「財前丈太郎」のクールさをネタバレ紹介!

更新:2020.12.17 作成:2018.1.6

政界に潜む巨悪を容赦なしにぶっ飛ばす、内閣権力犯罪強制取締官の財前丈太郎。敵は汚職まみれの悪徳議員や総理大臣にはじまり、表に出てこない真の黒幕や外国人テロ組織など、想像を絶するような悪の塊です。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

「財前丈太郎」のしびれるかっこよさをネタバレ紹介!アニメ化もされた本格ハードボイルド漫画の魅力に迫る!

 

本作は、原作・北芝健、作画・渡辺保裕による本格ハードボイルド漫画です。2003年から「週刊コミックバンチ」で連載され、2006年にはテレビアニメ化もされました。

主人公の財前丈太郎が、政界や財界にはびこる巨悪に堂々と戦いを挑み、派手なアクションや大胆な駆け引き、さらには美女とのセクシーシーンをも織り交ぜながら痛快なストーリーを展開していきます。

この記事では丈太郎のカッコ良さを中心に、本作の魅力をお伝えしていきます。

 

著者
出版日
2004-02-09

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!総理をも超える権限を持つ!?

 

かつてFBIの初代長官を務めていたジョン・エドガー・フーバーは、邪魔な存在である大統領や上院議員たちのスキャンダルを盗聴し、極秘ファイルを作っていました。権力者たちは、彼を罷免すれば自分も失脚してしまうとして、その行動に口出しできなかったといわれています。
 

丈太郎の所属する「内閣権力犯罪強制取締局(略して内取、もしくはG.C.I.A.)」は、権力を取り締まる超法規的機関です。作中に出てくる「権力犯罪取締法」を行使することで、あらゆる公的機関を超越した捜査権限をもっています。

しかし財政界にはびこる巨悪な権力者たちは、あらゆる手段を使ってそれさえも逃れようとするのです。

「内取」は先のアメリカの例のように、たとえ法的な権限があっても、それを本気で行使する強い意志をもつ丈太郎のような人物がいなければ機能しません。彼は正義を貫くために、正攻法のみならずさまざまな手段で巨悪と戦い続けるのでした。

総理大臣の和泉孝四郎は、自分に捜査が及ばないように丈太郎を罷免しようとしますが、丈太郎は和泉と女性秘書の情事をネタにして罷免どころか捜査に協力させてしまうのです。

 

著者
北芝 健
出版日
2005-09-09

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!裏社会を生き抜くスキルにしびれる!

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!裏社会を生き抜くスキルにしびれる!
出典:『内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎』1巻

丈太郎が相手にするのは、ひと筋縄ではいかない悪徳政治家や官僚、腐敗しきった大企業、人殺しも何とも思わない極道やテロリストなど、命がいくつあっても足りない連中ばかりです。

これらの敵と戦う丈太郎丈太郎は、琉球手(りゅうきゅうてぃ)という空手の源流とされる古武術の達人。また元警察官であり元英国特殊部隊という経験を活かして銃器も難なく操ります。

さらにそれだけでなく、彼は強運も持ち合わせているのです。

少年漫画のように強い奴を倒せばさらに強い奴が現れ、各エピソードのラストはボスキャラとの一騎打ち。このお決まりのパターンで物語を盛り上げていきます。

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!金の使い方がバブリー!それはどこから……?

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!金の使い方がバブリー!それはどこから……?
出典:『内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎』1巻

丈太郎が決めポーズとともに見せるクレジットカード。ザイナース社の「ゴールドブラックカード」です。

クレジットカードは会員の資産額や年間利用額でランクが分かれ、一般的なカードから大抵はゴールド、プラチナ、ブラックとグレードアップしていくものですが、彼が持っているのは「ゴールドブラック」。世界有数の資産家や王族しか持つことができない幻のカードで、限度額は無いとされています。

彼はカードの表面に「G.C.I.A.」の紋章を刻印していて、犯人に対峙する際はまるで警察手帳のようにこのカードを見せ、挑んでいくのです。

もちろん見せるだけでなく、クレジットカード本来の使い方も派手にしています。

広域指定暴力団「覇王黒龍会」の若頭・陣内がアメリカに向かった際は、先回りをするために自費で米軍を動かして戦闘機をチャーター。また高級ホテルで財務省の役人が、老夫妻が予約していた部屋を横取りしようとした際は、10倍の金額を支払って夫妻のために部屋を取り戻しました。

気になるスポンサーは、英国の王族であり石油王でもあるケルト・デイン王国の女王、クリスチーナ6世です。息子のアーサーがテロリストに拉致された時に、当時の英国の特殊部隊に所属していた丈太郎が命がけで救ったのがきっかけでした。

救出後、アーサーは病のため亡くなってしまいましたが、クリスチーナは息子の死後も、恩人である丈太郎を支えるために「ゴールドブラックカード」を与えているのです。

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!男前で女にモテモテ!

