2021年10月アニメ開始!ホラーコメディ漫画『見える子ちゃん』をネタバレ考察

更新:2021.10.1

2021年10月よりアニメ放映がスタートする、漫画『見える子ちゃん』。この記事ではお父さんとの心温まるエピソードや先生と猫との間に隠された秘密、気になるキーワード「さんかい」などネタバレありで気になるポイントを考察。思わずゾッとするホラーなのに、コメディ要素もある本作の魅力に迫ります。

ブックカルテ リンク

見え過ぎちゃう少女が主人公!漫画『見える子ちゃん』とは

怖い異形が見え過ぎちゃう少女が主人公の漫画『見える子ちゃん』は、1巻を発売した段階で次にくるマンガ大賞2019Webマンガ部門の10位、ニコニコ漫画年間ランキング2019公式マンガ部門でも2位を獲得。

作者の泉朝樹がTwitterで本作を発表した際にすでに、6万以上のリツイートと18万以上のいいねを獲得し話題となっていました。2021年10月よりアニメがスタートする、注目度の高い作品です。

ある日突然、見えないはずのヤバい存在が見えるようになってしまった四谷みこ。

恐怖心を抱えながらとにかく見えないふりをしているのに、親友のハナが引き寄せ体質なこともありたびたび怖い異形に遭遇してしまいます。ホラー展開の中で見せるハナの常識外の食べっぷりと、みこのツッコミが笑いを運ぶ本作は魅力たっぷり。

『見える子ちゃん』第1巻

 

2021年10月よりアニメ開始!新感覚ホラー『見える子ちゃん』

コメディ要素も詰まった、新感覚ホラー『見える子ちゃん』がついにアニメ化!

 

アニメ『見える子ちゃん』は、2021年10月3日(日)よりTOKYO MXほかで順次放送スタート。アニメーション制作は、アニメ『ひぐらしのなく頃に』などを手がけたPassioneが担当。

2021年9月現在、次の3役のキャストが発表されています。

  • 四谷みこ…雨宮天(出演作:『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』七海やちよ役など)
  • 百合川ハナ…本渡楓(出演作:『シャドウバース/天宮ミモリ役など)
  • 二暮堂ユリア…佐倉綾音(出演作・僕のヒーローアカデミア/麗日お茶子役など

アニメ版の注目ポイントは、怖い異形がどのように動くのかというところ。漫画で見てもゾッとする異形がアニメになると、どういった怖さになるのかに注目です。

 

ホラーなのに、こみ上げる笑いがある『見える子ちゃん』の魅力

軽快なテンポでホラーとコメディが展開される本作が放つ魅力とは、何なのでしょうか?ここでは漫画『見える子ちゃん』の魅力について、綴っていきたいと思います。

 

魅力1.怖がりな主人公

作中に登場するキャラクターの中で、おそらく最強レベルの霊視力がある主人公の四谷みこ。

異形が登場する作品の主人公は戦う力を持っていることが多いので、異形をシカトしながら本気で怖がる主人公は珍しいのではないでしょうか。

みこが突然現れた異形に対して、心臓をバクバクさせながらやり過ごすさまは親近感を感じさせます。また、みこの異形をシカトする描写が秀逸です。

魅力2.ハナの食欲

朝ごはんの後に、朝後ごはんを食べちゃうほど食欲旺盛な百合川ハナ。ハラハラする展開の中、ハナの食欲と天真爛漫な性格がギャグのスパイスに。そこに入るみこのキレのあるツッコミが、面白さをプラスしていくのです。

魅力3.異形が登場するタイミング

本作は、異形の登場するタイミングがとにかく絶妙!トイレに入ったらいた、布団をめくったらいた。など、普通に生活している中で、様々な異形が突然現れます。

えっ!ここで?と思うようなタイミングで現れるので、恐怖感のリアリティが増していきます。その画力も高く、可愛らしい主人公らとのギャップもたまりません。

 

【キャラクター紹介1】ヤバい異形が見える主人公!四谷みこ(よつやみこ)

