【実写映画化】最強シスコン漫画『ライアー×ライアー』に胸キュン!【ネタバレ注意】

更新:2017.5.2

「ハレのちグゥ」作者金田一蓮十郎の恋愛漫画『ライアー×ライアー』。嘘から始まった関係にイケメン弟のまっすぐすぎる愛、三角形と、波乱の展開でファンを増やしてきました。今回はそんな本作の胸キュンすぎる世界観をご紹介!ネタバレありなのでご注意を。

ブックカルテ リンク
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『ライアー×ライアー』あらすじ

主人公の湊は20歳の女子大生。母親の再婚相手の連れ子で同い年の弟・透と一緒に暮らしています。しかし彼はモテモテで女を取っ替え引っ替えするどうしようもない男。血が繋がっていないという理由で高校時代に彼の取り巻きたちからひどいめにあってきた湊は大学では半径2m以内に近づかないという念書を書かせ、繋がりを断つようにしてきました。

著者
金田一 蓮十郎
出版日
2010-11-25

ある日湊は親友・真樹の高校の時の制服を借りて、その場のノリで女子高生として町へ繰り出すことに。恥ずかしくなってきて帰ろうとしたところでなんと透と偶然会ってしまいます。

「何してんの?」と聞いてくる彼に湊は迫真の演技で他人のフリ。なんとかその場をやり過ごすのですが、普段はくるもの拒まず去る者追わずタイプの透がなぜか自分から連絡先を渡してくるのです。

最初はからかってやろうとして黙っていた湊ですが、徐々に実は自分なのだと言い出しづらくなってきて……。

ここに胸キュン!【弟の愛が重すぎる!】

本作の魅力のひとつは透の真っ直ぐすぎる愛。その勢いは湊が演じる「みな」という別人の女子高生に序盤からかなりのスピード感で迫っていく様子から伺えます。

初対面の次のデートで1時間待たされても何も言わずに待ち続け、「俺も結構遅れてきてたし」と優しい嘘をついたり、携帯を持っていないというみなのためにわざわざ携帯を契約してきてプレゼントしたり。ついには彼のアイデンティティともいえるセフレ関係をチャラい人は嫌だというみなのために全て切り、さぁ付き合おうとにじり寄ってくるのです。

著者
金田一 蓮十郎
出版日
2011-07-25

告白の後にまだ付き合ってもいないのに10万円もする財布をポンと買ってくれた透。そのことに罪悪感を感じ、湊はつい告白にOKしてしまいます。

そして透は付き合った後もみなに首ったけ。彼女といちゃいちゃするためにひとり暮らしを始めたり、ふとした会話で「やっぱり一戸建てがいいかな……」「子供は何人作ろうか?」と家族計画をたてたり、一度別れた時など廃人のようになってしまいます。

今までどんな女性と付き合っても本気になれなかった透はなぜこんなにもみなには真面目なのでしょうか?無表情で本心が読み取りづらい彼の気持ちが徐々に明らかになっていき、そこでもまた胸キュンしてしまう、まっすぐさが可愛いキャラクターです。

ここに胸キュン!【イケメガネ男子と三角関係!?】

湊が他大学とのサークル交流会で出会ったのは、小学生の時に通っていた塾以来の再会となる烏丸でした。趣味が合って話しやすく、透に惹かれていることに危機感を覚えていた湊は烏丸のことを好きになれる気がする、と彼を意識し始めます。

著者
金田一 蓮十郎
出版日
2012-03-24

そしてある日、ついに烏丸の方から告白をしてくるのです。一度はOKをする湊ですが、みなと別れてひとり暮らしの部屋に引きこもっている透を心配しているうちに、本当に好きなのは透なのだと気づきます。

そこで二股はいけないと思った湊は、なんとクリスマスの日に烏丸に別れを切り出すのです。悪女、湊。烏丸の心境を想像すると泣けてきますが、自分も片思いだという湊のことを励ますような言葉をかけます。優しすぎる。

そんな優しすぎる烏丸ですが、一時的に闇堕ちし、無理に湊と付き合おうとします。優しくて気遣いができる分、相手の困るところも分かっているのです。

しかしその間の彼の葛藤シーンはただ嫌な奴と片付けられるようなものではなく、つい同情してしまいます。かわいそうだと思いながらも悩むイケメンもまたかっこいいもの。白い面も黒い面もかっこいいイケメガネ男子が烏丸です。