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!男前で女にモテモテ!
出典:『内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎』1巻

本作のなかで丈太郎は、とにかくモテまくります!たしかに端正なルックスをしていて、鍛えあげた肉体と巧みな話術、さらには優しさも持ち合わせているのだから当たり前かもしれません。もちろん、高級スーツと高級車もセットです。

登場する女性たちも、銀座の若き女帝と呼ばれる吉岡潤子、父の復讐のために大鹿建設に秘書として潜りこんだ白石恵、「黒龍会」の陣内の愛人でしたが丈太郎を愛してしまったがために命を落とす綾野美奈子など、個性的すぎる面々。

みな一様に美しいですが、そのなかにもそれぞれ複雑な事情を抱えていて、丈太郎と関わるうちに「内取」の仲間になっていきます。

よい男にはよい女が寄り添っていくものなのか、うらやましいモテっぷりを発揮しています。

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!決め台詞はだっぽん?ww

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!決め台詞はだっぽん?ww
出典:『内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎』1巻

丈太郎の決めゼリフである「Da bomb!(ダ ボム)」。作中では「面白い、当たり、最高」などの意味合いで使用されていますが、本来は英語のスラングです。

このセリフがアニメだと「だっぼん!」と聞こえるため、そのカッコ悪さが一部で話題になりました。言葉を発している丈太郎のイケメンっぷりとのギャップがあったからかもしれませんが、あまりにも衝撃的な響きなので番組の象徴となっています。

さらにアニメでいうと、顔だけが急に大きくなって強引にカットインしてくる演出も特徴的で、原作だけでなくアニメ独自の楽しみ方もできる作品になりました。
 

財前丈太郎の魅力をネタバレ紹介!最終回がまさかの九死に一生ww

著者
北芝 健
出版日
2007-01-09

 

中国軍に拉致されたシンガポール大使・久留間章吾の救出作戦がおこなわれるなか、丈太郎は日本を狙った「亜州征圧計画」の存在を知ります。これを阻止するべく緊急テロ対策会議が開かれますが、中国側は破壊工作だけでなく内側からの切り崩しも仕掛けてきました。

中国のテログループは、過去にハニートラップを仕掛けた経験のある約40人の女性たちを、日中貿易振興パーティーの来賓として日本に送っていたのです。官房長官の城源寺俊雄もかつてハニートラップにかかり、日本を裏切ってしまった経験があります。

スキャンダルをネタに脅しをかけられることを想定した城源寺は、このパーティーの指揮を自分がとるのは相応しくないと言い出すものの、丈太郎の激しい反対にあいしぶしぶ任務にあたります。

さて、この事件の黒幕は、元中国人民解放軍の王家輝(オウ・チャフィ)であることと、亜州征圧計画」は生物兵器を東京にばら撒くことだいうことが判明。しかしそんな時に丈太郎が手袋の仕込み針に刺されてしまい、解毒剤がなければあと24時間で命を落としてしまう窮地に立たされてしまうのです。

3つ用意された生物兵器はすでに王によって持ち出された後でしたが、城源寺にハニートラップを仕掛けた女性の命と引き換えに、テロが実行されようとしている場所を知ることができました。この女性は、工作員でありながらも城源寺のことを愛してしまっていたのです……。

丈太郎は、毒によって終わりの時が刻々と近づきながらも、なんとか2ヶ所のテロの実行を防ぐことができました。しかし最後の1ヶ所の実行犯は高層ビルの屋上にいて、飛び降り自殺をしてしまうのです。

生物兵器だけはなんとか確保した丈太郎でしたが、彼もそのままビルから落下してしまいました……。

毒に侵され、ビルから落下という普通であれば絶対に生きていないような状況ですが、ここで仲間たちの想いが奇跡を起こすのです。

とにかく丈太郎のアツさは最初から最後まで変わりませんが、その熱に心を動かされた周りの仲間たちが変わっていく様子は、お決まりながら感動的な展開。「正義」と「悪」が彼の存在ではっきりと線引きされているところも本作の魅力でしょう。

丈太郎の決めゼリフを借りるならば、「Da bomb!(最高だぜ)」という最終話に仕上がっています。

 

テレビのニュースで政治家の汚職のニュースが流れるたびに、もし財前丈太郎が現実にいたら……と考えてしまいます。政界の巨悪を相手に戦う彼の姿は正義というものの存在を信じさせてくれるものであり、本作は痛快な勧善懲悪を貫いている娯楽作品に仕上がっています。