マンガ

『パパだって、したい』が最高すぎる!アニメ化漫画の魅力2巻までネタバレ

更新:2019.3.2 作成:2019.3.2

2019年1月よりTVアニメが放送スタートした、今大注目のBLコミック「パパだって、したい」通称「パパした」。家政夫のバイトにやってきた大学生と魅惑のシングルファザーが織りなす恋愛模様を描いた作品です。 作者・世尾せりな初のコミックスにしていきなりのアニメ化に至ったその魅力とは……?今回は、2巻までの内容を魅力とともにご紹介致します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『パパだって、したい』が面白い!アニメ化に期待が高まる!【あらすじ】

大学生4年生の阿澄皇哉(あすみ こうや)は家政夫のバイトのため成瀬家に訪れます。

そこに現れたのは、色気を放つシングルファザー・成瀬圭一(なるせ けいいち)と、息子・壱佳(いちか) 。

自分はノンケでそっちの気はないはず……と思いつつも、阿澄は成瀬の仕草ひとつひとつに色気を感じ、必死に自分を抑えようとします。

著者
世尾せりな
出版日
2018-05-18

しかし、阿澄は偶然にも18禁雑誌をみつけてしまいます。必死でフォローするも、成瀬は色っぽい表情を見せながらこう話すのです。

「父親だって、我慢できない時があるんです…」
(『パパだって、したい』1巻より引用)

自分が訪れる直前に自慰をしていたことを知った阿澄は、我慢できずに成瀬を襲ってしまいます。そのままクビかと思いきや、壱佳が阿澄のことを気に入ったため、雇用関係は継続。

お互いを意識しながら、阿澄がバイトに訪れる度に身体を重ねていく2人。徐々にその行為はエスカレートしていくのですが……。

魅力その1:見た目と中身のギャップ萌!心優しき成瀬パパ

魅力その1:見た目と中身のギャップ萌!心優しき成瀬パパ
出展:『パパだって、したい』

本作は冒頭からいきなりのベッドシーンから始まります。成瀬は色っぽさ全開で、これはだれでも落ちてしまうかも……?と思ってしまうほど色気たっぷり。

作者の絵のタッチも絶妙で、汗が滴り落ちるところや、唇を舐める仕草、髪を耳にかける仕草は官能的!

「人妻BL」と命名されるほど、性に奔放系?誘い受け?ビッチ受?などと連想する方もいらっしゃるかもしれません……。

ですが成瀬は、中身はとても真面目で、壱佳思いの優しいパパなんです。

3話では保育園のママさん達の「家政婦がまた変わった」「落ち着かないと壱佳クン可哀そう」などという噂話を聞いて悩んでしまったり、6話では保育園のお迎えのため早く退社させてもらっている代わりに朝は早めに出社したりと、常に壱佳のために行動する姿が見受けられます。

見た目と相反する健気なその姿が魅力のひとつです。

魅力その2:愛しいがとまらない!癒しの一人息子・壱佳

魅力その2:愛しいがとまらない!癒しの一人息子・壱佳
出展:『パパだって、したい』

初登場からただひたすら愛くるしい壱佳クン。成瀬は片親なのを気にしていますが、親の心配を余所に素直にすくすくと育っています。

6話では、成瀬の「(阿澄に)早く会いたい…」という寝言を聞いて一人で外に出て行ってしまうシーンがあります。その後無事見つかるのですが、「こーちゃん(阿澄)おうちきてって、ぱぱげんきになるように、ぎゅーしてって」と、パパのために行動する姿は、ギューッと心を鷲掴みにされること間違いなし!

このように、成瀬と阿澄がギクシャクする度に間に入り場を和ませる恋のキューピッド役でもあります。

3人で川の字で寝る姿は本物の家族の様で見ていて幸せな気分になるはず。とにかく可愛い!天使すぎるキャラです。

魅力その3:パパだって『恋』がしたい

魅力その3:パパだって『恋』がしたい
出展:『パパだって、したい』

タイトルとBL漫画というジャンルから連想するに、エロ重視のお話なのでは……?と思い、なかなか手が出せずにいる方もいるかもしれません。しかし、そんなことはありません!

