「ムルシエラゴ」が無料!ハードな百合漫画の魅力を12巻までネタバレ紹介!

更新:2017.11.5

漫画「ムルシエラゴ」は、主人公の黒湖が、凶悪な殺人鬼によって引き起こされる事件を次々と解決していく物語です。スピード感のあるバイオレンスアクションが魅力のひとつとなっています。無料の漫画アプリで読むこともできますので、試してみてください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

「ムルシエラゴ」が無料!エログロバイオレンス百合漫画の魅力を12巻までネタバレ紹介!

漫画家のよしむらかなが描く『MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-』は、「ヤングガンガン」にて2013年から連載されている作品です。本作はスマホの無料漫画アプリでも配信されているため、そちらからも気軽に読んでみてくださいね。

著者
よしむら かな
出版日
2014-04-25

女性同士によるガチのエロシーンとスピード感のある戦闘シーンは、本作の見どころのひとつ。グロや残虐表現に抵抗がなく、百合が好きな方は存分に楽しめる作品だといえるでしょう。

もちろん、そうでない方でも楽しめる要素がふんだんに盛り込まれています。

今回は、「ムルシエラゴ」のあらすじと見どころを紹介していきます。ネタバレも含んでいるのでご注意ください。

マンガUP!で無料で読んでみる

漫画「ムルシエラゴ」の多面的な魅力に引き込まれる!【あらすじ】

漫画「ムルシエラゴ」の多面的な魅力に引き込まれる!【あらすじ】
出典:『MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-』1巻

700人以上を殺した過去を持つ殺人鬼・黒湖。死刑囚だった彼女は、凶悪犯罪者に対抗することができる卓越した戦闘能力を有するという理由で、国家から「国選処刑人(スローター)」として公認され、暗躍していました。

ある日、黒湖のもとに警察からの依頼がやってきます。ターゲットは元プロレスラー。薬物の副作用によって精神が崩壊し、殺人鬼となって暴れまわっていました。

黒湖は嫌々ながらも武器を携え、殺人レスラーと対峙するのでした。

見どころ1:最強犯罪者と可愛すぎる相棒のバイオレンスストーリーに引き込まれる!

最強にして最凶な殺人鬼の黒湖、天真爛漫な中学生のひな子という凸凹コンビがくり広げるド派手なストーリー展開は、本作の見どころのひとつとなっています。

黒湖は卓越した身体能力と700人を超える殺人の経験を活かし、凶悪な犯罪者たちと壮絶な殺し合いをくり広げます。死の危険を察知する能力があり、敵が仕掛けた殺人トラップをアダルトグッズで防ぐという離れ業を演じるシーンも……!

規格外としか言いようがない彼女の戦いぶりは、注目すべきポイントです。

著者
よしむら かな
出版日
2014-09-25

一方のひな子は、見た目や言動こそ天真爛漫な女子中学生ですが、黒湖の相棒にふさわしい超人的な能力の持ち主です。あらゆる乗り物を乗りこなすことができ、車や自転車で建物をのぼってしまうなど、想像できないほどの芸当を見せます。挙句の果てには、巨大な「アレ」まで乗りこなすシーンもありますので、そちらも必見です。

彼女は異常性という視点から見ても、黒湖に引けをとりません。黒湖のことになると周りが見えなくなり、暴走することもしばしば。そこに毎回他人を巻き込んでしまうのですが、結果的には黒湖にとってプラスになることが多いです。

また、黒湖とひな子の関係は、スリルさも孕んでいます。何らかの原因によってひな子を死なせた場合、無期延期になっている黒湖の死刑がただちに執行されることになっているのです。一体それはなぜなのか……2人の関係に隠された秘密も「ムルシエラゴ」の見どころといえるでしょう。

マンガUP!で無料で読んでみる

見どころ2:百合エロシーンがところどころに散りばめられていてイイ!

見どころ2:百合エロシーンがところどころに散りばめられていてイイ!
出典:『MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-』1巻

黒湖は殺人鬼である一方、手の早いレズビアンでもあります。恋人の千代以外にも、相談や依頼に来た女性たちと解決の見返りとして肉体関係を結んだり、敵が女性だった場合は欲情したりと、その好色ぶりはとどまるところを知りません。

任務によっては、それが災いしてしまうことも……。

目をつけた女性にはとことん誠実に接するため、黒湖はよくモテます。長い舌と卓越したテクニックで、黒湖が女性たちを悦ばせる光景は見ごたえ十分です。特に勝手を知った間柄である千代とのラブシーンは激しく、間違いなく興奮することでしょう!

ほかにも百合カップルが登場し、ひと味違ったプレイが展開されますので、そちらもお見逃しなく。

見どころ3:グロ耐性ありの方に特におすすめ!

作中には、いわゆるサイコパスと呼ばれるほど凶悪な犯罪者が多数登場し、猟奇的な殺害方法が多く描かれています。たとえば人の顔面の皮を剥ぐ、殺害後にひき肉状にするなど……。そのえげつなさは1度見たら頭にこびりついて忘れられません。

それは黒湖も同様で、銃撃で頭を吹き飛ばすなど、平気な顔で敵を惨殺します。たとえ相手が女性であっても気に入らなければ手足を切り落としたり、頭を何度も踏みつけたりと、容赦しないのです。

著者
よしむら かな
出版日
2015-07-25

このようにグロテスクなシーンが盛り込まれている作品であるため、耐性がある方には特におすすめです!

