は人気のテーマパークとそのキャラクターのようなのです。

魔物被害や貧困などシリアスな展開もありますが、ユナが愛らしい「クマっぷり」と柔軟な発想で解決していく『くま クマ 熊 ベアー』。

原作もよいですが、可愛さマシマシのコミカライズ版もおすすめです!

 

著者
せるげい
出版日
2018-07-27
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る