【無料】『マドンナはガラスケースの中』新しすぎる恋愛漫画をネタバレ紹介!

更新:2017.8.1

オフォディシズム(爬虫類性愛)で人間には興奮しなかった32歳童貞男子が12歳の少女に一目惚れするという新しすぎる恋愛漫画『マドンナはガラスケースの中』。魅力的な登場人物と先読み不可能な展開に引き込まれる作品です。スマホで無料で読むこともできます。

ブックカルテ リンク

無料で読める漫画『マドンナはガラスケースの中』は人物が魅力的!

著者
スガワラ エスコ
出版日
2015-07-16

オフォディシズム(爬虫類性愛)の32歳冴えない男子が恋した相手が12歳の少女だったという衝撃の設定の『マドンナはガラスケースの中』。本作は登場人物たちのキャラクターに引き込まれる作品です。

主人公の山本は冴えないアラサー童貞。彼の秘密は爬虫類の交尾を見て興奮するということ。しかしある日彼は店に来た由莉という女性に恋に落ちます。一見大学生の女子なのですが、実は彼女は小学6年生でした。

冴えない童貞と美少女という組み合わせにオフォディシズムとロリコンという特徴をつけた作品ですが設定負けしておらず、登場人物たちの雰囲気がとても良いのです。そのおかげでただの奇抜な作品ではなく深みのある物語に仕上がっています。

登場人物1:オフォディシズム+ロリコン+童貞の三重苦!山本

山本の魅力は「悩める人」であるということ。彼が人には言えない性癖を抱えて葛藤する様子はリアルで生々しく、本当の人間の悩みを見ているように引き込まれていきます。

冴えないながらも自分の趣味に没頭して幸せだった童貞の彼は学生時代から爬虫類が大好き。しかもずっとそれだけを「オカズ」にしてきており、そのまま青春を通り過ぎてきました。

由莉が爬虫類を好きな理由に共感し、その横顔に一目惚れしてしまった彼ですが、実際の年を知って距離を置こうとします。

しかし時すでに遅し。かなり彼女に惹かれ始めている山本は人生で始めて人を「オカズ」にします。幼いながらも妖艶な雰囲気を持つ彼女に「我慢しなくていいのに」と言われていることを想像して果てる山本。

自分の世界だけに閉じこもり、頑なだった彼は由莉によって新しい世界を広げていくのですが、相手は12歳。初恋がいきなりアブノーマルなところから始まった山本の悩みはつきません。

著者
スガワラ エスコ
出版日
2016-05-20

 

登場人物2:どう見ても大学生くらいの見た目な少女が実は12歳!?由莉

山本を小悪魔な魅力で振り回し、小学6年生とは思えない妖艶っぷりで魅了する由莉。年相応の少女に見えることもあれば、いきなり大人びた表情をするなど不思議な魅力がある人物です。

彼女は様々なシーンで思わせぶりなことを言ってきます。山本が飼うゆりという名前のトカゲモドキを見に彼のアパートにやって来た由莉。家を片付ける山本を外で待っている間に彼女は住人にナンパされます。

そのあと家にあがった彼女は「彼女だと思われたかも どうする?」と笑って聞いてくるのです。それに対して口ごもる山本に由莉はこう続けます。

「今ごろあの人 裕也さんと由莉がふたりっきりでいるところ…
想像してるかもしれないね…」 

出典:『マドンナはガラスケースの中』1巻

小学6年生にしてこのエロさ。そりゃぁ山本も理性が飛んでしまいます。

不思議な魅力のある彼女は何か陰を帯びた表情をすることがあり、それがまた魅力的。家庭環境にその理由があるようで、その設定の謎も気になるミステリアスな少女です。

『マドンナはガラスケースの中』で不思議な初恋の様子を見届けよう!

著者
スガワラ エスコ
出版日
2016-05-20


30過ぎの童貞男子が初めて人を好きなり、今まで知らなかった感情に戸惑う……。普通であれば純愛としても通用するような物語ですが、山本はもともとオフォディシズムで、しかも彼が恋に落ちたのは12歳。

初恋という言葉すら軽く感じられるほど山本にとっては新世界で、戸惑うのは初恋じゃなくても言わずもがななのです。

この奇抜な設定はこの後どう展開していくのか分からないという魅力にも繋がっています。ぜひ作品で魅力的なキャラクターと先の読めない展開を楽しんでみてください!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る