「苦手っていうわけじゃないけど……」という方でも大丈夫。本作は、エロや萌え、そしてギャグといった「グロを緩和する要素」が入りまじるため、比較的手に取りやすいといえるでしょう。

キリシタンの町を蝕む闇!!【10巻ネタバレ注意】

女学校で起きた爆破事件や警察を狙ったテロ事件など、さまざまな凶悪事件をひな子とともに解決してきた黒湖。そのたびに交遊関係(ほぼすべて女性)も広がり、その生活は充実していました。

ある日黒湖は、ひな子や千代たちとともに、ニュースで取り上げられたイタチザメを見に水族館へ行きます。ところが、イタチザメは突然、異物を吐き出して絶命してしまったのです。

その異物とは、なんと人間の腕……。しかもそれは、人の手によって切断されたものと判明しました。黒湖はイタチザメの揚がった港町まで調査に向かいます。

調査の結果、そこがキリシタンの多く住む町であり、何やら町内で行方不明者が続出していることが分かりました。

著者
よしむらかな
出版日
2017-07-25

10巻では新章「THE DEEP ONE」に突入。これまでの章とは異なり、アクションが控えめで謎解きが中心となっているストーリーが展開されていきます。

行方不明者に関する調査が進むにつれて、街を揺るがしかねない重大な事実が明らかになっていきます。さらに浮上する新たな謎も見逃せません。

またこの章で、はサメを獲った女漁師、睡蓮(すいれん)が登場。健康的な巨乳美少女である彼女に、黒湖のセンサーが反応し、狙いを定めます。事件を解決し、睡蓮も籠絡してしまうのかどうか……注目です。

新たなる百合の予感と、物語が核心に迫りそうな予感がする内容となっています。

マンガUP!で無料で読んでみる

新章・聖剣編スタート!【11巻ネタバレ注意】

キリシタンが多く住む街での行方不明事件が、あるひとりの男の恐ろしい探究心によるものだということが明らかになったこの巻。その男は人間の脳を集めることに魅入られた人物でした。

実はその男のバックにいた人物は1、2巻でも登場したあの人物。「ここは大人しく捕まることに」するという言葉が気になりますが、一件落着です。

最後に母親を殺された少女が黒湖の巨乳に胸をうずめて泣くシーンは切ない……ですが、黒湖のニタァ、という笑いに複雑な気持ちにさせられます。詳しい内容は作品でご覧ください。

著者
よしむらかな
出版日
2017-12-25

その後11巻ではまた新たな事件を探ることとなります。ある日、黒湖のもとで働く藍子と、彼女と同じく両親を失くしたことから親しくなった凛子がお出かけをしている時に、殺人事件に遭遇します。

亡くなっていたのは剣術家の佐々木という老人。手に刀を持ち、何者かに斬られた痕跡がありました。

その付近で慌てる少女に近づいた藍子は、彼女を追い、それがかつて佐々木の剣道場で出会った玄流(ひかる)だと気づきます。

そして藍子は黒湖のもとへその真犯人をつきとめるよう要請しにいき……。

新たに聖剣編が始まった11巻。過去、剣術にまつわる謎を黒湖が解き明かしていきます。

11巻では藍子と凛子の交流にほっこり。百合ではありませんが、お互いになくしてしまったものの面影を相手に見ていることが感じられます。

「ムルシエラゴ」の奥深い魅力を無料で感じてみよう!

著者
よしむら かな
出版日
2014-04-25

過激なバトルシーンにミステリー、女性同士の百合シーンなどが見所の本作。それぞれの短編ごとに雰囲気が異なり、さまざまな世界を旅しているかのような楽しみも味わえます。

しかし本作最大の魅力はやはり黒湖のキャラクター。つかみどころがなく、ヘラヘラしているようですが、いざという時に恐ろしさを感じさせ、背筋をヒヤリとさせられます。そこがかっこよくもあり、女性にモテるのも納得です。

ぜひ、そんな本作の多面的な魅力を作品でご覧ください。スマホアプリで無料で読めるので、この世界観をまずは覗き見してみるのもおすすめです。

宮本家の過去【12巻ネタバレ注意】

11巻から引き続き、聖剣編です。警察の捜査のなかで柳生の師範の死体の足元に「挑戦状」が落ちていました。その挑戦状を書いた者が犯人であろうと目星をつけた警察。警官のひとりが、その筆跡がかつて天才女剣士として有名だった宮本玄乃の字に似ていると言いだしました。

そして一行は宮本家へと捜査に向かうのですが……。

著者
よしむらかな
出版日
2018-06-25

その宮本家には悲しい歴史がありました。実は長女の玄乃は数年前から捜索願が出されていた人物。しかし、家族は彼女が犯人になるうる訳がないことを、ある事実から確信していたのでした。なぜなら、彼女は亡くなっているから。

しかし、その悲しい過去のしがらみから、何と本当に玄乃が犯人だったのです。そして黒湖は彼女と戦うことになるのですが……。

宮本家の過去にどんなことがあったのか、迫力の黒湖とのバトルは作品でご覧ください。

今回は百合シーン、エロシーンはありませんが、巻末のおまけ漫画が黒湖の女好き感が出ていて面白いので、おすすめです。

マンガUP!で無料で読んでみる

いかがだったでしょうか?異色の凸凹コンビを中心に巻き起こる大迫力のアクションは、スマホの無料漫画アプリで気軽に楽しめます。少しでも興味を持った方はぜひチェックしてみてください。

もっと見る もっと見る