「北風と太陽」から学ぶ教訓とは。帽子にまつわるもう一つのあらすじも紹介

更新:2018.11.19

どちらが強いのかを決める北風と太陽の対決。物事へ働きかける方法の違いを表した、有名な童話です。今回は、一般的に伝わっているあらすじを説明したうえで、あまり知られていないもうひとつの対決や、物語から学べる教訓を考察していきます。あわせておすすめの関連本も紹介するので、ぜひご覧ください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

「北風と太陽」のあらすじを紹介

 

イソップ童話のひとつ「北風と太陽」。まずは日本で一般的に伝えられているあらすじを紹介していきましょう。有名な話なので1度は聞いたことがある人が多いかと思いますが、大人になってあらためて読み返してみると、人生と重ねあわせてしまうストーリーになっています。自分は北風なのか太陽なのか、考えてみるのも面白いでしょう。


ある日、北風と太陽が言い争いをしていました。議題は、「どちらが強いのか」ということ。ただ話だけでは埒が明かないので、力比べの勝負をすることにしました。

ルールは、「道を歩いている旅人の上着を脱がせたほうが勝ち」という簡単なものです。

まず北風は、力いっぱい冷たい風を吹いて上着を吹き飛ばそうとします。しかし旅人は寒さにぶるぶると震え、上着をしっかりと押さえてしまい、脱がせることはできませんでした。

次に太陽が、さんさんと光を照らします。最初は優しいあたたかさで旅人を包んでいましたが、だんだん日差しを強くしていくと、旅人はあまりの暑さに上着を脱いでしまうのでした。

こうして、勝負は太陽の勝ちとなります。手っ取り早く乱暴な手段をとった北風よりも、ゆっくりと気長に着実な方法を選んだ太陽のほうが強かったというわけです。

 

「北風と太陽」は帽子を脱がすストーリーもあった?

 

実は「北風と太陽」の物語には、「北風が勝つ」パターンのストーリーもあるのをご存知でしょうか。

先述したあらすじでは「旅人の上着を脱がせたほうが勝ち」という勝負をしていましたが、実は彼らはこの勝負をする前に「旅人の帽子を脱がせたほうが勝ち」という勝負もしていたのです。つまりこの対決は、二番勝負だったということですね。

「帽子を脱がせる」勝負では、まず太陽が旅人を強い日差しで照らします。しかしあまりの暑さに、旅人はいっそう深く帽子を被り、脱がせることはできませんでした。

続いて北風の出番です。旅人に向かって強い風を吹いたところ、帽子を飛ばすことに成功しました。

ということは、北風と太陽は1勝1敗。勝負は引き分けだったのです。

 

「北風と太陽」から学べる教訓は?

 

まずひとつ目の教訓は、「着実な方法を選択したほうが成果が生まれやすい」ということです。

手っ取り早く乱暴な手段で上着を脱がせようとした北風では、旅人を動かすことはできませんでした。逆に太陽はゆっくりと着実に旅人を照らし、上着を脱がせることに成功したのです。何事も焦らずに、じっくりと取り組むことの大切さがわかります。

また力の強さとは、物理的なものだけではなく、あたたかさをもって接することで人を動かすことができると考えることもできるでしょう。

そして「北風と太陽」から学べるもうひとつの教訓は、「その場に応じて、柔軟な対応をする必要がある」ということです。

「帽子を脱がせる」勝負の結果も鑑みると、正しい方法はひとつではなく、シチュエーションが変わればとるべき対応も変わることがわかります。

「上着を脱がせる」時には太陽のやり方が、「帽子を脱がせる」時には北風のやり方が適切だったということ。北風が勝つエピソードがあることで、太陽の「着実さ」だけが正解ではないと知ることができ、柔軟な対応をすることこそが大切だと教えてくれています。

 

研ぎ澄まされた言葉で読む「北風と太陽」

著者
蜂飼 耳
出版日
2011-03-04

 

詩人、小説家である蜂飼耳が手掛けた絵本です。研ぎ澄まされた言葉のセンスをもつ作者が紡ぐ、美しいリズムの文章が魅力的。声に出して読みたくなるでしょう。

また山福朱実のイラストは、木彫画で描かれた迫力のあるもの。ひとつひとつの場面がダイレクトに響いてきます。

「北風と太陽」はイソップ童話のなかでも定番の作品なので、ぜひお子様と一緒に読んでみてください。

 

美しいイラストを楽しめる絵本

著者
ラ・フォンテーヌ
出版日
1962-01-01

 

イギリスの絵本画家であるブライアン・ワイルドスミスの作品です。特徴は、なんといってもその色彩の豊かさでしょう。まるで絵画のようで、大人でも1ページずつ見入ってしまいます。

文章もひとつひとつが短くてシンプルなのでわかりやすく、小さい子どもでもストーリーについてこれるでしょう。

 

「北風と太陽」などイソップの物語をまとめて読める一冊

著者
イソップ
出版日
1999-03-16

 

「寓話」とは、教訓を伝えるための物語のこと。イソップ寓話の成立はなんと紀元前6世紀頃まで遡るといわれています。大昔から、人々への教訓は共通していたのでしょう。

本書には、今回紹介した「北風と太陽」以外にも、「アリとキリギリス」や「すっぱい葡萄」など有名な話が多数収録されてます。ひとつひとつの話は短いので、気軽に楽しめるとともに、さまざまな考えを得ることができるでしょう。

 

もっと見る もっと見る