漫画「若者の黒魔法離れが深刻ですが」のサキュバスの可愛さがヤバい【無料】

更新:2019.4.19

魔法が産業となっている世界で、悪い評判しか聞かない黒魔法企業に就職した主人公。しかし、そこは驚くべきホワイトな業界だった!? 『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』は森田季節・原作、出水高軌・作画の作品です。小説投稿サイト「小説家になろう」で人気だった原作の、コミック版となっています。スマホアプリで連載されており無料で読めるので、まずはお試しください。

ブックカルテ リンク

『若者の黒魔法離れが深刻ですが』はこんな人におすすめ!

なかなか就職が決まらない主人公はダメもとで3K(キモイ、キタナイ、キケン)と酷評されている黒魔法業界を受けることになるが、そこは3K(キレイ、カイテキ、カイホウテキ)なホワイト企業だったのです!本作は人々の理想が多く詰まったほのぼの日常の作品となっています。

◎「若者の黒魔法離れが深刻です」はどんな人におすすめ?

・ほのぼの作品

ファンタジー系の作品ですが、本作はほのぼのとしたストーリーなので優しいお話が好きな方にはおすすめです。

・作画が可愛い!

本作は、サキュバスや獣人など可愛い作画のキャラクターが多く登場しますので作画を重視したい方にもおすすめです。

・お仕事コメディ
 

ほのぼの日常のほか、所々で笑ってしまうコメディ要素も満載です!

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です』が面白い!基本無料で読める!【あらすじ】

 

卒業を間近にした魔法学校4年生のフランツは、同期生が次々と就職の内定を決めていくなか、最後までどこにも決まっていない青年でした。就職先に困った彼は知り合いの勧めもあって、一般的には忌避される黒魔法の会社の面接を受けることに。

その会社、見た目は犬耳少女にしか見えないケルケルの営む「ネクログラント黒魔法社」は、なんと驚くべきことに好条件好待遇の優良企業だったのです。

 

著者
["森田季節", "出水高軌"]
出版日
2018-06-22

 

フランツは黒魔法業界の作法に則ってサキュバスのセルリアと契約し、立派な黒魔法業界の社会人として体当たりの働きを見せていきます。

こうして始まる新生活は、明るく楽しくて、ちょっとエッチな職業系魔法ファンタジーなのです。

 

マンガUP!で基本無料で読んでみる

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:モテるのも当然?デキる主人公フランツ

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:モテるのも当然?デキる主人公フランツ
出典:『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』1巻

 

物語の開始時点で、フランツは王都国際魔法学校の4年生で、同年代では随一の優秀な学生でした。彼は努力して勉強に励んだ秀才だったのです。

そんな彼が、なぜ就職に失敗し続けたかというと……企業の求めるコミュニケーション力がなかったから。実技がよくても、面接で落とされてしまっていたのでした。

しかし、ネクログラント黒魔法社の社長のケルケルは従業員の能力を重視しており、コミュ力云々よりも、彼の持つ実力を認めて採用します。

その見立てに狂いはなく、彼は凄まじい黒魔法の才能を発揮していくのです。そして、驚くべき大魔法をなんの気なく見せるのにも関わらず偉ぶることなく、謙虚に励む姿には、かなり好感が持てるでしょう。

性格も、とても紳士的。思いやりがあって人並み以上の正義感も持ち合わせており、セルリアをはじめとしてさまざまなキャラ(主にヒロインの女性)を惹き付けていくのも頷けます。

 

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:サキュバスのセルリアが最高!ケルケルも人気?

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:サキュバスのセルリアが最高!ケルケルも人気?
出典:『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』1巻

 

本作には多数の女性キャラが登場しますが、特に目立つのはヒロイン格のセルリアでしょう。

彼女は、フランツが最初に召喚したサキュバスです。作中では上級悪魔とされており、使い魔ながら一流の黒魔法使いとしての腕前も持っています。

角や翼、尻尾を除けば、とても魅力的な美女。気立てがよくて、フランツのことを主人として以上に、1人の男性として慕っています。身の回りの世話から食事の用意まで、甲斐甲斐しく尽くすのです。

サキュバスだけあって、作中でも1番グラマラス。フランツには命令に忠実なだけではなく、後述するように性的なことも……。特に主人公を堕落させようという他意はなく、ひたすら甘やかすキャラなのです。

 

出典:『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』1巻

そして、フランツを黒魔法企業に引き入れたケルケルも忘れてはいけません。地獄の猟犬ケルベロスの血を引く亜人の娘で、外見は少女ですが年齢5世紀(約500歳)。

モフモフの見た目どおり犬のように人懐っこい性格ですが、非常にしっかりした考えの人物で、黒魔法のイメージを払拭すべく奔走する人格者です。彼女は準ヒロインというか、マスコット的な愛らしさから人気を得ています。

この他、ネクログラント黒魔法社の仕事では、魅力的な女性が多数登場。彼女達の活躍も、見所の1つなのです。

マンガUP!で基本無料で読んでみる

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:ところ狭しと描かれるお色気!