本作の主人公は、ヤバい姿の異形が見えてしまう女子高生・四谷みこ

いたるところで怖い異形が目の前に現れてしまい、みこは異形が怖くて仕方がありません。そんなみこが心に決めているのは、異形をシカトすること。

「見えてる?」とたびたび異形の者に問いかけられますが、見えない・聞こえないを貫きます。

優しく友達思いの性格であり親友のハナはホラーが苦手なため、ヤバいものが見えることを誰にも言わず1人で耐える健気なみこ。生命オーラを見る力はないため、ハナが引き寄せ体質であることに最初は気が付きませんでした。

異形と向き合わない姿勢を続けていきますが、徐々に向き合う必要性を感じるようになっていきます。突然身についてしまった不思議な霊視力と、今後みこがどう向き合っていくのかは本作の行方を左右する重要なポイントです。

『見える子ちゃん』第1巻

 

【キャラクター紹介2】引き寄せ体質な、みこの親友・百合川ハナ(ゆりかわはな)

みこの親友・百合川ハナは、引き寄せ体質の女子高生。

ホラーや心霊の類は大の苦手。にも関わらず生命オーラが強いため、霊を引き寄せてしまう引き寄せ体質なハナ。ハナ自身は霊感や霊視能力がまったくないため、自分に異形が憑いていることに気が付きません。

待ち合わせ場所にハナが来たと思ったら、うしろにヤバい異形が憑いていた!なんてことも。

天真爛漫な性格で、朝ごはんの後に朝後ごはんを食べてしまうほど食欲旺盛

ハナが人一倍ご飯やおやつを食べるのは、食が生命オーラに繋がっているから。異形に憑かれるとお腹が空きやすくなり、普段以上に食べることが必要になります。

ハナの気持ちよい食べっぷりは、微笑ましく感じる笑いの要素なのです。

『見える子ちゃん』第1巻

 

【キャラクター紹介3】自称ゴットマザーの一番弟子・二暮堂ユリア(にぐれどう ユリア)

みこやハナと同じ学校に通う二暮堂ユリアは、自称ゴットマザーの一番弟子。

ユリアにも、異形の姿を見る力があります。しかし、みこに見えているヤバい異形までは、見ることができません。

みこと違い霊能者になりたいという目標があるユリアは、霊媒能力など霊能者に必要な力を身に着けたいと思っています。そのためゴッドマザーに、弟子になりたいと志願。ゴッドマザーが引退してしまったために、その夢は中断されてしまいます。

ひょんなことから、みこの能力に気づきますが、思い込みの激しさも相まって壮大な勘違いを展開。そんなユリアの妄想も、本作の大事なコメディの素。

幼少期から異形が見えていたため、周囲から浮いた存在だったユリア。みこやハナと友人関係になっていくことで、心境の変化が現れ始めます。

 

『見える子ちゃん』第2巻

 

【キャラクター紹介4】下町のゴッドマザー・タケダミツエ

ユリアが弟子入りを志願した、下町のゴッドマザー。名はタケダミツエと言います。神童ロムは、ゴッドマザーの元弟子。

パワーがありそうな数珠を求めて占いの館を訪れた、みこを見て異形が見える子だと気づきます。

もともと大して力のない数珠を、法外な値段で販売していたゴッドマザー。みこにも適当な数珠を3,000円で販売しますが、みこが数珠を身に着けた途端に数珠が弾け飛んだためパワーの強い本物の数珠を授けます。

しかし、この数珠も即弾け飛んでしまったため、自信を喪失。霊能者を廃業し、田舎で隠遁生活をスタートします。

それからしばらくは登場しませんが、ある日届いた一通の手紙をきっかけに本業復帰を決意。みこの良き理解者となっていきます。

『見える子ちゃん』第1巻

 

【キャラクター紹介5】胡散くさい霊能力者・神童ロム(しんどうろむ)

ゴッドマザーの元弟子・神童ロムは、胡散臭さ漂う霊能力者。

ゴッドマザーよりも能力が高く、みこに見えているヤバい異形も見えています。感情の機微を感じさせないロムは、表情の変化も乏しい人物。

不可解症候群というオンラインサロンを開設していて、会員とともに心霊スポットを訪れるツアーなどを開催。インチキ自称・霊能者たちへ、胡散臭い霊能グッズを販売し利益を得ています。