ここに胸キュン!【自分との三角関係!?】

透のことが好きだと気づいた湊。しかしみなと別れて落ち込み透には姉としての自分では力に慣れないことに気づき、一度は別れたものの、再度みなとして透と付き合うことにします。

著者
金田一 蓮十郎
出版日
2013-02-13

ある日、透の親友・桂にみなとして会ったことで最初に出会った頃に言っていた、自分と似ている人は誰なの、とみなとして聞く湊。それに透はこう答えます。

「あんまり喋りたくない人
そんなに似てないし」

みなと別れた透を心配しながらも分かっていたことですが、自分では役不足なのだと再認識し、傷つく湊。

「知ってたけどわかってたけど
透の中に湊がいないことが急に哀しい」

自分で始めたこととはいえ、哀しい関係だと気づかされる湊の心に泣けてきます。こんなに近くにいるのに嘘という壁がふたりを遠くする、切ない言葉です。

ここに胸キュン!【『ライアー×ライアー』9巻が波乱の展開!?】

8巻でやっと湊が湊として透に好きだという思いを伝えたことから、彼が過去を振り返り、どんなことを考えて幼少期や中学時代を過ごしてきたかが明らかになりました。

そして透はずっと隠してきた湊への気持ちを再確認し、みなと別れることを決意。やっと湊と付き合い始めます。よかった!

著者
金田一 蓮十郎
出版日
2016-11-11

そんな順調だと思っていた関係でしたが、みなの携帯が透に見つかってしまい、8巻の終わり、9巻の序盤でとうとう湊=みなだとバレてしまいます。

それから波乱の展開が訪れるのか……!?と思いきや、意外にもあっさりと透はそのことを受け入れます。むしろそんなことよりもみなといろいろしてきたいちゃいちゃが、「聖域」湊とイコールだと知って照れている模様。可愛すぎます。

そこで一旦ストーリーが落ち着いたかと思いきや、9巻ではさらにもうひとつ波乱が!ついに湊と透は両親にふたりの関係を話すことに決めたのです。しかし、もともと仲のいい家族の輪を壊したくないからと自分の湊への気持ちを黙っていた透は、そのことに慎重になっています。

タイミングがつかめず、なかなか切り出せなくて困っている時、もともと仲の悪かったふたりの関係が修復した様子を見て、母親が「あんたたちそんなに仲良かったっけ?」と微笑ましそうに言ってきます。その言葉に今だと感じた湊はついに切り出します。

「お母さん!
実はわたしたち付き合ってるの」

ついに決めたシュート!ゴールなるかーーーー!?

と、ここまでが9巻の内容です。波乱に次ぐ波乱で今回もドキドキの内容でした。みなの嘘もふたりで共有できて、幸せなお付き合いで、と順調にきた流れはこのまま親という関門を突破できるのか!?10巻が待ちきれません!

『ライアー×ライアー』がついに完結!【最終巻・10巻のあらすじを紹介】

母親に付き合っていることを伝えた湊。しかし固まってしまった母親の様子をみて受け入れてくれないと思った彼女は、思わず冗談だと言ってしまいます。

その夜、家族4人でご飯を食べているときに母親が2人のことを「仲良し夫婦に見えた」と嬉しそうに話すと、父親は「血がつながっていないからそれもあり」と発言。

その会話を前に透は「実は俺たち本当に付き合っている」と告白したのでした。

その後はとんとん拍子に進み、透と湊はついに結婚。

幸せいっぱいと思いきや、湊にはある悩みがありました……。

ライアー×ライアー(10)(KCデザート)

2017年09月13日
金田一蓮十郎
講談社

最終巻には本編以外にも番外編も掲載されており最後まで楽しむことができます。ぜひ幸せいっぱいな2人の姿を漫画でご覧ください。

『ライアー×ライアー』の実写映画化が決定!2021年公開へ

松村北斗(SixTONES)と森七菜のW主演で実写映画化が決定しました。2021年公開予定です。

松村が弟の透役を、森が姉の湊とミナ役を務めます。

嘘から始まった恋が映画ではどのような結末を迎えるのでしょうか。本格的なラブストーリー初挑戦の松村と、原作のファンで2役を演じる森がどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

映画『ライアー×ライアー』公式サイトでは、主演お2人のコメントも発表されていますのであわせてご覧ください。

もっと見る もっと見る