【ワンピース考察】空島編とワノ国の共通点をまとめてみた!

更新:2020.2.2 作成:2020.2.2

皆さんこんにちは!研究室長のユイです。 「ワンピース」の物語において、アラバスタ編とドレスローザ編に数々の類似の関係があったように、どうやらグランドライン前半の海と後半の海の物語には様々なリンクが隠されているようです。 本日は空島編とワノ国編の共通点についての考察です! ぜひ最後までご覧くださいね!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

空島編とワノ国編の共通点:「神」に挑む物語

空島編では「神(ゴッド)」エネルがラスボスで、敵の軍勢は神官たちでしたよね!さらにエネルは、空島・スカイピアに存在していた神隊を手下に加えています。

ワノ国でのラスボスはカイドウですが、彼は「明王」と呼ばれています。明王というのは日本の神様のひとりですので、カイドウも神格化されているのです!

さらに、現在はカイドウの直接の手下ではありませんが、手を組んでいるオロチのもとには「お庭番衆」と言われる忍者達がいます。お庭番衆には風神、雷神をモデルにしたキャラや、七福神をモデルにしたキャラがいますよね。

そしてこれは、空島の神隊を他所から来たエネルが手下につけたという構造と一緒ですので、お庭番衆は今後の展開でカイドウの手下に加わるかもしれません。

ゴッド・エネルとルフィの激闘はワンピース30巻などで描かれました!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2003-10-03

空島編とワノ国編の共通点:「カシ神とノラ」と「カイドウとモモの助」

空島では巨大な蛇である「カシ神」と、小さな蛇であった「ノラ」がいましたよね!

それに対し、ワノ国編の「カイドウ」は巨大な龍に、「モモの助」は小型の龍になれます。こちらも共通していますね。

空島では「ヘビ」というなんとも身近な題材でしたが、ワノ国では壮大な「龍」にスケールアップしています!

カイドウの衝撃的な巨龍の姿は、ワンピース92巻でお披露目されましたね!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2019-03-04

空島編とワノ国編の共通点:ヘビに雷を落とす

空島では、巨大な蛇ウワバミに、エネルが「エルトール」という技で雷を落としました。

ワノ国では、ナミがゼウスの力を使ってヘビヘビの実の能力者であるオロチに「雷霆」という技を放ちました。

両シリーズには、蛇に雷を落とすというリンクがなされています。

余談ですが、ナミがエネルと同等レベルの雷攻撃を放つなんて、すごい成長ですよね!これからも楽しみです!ナミが「雷霆」を放つシーンは、ワンピース93巻に描かれています!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2019-07-04

空島編とワノ国編の共通点:到達手段

空島への到達手段は突き上げる海流「ノックアップストリーム」でした。

一方で、ワノ国へは「滝登り」という方法でたどり着くことができました。

どちらも、「上空へと続く海流に乗る」という、なんともワクワクする方法でその地に到達していますね!

ノックアップストリームに乗って空島に突入する麦わらの一味の勇姿は、ワンピース25巻に描かれています!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2002-09-04

空島編とワノ国編の共通点:故郷から追放された戦士たち

空島では、エネルの勢力に対抗する戦士達「シャンディア」がいましたね。彼らは故郷である「ジャヤ」の土地をエネル軍に奪われ、彼らに対して戦いを挑み続けていました。

ワノ国では、カイドウの勢力に対する強力な戦士として「サムライ」が存在します。彼らは不当にワノ国を支配し続けるカイドウやオロチに対して反撃をする時を虎視眈々と狙っていますね。

いずれも、麦わらの一味の味方となる点も共通しています!この両編では、麦わらの一味だけで戦うのではなく、現地の戦士たちとも協力して敵を倒しにいくという熱い展開がくり広げられます!

シャンディアとエネル達の因縁の戦いは、ワンピース28巻などで描かれています!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2003-05-01

空島編とワノ国編の共通点:「霊」の存在

空島編で登場したジャヤには「悪霊のアザ」が存在しましたが、後に「樹熱」という疫病だと判明しました。

ワノ国では「光月一族の亡霊」が噂されていますが、その正体は「トキトキの実で未来に送られたサムライたち」でした。

いずれも、超常的なものであると考えられていた「霊」いう存在に対して、明確な原因や理由が明かされるという展開がありました!

空島編とワノ国編の共通点:ポーネグリフ

ジャヤの戦士であるシャンディアは、青海にいた頃はポーネグリフや黄金郷を守るために戦いを続けていました。

ワノ国では、光月家がそのポーネグリフを作った人々であったと判明し、サムライたちもそれを守ることが使命であったと考えられます。

どちらも支配する勢力に対抗する勢力がポーネグリフを守るということが共通していますね。

どちらも、ポーネグリフという重要なアイテムにフォーカスされているシリーズですね!

シャンディアのエピソードはワンピース31巻などに描かれていますよ!

著者
尾田 栄一郎
出版日
2003-12-19

空島編以降も、ワノ国編との共通点が!

ちなみに、空島編の後の物語にも共通点が多くみられるのでここでご紹介します!

麦わらの一味は、空島での冒険を終えた後、ロングリングロングランドを経て、ウォーターセブン(エニエスロビー)へと向かいましたよね。

おそらくは空島編での「空島→ロングリングロングランド→ウォーターセブン(エニエスロビー)」という流れを、ワノ国編では「ゾウ→ホールケーキアイランド→ワノ国」で再現しているのだと思います。

ロングリングロングランドでは、フォクシーにチョッパーを奪われて無事に取り返しましたが、ホールケーキアイランドではビッグ・マムからサンジを取り返しました。

そしてエニエスロビーで対峙した「CP9」はゾオン系能力者の集団でしたが、カイドウの「百獣海賊団」はゾオン系の古代種や幻獣種などのレアな動物の能力者です。

「CP9」のルッチ、カク、ジャブラらはゾオン系ですが、その能力はレオパルド、キリン、オオカミでした。

それに対し「百獣海賊団」の面々の能力は龍、マンモス、プテラノドン、アロサウルスですので、CP9の進化版のような印象ですよね!

麦わらの一味とCP9との激闘は、ワンピース37巻などに描かれていますので、久しぶりに読み返してみるのはいかがでしょうか!

著者
尾田 栄一郎
出版日

「ワンピース」における、空島編とワノ国編の共通点まとめ

わかりやすい所ではこれくらいでしょうか!その他にもたくさんの共通点があると思いますので、これはどうだろうかという点があったら教えてくださいね!

ということで、グランドライン前半の海「空島」と、後半の海「ワノ国」はリンクしており、後半の方が当然ながらパワーアップしている、というお話でした!
 

「ワンピース」の他の考察も見てみたい方は、YouTubeの「ユイの研究室」でもご覧になれます!

 

今回の考察でより「ワンピース」の奥深い世界の魅力が伝われば幸いです。

YouTubeチャンネル「ユイの研究室」では、様々な考察動画をアップしていますので、もっと色んな考察を見てみたいという方はぜひYouTubeチャンネルの方にも遊びにきてくださいね!

ユイの研究室

チャンネル登録や高評価などをしていただけると活動の励みになります!ぜひよろしくお願いします。

「ホンシェルジュ」で記事にした考察は、こちらでまとめて読むことができますよ!

漫画「ワンピース」未回収の伏線まとめ!謎を徹底考察【ネタバレ注意】