『八男って、それはないでしょう!』17巻までの見所をネタバレ!アニメ化!

更新:2019.11.4

25歳の一宮信吾はサラリーマンでした。ある日、目覚めるとそこは異世界の貴族の家で、信吾は5歳の少年に憑依していました。異世界の貴族になったとはいえ、その家は貧乏貴族、そして自分は八男……。 このままでは家を継ぐこともできず、満足に生きていけないと考えた信吾は自分に魔法の才能があることに気付き、能力を磨きながらその世界で成長していく転生ファンタジー漫画です。 この記事では2020年4月からはアニメが放送開始する、本作のあらすじや見所を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

小説『八男って、それはないでしょう!』が面白い!2020年アニメ化!【あらすじ】

 

ある日起きると、ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター(通称:ヴェル・5歳)になっていた信吾。異世界に来てしまったこと、信吾から別の人間に転生したことなど、状況を理解したヴェルは、貧乏貴族の八男では人生が終わってしまうと考え、自分に備わった魔法の力を独学で磨き上げます。

これまでの知識と自信に備わった魔法の能力を使いながら成長していくヴェルでしたが、ある日、ヴェルの魔法の能力を知った強大な力を持つ魔法使いアルフレッド・レインフォード(通称:アル)と出会い、彼から力をもらいます。アルは自分の魔法を伝授できる相手を探していました。アルから魔法の力を譲り受けたヴェルは、さらに魔法の能力を高めていきます。

ヴェルは自分で道を切り開いていくため、冒険者になることを目指し、12歳で冒険者予備校に入学。時には日本で暮らしていたころの知識を使いながら同じ学校の仲間とともに自分の力を磨いていき、さまざまな試練に立ち向かっていきます。

 

著者
Y.A
出版日
2014-04-24

『八男って、それはないでしょう!』は2020年にはアニメ化することが決まっています。ヴェル役を「デジモンアドベンチャー」や「刀剣乱舞」で人気キャラクターを演じた榎木淳弥、エリーゼ役を「スター☆トゥインクルプリキュア」のヤンヤン役を演じあげた西明日香という楽しみなキャストとなる予定。

原作はweb小説投稿サイト「小説家になろう」でなんと3億5,000万回以上も閲覧された人気作。それが漫画化され、そしてアニメ化ということで今から待ち遠しいファンも多いです。

サイト「小説家になろう」で読める原作、アニメの内容が気になった方は、以下からご覧ください。

八男って、それはないでしょう! - 小説家になろう
 

TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイト
 

作者・Y.Aとは

 

『八男って、それはないでしょう!』は作者Y.Aが小説投稿サイトで連載していた小説で、イラストは藤ちょこが書いています。サイト上で3年以上の連載を続け、2014年には書籍化、来年にはアニメ化とかなりの人気作品であることが分かります。

連載が完結した後に『八男って、それはないでしょう!みそっかす』が始まりました。外伝的なオマケの話を作者が思いつくまま書いていますので、時系列もバラバラだったり、登場人物の説明も細かくはされていなかったりと、本編を読んだ人だけが楽しめるものとなっています。

 

著者
Y.A
出版日
2016-04-25

 

Y.Aは、『八男って、それはないでしょう!』以外にも短編小説を含めてオンラインサイトでたくさん小説を書いています。『銭(インチキ)の力で、戦国の世を駆け抜ける。』など何作かは書籍化もされ、注目を集めています。

 

登場人物紹介

ここからは本作の登場人物をご紹介します。

一宮信吾/ヴェル:主人公。信吾がヴェルに転生することから物語は始まります。魔法の能力をもともと持っていましたが、アルフレッドという強い魔力を持つ師についてから、さらにその力は強大なものとなります。冒険者を目指して学校に入学し、仲間とともに成長、転生した人生を生き続けていきます。 

エリーゼ:ヴェルと同い年で彼と結婚する、ヒロインです。料理や裁縫が上手で奥さんとして完璧な上に、治癒を中心とした魔法が使えます。さらに成長するにつれて、どんどんグラマラスになっていきます。

エルヴィン:ヴェルと同じ冒険者予備校の特待生で、騎士爵家の5男。剣の腕はピカイチですが、魔法の才能がほぼ皆無で、パーティーの中では最弱と位置付けられてしまいます。ヴェルが爵位を受けたあとでも、よき友人、そして同じパーティーのメンバーとして仲良くしていきます。

イーナ: ヴェルのクラスメイトで、槍術の道場を営む家の三女で特待生。初日の狩りでヴェルに助けられてからパーティーを組むことになります。

その後、ヴェルが爵位を受けた際に形式上従士兼婚約者としてバウマイスター家に就職。真面目な性格で読書家、パーティー内では一般常識を語る役回りを担っています。 

ルイーゼ:ヴェルのクラスメイトで、「魔闘流」の特待生。イーナと出ていた狩りの初日にヴェルに助けられてパーティーを組むことになります。

イーナと同様、ヴェルが爵位を受けた際に形式上従士兼婚約者としてバウマイスター家にて就職。見た目がショートカットで幼児体型なこともあり、出産をしても子どもに間違えられてしまいます。

漫画『八男って、それはないでしょう!』の面白さ1:リアルな貴族の様子が見られる?

