『その着せ替え人形は恋をする』のギャルが可愛すぎ!魅力を全巻ネタバレ紹介

更新:2019.5.23

過去のトラウマから、人の輪のなかに入れない男子高校生・五条新菜。雛人形店で育った彼は、ある日クラスのギャルに雛人形の着物を作っているところを見つかり、彼女にコスプレ衣装の製作を依頼されます。 好きなものに一途な少年少女の情熱と、恋を描いた『その着せ替え人形は恋をする』。本作は「このマンガがすごい!2020」にてトップ20に選ばれ、注目を集めています。この記事ではその魅力をご紹介します。スマホの漫画アプリから無料で読むこともできるので、ぜひそちらもご利用ください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『その着せ替え人形は恋をする』が面白い!無料で読める!【あらすじ】

 

雛人形の顔を作る「頭師」を目指している男子高校生・五条新菜(ごじょう わかな)。ある日、雛人形の着物を作ろうとしているところを、クラスの中心人物でギャルの喜多川海夢(きたがわ まりん)に目撃されてしまいます。

このことがきっかけで、新菜は海夢からコスプレ衣装の製作を依頼されるのです。そして彼女と親しくなっていくたびに、引っ込み思案な彼は、人の輪に入っていく機会を得ることになるのでした。

好きなことを、臆することなく好きだという海夢に魅了されていく新菜。一方、海夢も、優しく、一生懸命に人のために動く彼に心惹かれていくようになるのです。

 

著者
福田 晋一
出版日
2018-11-24
マンガUP!で無料で読んでみる

作品の魅力1:本格的なコスプレもの!

作品の魅力1:本格的なコスプレもの!
出典:『その着せ替え人形は恋をする』1巻

 

やはり、本作の魅力としてあげられるのは「コスプレ」ではないでしょうか。メインテーマの1つであり、主人公2人が関係を構築していくために必要な要素が、このコスプレなのです。

今までもコスプレを題材にした作品はありましたし、そのメイクや着ている様子を記した作品も多々あります。

しかし、本作はただ好きな衣装に着替える、ただ化粧方法を載せるのではなく、素材の選び方や、コスプレをするために必要な衣装情報、またそれを着る際に留意しておきたいことなどの具体的な要素が、きちんと描かれているのです。

 

出典:『その着せ替え人形は恋をする』1巻

 

もともと雛人形の着物を作成していて、物を作るということに慣れていた新菜だからこその着眼点や、動きのない雛人形の着物を作っていたからこそ見落としてしまうことなどが、丁寧に描写されています。

また、既存のアニメやマンガ作品ではなく、作中オリジナルのキャラクターコスプレというのも注目点。知らないアニメや漫画のキャラクターのコスプレをした衣装を載せられるより、オリジナル作品のコスプレを載せられる方が読みやすく、また興味も惹かれやすいでしょう。

他にも、実際のコスプレイヤーの方がどんなことに気をつけているのか、どういうところで小物などを集めているのかなどがわかり、コスプレをしたことがない人でもわかりやすく楽しめるのが魅力的なところなのです。

 

マンガUP!で無料で読んでみる

作品の魅力2:赤面ばかりの恋愛模様!

作品の魅力2:赤面ばかりの恋愛模様!
出典:『その着せ替え人形は恋をする』1巻

 

作品のタイトルにもあるように、本作は恋の物語でもあります。新菜と海夢の恋愛が中心となって進んでいくのです。

新菜が海夢のことを恋愛対象として好きかどうかは明記されていませんが、女性としては最初から意識していますし、今まで特別な言葉としてめったに使わなかった「奇麗」という言葉を彼女に言ったりするなど、魅力的な相手として意識していることがうかがえます。

しかし、海夢が勧めてきたということもあると思いますが、アダルトゲームのきわどい内容を平気で話したり、見つめ合うこと以外には大した反応を示さないなど、なかなか鈍い部分も……。今後、気持ちがどう変化するのか楽しみですね。

一方、海夢に関しては、ギャルというだけあって男性との対話は慣れているのか、新菜に採寸されるのも、きわどい格好を見られるのも特に気にしていません。しかし、そんな状態だったのが、あることをきっかけに新菜を意識するようになるのです。

彼女は彼に対して、恋をしかけているのですね。彼女自身、その気持ちに確証は持っていないようですが、「好きかも」という想いは積み重なっている様子。一気に乙女になっていく姿は非常にかわいいので注目です。

 

作品の魅力3:登場人物がかわいい!

