本多孝好おすすめ文庫本ランキングトップ5!

更新:2016.6.28 作成:2016.6.28

本多孝好は映画化された作品も多い人気作家です。作品はとても読みやすく、文章がすっと入ってくるので、普段本を読まないというかたにもおすすめできます。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

日常に織り込まれた伏線や名言が魅力の本多孝好

1971年生まれ、東京都出身の小説家。小学生の頃からずっと読書が大好きで時間のある時は2日に1冊のペースで常に読んでいたそうです。

そんな本多孝好の転機は23歳の時、もともとの夢である弁護士になろうか大学卒業間近に意識し始めた小説家になろうかと迷っていた頃に、「眠りの海」で小説推理新人賞を受賞します。

そこから本格的に作家への道を志し、約5年後に短編集『MISSING』でこのミステリーがすごい!トップ10入りを果たし、定期的に仕事が舞い込むようになりました。

何の変哲も無い日常を平易な文章な文で綴るという作風の本多孝好。言葉で多くを語るというよりは短い文章で想像を膨らませるようなものが得意で、日常生活の中に様々な伏線や哲学的な言葉を織り込み、読者を引き込んでいきます。

彼は「生と死」という深いテーマを追求するところから、現実世界に沿うようなものを作り始め、その後は娯楽性の高い作品も作るようになるなど、時代によって様々なテーマや意思を感じさせてくれる作家です。

5位:本多孝好の描く、ちょっと変わった家族の物語

家族をテーマにした4つのストーリーが収録された短編集です。どの家族も普通とは少し違う、一見いびつな家族ですが、お互いを想いやり家族になろうとする姿が印象的です。確かにそこには“本物”の家族の姿があり、微笑ましくもあり感動的で、ついつい涙腺が緩む素敵な作品となっています。
 

著者
本多 孝好
出版日
2013-06-21


表題作の「at Home」は2015年に竹野内豊主演で映画化もされ話題になった作品です。主人公“僕”の家族は、父さん・母さん・僕・妹・弟の5人。父さんの仕事は空き巣泥棒で、母さんの仕事はお金持ちを狙った結婚詐欺師、中学生の妹は家の家事一切をこなすしっかり者で、小学生の弟は学校にもあまり行かずゲームばかりしています。そして16歳の僕はそんな家族をまとめながら、ある仕事に精を出す日々を送っていました。

家族の食卓では、和気あいあいと次のターゲットの話が繰り広げられます。どうにも普通じゃないこの家族ですが、それなりに平和な日々を送っていました。それがある日、母さんに問題が発生してしまい…。

作品内のあちこちにちりばめられた伏線が、最後にひとつになる瞬間、なんとも言えない感動で、胸がいっぱいになる作品になっています。

他にも、主人公“俺”と血の繋がらない娘との、ある日の日曜日を描いた「日曜日のヤドカリ」。借金返済に追われている主人公“私”が、妊娠中の外国人女性と一緒に暮らすことになった「リバイバル」。甥っ子の身体に虐待の跡を見てしまった主人公“僕”の行動を綴る「共犯者」の全4編が収録されています。

 

4位:ミステリーな恋愛小説

ミステリー要素の強い4つの恋の物語が収録された短編集です。その中のひとつ「イエスタデイズ」は、2008年に塚本高史主演で映画化され、これが本多孝好の小説初の映像化作品となりました。

表題作である「FINE DAYS」は、とある高校が舞台になっています。主人公は隠れてタバコを吸っているのが見つかり反省文を書かされますが、その時に同じ教室で、やはり反省文を書かされていたのが不思議な魅力漂う“彼女”です。ミステリアスな転校生の彼女には“人をたたる力がある”という噂が流れていて……。

ホラー要素も含まれるミステリアスな内容になっていますが、登場人物たちの会話がテンポ良く進み、どこか爽やかさも残る作品になっています。
 

著者
本多 孝好
出版日
2013-04-25


「イエスタデイズ」は、主人公が病気で余命少ない父親から、昔別れた恋人を探して欲しいと頼まれるという物語。ノスタルジックな雰囲気と切なさが漂い、不思議な世界にどんどん引き込まれてしまう作品です。

その他、妹の死に責任をかんじて苦しんでいる男勝りでクールな女性が主人公の「眠りのための暖かな場所」、アンティークショップの老婆が語る、ガラス職人と一座の女の切ない恋物語を中心に描く「シェード」が収録されていて、どの作品も読み応えがあり、時間を忘れて読みふけってしまいます。

