OLが主人公のおすすめ漫画5選!恋に仕事、毎日忙しいあなたに。

更新:2017.4.5 作成:2017.4.5

「運命の人と出会いたい!」「仕事をバリバリこなしたい!」「趣味にも夢中になりたい!」……叶えたい思いがたくさんあるけど、とにかく仕事が忙しいOL。そんな人に読んでほしい、恋や仕事やその他もろもろに頑張るOLが主人公の漫画を集めました。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

「働くために生きている!」仕事に命をかける女!

松方弘子は週刊「JIDAI」編集部で編集者を務める28歳独身。職場の面々と協力、時に戦いながら素敵な雑誌を作るために仕事に励む彼女を通して、「働くとはなにか」を考えさせられる漫画です。

同作は2007年に菅野美穂主演でテレビドラマ化されているので、ドラマなら見たことある!という人も多いのではないでしょうか?

著者
安野 モヨコ
出版日
2004-11-22

 

主人公・松方はとにかく仕事のできる女。仕事のために食べる・寝ることを忘れ、恋人と会うこともままならなくても仕事をする……そんな松方に憧れる方も少なくないのではないでしょうか。「男女平等とはいうけれど、やっぱり男には勝てない……」そんな弱気をふっ飛ばしてくれる松方の熱意に読むたび勇気づけられます。

見どころは「振り向いてるヒマなんかねえんだよ まず目の前の仕事だろ」「でも あたしは仕事したなーって思って死にたい」など、松方の仕事への熱意が伝わる名言の数々。とにかく仕事に全力で取り組む松方を見れば、読んでいる人も「明日も仕事を頑張ろう」という気持ちになれるはず。

主人公の松方のストーリーを中心に話は進んでいきますが、松方の周りの人物にフォーカスを当て、その人の仕事観を垣間見ることも。「ひとそれぞれ、様々な仕事観がある」ということを思い知らされるOL漫画です。


菅野美穂が出演した作品を見たい方は、こちらの記事もおすすめです。

菅野美穂は当たり役に恵まれる実力派。出演テレビドラマ・映画の魅力を原作ともに紹介

彼氏いない歴=年齢女子の転機!

『きょうは会社休みます。』の主人公・青石花笑は恋愛経験ナシ・処女のOL。恋人や恋愛をすっかり諦め、処女のまま会社の飲み会に参加し33歳の誕生日を終了しようとした花笑でしたが、翌朝目覚めるとなぜかバイトの田之倉の隣で寝ていたことでパニックになってしまいます。 

きょうは会社休みます。

2012年04月25日
藤村真理
集英社

付き合うことを決意すること、メールをすること、デートをすること……恋愛を諦めていた花笑にとってはすべてがはじめてで、そのたびに花笑は躓きます。その姿に自分の初恋時代を重ねてしまう人も多いのではないでしょうか。

中学生や高校生が主役の恋愛漫画と一味違う点は、花笑が33歳であるということ。年齢から自然と結婚を意識するようになる花笑ですが、田之倉はまだ大学生。田之倉は遊びの関係のつもりなのか、それとも本気の恋なのか……と花笑を惑わせることになります。

読んでいて一番の驚きは、花笑の変身ぶり。見た目の変化ももちろん驚きですが、花江の心の変化、だんだんと成長していく姿も見ていて励ましたくなります。

「なんでここにいるんだろ?」仕事に悩んでいる方へ読んでほしい一作

主人公・ももこはイラストレーターを夢見て就職した新人社員。デザイン会社に就職し夢が叶ったと思いきや、そこはパチンコ広告専門のデザイン会社でした。それでも仕事に励むももこでしたが、女子力は下がる一方。そんな中、ももこは会社と同じビルにある商社に勤務する謎多き男・多加谷と出会い……? 

午前3時の無法地帯

2008年12月08日
ねむ ようこ
祥伝社

「就職したはいいけれど、なんかしっくりこない」「思っていた仕事と違う」こんな悩みを抱えている人は少なくないはず。自分の仕事に興味を持てない、この職を選んで後悔している……そんなOLさんにはぜひ読んでほしい漫画です。理想だったとはいえない仕事、劣悪な仕事環境、過酷な過重労働など大変な職だけれど、それに負けずに立ち向かうももこに共感する人も多いはず。

また、ももこの周りの人たちの頑張りも描かれています。キツい仕事をしていると「なんで自分ばっかり……」と思いがちですが、この漫画を読めば「ほかの人も頑張ってるのよね」と思えるようになれるでしょう。

「タラレバばかり言ってたら こんな歳になってしまった」独身女の悩み

「あのときああだったら……」「もっとこうしてれば……」とたらればばかり言っているうちにどんどん理想が高くなってしまい、結局33歳まで独身となってしまっていた倫子は高校時代からの親友・香と小雪と一緒に居酒屋で女子会を開く日々を送っていました。そんなある日、名前不詳の金髪少年にキツいダメ出しそ食らってしまい……? 

東京タラレバ娘

2014年09月12日
東村アキコ
講談社

OL・ネイルサロン経営・家業手伝い……と職業は違えど恋に悩む3人が主人公。理想の高すぎるアラサー女を、作者特有の作風でバッサリ切り落とすダメ出しが印象的な漫画です。

作中には「彼の話は楽しそうにあいづち打って聞け」など恋を成就させるために必要なポイントがたくさん登場します。思わずギクッとしてしまう正確過ぎる指摘は胸に刺さること間違いなし。「どうしてうまくいかないんだろう?」と悩む方は、一度読んでみると新たな視点で自分を見つめなおすことができるかも。

痛快!アラサーOLの本音に爆笑できる漫画

モーニング公式サイト「モアイ」にてWEB連載化され大きな反響を呼んでいる、独身アラサーOLの実態を描いたコメディ漫画。ポップでかわいい作風には似合わない、リアルで切迫した迷言に爆笑する作品です。

著者
まずりん
出版日
2014-03-20

「ゆとり世代乙!」「アラサー女にハンパなホメ言葉かけんじゃねえ!」など、「言いたい!でも言えない!」という独身OLの心の声を代弁してくれる、とにかく作中毒舌だらけの話の数々。同じアラサー独身同士での殺伐とした会話や20代後輩たちとのジェネレーションギャップなど、とにかく日常的でリアルな描写に共感しながらも爆笑できる漫画です。

毒舌……と聞くと足踏みしてしまう方もいるかもしれませんが、ポップな作風と3頭身や人間じゃない見た目の主人公たちで見事に毒が中和され、スマートで読みやすいのも人気の秘訣です。