『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介!可愛いすぎて、やばい!

更新:2017.10.27

ちょっと頼りないサラリーマンの主人公と、女子高生の姿をした愛犬がおくる『わんこナンバーわん』。この記事ではペットのワン子の魅力と、物語の見どころをご紹介します。

ブックカルテ リンク

『わんこナンバーわん』の魅力を結末までネタバレ紹介!犬好きに送る!

犬が入っているはずの箱から現れたのは女子高生でした。そんな驚きの展開からはじまる『わんこカンバーわん』。人の姿を得た犬がめいっぱい愛情表現している姿が見られる本作は、犬好きにはたまらないシチュエーションが満載です。

ここではワン子の可愛さを中心に、作品の見どころについてご紹介します。

著者
玉越 博幸
出版日
2014-05-09

『わんこナンバーわん』あらすじ

主人公の中坂康一は24歳のサラリーマン。上司には叱られ部下からはナメられる彼ですが、彼女の岩田エリカが超絶可愛いおかげで何の不満もない生活を送っていました。

すでに1年半交際しているエリカは康一より3つ年上です。女性としては結婚を考えたい年齢ですが、彼女がその話を振っても康一はいまいち真剣に受け止めず、毎度「まだ早いんじゃないかな〜」とはぐらかします。

後日、忙しくて会う時間も作れず、連絡もつかなくなったエリカ。不安な予感にかられた康一は、その日がちょうど彼女の誕生日だったことを思い出し、喜ばせようとして以前彼女が可愛いと言って抱き上げていた犬を買ったのでした。

しかし、いざ向かったエリカの家にいたのは彼女と、知らない男性です。康一の優柔不断な態度に見切りをつけてしまったエリカは、結婚前提の交際を申し込んで来た職場の上司に乗り換えてしまっていたのです。

残された康一と犬。エリカを失ったあまりのショックで泣きながら家に帰り着いた彼は、思い出したようにして犬の入った箱を開けました。自分1人では動物を飼っても仕方がない。そう思ってペットショップに返そうと思っていたのですが……。

箱から飛び出して来たのは、犬の耳の生えた女子高生でした。

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介1:犬好きなら一度は夢見る!愛犬が人間に!?

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介1:犬好きなら一度は夢見る!愛犬が人間に!?
出典『わんこナンバーわん』1巻

犬だと思って購入したのに、箱をあけたら女子高生。理解できない状況に困惑した康一は彼女を不審者扱いして部屋の外へ出してしまいますが、ドアから一歩でも出ると女子高生は犬に戻ります。やはり夢でも冗談でもなく、その女子高生こそ彼が購入した「ワン子」なのでした。

姿は女子高生でも、正体は犬です。暴れるし、いたずらするし、警戒すればグルルと喉も鳴らします。あと、羞恥心もないためパンツはだいたい丸見えです。しかし、人の言葉を話せるので怒られれば素直に「ごめんなさい」と言えるし、ミルクを飲めば「甘くておいしい!」と喜びます。

犬の鳴き声を翻訳する機械なども開発されている今、「犬と話す」というのはある種人類の夢です。鳴いたり尻尾を振ったりといった行動で、ある程度犬の気持ちを感じることはできますが、やはりワン子のように「遊ぼう!」や「お腹すいた!」といったストレートな言葉でやりとりができると、動物も飼い主ももっと楽しく暮らしていけるのかもしれません。

本書を通して、そんな夢の疑似体験してみてください。

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介2:主人公大好きなワン子が可愛すぎる!

