タイトル:『憂国のモリアーティ』の魅力を徹底紹介!ミュージカル化にアニメ化も!

更新:2021.1.26 作成:2019.4.22

『憂国のモリアーティ』は、かの有名なシャーロック・ホームズシリーズを原案にしたミステリー漫画です。主役はタイトルにもあるように、ホームズの最大の敵であるモリアーティ教授。彼を大胆に再解釈し、新たにダークヒーローとして描く異色の作品です。ミュージカル化に舞台化、そしてアニメ化もされて話題を呼んでいます。 原作ファンもホームズを知らない人も楽しめる本作の面白さを紹介します。ネタバレを含みますので、ご注意ください。スマホアプリで無料で読むこともできます!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

『憂国のモリアーティ』最新8巻までネタバレ紹介!ホームズの敵が主役の漫画!?ミュージカル化も決定!【あらすじ】

19世紀末、ロンドン。大英帝国の最盛期と言われ、古くから根付いている階級制度に縛られている時代に生まれたとある兄弟は、孤児として慎ましやかに暮らしていました。

そんなある日、モリアーティ家の長男・アルバートに兄弟は引き取られます。アルバートが彼らに魅かれたのは、その兄弟の兄が説く独自の信念に共感したからでした。その信念とは、「階級制度をなくし、悪い貴族を滅ぼして、国を再生させる」というもの。そのためには自らの手を汚す覚悟も持っていました。

アルバート以外のモリアーティ家の面々は、一般市民を虐げ、腐敗した階級制度に溺れています。もちろん引き取られた兄弟も、ひどい扱いを受けていました。そんな家族に嫌気がさしたアルバートは、兄弟と手を組み、火事に見せかけて一家を殺害します。

兄弟の兄は、アルバートの実弟・ウィリアムに成り代わり新たな人生を手に入れました。ウィリアム、アルバート、そして弟・ルイスは、3人でこの地獄のような社会を正していくことを誓います。こうして、「犯罪でこの国を変える」ことを使命とした、モリアーティ兄弟の戦いが始まるのでした。

著者
三好 輝
出版日
2016-11-04

本作はアーサー・コナン・ドイルの推理小説『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場する人物であり、シャーロックの敵であるモリアーティを主役にした物語です。

階級制度に不満をもつ彼らの言い分には、納得せざるを得ないものがあります。彼らの策で、階級制度は解消され、差別はなくなるのか。そして、彼らが悪とされた理由とは……。

2019年5月より、本作を原作としたミュージカルの公演もスタート。主演に鈴木勝吾、平野良が選ばれ、他にも久保田秀敏、山本一慶、井澤勇貴が出演します。

『憂国のモリアーティ』の魅力1:原作ファンも楽しめる!ホームズシリーズのアレンジがすごい

この作品の原案である「シャーロック・ホームズ」シリーズを読んだことがなくても、聞いたことはあるという人は多いのではないでしょうか。ホームズを原作とした作品は他にもたくさんあり、映画・アニメ・舞台と様々な形で多くの人に親しまれています。

そんな中でも本作は、原作の敵役であるモリアーティ教授を主人公にした珍しい作品です。内容も大胆にアレンジされ、ストーリーはまったくの別物といっても過言ではありません。ただ、そのアレンジが秀逸で、原作ファンが読んでも楽しめるように描かれています。

登場人物には、シャーロック・ホームズ、ジョン・H・ワトソン、レストレード警部、アイリーン・アドラーなど、ホームズシリーズには欠かせないおなじみのキャラクターたちが活躍します。ワトソンがホームズの解決した事件を元に「緋色の研究」を執筆したり、原作通りのエピソードもちらほら。

モリアーティも、地方のダラム大学で若くして教授をしていることや兄弟がいることなど、原作通りの設定も多く見られます。

ところが、モリアーティの容姿は原作では窪んだ眼や青白い顔を持つ人物とされていますが、『憂国のモリアーティ』では美青年として描かれています。また兄弟3人で「モリアーティ」として暗躍する姿などは、この作品独自のおもしろさです。