みことハナが訪れた、この世に存在しないはずの神社に執着しているロム。神社に辿り着くという目的を果たすため、みこやハナに接触をはかってきます。

ロムがなぜ神社にこだわるのか、その理由はまだ謎。まだまだ謎が多い人物のため、これから明かされる事実から目が離せません。

『見える子ちゃん』第4巻

 

【キャラクター紹介6】シスコン気味な、みこの弟・四谷恭介(よつやきょうすけ)

小学生の四谷恭介は、みこの弟。一緒に母の誕生日プレゼントを買いにいくなど、兄弟仲は良好。

血を分けた兄弟だけれど、みこと違って異形が見えない恭介は何かと様子がおかしい姉が気になります。しかし理由がまったく思い当たらず、盛大な勘違いを展開

姉思いの性格で、ちょっとシスコン気質な恭介。ハナと会うといって出かけたのに、それが嘘だったとわかった際はハナと一緒にひたすらみこを探す姿を見せることも。

恭介の出現は、みこを救う役割を担うことがあります。異形が見えずいつも変わらず接してくれる恭介は、日々恐怖と隣り合わせのみこにとって安らぎのひとときをくれる存在のひとりなのです。

『見える子ちゃん』第1巻

 

【キャラクター紹介7】猫を通じて出会う遠野善(とおのぜん)

みことハナが捨て猫の里親を募集した際に、里親希望として現れた遠野善。

しかし遠野には無数の猫の霊が憑いていたため、猫は別の人へ渡すことに。ここで彼との縁が終わったと思いきや、産休に入った担任の後任として再びみこたちの前に登場

遠野の周りには常に不穏な空気が漂っており、みこは恐怖と警戒心を抱きます。

常に無表情で、人の名前をなかなか覚えない遠野。怪しさ全開のキャラクターですが、取り憑いている異形が重大な鍵を握っています

なぜ無数の猫に取り憑かれているのか?彼に取り憑いているヤバい異形は一体何なのか?

すべての真実が明かされる時、遠野善という人物が始めて本来の姿を見せることになります。

『見える子ちゃん』第2巻

 

ここからは、各巻の見所をネタバレありで紹介していきます。

【ネタバレ注意】お父さんのエピソードは必見!『見える子ちゃん』第1巻あらすじ

見えないはずの異形が見えるようになってしまった、みこの日常が描かれる第1巻。思わずホロリと来る、巻末のお父さんとのプリンにまつわるエピソードも見どころです

バス停で雨宿りしていると突然、四谷みこの目の前に怖い異形が現れた。

それから家で歯を磨いていても、布団の中にも、学校でも、あちこちで姿を現す異形たち。

捨て猫の飼い主になってくれる人を見つけるため、SNSで里親募集をかけた百合川ハナ。飼い主希望として現れた男性は猫の異形に取り憑かれていて、みこは別の人に猫を渡そうと言います。

異形避けになればと、ドンキで数珠を購入したみこ。しかし強力な異形に遭遇し、弾け飛ぶ数珠。もっと強力な数珠を手に入れるため、ハナと占いの館を訪れることに。

占いの館で購入した数珠も身に着けてすぐ飛散、ならばと最高の一品をみこに渡すゴッドマザー。しかし、この数珠も弾け飛んでしまいます。この出来事をきっかけにゴッドマザーは、占いの館を廃業し息子のもとへ行くことを決意します。

朝の食卓にも、姿を表す異形。何も見えないみこの家族は、いつも通りに過ごしています。朝の他愛ない会話が飛び交う中、プリンがきっかけでみこがお父さんとケンカした話に。

お父さんとケンカした思い出のプリンを使って、みこが取った行動は……。

『見える子ちゃん』第1巻

 

著者
泉 朝樹
出版日

 

【ネタバレ注意】ハナがヤバい異形に憑かれる『見える子ちゃん』第2巻あらすじ

今後の展開の鍵を握る狐巫女が登場する第2巻。ハナがヤバい異形に憑かれてしまい、みこが奮闘します

みことの待ち合わせ場所に向かうハナ。持ち前の生命オーラに引き寄せられたヤバい異形が、ハナのオーラを利用して捕食を繰り返していきます。

ハナがみこと合流した時には、とてつもない姿になっていた異形。みこはハナを救うため、スマホのナビを頼りにハナを神社へ連れていきます。

参拝を済ませると2体の狐巫女と巨大な異形が現れ、ハナに憑いていた異形を捕食。狐巫女と巨大な異形はみこに何か話しかけますが、唯一聞き取れたのは「さんかい」という言葉だけでした。

