マッチングアプリの悲劇!『ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼』の見所を紹介

更新:2020.12.10 作成:2020.2.11

『ツバサちゃん、君は』は主人公・壮介がマッチングアプリでマッチした「ツバサちゃん」と知り合うことで連続殺人事件に巻き込まれていくサスペンスストーリー。殺人が起きるたびに増えていく「ツバサちゃん」の候補者……誰が犯人なのか予測できない展開で、サスペンス好きにおすすめの作品です。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

予測ができない展開に目が離せない!「ツバサちゃん、君は」の面白さ

現在マガポケで連載されている『ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼』。2020年2月現在、マガポケオリジナル作品でランキング1位を獲得している、今話題の作品。

マッチングアプリとサスペンスを掛け算した、今までにない作品。連絡は取れるのに、正体のわからない犯人と、友達にまで狙われていく恐怖……。謎が謎を呼び、目が離せなくなるでしょう。

マッチングアプリで出会った「ツバサちゃん」は、主人公の願いを全て叶えてしまします。

冗談で同級生のことを「死んでほしい」と言ったら、彼らは翌日本当に殺されてしまいました。犯人はツバサちゃんです。彼女の殺人を止めようと動こうとしても、彼女について分かっていることは「同じ大学に通っている1年生」ということだけ。

殺人が起こるたびに、ツバサちゃんと思われる容疑者が上がり、事件は複雑になります。

出典:『ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼』

容疑者と思わしき怪しい女の子がたくさん出てきて、一人ひとりの「過去」「容姿」「発言」「行動」すべてから目が離せません。ぜひ誰が犯人なのか、予想しながら読み進めてください。

本作は、高い画力によって描かれるため、容疑者らしき女の子たちが全員可愛い、というのも魅力の一つ。綺麗な作画は、読んでいて楽しくなりますよね。サスペンス漫画が好きな人にはぜひ一読してほしい作品です。

会ったことのないヤンデレに狙われた!?「ツバサちゃん、君は」のあらすじ

 

本作の主人公は、冴えない大学2年生・壮介。彼の最近の楽しみは、マッチングアプリで知り合った同じ大学の女の子「ツバサちゃん」とメッセージでやりとりをすること。彼女とのやりとりは楽しいだけでなく、テストのヤマを教えてくれるなど、どんどんいいことが起こります。
 

しかしある日、壮介が何気なく言った愚痴から次々と人が死んでいき……親友までもが危険に脅かされる、地獄の日々が始まったのでした。

次のページでは、本作の見所を紹介していきます。未成年でありながら、何人も人を殺した「誰も知らない少女」と、「ツバサちゃん」が同一人物の可能性があり……?
 

【見所1】「××区立中学連続殺人事件」との関連性

【見所1】「××区立中学連続殺人事件」との関連性
出典:『ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼』

 

連続殺人事件に巻き込まれた壮介ですが、過去に同じ手口の事件「××区立中学連続殺人事件」が起こっていたことを知ります。事件を知る人や、実際に関わっていた人と出会い、少しずつ物語が進んでいきます。

「××区立中学校連続殺人事件」は、好きな男の子を孤立させるために、犯人が、自分を意地悪してきた人、それだけでなく友達や親、教師を次々と殺していった凄惨な事件。

犯人は当時中学1年生の容姿端麗な少女でしたが、事件関係者は誰も姿を見たことがなく、「誰も知らない少女」と世間を騒がせました。

その犯人は刑期を終えていて、壮介たちと同じ大学にいるという情報が入ります。そして、犯人だった少女は当時未成年だったため、釈放後、名前を変えているという情報が入り……この事件と、壮介が巻き込まれた事件がどのように関わっていくのか、続きが気になります。

 

【見所2】一体誰が犯人なのか!?

【見所2】一体誰が犯人なのか!?
出典:『ツバサちゃん、君は マッチングした女は殺人鬼』

 

ツバサちゃんはチャットを通じて、同じ大学であることを教えてくれ、目元を隠した写真を送ってくれました。しかしインターネットという匿名性が高い情報。どこまでが本当のことなのか、区別することもできません。
 

途中で出会う女の子たちは身体的特徴が似ていたり、それぞれ不審な言動を取ったり……ツバサちゃん候補が次々に増えていきます。新たな情報が出てくるたびに、謎が深まり事件は複雑になるばかり……。ツバサちゃんは、一体誰なのでしょうか……!

まだ連載が始まったばかりで、これからどんどん真相が出てくでしょう。今後に期待が持てる作品です!。

 

「ツバサちゃん、君は」が気になった人におすすめの作品!

『ツバサちゃん、君は』に似た作品を読みたい方におすすめは、『虐殺ハッピーエンド』です。映画化もしたマンガ『不能犯』と同じ作者で宮原新。

本作は、重病を患う妹を持つ高校生の真琴が、謎のタイムループに巻き込まれ人を殺さないと妹の手術日にたどり着かなくなったため、殺人を繰り返していくサスペンス漫画です。

「ツバサちゃん、君は」では、主人公が連続殺人事件に巻き込まれていく作品でしたが、本作では、主人公が連続殺人事件を繰り返し、殺人の孤独や辛さを知ることができるでしょう。

手術代を稼ぐためにバイトを掛け持ちする主人公の真琴と、重病を患う妹や、働かない父親、出ていってしまった母親……主人公を取り巻く環境が救いようがないほど辛く、主人公の救いを求めて読み進めてしまいます。

何よりも大切な妹の命のために殺人を繰り返してきたのに、妹には秘密が隠されていて……命の重さを考えさせられ、大どんでん返しに圧倒される作品です。

 

『虐殺ハッピーエンド』が面白い!魅力を3巻まで全巻ネタバレ紹介!

著者
宮月新
出版日
2017-09-19