Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497

恋愛にタブーは必要不可欠?三島由紀夫が織りなす聖と生と性の世界

公開日 2016.02.02

お気に入り
4

閲覧
13749

恋愛にタブーは必要不可欠?三島由紀夫が織りなす聖と生と性の世界

女が一等惚れる羽目になるのは、自分に一等苦手な男相手でございますね。

美徳のよろめき (新潮文庫)
美徳のよろめき (新潮文庫)
作者 三島 由紀夫
出版社 新潮社
出版日 1960年11月08日

神聖なものほど猥褻だ。だから恋愛より結婚のはうがずつと猥褻だ。

鏡子の家 (新潮文庫)
鏡子の家 (新潮文庫)
作者 三島 由紀夫
出版社 新潮社
出版日 1964年10月07日

一瞬の直感から、女が攻撃態勢をとるときには、男の論理なんかほとんど役に立たないと 言つていい。

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))
音楽 (新潮文庫 (み-3-17))
作者 三島 由紀夫
出版社 新潮社
出版日 1970年02月20日
おすすめ小説ランキング一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事

キーワード・タグ

関連記事

このまとめの作者について

注目記事

月間ランキング