『情熱のアレ』結末までの見所をネタバレ紹介!レスのリアルを無料で読める!

更新:2019.9.5

セックスレス問題は、長年連れ添ったカップルの多くが直面する問題ではないでしょうか。本作の主人公・藤咲真紀は、同棲してから3年経つ彼氏がいるものの、2年もセックスレスに悩んでいました。肉食系に見られがちな彼女ですが、じつは下ネタが苦手。彼にもセックスしたいとうまく言い出せず……。今回は、セックスレス問題がリアルに描かれた話題作『情熱のアレ』の見所を最終回まで紹介します。 本作は、スマホの漫画アプリでも無料で読むことができるので、気になった方はそちらからもどうぞ!

ブックカルテ リンク

『情熱のアレ』最終回までの見所をネタバレ紹介!無料で読める!【あらすじ】

主人公の藤咲真紀は、同棲3年目の彼氏、北川類がいますがセックスレスが2年も続いています。本当は毎日でもセックスしたいのですが、女性が性の話をすることを嫌がる彼にうまくいえずにもやもやしていました。

そんな時に、母親が倒れます。幸い大きい病気ではなかったのですが、もう若くないということもあり、真紀は彼女の仕事を週末だけ手伝うことに。

母はおもちゃの通販会社をしているのですが、実はある時から、子供ではなく大人のおもちゃを販売するようになったと明かされます!

著者
花津 ハナヨ
出版日
2010-04-19

セックスしたいという気持ちはあるものの、友人と下ネタの話をすることすら苦手な真紀は、母の会社にアダルトグッズがいっぱいあるのに、つい引いてしまいます。

類には由美の手伝いをしていると嘘をついていましたが、ある日、アダルトグッズの販売に関わる仕事をしていることがバレてしまい……?

セックスレスをテーマにした作品なだけあって、内容も大人向けのビターな内容が多い本作。しかし身近に潜んでいる悩みを取り上げているため、共感しやすいのが魅力です。特に性に悩む人たちにぜひ読んでほしい内容です。

ここから先は、本作のディープな見所の一部を紹介します!ネタバレを含みますので、苦手な方はご注意ください。

すでに『情熱のアレ』が気になった方は、まずはスマホの漫画アプリで読むことをおすすめしています。下のボタンから簡単にインストールできるので、ぜひ利用してみてください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

作者・花津 ハナヨとは。『CAとお呼びっ!』が代表作!

作者は花津ハナヨで、滋賀県彦根市出身の女性です。1993年少女雑誌「なかよし」にてデビューし、当時は桜井明子というペンネームで活躍していました。2001年に編集者が花津ハナヨ名義を命名します。

その後は年齢層が高めのターゲット向けと思われる漫画を描くようになり、花津ハナヨ名義で活躍しています。「ビッグコミックスピリッツ」に連載された『CAとお呼びっ!』は2006年にテレビドラマ化もされました。

著者
花津 ハナヨ
出版日
2005-12-26

現在は2児の母で、ウェブ漫画サイト「スキマ」にて『目に入れたら痛いです。』という育児漫画も描いています。

男女の仲で悩んだ時に参考にしたい、前を向くことができる作品を描いている漫画家です。社会人になってから、また結婚をしてからふと漫画が読みたくなった時にもおすすめできます。

『情熱のアレ』の見所をネタバレ紹介! アダルトグッズを使いたくなる

著者
花津 ハナヨ
出版日
2010-11-19

アダルトグッズをこれまで使ったことがないという人もいるでしょう。見た目がいやらしく、持っていると恥ずかしいからと、興味はあるものの手が伸びないという声も多いようです。

しかし最近では女性が持っていても恥ずかしくない、リップの形をしていて実はアダルトグッズというような、おしゃれで可愛い形をしたグッズがあります。本作でもそんなグッズが多く出てきます。

さらに、近年は小型化していたり、デザインがおしゃれだったりと持ち歩くこともできるほど便利に。

実際にそのように使う光景が本作でも紹介されており、アダルトグッズを勇気を出して使ってみようかな、抵抗があったけれども偏見だったと気づかされるシーンがたくさんあります。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

『情熱のアレ』の見所をネタバレ紹介!スタッフや真紀が生き生きしている

アダルトグッズを扱う会社は、世間から偏見も多いです。真紀もはじめは驚きの連続で、仕事を手伝うことに躊躇します。しかしそこで知り合ったスタッフたちが、とても生き生きと仕事をしていることを目にするのです。

著者
花津 ハナヨ
出版日
2011-05-19

たとえば会社に入ってきた時には実年齢以上に老けて見えていた中年女性のスタッフは、アダルトグッズを使用しはじめてから若々しく変身します。もともとの老けていた写真を真紀は見せられて驚くのですが、若々しく輝いている姿を見て、自身にも何かよい影響をもたらすのではないかと母の仕事を手伝うことになるのです。

はじめは土日だけでしたが、結局7年間勤めていた会社をやめて母の会社に転職。母は療養に専念することになり、真紀は社長代理となります。仕事へのやる気から、アダルトグッズの新商品開発も任されるようにもなりました。

女性だからと取引先の人に嫌な目で見られることもあるのですが、それでもめげずに頑張り、自分らしくイキイキと変化していくシーンは、読者を励ましてくれる輝きがあります。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

『情熱のアレ』の見所をネタバレ紹介!男女の関係を後押ししてくれる

セックスレスは多くのカップルが抱えている問題ではないでしょうか。もっとセックスしたいとなかなかパートナーに言い出せずに、悶々としている人も多いかもしれません。

一般的に、女性が男性を求めることに驚く人がまだまだ多い世の中。本作の主人公・真紀は女性だということもあり、「女性らしさ」を性欲が少ない、もしくは隠すことだと思っている類にセックスをしたいことを言い出せない場面も見られます。

しかし真紀は新しい仕事をきっかけに出会った王子の存在を経て、女性も情熱的になってもよい、セックスを楽しんでもよいと感じるようになります。彼は類との確執からがんじがらめになった真紀の心をほぐし、セックスに対して前向きに考えられるように後押ししてくれます。

実は王子も以前付き合っていた彼女とセックスレスだった経験が。相手のことを知る努力がちょっとずつ足りないとセックスレスになると、彼は語ります。

お互いセックスに対してどう考えているのか、パートナーと話をしたいと考えている人の背中をそっと後押ししてくれる漫画ともいえるでしょう。

『情熱のアレ』の見所をネタバレ!夢と恋の結末はどうなる?最終回は……

4巻は、王子がドイツに出張に行くことになり、アダルトグッズの展示会のために真紀もあとからついていく展開から始まります。母のサポートもあり、同僚の赤塚や山岡たちと一緒に行くことに。

その旅の途中でいやらしくなく、むしろオシャレさすら感じるアダルトショップに行ったことをきっかけに、真紀は日本でもアダルトショップをオープンさせたいと考えるようになり……。

著者
花津 ハナヨ
出版日
2011-11-18

本作の最終回は、真紀の仕事、そして恋愛についての未来を感じさせるもの。アダルトショップのオープンはどうなるのか、また、このあと赤塚とひと波乱があり、これから彼女の隣にいる人はいったい誰になるのか?

怒涛の展開で一気に結末まで駆け抜けます。多少駆け足気味で物語は終わりますが、続編『Love Silky 情熱のアレ 夫婦編 ~夫婦はレスになってから!』もあるので、気になった方はそちらもチェックしてください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る