モリアーティ教授は有名ではありますが、実はホームズシリーズでの登場回数も少なく、どんな人物かという描写が少ないキャラクター。原作で語られていない部分を新たに創作することで、ホームズの世界観を壊すことなく新たな作品として楽しめるように描かれています。

またオリジナルストーリーだからこその夢のコラボも見ることが出来ます。ウィリアムの兄・アルバートはイギリス政府が新たに設立した秘密情報部「MI6」の指揮官に任命され、コードネーム「M」となるのですが、この名前を見てお気づきでしょうか。なんと「M」とは、007シリーズに出てくるMI6の局長なのです。

ミス・マネーペニーやQなど、007の登場人物たちが他にも登場します。そしてなんと、ついにはジェームズ・ボンドまでが現れ、かの有名な自己紹介「名前はボンド。ジェームズ・ボンド」を見ることができます。ホームズと007、どちらも好きな方にとっては奇跡の共演でしょう。

『憂国のモリアーティ』の魅力2:応援したくなる、モリアーティ兄弟の正義と覚悟がかっこいい!

アルバート、ウィリアム、ルイスのモリアーティ家3兄弟は、理想と使命を同じくする同志です。幼い頃から思想を共有し、ともに苦労して育ってきた3人には、血のつながりよりも強い絆がありました。

彼らの使命とは、貴族社会の撲滅です。イギリスのため、国民のため、社会の害である階級制度をなくしたいと考えていました。そのために彼らは「犯罪卿」になることを決意します。

3人で「モリアーティ」として行動していますが、主導権を握っているのは主人公のウィリアムです。彼はその突出した頭脳ですべての計画の立案をし、アルバートとルイスは彼に絶大な信頼を置いています。

そのウィリアムが考えた、犯罪卿になるという計画。もちろんただ犯罪を起こすだけではありません。

人々を傷つける貴族たちは完全犯罪で抹殺し、苦しんでいる市民を救います。時には自ら手を汚し計画を進める彼らですが、決して好んで人を殺めているわけではありません。そこには彼ら独自の正義があります。罪のない人々が虐げられていれば身体を張って助けにいくという優しさもあるのです。

そして彼らは、使命を果たしたとき死ぬことを覚悟しています。計画の途中で命を失う可能性も理解してながら、実行していくのです。国のため、民衆のため、自分たちが悪になることでこの世の歪みを無くそうとしているその姿が、彼らを応援したくなってしまう理由。
 

ウィリアムの信念に魅かれ、忠誠を誓う人々も多く登場します。彼の右腕として最前線で戦うセバスチャン・モランや、フレッド・ポーロック、MI6に所属しながらウィリアムたちの計画にも参加するマネーペニーやアイリーンなど、優秀な人材が集まります。

そしてモリアーティ兄弟の信念と人望は、多くの人の心を動かすのです。こうして犯罪卿は日に日に力を増していくところにも、ぜひご注目ください。

『憂国のモリアーティ』の魅力3:白熱の頭脳戦!ウィリアムvsホームズに注目

ウィリアムとホームズ、天才2人の頭脳戦はこの作品の見所のひとつです。

ウィリアムが考えている計画には、民衆のヒーロー役となる人物が必要。その役に選ばれたのが、「諮問探偵(コンサルティングディレクティブ)」を名乗るホームズです。

ウィリアムは彼を一目見たときから、自分たちの探偵役に相応しいと感じます。またホームズもウィリアムを一目見たときから、自分と同等の頭脳の持ち主であると注目している、まさに運命のライバルです。

ホームズは、ウィリアムが犯罪卿の正体であることを知りません。それなのに彼に興味を持ち、近づいてきてはウィリアムと話したがります。2人が偶然に出会い、ウィリアムたちが起こした犯罪について議論する場面では、天才同士の探り合いと駆け引きにドキドキしてしまいます。

お互い譲れない正義をもっている敵同士。しかし同時に、同じレベルで会話のできる貴重な相手でもあります。いつか正体が暴かれ直接対決となるまでは、2人の駆け引きと頭脳戦を楽しんでみましょう。
 

