漫画「ホリデイラブ」の魅力を最新6巻まで全巻ネタバレ紹介!

更新:2020.12.15 作成:2017.5.26

W不倫がそれぞれの家庭を加速度的に壊していく……! 過激な設定ではあるものの、揺れ動く当事者たちの気持ちを丁寧に描いた真面目な作品が漫画『ホリデイラブ』です。仲里依紗、塚本高史、中村倫也などで実写ドラマ化もされた人気作品です。 今回はそんな本作の見所を全巻ご紹介!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

漫画『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』の魅力を最新6巻まで全巻ネタバレ紹介!

 

衝撃の展開から始まるW不倫漫画『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』。しかし本作は始まりの衝撃に目をうばわれがちですが、夫婦の関係性を丁寧に描いているところも魅力的なのです。ちなみに原作漫画は完結しておらず、これからどんな結末が待ち受けているのかに期待がかかっています。

夫婦の関係性、男女の関係性のとてもリアルな様子には、身につまされたり、共感できたりと、女性なら誰しも引き込まれること間違いなし。

そしてこの不倫劇から人間の都合の良さやずるさ、それを乗り越えて進んでいくことの大切さを学ぶことができます。

この記事ではそんな本作の魅力を登場人物と全巻の見所からご紹介!ネタバレを含むのでご注意ください。

 

著者
草壁 エリザ
出版日
2015-05-13

 

本作を読んで、ハマった方には『あなたのことはそれほど』もおすすめ。是非そちらもご覧になってみてください。

どんな作品か知っておきたいという方は以下の記事からどうぞ。

漫画『あなたのことはそれほど』の魅力を5巻までネタバレ考察!
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2395

 

U-NEXTで実質無料で読んでみる

漫画『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』は衝撃の幕開け!【あらすじ】

漫画『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』は衝撃の幕開け!【あらすじ】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

京都に住む杏寿(あず)は岐阜に単身赴任になった夫・純平を持つ30歳。5歳になる七香を育てながら家でネイルサロンを営むという充実した日々を送っています。

結婚して7年、単身赴任が決まってから3年経ち、新婚当初のようなラブラブさはありませんが週末には必ず純平は帰ってくるという今でも仲の良い夫婦です。

しかしそんな平和な日々は突然崩れ去ります。ある日杏寿が純平に電話をすると彼は何やら疲れた様子。話を聞くと既婚の女子社員・里奈の家に夜中上がり込んでしまい、留守にしているはずだった里奈の夫・渡にその場を見られて問題になったというのです。

職場で噂になってしまったことを相談するために行っただけで何もないという純平の言葉を信じる杏寿ですが、翌日にかかってきた電話で渡から衝撃の事実を聞きます。

それは渡が帰宅した時、純平と里奈は情事の最中ではあり、ゴミ箱には使い終わったコンドームが捨てられていたと言うのです。

そのことを聞き、やはり体の関係があったのだとショックを受ける杏寿。

しかも純平と里奈は出会い系サイトで知り合い、一度は別れた関係性でした。しかし渡によって別れさせられた里奈があきらめられずに純平の会社に派遣として入り、関係が再燃したというのです

漫画「ホリデイラブ」登場人物1:夫婦のあり方に悩む主人公【高森杏寿】

漫画「ホリデイラブ」登場人物1:夫婦のあり方に悩む主人公【高森杏寿】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

本作の主人公が高森杏寿(たかもりあず)。結婚7年目、30歳の主婦で、自宅でネイルサロンを営んでいます。そんな彼女は周囲からも年齢の割におしゃれで若いと言われるママのようです。

最近夫の純平とはご無沙汰ではありますが、彼と娘の七香と暮らせる穏やかな日々に満足していました。

そんな彼女は純平の不倫をきっかけに夫婦のあり方について悩み始めます。友人に相談したり、ついつい弱っている時に自分もふらりと不倫してしまったりと読者としては不安にさせられる面もありますが、いつも自分で考えていい方向へと進んでいくタイプです。

様々な人々の思惑が渦巻くこの不倫劇を彼女がどう問題を乗り切るのかが見所の本作。安寿が基本的に性格がいいので感情移入もスムーズにできるかと思います。

ドラマ作品では仲里依紗がその役を演じます。

漫画「ホリデイラブ」登場人物2:いい人ではあるけれど、流されがち【高森純平】

漫画「ホリデイラブ」登場人物2:いい人ではあるけれど、流されがち【高森純平】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

杏寿の夫であり、七香の父でもあるのが、32歳の高森純平です。単身赴任によって安寿とは3年前から京都と岐阜で離ればなれ。結婚歴も長くなってきたのでドキドキ感は少なくなっています。

そうは言っても安寿に気持ちがないという訳ではなく、彼女を人生のパートナーとして大事に思っていました。

しかしそんな安定した日々を里奈との不倫で壊してしまうのです。きっかけは酔っ払った時にノリでインストールした出会い系サイト。

そこで知り合った里奈が夫の束縛に困らされているのに同情してメールを続けるようになります。そのやりとりの中で恋のドキドキを感じるようになり、実際に会ってさらに彼女の可愛さにやられてしまったのでした。

押しに弱い彼はいったん関係を断ちきろうとしたものの、可愛くて強引に迫ってくる彼女を邪険にできず、心配になるようなことを言われてついふらりと里奈がひとりでいる家にあがってしまうのです。そしてそこを彼女の夫に見られてしまったのでした。

悪いやつではないのですが、押しに弱く、考えの足りない部分が多い純平。安寿とのやりとりでもそんなところが見られ、読者としてはイライラしてしまいます。

しかしそんなある種「男性っぽい」ところが作品のリアル感を演出してもいるのですがね。

ドラマ作品では塚本高史がその役を演じます。

漫画「ホリデイラブ」登場人物3:かすがい役として健気な娘【高森七香】

漫画「ホリデイラブ」登場人物3:かすがい役として健気な娘【高森七香】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

安寿と純平の子供であり、5歳で可愛い盛りなのが七香です。お父さんが大好きで、お母さんの言うことをよく聞くいい子、という絵に描いたようなできた娘さんです。

ふたりが不倫をきっかけに気まずい雰囲気になった時には無邪気な発言でふたりに手を繋がせようとするなど、子供らしい行動で作品をほんわかとさせます。

七香の存在がふたりに離婚を思いとどまらせるきっかけにもなるので、子はかすがいと実感させてくれる存在です。

漫画「ホリデイラブ」登場人物4:可愛いだけじゃなくて毒もある?【井筒里奈】

漫画「ホリデイラブ」登場人物4:可愛いだけじゃなくて毒もある?【井筒里奈】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

可愛らしい声と見た目で純平のガードを緩ませたのが井筒里奈です。人妻でふたりの子供(レミ、カイ)の母でありながらもそんな雰囲気がまったくなく、発言も幼さが残っています。

そんな彼女は純平にとっては純粋で守ってあげなければという庇護欲にかられる女性なのですが、実は裏がある人物。実はこの不倫劇や、安寿が巻き込まれていく事件には彼女が意図的に関わっている部分があるのです。

しかしそもそもの原因は夫である渡のモラハラに耐えかねたから、というかわいそうな面もあります。彼の両親も大切にし、当初は渡の束縛も愛情だと考えていたのですが、徐々に渡との生活に消耗していってしまったのです。

少しでも自分の不満を渡に話したり、他の人に相談できていれば違ったかもしれないとも思える里奈。策略家で性格が悪そうな面がありながらも、すべては不幸な環境からそうなってしまったのかもしれないとも感じる人物です。

ドラマ作品では松本まりかがその役を演じます。

漫画「ホリデイラブ」登場人物5:常識人に見えて実はモラハラなタイプ【井筒渡】

漫画「ホリデイラブ」登場人物5:常識人に見えて実はモラハラなタイプ【井筒渡】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

安寿に冷静に状況を伝え、話し合いの場を設けた一見常識人で仕事のできそうなタイプが渡。会計士という仕事につき、エリートの自分のしてきたことに疑いを持たず、自信も持っている男性です。

その強すぎる自惚れゆえに里奈を長年苦しめ続けてきた彼は、無意識にモラルハラスメントをしてしまうタイプ。彼女を家から出させないようにし、不倫が分かってからは陰湿できつい嫌味を言い続けるのです。

しかしそうやって責め続けながらもどこかで自分からは離れられないと思っていたところもあるよう。だからこそ里奈の固い決意を見て驚き、子供をだしに使うという卑怯な手にも出てきます。

里奈がここまで荒れてしまうのも無理はないと思ってしまうような話の通じなさを感じる人物が渡です。

ドラマ作品では中村倫也がその役を演じます。

中村倫也が実写化した作品を知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

中村倫也が実写化で出演したおすすめ映画10選、テレビドラマ20選の魅力を語る!

