『呪術廻戦』吉野順平の運命は「ソメイヨシノ」が伏線だった!?呪術師と花言葉を考察!

更新:2021.3.22

吉野順平の運命は、「ソメイヨシノ」によって示唆されていた!? 漫画『呪術廻戦』に登場するキャラクターの中には、名前に「花」が隠されていた可能性があり、その花言葉によって彼らの運命が暗示されていたのかもしれません……! 今回の記事では、虎杖悠仁・伏黒恵・釘崎野薔薇・吉野順平の名前に隠された花の名前と、そこから導き出される順平の運命ついて考察していきます。 LET’S領域展開!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

『呪術廻戦』登場人物の名前に隠された「花」と、その「花言葉」とは?

はいどーも、『呪術廻戦』考察系YouTuber・ポチです!

今回は、吉野順平の運命が「ソメイヨシノ」という花によって示唆されていたという考察をしていきます。

実は僕は、かなり前の動画で一度、『呪術廻戦』と「花・花言葉」との関係性について取り扱っています。現在は非公開であるその動画では、呪術高専の1年3人組の名前の中に花の名前が隠されており、その花言葉がそれぞれの運命を表しているのではないかという内容を話しました。

  • 虎杖悠仁:イタドリ(花言葉:見かけによらない、回復)
  • 伏黒恵:フシグロセンノウ(花言葉:転機、恋のときめき)
  • 釘崎野薔薇:ノバラ(花言葉:素朴な愛、孤独、痛手)

 

そして今回の記事では、追加で順平の苗字である「ヨシノ」が、桜の一種である「ソメイヨシノ」を指しているのではないかという考察をしていきます!

ソメイヨシノのヨシノは、漢字でも吉野順平の吉野と同じなので、確かにソメイヨシノと重なりますよね。

 

「ソメイヨシノ」だけが品種改良によって生み出された「仲間はずれ」だった!?

では、順平が「ソメイヨシノ」を表しているなら、どう関係するのかという話なのですが……

なんと、上記した「イタドリ」「フシグロセンノウ」「ノバラ」「ソメイヨシノ」の内、

「ソメイヨシノ」だけが品種改良で生まれた自生していない花であり、つまり仲間外れになっているんですね。

順平は、虎杖に誘われながらも高専の仲間になる事ができなかった事から、4人のなかでは仲間外れであったと言えます。

また、呪術師として見ても、彼は真人に脳の一部を改造されて呪術に目覚めましたよね。そうやって計画的に生み出されたという部分も、ソメイヨシノの品種改良と重なりますよね。

なので、順平の苗字がこういった経緯で決められた可能性は非常に高いと思います。

元々存在しなかったソメイヨシノという花と、元々呪術師になるはずではなかった順平

この繋がりが偶然ではなければ、ヨシノという名前自体が、順平が呪術高専の仲間になれずに死亡してしまうという運命を示唆していたのかもしれません。

ちなみにソメイヨシノの花言葉には「純潔」「優れた美人」などがあるのですが、順平の母親である吉野凪もめちゃくちゃ綺麗なお母さんでしたよね。

虎杖がネギが似合わないというくらいの美人だったのも、もしかしたらソメイヨシノの花言葉である優れた美人を表していたのかもしれないですね。

本当に真人達の計画のためだけに殺されてしまった吉野親子は不憫でならないです……

 

『呪術廻戦』の他の考察も見てみたい方は、YouTubeチャンネル「ポチ【呪術廻戦考察】」でもご覧になれます!

今回の考察で、より『呪術廻戦』の奥深い世界の魅力が伝われば幸いです!

YouTubeチャンネル「ポチ【呪術廻戦考察】」では、『呪術廻戦』にまつわる様々な考察動画をアップしていますので、もっと色んな考察を見てみたいという方はぜひYouTubeチャンネルもチェックしてみてください!

ポチ【呪術廻戦考察】

チャンネル登録や高評価などをしていただけると活動の励みになります!ぜひよろしくお願いします。

また、今回の記事は動画でも見ることができます!

呪術廻戦】4人の名前に花が入っている!? ソメイ"ヨシノ"が示唆する悲し過ぎる順平の運命!!

 

著者
芥見 下々
出版日