『未完成ピアニスト』全巻ネタバレ!王道の音楽青春漫画にハマる!【無料】

更新:2019.2.28

あがり症すぎて、人前でまともな演奏ができない少女・二葉。そんな彼女の前に現れたのは、音楽一家のエリート・王輝でした。そこからドSな彼による、鬼指導が始まって……!? 『未完成ピアニスト』は筒井美雪の作品で、あがり症で実力が出せない二葉と、孤高の天才・王輝の関係を軸として、音楽に賭けた青春ドラマが描かれていきます。 本作はスマホアプリでも無料でお読みいただけるので、気になった方はそちらからもどうぞ。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『未完成ピアニスト』が面白い!無料で読める!【あらすじ】

 

彩坂二葉(あやさか ふたば)は音楽の専門学校である白城(しらき)音楽高校ピアノ科1年。ピアノに対する情熱と才能を持ちながら、極度のあがり症のために実力を発揮出来ず、万年最下位のCクラスに所属している少女です。

 

著者
筒井美雪
出版日
2017-08-04

 

そんなある時、学校でも有数の実力者である一ノ宮王輝(いちのみや おうき)に、その実力を認められます。

そして紆余曲折を経て、2人は教えられる側と教える側の関係となり、あがり症の克服と、ピアノ上達に邁進していくことになるのでした。

 

マンガParkで無料で読んでみる

作品の魅力1:思わず応援したくなるキャラ!あがり症の主人公

作品の魅力1:思わず応援したくなるキャラ!あがり症の主人公
出典:『未完成ピアニスト』1巻

 

二葉は幼い頃からあがり症で、1人で遊ぶことが好きな少女でした。その遊びのなかでもピアノが1番好きで、ずっと打ち込んでいられたことから、驚くべき腕前となっていたのです。

ところが、くり返しになりますが、あがり症があだとなって肝心な時に実力を出すことが出来ず、誰からも評価されません。

このあがり症はかなり重症で、手の震えに呼吸困難、異常発汗と貧血が同時に起こるというもの。作中ではややコミカルに表現されますが、本人にとっては深刻でしょう。基本的に重要な場面以外ではコメディタッチで描かれていますが、けっこう真に迫るものがあります。

それもそのはず。なんと、作者の 筒井美雪自身もあがり症なのでした。

主人公の根が素直で奥手というのは、応援したくなるポイントでしょう。

 

出典:『未完成ピアニスト』1巻

そんな彼女に手を差し伸べたのが、人呼んで「ピアノの皇帝」の一ノ宮王輝。指揮者の父とピアニストの母を持つ、成功を約束された音楽家で、数々のコンクールを総ナメする天才です。

傍若無人が服を着て歩いているような彼ですが、ピアノには真摯。放課後、偶然にも1人で練習する二葉の演奏に聴き入って、彼女の才能を潰さないように練習に付き合うようになります。

そんな彼は彼で、なんでもすべてそつなくこなせてしまう「持てる者」の憂鬱を抱えたキャラ。表面的には勝手気ままですが、二葉との交流で彼が変化していくところも魅力です。

マンガParkで無料で読んでみる

作品の魅力2:何はなくとも音楽!青春を感じる!

作品の魅力2:何はなくとも音楽!青春を感じる!
出典:『未完成ピアニスト』1巻

 

本作はピアノ、というかピアニストを題材としており、舞台も音楽学校ではありますが、音楽に関する知識がなくても充分に楽しむことが出来ます。

ピアノにひたむきに取り組む二葉の熱意、それを後押しする王輝。物語ではその努力と実力が、徐々に周囲にも伝わって評価されていくのです。

 

出典:『未完成ピアニスト』1巻

二葉は努力型の秀才で、王輝の方は万能に近い天才という違いも面白いところ。その価値観やピアノへの姿勢が、後々ストーリー上で活きてくることになります。

実在した音楽家や、彼らにまつわる名曲も登場するので、本作を読みながらそれらの曲に耳を傾けると、より物語に没入出来ることでしょう。

作品の魅力3:ほのかな想いが伝わる関係性がよい!