この世ならざる者の姿が見え、ゴッドマザーの弟子になりたい二暮堂ユリア。占いの館を訪れると、そこには廃業の文字が。偶然通りかかったみことハナを見て、みこも見える人なのではと思いはじめます。

みこと行った神社で撮った写真をきっかけに、写真を趣味にしようと考えたハナ。ユリアの策略で、みことハナは心霊スポットに行くことに。またもやヤバい異形が現れ、狐巫女に救われるみこたち。

担任の先生が産休に入り、以前会った無数の猫の異形に憑かれている遠野善が新しい担任として赴任してきます。

『見える子ちゃん』第2巻

 

著者
泉 朝樹
出版日

 

【ネタバレ注意】遠野先生に猫の霊⁉『見える子ちゃん』第3巻あらすじ

怪しさあふれる遠野先生の、過去と真実がわかる第3巻いつも恐怖を我慢してばかりだけど、お化け屋敷は楽しいというみこの表情が新鮮に映る一冊です

ハナやユリアが危険な目に合わないよう、自分がしっかりしなくてはと決意するみこ。ヤバい異形から不穏な警告を受け、思わず涙が出てしまいます。

ハナとユリアと一緒に、おばけ屋敷を訪れたみこは心置きなく叫べる状況に歓喜。言いたかったことも言えて、晴れやかな気分になります。

遠野の周りで相次ぐ、猫の不審死。一向に生徒の名前を覚えられない遠野の授業中に、生徒たちへ「みるな」と言い続ける異形。そこで急にお腹が空いてしまったハナの、空腹音が鳴り響きます。

2人でのんびりしていると突然、子供のような異形に襲われ再び狐巫女に助けられたみことハナ。指で2を示す狐巫女。みこは「さんかい」とは、三回のことなのではと思い始めます。

少しずつ増えていく、遠野に憑いている猫の異形。ハナのためにも何とかしなければと遠野の後を付け、遠野が拾おうとした猫を奪って逃走するみこ。しかし後を追った遠野が、交通事故に遭ってしまい……。

みこは遠野の過去と、彼に憑いている異形の正体を知ることになります。

『見える子ちゃん』第3巻

 

著者
泉 朝樹
出版日

 

【ネタバレ注意】神童ロムが登場!『見える子ちゃん』第4巻あらすじ

胡散臭すぎる霊能力者・神童ロムが登場する第4巻。今まで相談できる人が居なかったみこに、手を差し伸べてくれるゴッドマザーが魅力です

占い師を廃業し畑仕事に勤しんでいたゴッドマザーは、全盛期よりパワーが増していると感じていました。

そんなゴッドマザーの元に、届いた一通の差し出し人がない手紙。封筒の中にはハナが撮影しSNSにアップした、あの神社の写真が入っていました。この写真を見てゴッドマザーは、廃業の撤回を決意。

みこの隣に腰掛け、話しかけてくる謎の男・神童ロム。

みこはロムの持つ石が異形を退けたのを見て興味を惹かれますが、ハナに制止されてしまいます。一方ユリアもロムの動画チャンネルを見て興味を持ち、オンラインサロン不可解症候群をチャンネル登録。

狐巫女の鈴の音が頻繁に聞こえるようになってきたみこは、お礼参りをするため再びあの時の神社へ向かいます。前回同様スマホのナビを駆使するも、あったはずの場所に神社がありません。

無数の異形が現れ、再び姿を表した狐巫女。お礼にと用意したあぶらあげをお供えすると、逆鱗に触れてしまったようで……。

みこの前にゴッドマザーが現れ、窮地を脱出。ゴッドマザーから、神社の真実を聞くことになります。

『見える子ちゃん』第4巻

 

著者
泉 朝樹
出版日

 