この作品最大の魅力はズバリ「恋愛描写」です。

見所1:なし崩しに身体の関係を続けているが、これは「雇用関係」でいつでも切れる関係であることに苦悩する阿澄

見所2:自分のせいで阿澄まで保育園で悪い噂をされてはいけないと、阿澄に心惹かれつつあるのに「終わりにしよう」と別れを告げる成瀬

見所3:阿澄の必死なアプローチで気持ちを確かめ合い、晴れて両想いに。しかし、7話では周囲の「普通」の家族を見て、阿澄のために突き放すような態度をとってしまう成瀬

身体の関係から、両思いに……。では終わらない、拗れてしまう恋愛模様がオススメポイント。大学生と社会人という年の差、社会的格差、男同士など、2人には乗り越える壁がたくさん!エロ重視にならず、キャラの心情が丁寧に描かれています。

すれ違いものや両片想いが好きな方にとくにオススメしたい作品です。

『パパだって、したい』2巻の見所をネタバレ紹介!

2019年2月現在、コミックスは2巻まで発売されています。ここでは、2巻のあらすじと見所をご紹介したいと思います。

徐々に3人で過ごす時間が増えた成瀬親子と阿澄。休日に一緒に公園へ出かけ、まるで本物の親子のような穏やかで幸せな時間を過ごします。

成瀬は、我が子と戯れる阿澄を眺め、きっといいパパになるのだろうな、と阿澄の将来を考え始めます。

今は自分を好きと言ってくれている。けれど、いつかは自分の家庭を持つようになる。自分は何もしてあげられないから、せめていつでも離れられるようにしなくては……。

そう思いつつも今のこの関係が心地よく、もう少しだけこのままでいたいと願う成瀬。しかしその晩、阿澄から、家政夫の会社を辞めようと思っていると告げられます。

思いのほか早く来てしまった別れに戸惑う成瀬ですが、引き止めるでもなく「うちは大丈夫だから、頑張ってね」とさよならの言葉を口にするのです。

阿澄は、自分との将来を考えてくれない成瀬に対し、やりきれない思いを抱え、自分の想いを成瀬にぶつけます。雇用関係がなくても一緒にいたい。恋人や家族のように側にいたい……。

阿澄の必死な想いに心揺さぶられる成瀬。

ですが、自分の中で阿澄の存在が大きくなればなる程、別れの恐怖を感じてしまう成瀬は、そんな阿澄の気持ちを拒否してしまい……?

著者
世尾せりな
出版日
2018-12-18

最新2巻での見所は大きく分けて以下の3つです。

見所1:新キャラ油井の存在

成瀬の同僚・油井ですが、成瀬の離婚の時にも相談に乗ってもらったりと良き理解者。 2人の関係を知った油井は阿澄に「軽い気持ちならもう関わるな」と阿澄に忠告します。 

油井vs阿澄。ハラハラドキドキのシーンです。

見所2:多彩なベッドシーン

恋愛描写も丁寧に描かれていますが、同時にベッドシーンもたくさん描かれています。 最初は抵抗していた成瀬が、阿澄に徐々に惹かれていくのと同時に体も心も蕩けていく様子がたまりません! 

見所3:すれ違いからの甘々

すれ違いを経て、2巻後半に想いを確かめ合いますが、そこからのイチャラブシーンがとにかく甘い!

作者の世尾せりな先生が「受けを滅茶苦茶に甘やかし尽くしたい趣味が猛烈に詰まっています」とコメントされてますが、まさしくその通り!甘々ラブラブ必見です。

ぜひ、上記の見所をあなたの目でもお確かめください!

熱烈な人気を誇る『パパだって、したい』。気になった方はぜひ、原作を手にとってみてくださいね。