作品の魅力3:ほのかな想いが伝わる関係性がよい!
出典:『未完成ピアニスト』1巻

 

二葉と王輝のマンツーマンの練習は、偶然の出会いによって冒頭から続いていきます。元々は「ピアノの皇帝」である王輝の、ただの気まぐれだったのですが、どんどん本格的に。

始めはあがり症のせいで進級も危ういという二葉でしたが、練習のおかげで実技を見事パス。それどころか凄まじく成長して、2年生に上がってからは上級のAクラスに配されるほどになるのです。

それもこれも、王輝のおかげ。学校側もそれを認めて、彼は二葉専門の特別専属講師という待遇となりました。

こうして、とんとん拍子に距離が縮まっていくのですが……王輝は早い段階で好意を示しているのに、著しく自己肯定力の低い二葉は、まるで気付かず。ただ、彼女も気付かないなりに王輝を想って尊重するところが、また本作の魅力となっているのです。

 

マンガParkで無料で読んでみる

『未完成ピアニスト』1巻の見所をネタバレ紹介!

 

ここからは、各巻の見所をご紹介していきます。

1人の時にだけ実力が発揮出来る二葉は、有望な才能を持ちながらも、教師にそれを認められていませんでした。入学テストでは大雪のため出席出来ず、実技の代わりに1人で演奏した映像を提出。それが、とても評価されたのですが……。

 

著者
筒井美雪
出版日
2017-08-04

 

そんなある日、彼女が放課後に1人居残って練習を続けていると、たまたまそれを耳にした王輝が、練習室に乱入。そこから、事情を聞いた彼によるレッスンが始まるのです。

王輝の歯に衣着せぬ物言いは、さながら獰猛な捕食者。それに比べて、食べられるだけの子ウサギに過ぎない二葉は、なすがままです。そして、あがり症の特訓と称して付きまとわれるようになります。

二葉の気を逸らして実力を出させていく王輝の行動が、不器用ながらも頼もしく映るでしょう。やってることは傍若無人なのに、優しさが感じられるのが不思議です。

 

『未完成ピアニスト』2巻の見所をネタバレ紹介!

 

無事に進級した後も、二葉と王輝の練習は続いていました。そんなある日、学校中がざわつく出来事が起こります。

それは、王輝に勝るとも劣らない才能の持ち主で、海外留学から帰ってきた四條明虎(しじょう あきとら)のせいでした。

 

著者
筒井美雪
出版日
2018-02-05

 

彼はヴァイオリニストですが、王輝をライバル視する少年です。自信満々なところは共通していますが、王輝が尊大なのに対して、関西人らしいノリのある明虎。彼が物語に新風を吹き込んでくれます。

明虎はデリカシーに欠ける発言をくり返して二葉を翻弄しますが、王輝とはまた異なる視点と音楽で、よい影響をもたらすのです。

また物語当初、二葉に険のあった園田三咲が、王輝に次ぐ理解者となっていきます。その展開は、読者としても嬉しく思えてくるところでしょう。

 

『未完成ピアニスト』3巻の見所をネタバレ紹介!

 

国内最大のコンクール「プティナコンペティション」に向け、これまで以上に日夜努力を重ねる二葉。

彼女は明虎、美咲と相談して、王輝を同じコンクールに出場させることに成功します。意欲のなかったあれに情熱を取り戻させるためでしたが、それは同時に、彼がライバルになったことも意味していました。

 

未完成ピアニスト 3 (花とゆめCOMICS)

筒井美雪
白泉社

 

これまで二人三脚だった2人でしたが、コンクールでは同じ参加者。これを機に離れ……るということはありません。本巻では、まず二葉の身辺が掘り下げられて、彼女の1次予選へ向ける本気が感じられます。

そして、そこから一気に最後まで駆け抜けていくのです。

彼女はあがり症をどう克服するのでしょうか。そして、どれだけ成長出来るのでしょうか。王輝との関係はどこまで発展など、最後の最後まで気になる部分が目白押しです。

その結末は、ぜひご自身の目でお確かめください。

 

マンガParkで無料で読んでみる

いかがでしたか?『未完成ピアニスト』は王道をいく青春が非常に眩しく、また初々しい作品となっています。ドキドキを感じたい方には打ってつけでしょう。