『ハル×キヨ』が面白い!最終回までの見所ネタバレ!凸凹カップル【無料】

更新:2019.9.18

凸凹カップルといえば、「男性は背が高くて、女性が低い」というイメージが多いでしょう。しかし本作は、反対の設定になっているのが魅力です。身長178cmの宮本小春は、心優しいものの、かなりネガティブ。一方で、152.6㎝の峯田清志郎は、チビながら非常に偉そうな高飛車のメガネ男子。正反対の2人は、なぜ付き合うことになるのでしょうか……? 『ハル×キヨ』は、スマホの漫画アプリでも無料で読むことができるので、気になった方はそちらからもどうぞ!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『ハル×キヨ』が面白い!正直者同士のラブコメが毎日無料で読める【あらすじ】

ハルこと宮本小春は、身長178㎝のビッグガール。その外見とは裏腹に引っ込み思案で心優しい、おとなしい女の子です。イケメンでモテ男の氷川君と一緒に日直をしたことがきっかけで恋に落ちてしまった小春は、ラブレターを彼のロッカーに入れようとします。

その瞬間を峯田清志郎に見られてしまった小春は、動揺。ラブレターを落としたまま逃げようとしますが、清志郎から思いがけない忠告をもらいます。それは、幼馴染みがいる氷川に告白するのはやめたほうがいいというものでした。

著者
オザキ アキラ
出版日
2013-09-25

清志郎の助言通り、氷川君の側には常に幼馴染みの女子の存在が見え隠れします。彼の心が幼馴染みの子にあることを知った小春は、結果、清志郎に助けられたのでした。

物語はその後、小春と清志郎、そして氷川君のほかに、清志郎にべったりの峯田の兄や小春をいじめていた志水、さらに清志郎に恋心を寄せるほたるちゃんなどが登場します。ますます盛り上がっていく様子は必見です!

ここから先は、本作の胸キュンエピソードや最終回の見所の一部を紹介します。ネタバレを含みますので、苦手な方はご注意ください。

すでに『ハル×キヨ』が気になった方は、まずはスマホの漫画アプリで読むことをおすすめしています。下のボタンから簡単にインストールできるので、ぜひ利用してみてください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

作者・オザキアキラとは

広島県出身の漫画家で、2003年に「2人で行こう一緒に行こう」でデビューしました。『ハル×キヨ』は2013年から連載開始となり、2016年の完結までに全9巻が刊行されています。

オザキアキラという名で活動する以前は尾崎あきら名義だったことから、男性ではないかという推測もされていますが、本人のプロフィールでは性別が明かされておらず、自画像は女性であることから、何ともいえません。

著者
オザキ アキラ
出版日

少数ながら女性にもあきらという名前は付けられていますので、少女漫画に傾倒した男性漫画家なのか、それとも実はあきらという名を持つ女性漫画家なのか、ファンとしてはちょっとした神秘性を秘めた漫画家です。

オザキアキラはヒロインのキャラがちょっとずれている所が魅力的。本作の小春しかり、2019年9月現在連載をしている『ふしぎの国の有栖川さん』のヒロイン鈴しかり、引っ込み思案で大人しいように見えて、実はまっすぐで芯があるというところが魅力的です。

『ハル×キヨ』の魅力1:凸凹コンビが反対という設定

著者
オザキ アキラ
出版日
2014-01-24

先ほどもいったように、凸凹コンビという設定は一般的には男性が大きく、女性が小さいことで生じる身長差が生み出す要素に胸キュンすることが多いのではないでしょうか。しかし、『ハル×キヨ』では、この設定がまったく反対になっているのが特徴です。

さらに巨人と称されるほどの高身長なのに、すごく性格が気弱な女の子と、身長は低いのに、常に上から目線で話す男の子という設定が、キャラにギャップ萌えを感じさせるポイントです。

通常とは異なる身長差に、ギャップに萌えるキャラなど、読者の期待をいい意味でちょっとずらしてくるところが本作の魅力に繋がっています。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

『ハル×キヨ』の魅力2:小春と清志郎のからみが最高!

著者
オザキ アキラ
出版日
2014-05-23

小春と清志郎を中心に物語は進んでいくのですが、2人が付き合うまでの経緯が最大の魅力です。

上から目線で誰からも疎ましがられていた清志郎ですが、実は自分の居場所を作ろうと必死になっていました。そのことに気付いた小春は、清志郎のまっすぐな目に心を動かされます。

とはいえ、まだ少し心が惹かれているくらいだったのですが、その好意をストレートに伝えたところ、まるで告白のようになってしまうのです。どちらもあまりにピュアすぎる……!

それを聞いた清志郎は、これまたストレートに、じゃぁ、付き合う?、と聞いてくるのですが……。

これだけ書くとまるで彼がチャラい男子のようですが、それは過去の失恋を繰り返したくないという思いがあったからでした。急転直下の展開が面白い2人の展開。

のちに付き合うようになってからは小春が大好きながらも上から目線の清志郎と、それにキュンキュンしている素直な小春の姿に癒されます。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

『ハル×キヨ』の魅力3:波乱万丈な展開!

著者
オザキ アキラ
出版日
2014-09-25

思いがけず関係がスタートし、そのまま順調にラブラブになった2人ですが、本人たち以外の要素でいろいろなハプニングが起きます。

お家デートでは、弟の清志郎が好きすぎるあまり恋を邪魔してくる兄が登場したり、小春をいじめていた志水が彼女のことを好きになってしまったり……。次々に波乱万丈な展開が繰り広げられます。

さらに女の子に厳しいイメージの清志郎ですが、好意を寄せるほたるちゃんという女子が登場!争いごとが苦手そうな小春は恋のライバルにどう対処するのでしょうか?

ほのぼのラブラブな2人がその波乱を乗り越えて絆を強めていく様子に注目です。

『ハル×キヨ』最終回の見所をネタバレ紹介!ギャグだけじゃない成長を感じさせる結末!

最終回が掲載されている9巻は、峯田兄弟ともども恐れる母親が登場です。

ことの発端は、もともと清志郎がイギリスに留学したいと思っていたことが、彼女にバレてしまったから。それを受け、清志郎は小春もひきつれ母親のいる京都に向かいます。

そしてあれよあれよと彼女の口車に乗ってしまった清志郎は、3か月間イギリスに留学し、その覚悟のほどを証明することになるのでした。

2人は初めての遠距離恋愛になるのですが……。

著者
オザキ アキラ
出版日
2016-05-25

最終回は高校卒業から2年後の姿が描かれます。志水との三角関係や、清志郎の夢、小春と彼の遠距離恋愛など、さまざまな障壁を経て、彼らはどうなってしまったのでしょうか?

読み終えたときにはハルとキヨが確実に成長していたことがわかり、爽やかな読後感を感じます。コンプレックスが引き合わせた2人の関係は、最後までそれに関係するやりとりで締めくくられます。どこまでもほっこりで仲の良い姿が見られる結末は、ぜひ作品でご覧ください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる