自力で億万長者になった人たちがやっている13のこと

更新:2021.10.30

自力で億万長者になった人たちは、どこかで努力を始めたから億万長者になることができたわけです。 彼らが凡人から7ケタの収入を持つ人間へと変身した秘密は「お金持ちの習慣」にあります。「お金持ちの習慣」とは、トマス・C・コーリーが考えた言葉です。コーリーは5年間、自力で億万長者になった177人の人々を対象に、彼らの日常習慣を調べました。 ここでは、あなたも今日から始められる「お金持ちの習慣」をいくつかご紹介します。

ブックカルテ リンク

1.絶えず読書する

お金持ちは娯楽より勉強を優先します。コーリーが書いているように、「お金持ちの88%が、1日に30分以上自己教育や自己改善のための読書をしています。……ほとんどのお金持ちは、娯楽のために読書することがありません。……お金持ちは、知識を得たり保ったりするために読書するのです」

コーリーは、お金持ちが3つのタイプの本をよく読むことに気が付きました。その3つとは、成功した人の伝記、自助や自己開発に関するもの、そして歴史に関するものです。

2.運動する

コーリーの報告によれば、「76%のお金持ちが、毎日30分以上有酸素運動をしています」

有酸素運動とは、ランニングやジョギング、ウォーキングやサイクリングなど、心臓を強化する運動全てを含みます。

「心臓を強化する運動は、身体だけでなく脳にもいいのです」とコーリーは言います。

「脳内のニューロン(脳細胞)を成長させるからです。……運動はグルコースの製造を促進します。グルコースは脳の燃料です。燃料を与えれば与えるほど脳は成長し、賢くなるのです」

3.他の成功した人々と付き合う

「人の成長は付き合う人で決まります」とコーリーは言います。

「お金持ちは、目標を重視し、楽観的かつ情熱的で、全体的にポジティブな人を常に探しています」

同時に、ネガティブな人やネガティブな影響を避けることも重要であるとコーリーは強調します。

「ネガティブで否定的な批判は、成功を追求する人をダメにしてしまいます」

4.自分の目標を追求する

「自分の夢や目標を追求することは、最大の長期的幸福と最大の富をもたらすことにつながります」とコーリーは書いています。

多くの人が、誰か別の人の夢(例えば親の夢など)を追い求めるという間違いを犯しているのに対し、お金持ちは自分の目標を定め、ひるむことなく、情熱をもってこれを追求するのです。

「情熱は仕事を楽しいものにします」とコーリーは書いています。

「情熱はエネルギーと忍耐を与え、失敗や拒絶を乗り越える集中力をも与えてくれるのです」

5.早起きをする

コーリーの調査に出てくる億万長者になった人のうちの半数近くが、仕事の始まる少なくとも3時間前には起床しています。

これは、ミーティングの延長や交通渋滞、風邪をひいた子どもを学校へ迎えに行く、などの日々の混乱を避けるための戦略なのです。

「こうした混乱は、我々に精神的な影響を与えます。こういう出来事は我々の潜在意識の中に入り込み、徐々に、自分の人生をコントロールすることができないという思いを形成するのです」とコーリーは書いています。

「朝5時に起きて、その日終わらせたいことの上位3つに取り組むことは、人生をコントロールする力を取り戻させてくれます。自分が本当に自分の人生を導くことができるのだ、という自信を与えてくれるのです」

6.複数の収入源を持つ

「自力で億万長者になった人は、1つの収入源だけに頼るということがありません」とコーリーは明言します。

「彼らは複数の収入源を作るのです。この調査では、3という数字はマジックナンバーのようです。……65%の人が、少なくとも3つの収入源を持っていて、これによって最初の1億円を稼いだのです」