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介2:主人公大好きなワン子が可愛すぎる!
出典『わんこナンバーわん』1巻

走ったり食べたり遊んだり、尻尾を振って喜んだりといった可愛い性格で人気の犬。自分だけを見てくれて、自分だけを頼ってくれる彼らの存在は、飼い主からしたらたまらないもの。もちろんワン子もそうです。

康一を「コーイチ」と呼び、彼だけに愛を注ぎます。眠る時も同じ布団に潜り込んで来て、朝は顔じゅうを舐め回して起こします。またとても一途なため、康一が別の女性や動物に目移りしているのがわかると喉を鳴らして怒るのです。そんな可愛い独占欲を披露されようものなら、他のペットへの浮気なんて絶対にできません。

時としてワン子は康一を助けることもあります。エリカへの未練が断ち切れない康一が彼女の結婚の噂を聞きつけ、彼女の部屋にワン子を送り込んで証拠を探らせたこともありました。女子高生なワン子の姿は康一の目にしか映らないので、エリカの前では普通の犬なのです。

何気ない日常のなかでも、ここぞという大切な場面でも康一に寄り添うワン子。彼女の止まるところを知らない可愛さを味わってください。

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介3:ワン子と3人の女性のハーレム状態!?

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介3:ワン子と3人の女性のハーレム状態!?
出典『わんこナンバーわん』1巻

頼りない姿が目立つ康一ですが意外とモテるため、同時に3人もの女性に言い寄られます。1人は元カノのエリカ、2人目はワン子を飼ったペットショップの店員のリオ、最後の1人は上司の命令でお見合いすることになったご令嬢のアイコです。

それぞれの女性が康一のよさに気づいて惹かれ、積極的にアプローチをかけるのですが、ここでも優柔不断を発揮する康一は誰を選ぶか決められません。

この恋愛模様にもワン子は介入します。といっても康一に協力するとか、すすんで邪魔をするといったことではありません。ただ大好きな康一に付いて来て、犬らしく好きなように振る舞うのでした。

ただ、そのワン子の行動が思いがけず康一の背中を押します。彼女のおかげでドキドキの展開を迎えているといっても過言ではない康一ですが、そうまでされても彼は、どうしても恋人をつくるのを躊躇してしまう理由がありました。

康一が誰かと結ばれると、ワン子はもう2度と女子高生の姿にはなれなくなってしまうのです。

3人の女性のうちの誰かか、それともワン子か。究極の選択肢は優柔不断の康一をますます苦しめます。ワン子の運命にも関わる彼の恋愛事情から目が離せません!

『わんこナンバーわん』の魅力をネタバレ紹介4:ワン子が康一のために流した涙

クリスマスの夜、アイコとリオのそれぞれとのデートを終え、心に決めた女性であるエリカのもとに走る康一。しかし、アイコと出かける彼の姿をたまたま目撃してしまったエリカは、彼への気持ちをきっぱりとあきらめ、実家に帰ろうとしてしまっていました。

間に合わないと諦めていた康一にワン子が喝を入れます。自分のために幸せを手放そうとしている康一のことを、ワン子はもう見ていられなくなったのです。

そして2人はエリカの後を追います。しかし見つけた彼女はもう高速道路へと進むバスの中。もういよいよ間に合わないかもしれないと思ったその時、プレゼントの指輪をくわえたワン子が道路を颯爽と走り出します。

ついにバスの前に立ちはだかったワン子でしたが……?

著者
玉越 博幸
出版日
2015-03-09

物語もいよいよクライマックスです。全ての恋を諦めて「ワン子が人間の姿でいられるならいい」と笑った康一に、ワン子が喰らわせた渾身の頭突き。鼻血が出るほどの攻撃に驚く康一でしたが、目に涙をいっぱい浮かべるワン子を見て言葉を無くしました。

「パートナーの幸せが、ペットにとっての一番の幸せ」だとワン子が語るシーンは、実際にペットを飼われている方が見れば涙せずにはいられないでしょう。愛するペットにこんなに大切にされて、康一は幸せものです。

果たして、バスの前に飛び出したワン子は無事なのでしょうか?康一の思いはエリカに届くのでしょうか?苦難の先に待ち構える感動の結末を、ぜひその目で確かめてみてください。

いかがでしたか?犬だけでなく、動物が好きな方にとってはたまらないシチュエーションが満載の作品となっています。ぜひこの機会に読んでみてください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る