ドキュメンタリー映画『オアシス スーパーソニック』監督インタビュー

ドキュメンタリー映画『オアシス スーパーソニック』監督インタビュー

更新:2016.12.31

2016年12月、イギリスのロックバンド・オアシスのドキュメンタリー映画『オアシス スーパーソニック』が公開されました。監督が映画を通して伝えたかったこととはなんだったのでしょうか?

英インディペンデント紙プロフィール画像
オンライン新聞
英インディペンデント紙
1986年に創刊したイギリスの日刊紙。2016年3月に紙面での発行を廃刊した後、現在はオンライン新聞として日々ニュースを配信している。カルチャー、社会、政治など、ホンシェルジュ編集部のメンバーが毎回選りすぐりの記事をお届けします。 http://www.independent.co.uk/
ブックカルテ リンク
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

イギリスを代表するロックバンド・オアシス

イギリスを代表するロックバンド・オアシス
オアシス(Oasis)は1991年に結成されたイギリスのロックバンドです。ボーカルのリアム・ギャラガー、ギター&ソングライティングを担当するノエル・ギャラガーの兄弟を中心に活動していましたが、2009年に解散。以後、リアムはオアシスのメンバーとビーディ・アイを結成、ノエルはソロで活動しています。

今回のドキュメンタリー映画は、1996年に2日間で25万人を集客した伝説のネブワース・ライブやギャラガー兄弟のエピソード、そして兄弟へのインタビューを通して、オアシスの軌跡を鮮やかに描き出した大作に仕上がっています。

オアシス再結成について

オアシス再結成について
「彼らは、自分たちの影響力を知らないのではないでしょうか」

オアシス再結成の可能性について訊かれるマット・ホワイトクロス監督はそう答えました。彼は同様の質問をすでに何回か受けているでしょうし、これからも繰り返し訊かれることでしょう。すでに解散してしまった世紀の大人気ロックバンドのドキュメンタリー映画を撮った監督となれば、この手の質問を受けることは避けることはできません。

「再結成しないとしたら、非常にもったいないことだと思います」

そう、活気に満ちた39歳のホワイトクロス監督は続けます。

「彼ら自身の問題ですからね。ノエルの友人のクリス・マーティンは、ずっと‟ただ電話をかければいい”と促しているようです。しかし、そんな簡単に決意できるような事ではないでしょうから」

ドキュメンタリー映画『オアシス:スーパーソニック』は、2人の敵対する兄弟の物語と、20世紀の音楽シーンに衝撃を与えた伝説のネブワース・ライブを描いた大作です。260万人以上がチケットを求めたというネブワース・ライブは、いまだイギリス史上最大の動員数を記録したコンサートの地位を保っています。

映画はどのように撮られたのか

映画はどのように撮られたのか
ホワイトクロス監督は、映画『オアシス:スーパーソニック』を通して、オアシスのそんな偉大な功績を記録するとともに称えています。2015年に制作を開始した本作は、監督自身も緊張するような状況で作られました。オアシスのメンバーであるリアムとノエルの兄弟と顔を突き合わせて座り、バンドの歴史について語り合うという手法がとられたのです。インタビューは兄弟別々に行われました。

「常に、興奮し通しでした」

ある晴れた9月の午後、ロンドンの中心地で、そう監督は熱っぽく語りました。

「昔から”ヒーローの正体を知ると幻滅する”というような事は言われていますが、彼らはそのままの存在だったんです。初めてリアムに会った時、彼は入ってくるなり”OK、悪役になるのはどっちだ?俺か、奴か?”と言ったんです。リアムは、率直にインタビューに答えてくれましたが、時々”それはあとで電話するよ”などと誤魔化しました。それもしょうがないと思います。こじ開けたくない過去もあるでしょうから」

これまで何度も対立が表面化していたギャラガー兄弟のことですから、ホワイトクロスもこの問題と対面しなければなりませんでした。数週間にわたる交渉に及ぶも、彼は兄弟を同じ部屋に同席させることはできなかったのです。しかし、プロとしてホワイトクロスはこのことを活かした作品作りをしました。

「オアシスの功績を、2人を通して観てしまうと、面白くてスキャンダラスではあるけど、どちらかというと表面的な部分しか浮かび上がってこないんです。しかし、兄弟それぞれに話を聞くと、ある事柄についてもより深堀りすることができて、何かの話題に触れたときに兄弟どちらかが離席してしまうのではないかという心配もしなくて済みます」