7巻までのあらすじを紹介!本当に起きた事件をアレンジ

新たな優秀な仲間を引き入れ、勢力を増していく犯罪卿ことウィリアム一行。

彼らは貴族社会を滅ぼすため、計画を進めているさなか、かつての師からとある依頼を受けました。それは、世間を騒がせているジャック・ザ・リッパー事件を調べてほしいというもの。貧民街で娼婦を襲う猟奇殺人犯を突き止めるため、ウィリアムたちは捜査を開始します。

著者
三好 輝
出版日
2018-11-02

ジャック・ザ・リッパーの出現により、貧民街の住民たちは怯え、自警団の活動は活発になっていました。市警はそれに対抗し、民衆たちの武装を解こうとしますが、住民たちは市警に不信感を抱いており、対立は深まるばかりでした。

日々悪化していく自警団と市警の対立、止まらないジャックの被害。裏で動く者の気配を察知したウィリアムは、状況を打破するために偽ジャックを出現させます。突然現れたジャック・ザ・リッパーという共通の敵を目の前にして、自警団と市警の対立は一度解決の方向に向かいます。

犯人たちの次の狙いに見当を付け、動き始めるウィリアムたち。これ以上被害者を出さずに、犯人たちの思惑をつぶすことはできるのでしょうか……。

『憂国のモリアーティ』最新8巻の見所をネタバレ紹介!

ジャック・ザ・リッパー事件の首謀者たちのもとへ現れたウィリアムは、ルイスと共に彼らを始末します。そして犯人たちのアジトを爆破させ、ジャック・ザ・リッパー事件の証拠もすべて消滅させ、事件を終息へと導きます。

しかし、市警はジャック・ザ・リッパー事件の犯人逮捕と発表。存在しないはずの犯人が捕まり、冤罪をかけられた一般市民を救うため、ウィリアムたちは動きだします。そして、再びホームズとウィリアムたちは対峙することに……!

著者
三好 輝
出版日
2019-03-04

ジャック・ザ・リッパーの首謀者たちは、ウィリアムたちによって全滅します。そして事件が解決したことを市民に伝え、安心させるためにホームズを使いました。彼らに踊らされたと気づいたホームズは、悩みながらも市民の安全を考え、彼らの思惑通りに動くことになります。

ウィリアムたちの計画は、最初から最後まで無駄がなく計算されています。その計画の見事さに、つい彼らは正義のヒーローなのではないかと勘違いしてしまうかもしれません。

本巻では、ウィリアムとホームズの頭脳戦が繰り広げられます。2人の天才がどんな駆け引きをみせるのでしょうか。また新入りであるジェームズ・ボンドが任務に抜擢されるなど、彼の活躍にも注目です。
 

8巻は、ウィリアムとホームズの対決が、また新たな局面に入っていく気配を感じる終わり方となっていました。本作の1巻冒頭では、有名なライヘンバッハの滝と思われる場所で対決する2人が描かれています。原案ではホームズに敗れたとされるモリアーティ教授ですが、本作では宿敵とどのような決着と着けるのか、続きを楽しみにしたいと思います。

『憂国のモリアーティ』のBlu-ray・DVDの発売が決定!

2019年にはミュージカル化と舞台化もされ漫画以外でも話題の『憂国のモリアーティ』。

2020年10月から1クールでアニメも放送され好評を博しました。2021年4月からの第2期放送に先駆けて、2020年1月27日にBlu-ray・DVD第1巻の発売になります。

第1巻には第1話から2話までが収録されています。特装限定版には、野村和也監督による複製の絵コンテやブックレット、出演声優と監督が登場するオンラインでの先行上映会のダイジェストが収録された特典ディスク、キャラクターデザインを担当した大久保徹描き下ろしのスリーブケースなどファンにはたまらない豪華な特典がついてきます。

第2期放送を前にBlu-ray・DVDでもう一度楽しんでみるのはいかがでしょうか。

詳細な情報は、TVアニメ「憂国のモリアーティ」公式サイトをご覧ください。

参照ニュース記事:コミックス累計400万部突破の人気原作をアニメ化 TVアニメ「憂国のモリアーティ」Blu-ray&DVD第1巻を1月27日に発売