マンガ

尾崎衣良おすすめ漫画5選!女子あるあるを描く『深夜のダメ恋図鑑』など

更新:2020.12.2 作成:2017.8.11

SNSで一時期話題になった、勘違い男を描いた漫画『深夜のダメ恋図鑑』の作者・尾崎衣良。女性特有の考え方や心理を描いた作品を描く漫画家ですが、女性はもちろん男性にも読みやすい作品も多いです。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

大人の恋愛事情を得意とする漫画家・尾崎衣良

尾崎衣良は1997年、17歳の時に「三浦衣良」というペンネームで一度デビューしています。少女漫画雑誌『りぼん』で何本か作品をあげていましたが、2002年に尾崎衣良名義で『王子様に目覚めのKISS』を発表し、再びデビューしました。

旅行好きで、本人のブログでは海外旅行の記事を何本か執筆しています。「世界のユカイな車窓から」という旅行エッセイを不定期連載していた時期もありました。

尾崎衣良の作品の特徴は、赤裸々な女性心理描写の巧みさにあります。作中の女性キャラクターが見せる表の顔や裏の顔からは、女性の内面をそのまま写したかのようなリアリティーが感じられます。

酸いも甘いも知った大人の女心を巧みに描き分ける作風に定評がある漫画家です。

ダメンズを切り倒す!尾崎衣良の人気作『深夜のダメ恋図鑑』

『プチコミック増刊』で連載しはじめた当初は知る人ぞ知る一作でしたが、じわじわと人気を広げ、ついに単行本化まで果たす人気作品となった一冊です。ネット記事やSNS上でも話題となったので、「見たことある!」という人は多いのではないでしょうか。

「出会う男はなぜかダメンズばかり」という3人の女性によって語られる、それぞれが経験したダメンズ体験談を描いたコミックエッセイとなっています。

著者
尾崎 衣良
出版日
2015-04-10

「俺は可愛くもないババアのATMになるのはごめんだね」「浮気は男の本能なんだよ!」といった、清々しいまでのダメ男を、メインの女性キャラクター3人が痛烈に切り倒していく漫画です。

「勘違い男」「ワガママ男」「空気の読めない男」「上から目線な男」など、一般的に「ダメ」と言われる要素を持った男たちについて一編一編描かれる内容は、まさに「図鑑」。

「酒を飲んだあとのキスは口が臭くてイヤ」だとか「不倫しようとするヤツは全員死んだ方がいい」だとか、3人の女性の容赦ない発言が炸裂するストーリーは笑いと爽快感を誘い、男性からも女性からも支持されています。

『深夜のダメ恋図鑑』について紹介した<『深夜のダメ恋図鑑』の魅力を全巻ネタバレ紹介!登場人物も名言も濃すぎる!>の記事もおすすめです。

恋愛の闇を、尾崎衣良がポップに描く『失恋専門』

どんな男性と仲良くなっても、結局彼女になれない希は、これといった恋愛体験の無い28歳。処女だということを知られ玉砕した合コンの帰り道で、彼女は交通事故に遭ってしまいます。

薄れゆく意識の中で「モテずにこのまま死にたくない!」と叫んだ希は、運悪くそれを腐れ縁の幼馴染に聞かれてしまいました。その後「俺がもらってやる」と告白紛いのことを言ってきたその幼馴染ですが、そもそもそ彼のせいで希は恋愛観を拗らせてしまっていたのです。

彼の気持ちを素直に受け止められない希。そんな時、合コンで知り合った男性が彼女にアプローチをかけてきて……。

著者
尾崎 衣良
出版日
2013-07-10

「こどもの誘惑 大人の誘惑」「失恋専門」「月に祈る」の3編で、嘘や不倫といった、少し重たく聞こえる内容を、非常にポップに描き切った短編恋愛漫画です。

「月に祈る」では、既婚者と付き合っていた主人公に妊娠の可能性が浮上します。しかしその妊娠疑惑をきっかけに、2人の関係に愛情はなかったこを知るのでした。

不倫相手との関係を後悔していた主人公を支えるのは、彼女の幼馴染。「お前がオバチャンになって、オバーチャンになって、やっぱりひとりだったら俺が一緒にいてやる」と声をかけてくれる彼の姿から、「どん底の状態にいても自分を見ていて、愛してくれている人がいる」という希望を見出せる物語となっています。

しかし、この主人公と幼馴染は作中では結ばれません。「将来的に一緒になれるかもしれない」といった可能性だけを感じさせるビターエンドからは、リアルな恋愛事情や人間模様を追求しようとする尾崎衣良の姿勢がうかがえます。

気持ちが伝わるようなキスを切り取った作品集『君は唇から毒を盛る』

「愛し愛される恋人同士」を夢見る大学生・絢佳。今まで付き合った彼氏には尽くしすぎて、どうしても「都合のいい女」扱いをされてしまうことが多くありました。そんな折、同じサークルの八幡から告白されて付き合うことになります。