作品の魅力3:登場人物がかわいい!
出典:『その着せ替え人形は恋をする』1巻

 

本作の最大の魅力は、やはり登場人物たちがかわいいところではないでしょうか。

顔が出て、たくさんセリフのあるキャラクターは、基本的に全員とてもかわいいのです。しかし、やはり新菜と海夢はダントツ。

まず新菜ですが、海夢の接近に赤面したり、1つ1つに大きなリアクションを返すところが非常にかわいらしいところ。また、自分を育ててくれた祖父に対するセリフや、大好きな雛人形に接したときの幼さは、彼のピュアさ加減が前面に出ていて微笑ましい気持ちになります。

好きな人や好きなもの、好きなことに対して、少々精神年齢が下がり気味になるあたりも微笑ましいもの。

 

出典:『その着せ替え人形は恋をする』1巻

 

また海夢は作中でモデルなどもやっており、そもそも外見がかわいいということで設定されているのですが、好きなキャラクターを想っているときや、コスプレが現実のものとなってきたとき、本当に好きなものに触れられたときに無邪気に喜ぶ姿が、とてもかわいいです。

意外と食いしん坊なのか、ご飯を食べているときに幸せそうにしているのも魅力的。彼女はコロコロとよく表情が変わり、物事をはっきりというので、感情が顔に出やすいタイプ。そこが人間味のあるところで、魅力でもあります。

 

マンガUP!で無料で読んでみる

『その着せ替え人形は恋をする』1巻の見所をネタバレ紹介!

 

両親を亡くし、祖父に育てられた五条新菜。彼は祖父の営む雛人形店で、雛人形の顔を作る「頭師」を目指して日々技術を磨いていました。

雛人形の着物も手がけていた彼は、自宅のミシンが壊れたことを受け、学校で着物の続きを縫うことに。しかしそこに、クラスのギャル・喜多川海夢がやってきて、雛人形と接する姿を見られてしまったのでした。

 

著者
福田 晋一
出版日
2018-11-24

 

新菜は、子どもの頃友だちだった女の子に、お雛様が好きだということを「気持ち悪い」と言われたトラウマから、ずっと人の輪に入れず、友だちがいない生活を送ってきました。もう少し素を出しても問題ないとは思いますが、幼少期に「好き」という気持ちを否定されたら、それはトラウマものですよね。

 

出典:『その着せ替え人形は恋をする』1巻

 

そんな彼の前に現れたのは、アニメやゲームが好きで、好きなものを「好き」ということに抵抗のない同じクラスのギャル・喜多川海夢でした。彼女は、彼が雛人形を奇麗だと思う気持ちや、雛人形に着物を作っていたことを、否定するどころか受け入れて、さらに肯定したのです。

自分の好きなものを「好き」と言うのは決して悪くないことですが、やはり周りにどう思われるかと考えたら、言えなくなってしまうものですよね。そんな不安や葛藤がまるでないように、海夢は自分の気持ちを素直にさらけ出します。

物語最初の方の2人のシーンは、非常に多くの人の心に刺さる見所ではないでしょうか。自分の気持ちをさらけ出せない新菜と、それは違うと真っ向から向き合う海夢のシーンは、読み手に「好き」と言える勇気を与えてくれますよ。

 

マンガUP!で無料で読んでみる

『その着せ替え人形は恋をする』2巻の見所をネタバレ紹介!

 

コスプレイベントが2週間後だと聞いた新菜は、それまでに間に合わせることができるのか不安になります。

そんななか、海夢と買ったコスプレ衣装のストッキングを見た新菜の祖父が倒れて怪我をし、なおかつテストも近いという2重3重の精神的プレッシャーが新菜を襲うことになるのです。

 

著者
福田 晋一
出版日
2018-11-24

 

本巻では、新菜が精神的なしんどさを乗り越えてコスプレ衣装を作り上げる場面、衣装に袖を通して2人で完成を喜ぶ場面など、見所が非常に多いです。そのなかでも、やはりコスプレイベント中の2人と、その後の2人の様子が見所となるのではないでしょうか。

新菜は、海夢に同行する形でコスプレイベントの会場へと向かうのですが、そこで彼女との繋がりはこれでなくなったのかと感傷に浸ります。そして愛らしく笑う彼女に、一気に心を奪われていますのです。ここから恋愛面が加速していきます。

その後イベントから帰る電車のなかで、海夢から「次」があることを告げられて安心するのですが、このときの初々しい彼は非常にかわいいので、注目したいところです。そして、そんな彼のある言葉がきっかけで、海夢は彼を意識するように。

このあたりの流れは少女漫画を彷彿とさせる、胸がキュンなもの。家に帰ってからあからさまに意識してしまう海夢がかわいらしいです。好きが溢れすぎた彼女のモノローグのテンションの高さも、見所となっていますよ。

あれほど下ネタ単語を言ってきたなかでの突然の純情さは、どこかおかしさもありますね。

 

マンガUP!で無料で読んでみる

好きなものを好きと言えない少年と、好きなものを好きと言える少女。そんな相容れないようでいて、もっとも互いを理解し合える彼らの様子を描いた『その着せ替え人形は恋をする』。雛人形やコスプレのことに関しても、非常に丁寧に描かれていて、そこも注目ポイントです。

互いを意識してしまう青春っぽさ、そして初々しさ。そういった点も含めて、非常に見所の多い作品となっていますよ。

もっと見る もっと見る