こうした副収入源の例としては、不動産賃貸料、株取引投資、付属事業の共同所有などがあります。

7.助言者を見つけ連絡を取る

「助言者を見つけると、お金を貯めるのが早くなります。成功に関する助言者がいることは、人生にいい影響を与えるにとどまりません」とコーリーは言います。

「助言者は常に、そして積極的に、何をすべきで何をすべきでないかを教え、成功へと導いてくれます。助言者は自分の助言者や苦境から学んだことを基に、価値ある教訓を共有してくれるのです」

8.ポジティブになる

「長期的な成功は、ポジティブな人のところにやって来るものです」とコーリーは言います。

「わたしの調査では、前向きであることが、億万長者になった人たちの特徴でした」

ほとんどの人は、ポジティブであれネガティブであれ、自分の考えていることに対して完全に無意識であるという問題があります。コーリーはこう説明しています。

「立ち止まって自分が考えていることを思い返してみると、ほとんどがネガティブなものであることに気づきます。しかし、そのことに気づくのは、意識的に気づこうとした時だけです。気づきが重要なのです」

9.群れない

「わたしたちは、周囲に溶け込みたい、社会に順応し、群れの一部になりたい、という願望を持っています。群れから1人だけ浮いてしまうのだけは、何としても避けたいのです」とコーリーは書いています。

「群れの中に埋もれてしまうことこそ、ほとんどの人が決して成功しない理由なのです」

成功する人は、自分で新しい群れをつくり、そこに他の人たちを引き込むのだ、とコーリーは言います。

「自分を群れから引き離し、自分の群れをつくり、他の人たちをそこに参加させるのです」

10.礼儀正しい

「自力で億万長者になった人は、一定の礼儀作法を身につけています。成功したいと思ったら、これを身につける必要があります」とコーリーは書いています。

この礼儀作法とは、例えば、お礼状を書く、結婚や誕生日などの重要なライフイベントを覚えておく、行儀よく食べ、テーブルマナーに従う、様々な社交行事の場で適切に着飾る、といったことが含まれます。

11.他の人が成功するように手助けする

「他の成功志向の人が、目標や夢に向かって頑張っているのを助けることは、自分の成功にもつながります」とコーリーは書いています。

「成功志向の人々の集まりなくして成功する人は1人もいません。こうした集まりを作るのに1番いいのは、他の人の成功を手助けすることです」

誰でもいいから助ければいいというわけではない、とコーリーは言います。

「助けるべきなのは、成功を追い求め、楽観的で、目標を重視し、かつポジティブで楽しい人だけです」

12.毎日15~30分考えるためだけの時間をつくる

「考えることが、彼らの成功の秘訣です」、とコーリーはそう述べています。お金持ちは、少なくとも毎朝15分、1人で考える傾向があります。

「毎日様々な事柄について、1人でブレインストーミングする時間をもうけるのです」とコーリーは説明します。テーマはキャリアや財政から、健康やチャリティーまで、多岐に渡ります。

「もっとお金を稼ぐにはどうしたらいいか。わたしはこの仕事をしていて幸せか。十分に運動しているだろうか。他のどんなチャリティーに参加できるだろうか」といった問いを、お金持ちは自分に投げかけるのです。

13.意見を求める

「わたしたちは批判されるのを恐れて他人の意見を求めようとしません」とコーリーは書いています。しかし、「他の人の意見は、何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかを知るために重要です。他の人の意見は、自分が正しい道を進んでいるかどうか知る助けになるのです。意見はいいものも悪いものも、学びと成長のために欠かすことができない要素なのです」

さらに、他の人の意見は、自分の進路を変え新しいキャリアやビジネスに挑戦するきっかけにもなります。コーリーが言うように、「他の人からの意見は、他の事業で成功するために必要な情報を与えてくれるのです」


Photo:(C)WENN / Zeta Image
Text:(C)The Independent / Zeta Image

億万長者になるために読んでおきたい本

著者
アリス・シュローダー
出版日
2014-06-03
著者
ビル ゲイツ
出版日
2000-11-07
著者
ジム・コリンズ ジェリー・I. ポラス
出版日
1995-09-26
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る