 

サキュバスがヒロインの1人ということで、ある程度お察しいただけると思いますが、物語にはお色気描写が多く登場します。それも、ラッキースケベといった程度では済みません。局部こそ描かれませんが、行為そのものがしっかり描写されます。

それも、ただエッチするわけではなく、話の流れで意味があるというのも特徴といえるでしょう。ただのサービスシーンももちろんありますが。

たとえば、フランツとセルリアの信頼関係の構築。あるいは、黒魔法における継承の儀式。そういった理由付けのもとで、青年向けでないコミックとしてはアウト気味のギリギリなお色気が描かれるのです。

どれくらい際どいかは、ぜひ実際にご覧ください。アプリ版では規制されていますが、単行本ではしっかり描かれています。

 

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:ファンタジーなのにリアル!?な職業事情!

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』の魅力:ファンタジーなのにリアル!?な職業事情!
出典:『若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!』1巻

 

ある意味、本作で1番面白いのは、現実とはかけ離れた魔法のファンタジーであるにも関わらず、けっこうシビアな職業事情が描かれる点です。

魔法学校の優等生なのにいつまでも就職先が決まらないのは、現実世界での就職氷河期や就職難などの実情と重なります。大学生の読者にとっては、身につまされる方もいるかもしれません。

また、白魔法は人気で、黒魔法は悪い印象から不人気というのも面白いところ。死や不浄、悪魔の契約を司る黒魔法は「キモイ、キタナイ、キケン」の「3K」と呼ばれます。これも、現実の技術職で似たような呼称がありました。

なり手の少ない不人気な黒魔法だからこそ待遇改善をすべき、とケルケルは立ち上がります。新3K「キレイ、カイテキ、カイホウテキ」を掲げたのです。世の中の経営者の皆様には、ぜひとも見習ってほしい標語といえるでしょう。

このように若干世知辛くも、コミカルに描かれる職業事情が本作の見所なのです。

 

漫画『若者の黒魔法離れが深刻ですが』2巻の見所をネタバレ紹介!

ネクログラント黒魔法社にも馴染んできたフランツは、ケルケルら先輩の紹介で、「黒魔法使いの基礎知識」という新社会人向けの本を入手します。

フランツは好奇心の赴くまま、その本で紹介されていた高難易度の召喚術に挑戦。魔法陣を書いて適当に詠唱を唱えたにも関わらず、なぜか術は発動し、彼はとんでもない悪魔を召喚してしまいます。

「名状しがたき悪夢の祖」夢魔のメアリ。彼女こそ何万もの軍勢を従える、世界を滅ぼすほどの大悪魔だったのです。

著者
森田 季節
出版日
2018-11-13

 

いわゆるビジネス書籍に相当する本。そこに書かれていた、数百年間誰も成功させられていないという術。特に気負わずにそれをおこなった結果、フランツは思いも寄らない大物を呼び出してしまいました。

メアリは、見た目は14歳の少女に過ぎませんが、この世界においてはおそらく最強クラスの存在です。「滅ぼす」ことに特化しており、国でも世界でも消し飛ばす強大な力を持つことから、フランツはおろかセルリアやケルケルすら振り回されてしまいます。

本巻ではとにかくこのメアリの処遇には困るわけですが、いろいろと連れて回ってるうちに、フランツはブラック企業を「滅ぼす」ことを思いつきます。どのように実行し、どう変化するかが見所です。これこそ悪魔の有効活用というべきでしょう。

現実においても何かとブラックがもてはやされる昨今、ぜひとも現実でも同様のことをしてほしいものです。

 

マンガUP!で基本無料で読んでみる

いかがでしたか?本作は従来のイメージを覆す黒魔法企業のホワイトな職場環境が面白く、そして多種多様な可愛いヒロインが魅力の作品です。社会に出て疲れた人ほど、癒やされること間違いなしの内容となっています。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る