【ネタバレ注意】みこが神社に行くことを決意する『見える子ちゃん』第5巻あらすじ

みこが再び神社へ向かうことを決意する第5巻。ハナの食欲旺盛である理由がわかり、ハナにひたすら食べさせ続けるみことユリアの攻防劇は必見です。

ゴッドマザーの前に姿を表したロム。ゴッドマザーに手紙を送ったのは、ロムでした。みこたちをいつ山に連れていくのか問うロムに、2人をもう関わらせないと答えるゴッドマザー。

晩ごはん前の間食用に、パンを購入しハナは上機嫌。帰り道でハナは自殺を考えていた男の子を止めようとし、男の子が川に落ちた大事なお守りのことで悩んでいることを知ります。

川にはヤバい異形がいて、命の危機に立たされてしまうハナ。男の子の機転で、なんとか窮地を脱します。

この事件をきっかけに異形に憑かれてしまい、風邪で寝込むハナ。ハナから送られてきた写真を見て事態を察したみこは、ユリアとともにハナの家へ。

ユリアは食べ物を食べた途端に、ハナのオーラが回復していることに気づきます。ユリアの協力を得て食べ物をハナに与え続け、ハナを守ろうとするみこ。

再び狐巫女と巨大な異形が姿を表し、ハナに憑いていた異形を食し去っていきます。

ハナが狐巫女たちに狙われていると悟ったみこは、神童ロムとともに再び神社へと向かうのでした。

『見える子ちゃん』第5巻

 

著者
泉 朝樹
出版日

 

『見える子ちゃん』の重要なキーワード・さんかい

漫画『見える子ちゃん』を語る上で、外せないキーワードがあります。それが作中にたびたび登場する「さんかい」です。

ヤバい異形に憑かれたハナを救うために訪れた、この世に存在しない神社で遭遇する狐巫女巨大な異形。この時、唯一聞き取れた言葉が「さんかい」です。

『見える子ちゃん』第2巻

 

その後異形に襲われるたびに、狐巫女に救われていくみこ。最初に異形からみこを救った際に、狐巫女は人差し指を1本出し1と思わしき表現をします。

示す指は2回目に救われた時2本に増え、さんかい=3回だけ助けるという意味を連想させます

しかし3度助けた後も、みこの前に姿を表す狐巫女と巨大な異形。そこから徐々に、特殊な体質を持つハナが狙いだから助けてくれたのではないかと考え始めるみこ。もしくは、みこ自身が狙いである可能性もありますね。

「さんかい」とは本当に3回のことなのか、それとも別の意味があるのか。そして救われた代償を今後、求められてしまうのか。「さんかい」にまつわる真実が、明らかになる日が待ち遠しいですね!

 

今後の展開は?最終回や結末を大予想!

近寄ってはいけないとゴッドマザーに警告されていた神社を、再び訪れたみこ。今後、この物語はどういった展開を魅せていくのか、ポイントを交えて予想したいと思います。

 

ポイント1.この世のものではない神社

スマホのナビに従って訪れたら、足を踏み入れてはいけない場所だった狐巫女の神社。まだこの神社が何なのか、明らかになっていません。

結末に向かうにつれて、この神社の全貌と狐巫女や異形の正体がわかるのではないでしょうか。

ポイント2.ロムが神社にこだわる理由

わざわざゴッドマザーに手紙を送ったり、みこやハナに近づいたりと何かと不審な行動が目立つロム。彼はなぜ、こんなにもこの世のものではない神社にこだわるのか。

おそらくロムも、過去に神社を訪れたことがあるのではないでしょうか。過去の出来事がきっかけで、神社にこだわる今がある。その真相が明らかになる時、ロムという人物の真の姿が浮き彫りになるかもしれません。

ポイント3.みこと異形

様々な異形と接したり、出来事を経験していく上で異形に対する思いに変化が現れ始めたみこ。ヤバい異形が見えてしまう自身の能力と、みこがどう付き合っていくのか。

みこが最後に辿り着く答えが、この物語のラストに待ち受けていると予想します。

 

まとめ

異形が与える恐怖感と、みこが発するキレのある台詞。ほっこりさせてくれたり、クスりとさせてくれたりする個性的なキャラクターたち。それぞれが相乗効果となって、新感覚ジャンル=ホラー・コメディを紡いでいます。アニメを見る前に、不思議と引き込まれるこの世界を漫画で体感してみてはいかがでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る