そのようにして制作された『オアシス:スーパーソニック』で描かれるのは、1990年代で最も語り継がれることとなったバンドが残したほろ苦い影響です。ホワイトクロスが監督として優れていることに加えて、彼が度重なる取材を経て入手した多数の未公開である幼少期の写真や収録音源が、映画全体を斬新な印象に仕上げています。

映画はギャラガー兄弟の郷愁を誘ったとホワイトクロス監督は考えているようです。2人は最も有名なロックミュージックの象徴でありながら、元は単なるマンチェスターの労働階級出身の男でもあるからです。

「兄弟それぞれの最初の取材のときに、私たちは彼らに同じ古い映像を見せました。それが撮影されたことも彼らが忘れてしまっているようなものでしたが、私の想像に過ぎないのかもしれませんが、2人ともとても感動しているように見えました。きっと、長い時間がたって風化してしまったお互いを思いやる気持ちが、その映像の中には確かに存在していたからだと思います」

オアシスのファンだった監督が伝えたかったこと

オアシスのファンだった監督が伝えたかったこと
イアン・デューリーの伝記映画『セックス・アンド・ドラッグズ・アンド・ロック・アンド・ロール(原題)』や、ザ・ストーン・ローゼズの映画『スパイク・アイランド(原題)』で知られるホワイトクロス監督は、オアシスのファンでした。

「オアシスは、有名になった直後ぐらいから私の人生において欠かせないミュージシャンになりました。まさにその世代だったんです」

彼はいまだに25万人を動員した伝説のネブワース・ライブに行けなかったことを後悔しています。

オアシスの熱狂的ファンである監督は、映画監督として数ある楽曲のなかから映画のテーマソングを決めるのには非常に苦労したようです。

「私たちは、オアシスの全曲リストを壁に張り出しました。一つだけルールとして決まっていたのは、ただいい曲を選ぶというのではなく”ストーリーがある曲”を選ぶということです」

ギャラガー兄弟の作曲ではないものや、「I’m Out of Time」などたくさんの曲が候補から外れていきました。

「オアシスバージョンの「I Am the Walrus」があったらいいなと思いました。その曲があれば、彼らがビートルズから受けた影響を語ることができるからです。映画にはミュージック・スーパーバイザーがついており、その人と一緒に選曲したのですが、そのことを言うと彼はにやにや笑いながら”ここまで絞ってきて「I Am the Walrus」にするか、もう一度オアシスの全曲リストを見直すか、どっちがいい?”と言いました。私は”ビートルズのアイデアはなしだ!”と答えましたよ」

「The Masterplan」や「Acquiesce」など監督自身のお気に入りであるカップリング曲も候補にあがりました。

「取材中に、彼らに何か後悔していることはないかと聞くと、ノエルはすべてのカップリング曲をまとめて三枚目のアルバムを出せばよかったとコメントしました。”そうしていたらきっとビートルズよりも有名になってただろうな。そうしたら、今ドキュメンタリーを撮ってるのは君じゃなくてマーティン・スコセッシだったよ”と彼は言いました。あのノエルの皮肉な物言いには今までドキュメンタリーを取ってきた人達もまいったことでしょうね」

ホワイトクロスが『オアシス:スーパーソニック』を通して成し遂げたかったことは、至極シンプルなものでした。

「人々が失ってしまったものを再び感じてほしかったんです。私はミュージシャンではありませんが、オアシスが辿った軌跡は今ではありえないと思いますし、そしてそれは悲しいことだと考えています。また、みんな本当のリアムとノエルを知らないと思います。みんな、メディアが作り上げた、真実とはほど遠い姿を本人と思い込んでいるのです。私はそんなオアシス像と彼らの本当の姿のバランスを調整したいと思っています」

ホワイトクロス監督は意味ありげな微笑みを見せると、ニコッとして言いました。

「そして、もしこの映画がきっかけで彼らが再結成してくれたら本望なのですが」

『オアシス:スーパーソニック』は2016年12月24日より、全国の映画館で順次公開されていきます。


Photo:(C)WENN / Zeta Image
Text:(C)The Independent / Zeta Image

オアシスについて幅広く知れる本

著者
出版日
映画を観て、オアシスについてもっとよく知りたいと思った方は本書を読むといいでしょう。ギャラガー兄弟のインタビューはもちろんのこと、リリースされたアルバム、シングルなどの解説情報も充実した1冊となっています。

この記事が含まれる特集

  • 本と音楽

    バンドマンやソロ・アーティスト、民族楽器奏者や音楽雑誌編集者など音楽に関連するひとびとが、本好きのコンシェルジュとして、おすすめの本を紹介します。小説に漫画、写真集にビジネス書、自然科学書やスピリチュアル本も。幅広い本と出会えます。インタビューも。

もっと見る もっと見る