3位:正義の定義は難しい

本多孝好がそれまでと違う新しいテイストの作品に挑戦した、書き下ろし青春小説で、たくましく成長していく主人公の姿に、勇気をもらえる作品になっています。

高校時代、生粋のいじめられっ子だった主人公・蓮見亮太は、ボコボコにされる毎日に別れを告げ、楽しいキャンパスライフで青春を謳歌するべく猛勉強。自分を知っている人が誰もいない大学へ、なんとか合格することができました。ところが苦労して入学した新天地となる大学で、あろうことか高校時代のいじめのリーダー・畠田と再会してしまいます。

そんな時、亮太の前にトモイチが現れ、亮太を助けます。トモイチに勧誘された亮太は「正義の味方研究部」に入部することになるのでした。
 

著者
本多 孝好
出版日
2010-06-25


トモイチとの出会いで、亮太の大学生活は激変。正義の味方研究部でできた仲間と共に、大学内のトラブルを解決していくことになります。ですが次第に亮太は、“本当の正義とはなんなのか”と悩み考えるようになって……。

亮太はどんな答えにたどり着くことのでしょうか。

世の中は圧倒的に不公平で、それでも自分の置かれた環境の中で、自分の持っている力でベストを尽くす。それができる男性は本当にかっこいいですね。若い方にぜひおすすめしたい作品です。

 

2位:本多孝好が一躍脚光を浴びたデビュー作

本多孝好は、本書に収録されている「眠りの海」で、「第16回小説推理新人賞」を受賞。その後発売された、こちらの短編集『MISSING』が『このミステリーがすごい!2000年版』で堂々のトップ10入りを果たし、華麗なデビューを飾りました。
 

著者
本多 孝好
出版日


「眠りの森」の主人公は高校の教師です。子供時代を過ごした土地で自殺をしようとしますが失敗。海辺で助けてくれた少年と焚き火にあたっています。少年から自殺の理由を聞かれた主人公は、ある1人の女子生徒との出会いを回想します。綺麗な伏線の回収が魅力的な短編です。

「瑠璃」は小学生の主人公“僕”と親戚の女の子・ルコとの交流が描かれています。無鉄砲で無邪気でとにかく元気なルコに、僕は密かな恋心を抱いているのですが、ふたりのやりとりがとても面白く、可愛らしくてほんわかしてしまいます。ですがそんな僕とルコもどんどん大人になっていき、無邪気なだけではいられなくなってしまうのです。

その他、主人公が老人ホームにいる祖母から調べ物を頼まれる「蝉の証」や、18年ぶりの再会を果たした主人公と元クラスメイトが当時のことを回想する「彼の棲む場所」など、魅力的な5つのストーリーが収録された短編集になっています。

どの作品でも、登場人物が人間の“死”について考える場面が多く見られ、それでも決して重苦しくなるわけではなく、全体に透明感のある素敵な作品集です。

1位:ページをめくる手が止まらない!本多孝好の大ヒット作品!

やはりこの作品が、本多孝好の代表作になるのではないでしょうか。ある病院で、清掃員のバイトをしている大学生を主人公に、読み応えのある4つの連作短編が綴られています。
 

著者
本多 孝好
出版日
2005-09-16


病院には、ある噂がありました。死を間近にした患者の望みを叶えてくれる“必殺仕事人伝説”です。ある末期患者の願いを叶えたことをきっかけに、その噂を受け継ぐ形となった主人公の“僕”の元には、たびたび余命わずかな患者からの、最後の願いが舞い込むようになりました。

人は死を間近に感じた時、何を望むのでしょう。綺麗なだけではない、背筋がぞくりと冷たくなるような場面や、切なくてしょうがない場面もあります。ですが作品全体には、優しさのようなものが漂い、主人公が患者たちとの交流の中で成長していく姿にも胸を打たれます。

本多孝好の魅力のひとつであるスマートで軽快なセリフのやり取りも随所に見られるおすすめの作品になっています。

 


本多孝好の文庫本ランキングトップ5をご紹介しました。どの作品にもどこか爽やかさが漂い、読み終えたときに不思議な清々しさが残ります。本多作品を読んだことがないかたは、ぜひ一度手にとって読んでみてくださいね。