漫画『呪術廻戦』最新巻・最新話までの伏線・謎をまとめて考察!【ネタバレ注意】

更新:2021.9.9

『呪術廻戦』の謎・伏線・考察をひとまとめ! 2017年に「週刊少年ジャンプ」にて連載が開始され、2020年にはテレビアニメ化、2021年冬には劇場映画化が決定した大人気漫画『呪術廻戦』。2021年4月現在、コミックスの累計発行部数4500万部を突破し、その勢いは止まることを知りません。 この記事では、そんな本作にまつわる考察を一覧にしてまとめてみました!謎多き『呪術廻戦』の世界を読み解き、さらに深く楽しむためのヒントが盛り沢山です! ※最新話までの情報・展開のネタバレが含まれますので、未読の方はご注意ください。

ブックカルテ リンク

『呪術廻戦』考察1:虎杖は伏黒に殺害される!?虎杖ら「東京校1年生」と、五条ら「黄金世代」のループを考察!

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁は呪術高専東京校の1年生です。その同級生は伏黒恵釘崎野薔薇の2人です。

そんな東京校現1年の3人は、同じ東京校のとある世代と構成などがリンクしているという事をご存知でしょうか。

そのとある世代というのは、夏油傑五条悟家入硝子からなる、まさに黄金世代です。

彼らは、男性2人・女性1人の計3人という、虎杖達とまったく同じ構成になっています。

また、

  • 虎杖と夏油は、一般人の育て親がいる
  • 伏黒と五条は、御三家出身の相伝術式持ち
  • 釘崎と家入は、身内に関する情報が不明

と、家庭の状況が一致しています。

さらに、漫画『呪術廻戦』第139話では、高専から追われる虎杖を伏黒が追うという展開が描かれています。これは、かつての夏油と五条をなぞるような展開ですね。

もし、このあまりにも酷似した2世代がリンクしているのであれば……虎杖には、かなり残酷な未来が待っている事になります。虎杖と伏黒は、かつての夏油と五条と同じ運命を繰り返してしまうのでしょうか……?

この考察について、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

『呪術廻戦』虎杖は乙骨ではなく伏黒に殺害される!?東京校1年と黄金世代のリンクを考察!

『呪術廻戦』虎杖は乙骨ではなく伏黒に殺害される!?東京校1年と黄金世代のリンクを考察!

『呪術廻戦』の主人公である虎杖悠仁について、呪術高専のある世代との関係を考察した所、かなり残酷な未来が待っている可能性が出てきました。 という事で今回の記事では、10年の時を超えて繰り返される残酷な未来について考察していきたいと思います!LET’S領域展開!

『呪術廻戦』考察2:宿儺はなぜ虎杖に「契闊」を忘れさせた?本当の目的を徹底考察!

『呪術廻戦』における最大の謎のひとつである「契闊(けいかつ)」とは、少年院での戦いで絶命した虎杖を生き返らせることと引き換えに、宿儺が虎杖に対して結んだ縛りです。

その条件は、次の2つでした。

  • 宿儺が「契闊」と唱えたら、虎杖は1分間、体を宿儺に明け渡すこと
  • この約束を忘れること

この「契闊」の縛りには、「この縛りを結んだことを忘れる」という意味深な条件が含まれているのです。

「契闊」が登場したのはコミックス第2巻(2018年)のことだったのですが、2021年5月現在でも、未だにその意図は明かされていません。

宿儺は、なぜこの「縛りのことを忘れる」という条件を入れたのでしょうか?

この考察について、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

『呪術廻戦』宿儺はなぜ虎杖に「契闊」を忘れさせた?本当の目的を徹底考察!

『呪術廻戦』宿儺はなぜ虎杖に「契闊」を忘れさせた?本当の目的を徹底考察!

『呪術廻戦』における最大の謎のひとつである「契闊(けいかつ)」は皆さんご存知ですか? 最近、「契闊」の最後の条件「この縛りを結んだことを忘れる」という項目が、「とある目的」のために結ばれたのではないかというコメントがいくつか寄せられてきました。 ということで今回の記事では、宿儺が虎杖に「契闊」を忘れさせた理由について考察していこうと思います!

『呪術廻戦』考察3:内通者は2人“以上”いる? 冥冥・家入硝子・伊地知潔高の伏線を徹底考察!