著者
Y.A
出版日
2014-07-24

よくある異世界転生モノの漫画では、貴族と対立、もしくは貴族に気に入られるものが多いですが、『八男って、それはないでしょう!』では活躍が認められ主人公自身が貴族になってしまいます。

基本的に貴族は外部のキャラとして簡単に描かれることが多いものの、本作はメインサイド。その苦労や実情などが細かく描かれます。貴族になったからラクになれるわけではなく、ヴェルはさまざまな責務を果たさなければならず、奔走します。

通常の優雅な「貴族」のイメージとは少々異なり、貴族に生まれ変わりながらも四苦八苦する様子がリアルで面白いのです。 

漫画『八男って、それはないでしょう!』の面白さ2:主人公の前向きな姿

著者
Y.A
出版日
2014-10-23

朝起きたら異世界に入ってしまっているのに、そこに普通に馴染んでしまっているヴェルの適応能力がすごいところ。転生ものは元の世界では恵まれていない環境にいる主人公が多いもの。

新しい場所でやっと自分の輝ける場所を見つけるという展開が多く、適応するのも納得なのですが、信吾は商社マンとしてそこそこの会社で働いていた人物です。

しかも記憶が薄れているとはいえ、もともとの信吾という人間については気にはなっているものの、「戻りたい」と強く願うこともないのです。

現状を受け入れ、権謀術数が渦巻く特殊な貴族社会の中で、ただただ平穏無事に生活していくことを願う男。しかし、平穏無事に生活をしたいと思いながらも、しっかりと貴族として役目を果たし、さまざまな事業を手掛けて突き進んでいく、現実を受け入れる彼の前向きな姿が面白いです。

漫画『八男って、それはないでしょう!』の面白さ3:RPGのゲーム感覚で読める

著者
楠本 弘樹
出版日
2017-07-22

魔法の使い手、剣の使い手、格闘術の使い手などが出てきて、最初は冒険者を目指して学校に入り勉強をするヴェル。その後はチームで行動しながら財を築いたり、紛争に巻き込まれたり、新しい船を発掘したりと、新たなイベントが次々と発生します。

さまざまなキャラクターと、目新しい困難、クエストの面白さは、RPGさながら。ゲーム好きにはたまらない魅力があるもの。

新しいキャラの登場でバラエティ豊かになる会話劇の面白さ、サクサク進んでいきながらも、自分もその世界で生きているかのような臨場感ある展開が味わえます。

小説『八男って、それはないでしょう!』16巻までの見所をネタバレ紹介!

ごくごく普通のサラリーマンである一宮信五は、ある日ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターという騎士爵家の八男に転生してしまいます。

かつての記憶が少しあるものの、彼は環境に適応し、この世界で生きていくことに決めます。

そして12歳で冒険者予備校に入学し、さまざまな経験を経て爵位を受けることに。その後も魔物の討伐や領の開拓などを進めていき、辺境伯になり、どんどん地位を上げていきます。

著者
Y.A
出版日
2019-03-25

辺境伯になるまでにはさまざまな経験を積まなければならないのですが、ヴェルはなりたいと思ってなったわけではありません。その途中経過が一つの見所でしょう。 なぜ辺境伯になれたのか、どのような経験を経てなれたのか、そんなところに注目して読んでみてください。

成人してからもさまざまな困難があったものの、その都度クリアしてきたヴェルは、冒険者予備校の臨時講師を任されることになりました。しかし、そこでも災難は続き、地下遺跡の調査の帰りに弟子たちとともに子供の姿に変えられてしまい……。

その災難を乗り越えたヴェルは、無事、教え子を卒業させることができました。家では出産が近付いてきたエリーゼと昔話に花を咲かせます。

導師が若かったころを回想しながら、ヴェルの魔法の師匠、アルフレッドやその友達のアームストロングが昔はどんな子どもたちだったのか、なぜ冒険者予備校に入学したのか、懐かしく語っていきます。

大きな展開があるわけではありませんが、読者にとってはキャラたちのかつての姿が楽しめる、スピンオフ的な内容です。

小説『八男って、それはないでしょう!』17巻の見所をネタバレ紹介!

エリーゼとヴェルの待望の赤ちゃんがとうとう生まれてきます。いつの時代でもおろおろしながら待つしかない男親、出産に立ち会うことが許されないヴェルは落ち着かないまま時間を過ごします。

著者
Y.A
出版日
2019-07-25

無事出産を終えて、ヴェルの目には光り輝いている我が子が。

「さすがは、俺の子ども。もう輝いているぜ。いや、俺に似ずに素晴らしいカリスマだ」
(『八男って、それはないでしょう!』17巻より引用)

しかしほっとした幸せを感じたのも束の間、その後も出産ラッシュが続き、現実問題と直面します。

貴族としての事務的な作業があったり、早くも婚約の話が出てきたりと面倒なことが降りかかってくるのです。いつもどおりのバタバタに家族という要素が加わった17巻。貴族として、父親として面倒ごとを対処していきます。料理ジャンルの話も多く、飯テロ要素も楽しめる内容です。

 

小説からノベライズ化を経てついにアニメ化した『八男って、それはないでしょう!」が2020年4月2日から放送開始します。

AbemaTVやdアニメストアなどの動画配信サイトでも配信予定です。

貧乏貴族の八男・ヴェンデリンを榎木淳弥が、枢機卿の孫娘を西明日香が演じます。

オープニングテーマには、デーモン閣下とALI PROJECTの作詞ボーカルを務める宝野アリカの初の豪華コラボユニットに決定しました。

悪魔と闇の女王がどんな音楽を奏でるのか、今から楽しみですね!

TVアニメ「八男って、それはないでしょう!」公式サイトではキービジュアルや詳細なキャストの情報などが公開されています。ぜひご覧ください!