マンガ
趣味/実用

伊藤潤二のおすすめ漫画ランキングベスト5!ホラー漫画大御所の猫漫画も!?

更新:2020.12.3 作成:2017.3.9

ホラー漫画の奇才、伊藤潤二。一度読んだら忘れられない衝撃的な作品の数々生み出し、その独特な世界観でファンを引き付けてやみません。怖いけど読んでみたい!一度ハマるとやめられない!おすすめの漫画ランキングベスト5をご紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

独特な世界を展開するホラー漫画家、伊藤潤二

「富江」シリーズや『首吊り気球』などの作品で知られるホラー漫画家、伊藤潤二。1963年、岐阜県に生まれ、保育園に通っていた頃から熱中していたのは楳図かずおや古賀真一の描いた怪奇漫画だったそうです。


漫画家としてデビューする以前歯科技工士として働いていた伊藤潤二は、愛読書のホラー漫画雑誌に楳図かずお賞が創設されたこと機に、楳図に自身をアピールしたいという思いから作品を応募することを決意。1986年に投稿した『富江』が佳作入選し、漫画家デビューを果たしました。


ホラー漫画を中心に執筆しており、洗練された画力と奇抜な発想により独特な世界観を展開し、多くのホラー漫画ファンに愛されています。写真などで一見すると穏やかな、禍々しい絵からはかけ離れた雰囲気の人物ですが、ホラー漫画好きに知らぬ人はいないほどの大御所なのです。


そんな伊藤潤二の作品はどれも後を引く不気味さ、トラウマ級の衝撃的な描写、常人には到底考えもつかない独創的な発想で、一度読んだら忘れられないものばかり。ホラーでありながらギャグと紙一重という不思議な味が出るのも、彼ならでは。多くのファンがいつの間にか彼の作品の魅力にとり憑かれているのかもしれませんね。


伊藤潤二の代表作のひとつ『富江』について紹介した<伊藤潤二『富江』の怖い魅力。何度も殺される美少女の結末は【ネタバレ注意】>の記事もおすすめです。

5位:ホラー漫画家が描く日常猫漫画!?『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』

伊藤潤二と彼の奥様が連れてきた2匹の猫との暮らしを描いたエッセイ漫画です。ホラー作品しか知らなかったファンにも良い意味で衝撃を与えた作品ということで、今回のランキングで唯一ホラーではない作品です。
著者
伊藤 潤二
出版日
2009-03-13

ホラー漫画が中心な伊藤潤二の珍しい作品。絵のタッチや間のとり方といった作風は終始一貫してホラー漫画と同じですが、内容はほのぼのとしたもので、家族への愛情やシュールな笑いに溢れています。

猫のよん&むーもデフォルメされることなく、とてもリアルに描かれています。普通の夫婦の会話のシーンも、絵だけを見ると禍々しさすら感じさせるのですが、内容はよん&むーとの日常生活。伊藤潤二の画力が見事なまでのギャップを演出しています。

一度読んだらクセになるシュールなギャグテイストも盛り込まれているので、猫好きな方や、ホラー漫画が苦手な方でも楽しめるこの作品はおすすめです。絵は怖いのに、やっぱり可愛い、魅力たっぷりのよん&むーが笑いと癒しを届けてくれます。

突然奥様が連れてきた2匹の猫に動揺しながらも、最初は犬派だった伊藤潤二がよん&むーにかまってほしくて仕方ない様子は共感できる方も多いのではないでしょうか。禍々しい絵で日常を描く新しい猫漫画、ぜひ一度手に取ってみてください。

4位:短編でも楽しめる伊藤潤二の世界『魔の断片』

伊藤潤二の持ち味である、ホラーとギャグが紙一重といった物語を含めて8作収録。どれもこれも短い時間でサクッと読めて、それでいてゾッとする、伊藤潤二の世界を堪能できる物語ばかりです。中でも「黒い鳥」は伊藤潤二の本領発揮、といった禍々しさを放ち、人気を得ている短編の1つです。
著者
伊藤 潤二
出版日
2014-07-08

収録されている中から、シュールさも交えつつホラー要素が高いと評価を得ている「黒い鳥」を少しご紹介します。

登山中に転落して身動きがとれなくなり、絶望の最中にいた森口。彼のもとに毎晩現れては咀嚼したなにかを口移してゆく腫れぼったい唇の不気味な顔の黒い女。無事救助され、助かったはずなのに。それでもそいつは毎晩現れるのです。一体なぜ?正体は?

あらすじだけでも十分に不気味さが伝わってきますね。理解の範疇を超えた不可思議な謎。おぞましい黒い女の存在。グロテスクな描写。短編でありながら、持ち味が濃厚に詰まっている読み応えばっちりの物語です。

その他の物語も、伊藤潤二の世界にどっぷり浸れるものばかりなので、初めてでも手に取りやすい短編集としてもおすすめします。

3位:もはや宇宙規模のホラー!『地獄星レミナ』

宇宙に発見したワームホールから出現した惑星に、発見者の大黒博士が自身の愛娘の名からレミナと名付けたことで、一躍有名人となった博士と娘の麗美奈。これは歴史的にも科学的にも重大な発見だったのですが、ある時惑星レミナが突如軌道を変えて、周囲の惑星を消滅させながら地球へ接近し始めます。パニックに陥り、態度を一変させた人々に命を狙われ始める親子と地球の運命は……?
著者
伊藤 潤二
出版日

宇宙規模の壮大なスケールで描かれる『地獄星レミナ』。圧倒的な迫力で読者を引き込み、予想もできない展開、結末へと導かれます。もとより、この独創的なストーリーの発想自体がさすが伊藤潤二、そう簡単に予想できるようなものではありません。シュールで突飛な展開はギャグ漫画のような雰囲気でありながら、しっかりとホラー漫画になっているところもさすがと言わざるをえないでしょう。

惑星を発見した大黒博士の愛娘の麗美奈は、その美しさを買われ芸能界デビューを果たし、一気にスターへの階段を駆け上がることになるのですが、伊藤潤二の描く美女は本当に美しく人気があります。ホラー漫画らしく、どこか影のある危うい雰囲気を感じさせる、そこが麗美奈の魅力のようです。

伊藤潤二作品に多く見られるグロテスクな描写は少なめになっているのもポイント。パニックホラー的要素が強く、恐怖でパニックに陥った人間たちの狂気をまざまざと見せつけられます。気持ち悪いものや怖いものは苦手だけど興味があるという方は、まずはこの作品から読んでみるというのもいいかもしれませんね。

2位:愛情が狂気にかわる『死びとの恋わずらい』

母と共に生まれ故郷に帰ってきた女子高生の深田みどりは、転校先のクラスに幼馴染の龍介の姿を見つけ2人は再会を喜びます。しかしみどりは毎晩謎の美少年が登場する悪夢にうなされるようになり、それと並行して、みどりの通う学校では辻占いと呼ばれる珍しい占いが流行。しかしこの占いには恐ろしい噂があるのでした……。
著者
伊藤 潤二
出版日

愛情とは素晴らしい感情ですよね。でもそれが嫉妬を生み、大切だったものや自分を傷つける凶器ともなることも。人間の感情とは複雑で、難しいものです。『死びとの恋わずらい』に登場する、「わずらった」人物たちの見せる狂気ともとれる言動は、まさにホラー、恐怖を感じずにはいられません。

無邪気な主人公が、悪夢にうなされ徐々に追い詰められていく様は、さすがホラーの大御所、圧倒的な緊張感で描きます。美しい女性を描くことで定評のある伊藤潤二ですが、この作品には美少年が登場し、物語はさらにミステリアスな雰囲気に。

この少年は一体だれなのか?なぜみどりの夢に現れるのか?どこか違和感のある日常は、何が原因なのか?ちりばめられた謎は、物語のラストに向かって一気に収束していきます。読者さえもいつの間にか物語の異常な日常に、溶け込んでいってしまうのです。

禍々しくも美しい、伊藤潤二の世界を堪能できる一作は、ぜひ一度手に取ってみてください。

1位:日常が渦巻く。伊藤潤二の代表作!『うずまき』

架空の街、呪われた黒渦町に住む女子高生、五島桐絵とその恋人斎藤秀一の周りで、うずまきに関連した惨劇と不可解な現象が多発。呪いで町は歪み、呪いはどんどん浸食してゆきます。果たして、うずまいた中心にはなにが存在するのでしょうか……。
著者
伊藤 潤二
出版日
2010-08-30

とにかくありとあらゆるものが、うずまいている。伊藤潤二の高い画力と繊細なタッチから生み出される独創的な世界は、一度踏み入ったが最後抜け出せなくなってしまいそうな不思議な魅力を持っています。登場人物がうずまきにとり憑かれていったように、読者もいつの間にかうずまきに絡めとられ、とり憑かれているのかもしれませんね。

黒渦町でうずまきにとり憑かれた人間の狂気的な言動、そしてその描写に思わず背筋がゾクッとくることでしょう。もちろん、伊藤潤二の持ち味が最大限発揮され、彼の作品らしい美しくも禍々しく、そしてグロテスクな描写も多いので、まずはこの作品を読めば世界観を堪能できると言える内容です。

徐々に徐々にうずまきの中心へと絡めとられるように進行してゆく物語は、一度読めば忘れられない衝撃と印象を残します。それでいて、ラストシーンはとても美しく胸に刻み込まれることでしょう。

いかがでしょう。ホラー漫画の大御所、伊藤潤二の描くシュールで、不気味で、ぶっとんだ世界に足を踏み入れてみませんか?