虎杖が高専に入学して以来、頻繁に起こり続けるイレギュラーな事件。

五条はその不自然さを疑い、高専の呪術師の中に、偽夏油と通じている内通者がいるのではないかと考えていました。

内通者が誰なのかまでは分からなかった五条は、庵歌姫と共に内通者について探り始めるのですが、その内通者についての真相が少しずつ明らかになっています。

庵「多分 呪詛師と通じてるのは2人以上 1人は学長以上の上層部」

 「もう1人 その上層部に情報を流してる奴がいる」

(漫画『呪術廻戦』第9巻・第79話より引用)

どうやら、偽夏油達と繋がっている内通者は2人以上いるようですが……

内通者が「2人」ではなく、あえて「2人以上」と明言されていることに、大きな意味が隠されていると考えました。

漫画第79話にて、内通者の一人はメカ丸(与幸吉)であったと判明しましたね。  しかし2021年5月現在、未だにメカ丸以外の内通者は判明していません。

今回の考察では、内通者の疑いが特に強い「冥冥」「家入硝子」「伊地知潔高」の3名について、徹底的に考察していきます!

この考察について、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

『呪術廻戦』内通者は2人”以上”いる? 冥冥・家入硝子・伊地知潔高の伏線を徹底考察!

『呪術廻戦』内通者は2人”以上”いる? 冥冥・家入硝子・伊地知潔高の伏線を徹底考察!

呪詛師との「内通者」は「2人以上」!? 漫画第79話で、高専関係者内に「2人以上存在する」と言われていた「内通者」。内通者の一人は、メカ丸(与幸吉)であったと判明しましたね。 しかし2021年4月現在、未だにメカ丸以外の内通者は判明していないのですが、その影は意外にも身近な所に潜んでいるのかもしれません。 今回の記事では、巷で「内通者」ではないかと疑われている「冥冥」「家入硝子」「伊地知潔高」について、疑惑の真偽を徹底考察していこうと思います!

『呪術廻戦』考察4:三輪霞の地毛が水色である理由を徹底考察!髪色が呪術師の才能を表している?

漫画『呪術廻戦』第134話にて、三輪霞の水色の髪の毛は染めたものではなく、生まれつきの「地毛」であるという事実が発覚しました。

三輪「ミニバスでキャプテンをやっていた あの頃はよくお母さんが髪を黒く染めてくれていたっけ」

(漫画『呪術廻戦』第16巻・第134話より引用)

この事実は、呪術界における大きな伏線かもしれません……! 

呪術高専生の髪色については、かなり現実的なカラーリングがなされています。

京都校の西宮は金髪ですが、彼女はアメリカとのハーフです。

野薔薇は茶髪ですが、あれは自分で染めているという設定があります。

また、日本人の中には緑がかった黒髪もあるみたいなので、禪院姉妹はそれなのかなと考えています。

各キャラクターの髪色が無茶苦茶では無い事から、三輪の地毛だけ現実離れした水色なのには何かしらの理由があるのではないかと考えられそうです。

では、なぜ水色なのでしょうか。

『呪術廻戦』で水色や青色が持つイメージとして、一つだけ思い当たるものがあります。

それは、「呪力」です。

三輪の髪毛が水色なのは、呪術の才能を表しているのではないでしょうか…… ?

この考察について、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

『呪術廻戦』三輪霞の地毛が水色な理由を徹底考察!髪色が呪術師の才能を表している?

『呪術廻戦』三輪霞の地毛が水色な理由を徹底考察!髪色が呪術師の才能を表している?

三輪ちゃんの地毛が水色なのは、呪術の才能の表れだった!? 漫画『呪術廻戦』第134話にて、三輪霞の水色の髪の毛は染めたものではなく、生まれつきの「地毛」であるという事実が発覚しました。これはもしかすると、呪術界における大きな伏線であるのかもしれません……! 今回の記事では、呪術師の才能と髪色との関係性を、様々な角度から徹底的に考察していきます!

『呪術廻戦』考察5:偽夏油の「無為転変」計画に津美紀が選ばれた理由とは?最悪の可能性を考察!

漫画『呪術廻戦』第136話にて、偽夏油・羂索(けんじゃく)の恐るべき計画が明らかになりました。

それは、羂索があらかじめマーキングしておいた1000人の非術師達に「無為転変」を施して呪力を与え、戦い合わせるように仕向けていたということです。

「彼らにはこれから 呪力への理解を深めるために殺し合ってもらう」

(漫画『呪術廻戦』第16巻・第136話より引用)

そのマーキング対象者に、伏黒恵の姉である伏黒津美紀がいたということが発覚しました。最悪の場合、伏黒姉弟で戦う事になるのではないかと心配されています。

しかし津美紀は、一体なぜ無為転変の対象として選ばれてしまったのでしょう。

津美紀は恵の姉ではありますが、血は繋がっていません。つまり、呪術の名門である禪院家と血筋上は関係ないのです。

津美紀が「無為転変」に選ばれてしまった秘密は、「偽夏油の目的」と「伏黒恵との関係性」にあるのではないかと考えられます……!