八幡はいかにもモテそうなイケメンですが、無口で何を考えているのか解りづらいタイプ。絢佳は彼と肉体的な関係を持った後も、本心が読めずに悩ましい日々を送ります。

そんな中、自分と話しているときはピクリとも笑わない八幡が、他の女子と談笑しているのを見てしまいました。不安になる絢佳に、さらに「昔から私は八幡くんの事が好きだった」と絢佳を問い詰める女子まで現れて……。

著者
尾崎 衣良
出版日
2012-10-10

愛されようと努力する姿に好感が持てる主人公と、無口だけど言うべきところではハッキリ意見できる男の子の恋愛を描いた表題作「君は唇から毒を盛る」。

その他にも、ひたすら彼氏に尽くしていたのに、彼に浮気をされてしまっていた女性の顛末を描く「日曜日の横恋慕」や、厳しい親の元で育ち、恋に潔癖になりすぎた女性の激情とその考え方の浄化を描く「キスのあとさき」などを収録しています。

どの物語の主人公も大人の女性で、少女漫画でありながら10代の少女に視点を向けた作品がないという、少し珍しい一冊です。大人の女性の心理描写の巧みさに定評のある尾崎衣良が、本領を発揮した作品群とも言えます。

ミステリアス女子が引き起こすどんでん返しに脱帽『外面が良いにも程がある。』

イケメンで女性からよくモテる主人公の瀬高には、「腹黒」という裏の顔があります。ある日参加した合コンの女性陣を見て「今日はハズれ」などと思いながらも、上手なお世辞で女性の気を惹く「外面だけ」は完璧な男です。

その日の合コンは、早々に見切りをつけようと思っていた瀬川ですが、女性陣の中で一番地味で目立たないはずの吉野のことがどうも気になってしまいます。眼鏡で、特段おしゃれもしていない、何度見ても地味な吉野。瀬高はなぜ彼女のことが気になってしまうのか、それは彼女の「食事の所作が綺麗」という姿にありました。

 

 

ひと悶着あったせいで気を悪くした吉野をフォローする形で、彼女とデートをすることになってしまい、気の進まない瀬高だったのですが……。

 

 

著者
尾崎 衣良
出版日
2014-12-10

尾崎衣良の作品では珍しく、男性が主人公の作品となっています。

気の利く言動の裏では女性を辛口評価する瀬高の人柄には、タイトルの「外面が良いにも程がある。」がよく当てはまります。しかし瀬高だけではなく、地味に見えた吉野も、見た目とは裏腹な内面を隠していたという事実が明るみになる場面は、読者をゾッとさせるでしょう。

しかし、この吉野のしたたかさと底の見えないミステリアスさは、きっと多くの異性を夢中にさせることができる要素と言えます。

はじめは余裕だった瀬高が、見下していた女性に必死になっていく様子と、ヒロイン吉野の秘密が明かされていく物語の結末には、あっと驚かされること間違いなしです。

尾崎衣良が描く、女性の素顔と内面『キレイなお姉さんの内緒の話』

原田蒼子は誰もが振り返るような美人で、さまざまな人から告白される24歳です。しかし、彼氏がいないはずの蒼子は、なぜか全ての告白を断ってしまいます。そのせいでありもしない噂を流されることもある蒼子。彼女が異性を遠ざけるのには、「実は恋愛経験が0だから」という理由がありました。

たまたま化粧映えする顔だったというだけで、男性慣れしていない彼女は話しかけられるたびにドキドキしてしまう程奥手な女性だったのです。

ある日、そんな彼女に高校生男子が告白してきてきます。しかもその高校生は蒼子の見た目ではなく内面が好きだと言いうのです。そんな彼に、蒼子の心は揺り動かされて……。

著者
尾崎 衣良
出版日
2014-03-10

恋愛経験のない女性の心が揺れ動く様子を描いた表題作の他に、『深夜のダメ恋図鑑』の高校生版なども収録した読み切り作品集です。

人間だれしも他人に見られたくない部分はあると思うのですが、この作品ではそれを「化粧」という、女性の日常的な動作から描いているので、特に女性の方の共感を得やすい作品として仕上がっているのではないでしょうか。

自分の思いをストレートに表現できる高校生男子は、派手な外見と内気な性格というちぐはぐな蒼子の心を溶かすことができるのでしょうか?彼らのやり取りに注目です。
 

女性向け漫画の中でも、少し大人に向けた作品を描く尾崎衣良の魅力は、少し拗らせたといっても過言ではない女性たちが、恋愛を通じて浄化されていくその解放感と、女性心理を巧みに描くセリフ回しや心理描写です。ちょっと大人な恋愛漫画が読みたい、そんなあなたにおすすめですよ!