この考察について、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

『呪術廻戦』偽夏油の「無為転変」計画に津美紀が選ばれた理由とは?最悪の可能性を考察!

『呪術廻戦』偽夏油の「無為転変」計画に津美紀が選ばれた理由とは?最悪の可能性を考察!

禪院家とは無関係な伏黒津美紀に「無為転変」が施された驚愕の理由とは……? 漫画『呪術廻戦』第136話で、偽夏油によって伏黒津美紀を含めた1000人もの非術師が「無為転変」の対象としてマーキングされていたという事が明らかになりました。 しかしいったい何故、禪院家でもない津美紀が狙われたのでしょうか……? 今回の記事では、津美紀がマーキングされた理由を考察し、他に狙われた可能性のある非術師について考察していきます!

『呪術廻戦』考察6:両面宿儺が伏黒に拘る理由は「布瑠部由良由良」の先にあった!?

2021年5月時点で、宿儺の目的について分かっていることは2つです。

1つ目は、虎杖の肉体を得ることは必要としていないこと。

これは渋谷事変にて「虎杖の体の主導権を得るための縛りを結べ」という漏瑚からの提案を却下したことから分かりました。

漏瑚「虎杖悠仁が戻る前に奴との間に“縛り”を作れ!! 肉体の主導権を永劫得るための“縛り”を!!」

宿儺「必要ない 俺には俺の計画がある」

(漫画『呪術廻戦』第13巻・第112話より引用)

そして2つ目は少年院での戦いから描かれている、伏黒だけはどうしても殺さないということです。

伏黒の術式や式神、さらには「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」の構えを見た瞬間から、宿儺は強引に虎杖の体の主導権を奪おうとする行為を一切しなくなりました。そしてこの時から伏黒を何より大切にし始めます。

このように宿儺の目的は、「虎杖の肉体を奪うこと」から「伏黒が持つ何か」に移っていることが分かると思います。

そしてあの時、伏黒が構えを取って言い放った「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」という言葉を調査していたところ、「十種神宝(とくさのかんだから)」という歴史上の神器の存在に辿り着きました。

さらに、その中の一つである「死返玉(まかるかえしのたま)」には、とんでもない能力が秘められており、そこに宿儺の真の目的が隠されていそうです……!

この考察について、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

『呪術廻戦』両面宿儺が伏黒に拘る理由は「布瑠部由良由良」にあり!?理由と秘密を考察!

『呪術廻戦』両面宿儺が伏黒に拘る理由は「布瑠部由良由良」にあり!?理由と秘密を考察!

宿儺が伏黒に拘り続ける真の理由が判明したかもしれません……! この記事では、少年院での戦いから伏黒に興味を示し続けている宿儺の狙いを徹底考察! 伏黒が放った「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」という言葉を考察していたところ、「十種神宝(とくさのかんだから)」という神器の存在が導かれました。 さらに、その中の一つである「死返玉(まかるかえしのたま)」にはとんでもない能力が秘められており、そこに宿儺の真の目的が隠されていそうです……!

『呪術廻戦』の他の考察も見てみたい方は、YouTubeチャンネル「ポチ【呪術廻戦考察】」でもご覧になれます!

今回の考察で、より『呪術廻戦』の奥深い世界の魅力が伝われば幸いです!

YouTubeチャンネル「ポチ【呪術廻戦考察】」では、『呪術廻戦』にまつわる様々な考察動画をアップしていますので、もっと色んな考察を見てみたいという方はぜひYouTubeチャンネルもチェックしてみてください!

ポチ【呪術廻戦考察】

チャンネル登録や高評価などをしていただけると活動の励みになります!ぜひよろしくお願いします。

また、僕が監修をした『呪術廻戦』考察本が発売中です!

『呪術廻戦』に残る謎を徹底考察するだけでなく、「呪術」に関する歴史的事実もあわせて掲載!『呪術廻戦』が何度も楽しめる知識を詰め込みました!

こちらも合わせてご覧いただければとても嬉しいです!

著者
ポチ
出版日
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る