漫画「ホリデイラブ」登場人物6:安寿のことを罠にかける怪しい人物【坂口麗華】

漫画「ホリデイラブ」登場人物6:安寿のことを罠にかける怪しい人物【坂口麗華】
出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』1巻

ストーリー当初から登場し、安寿のネイルサロンにやってきて彼女に出会い系サイトを無理やりインストールさせたのが坂口麗華。

初めて安寿の自宅にきた時も、電話での声と実物との声が異なっていたり、安寿が弱っている時に裏である男性に彼女を誘惑させるたりと、何やら怪しい行動をしている人物です。

のちに明らかになる麗華の正体。その目的、明らかになってからの言動を見た時には、あなたも彼女のゲスさに辟易としてしまうかもしれません。

ドラマ作品では壇蜜がその役を演じます。

セックスに関する男女の認識の違いがリアル!【「ホリデイラブ」1巻ネタバレ注意】

単身赴任先から帰ってきて七香が早く寝たところを見て、最近夫婦ふたりでゆっくりできる夜なんてなかなかなかった杏寿はいそいそとお風呂に入ります。

丁寧に体を洗っている最中に、扉の外から声をかけてくる純平にもう来たの!?と驚く杏寿ですが、純平が言ったのは「先に寝るわー」という言葉。

疲れているから仕方ないといいつつも「数ヶ月ぶりのチャンスだよ!?」とねばる杏寿。しかし純平はもう遅いからと言って断るのです。

著者
草壁 エリザ
出版日
2015-05-13

拍子抜けする杏寿ですが、そう言いながらもなんだかんだ待っていてくれるだろうと思って風呂をあがると、彼は本当に寝ているのです。
 

そんな彼を見て、以前は時間がなくても自分を求める気持ちがあったのに、今ではもう女性として見られていないのかとショックを受けます。そして時間がなくてできないのと、したいという意思を感じさせないのは違うのに、と心の中でつぶやくのです。

そして気持ちよさそうに寝る彼の頰を腹立たしげにつねる杏寿。翌朝不機嫌になっている彼女に、純平は「そんなにやりたかったのかー?」と抱きついてきます。それに「男は全然わかってないッ」と更に杏寿怒るのです。

この男女間のセックスに関する認識の違いは夫婦でなくとも共感する女性も多いのではないでしょうか。身体的に発散したい男性に対して気持ちが満たされることを求める女性。

このシーンでは女性側の切ない気持ちが見事に現れています。以前に比べて自分も気が抜けているもんな、と反省する杏寿の姿はとてもリアルです。

その行為に関するズレは夫婦になってお互いの努力が減ってくると、より顕著に現れてくるのだろうと実感させられるシーンとなっています。

そのような名シーンがあった1巻では、純平が杏寿に嘘をつき、肉体関係のある浮気をしていたということが知られ、彼女から離婚を突きつけられます。詳しい内容を見ていきましょう。

セックスレス気味ながらも、仲の良かったふたりですが、ある日純平から深刻そうな様子で電話がかかってきます。

それは会社で事務をしている女性・里奈の相談にのっていた流れで彼女しかいない家にあがってしまい、その現場を夫である渡に見られ、誤解されたということでした。しかし決して疑うような仲ではないと否定する純平。

杏寿は彼の言葉を信じますが、そのあとに渡からかかってきた電話で、彼が自宅に帰った時には純平と里奈は情事の真っ最中だったという衝撃の事実を明かされるのです。

それを聞いた杏寿はどうしても彼の行動が許せず、土下座し、泣いて謝る彼に離婚を突きつけるのでした。

実は純平がまだ詳しく話していない内容として、里奈との出会いが1年前だということがあるのですが……。詳しい内容は作品でご覧ください。

1巻は生々しい渡の浮気現場の証言から話がどんどん展開していきます。リアルなシーンとともにそのスピード感溢れる様子をご覧ください。

夫婦としての男女の関係がリアル!【「ホリデイラブ」2巻ネタバレ注意】

 

浮気が発覚した後に夜遅くまで話し合った結果、今の問題が解決するまで明日を最後にもう家に来ないことになった純平。その夜、彼は車の中で寝ることになります。

車と家で眠れない夜を過ごすふたり。純平は今までの3人の幸せな日々が明日で終わってしまうのが信じられず、絶望にくれています。杏寿の頭の中は裏切られた怒りと悲しみでいっぱい。彼を責める言葉がとめどなく溢れてきます。

 

著者
草壁 エリザ
出版日
2015-10-13

そして夜が明け、いつもの週末のように出かけることになった3人。ファミレスで食事をすることになりましたが、七香はいつもと違うふたりの様子に気づき何とかその場を和ませようとします。

「パパ残しちゃだめよ~ ダメ!」(『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』2巻より引用)

無理にはしゃいでいる様子の七香に、純平は失いそうになって初めてふたりの大切さに気づくのです。そして帰り道では純平も杏寿も目頭が真っ赤になってしまいます。これが最後だと分かっているふたり。

そしてそれを知らない七香も再び良くない雰囲気を感じ取り、純平と杏寿の手を繋がせるのです。すぐさま杏寿は手を離しますが、それをまた七香が戻すのです。

七香の健気な様子に家族として関係性が構築されていることの喜びと切なさが感じられます。既婚者が浮気をするというのは当事者ふたりだけの問題ではないのです。

話題になることの多い不倫というテーマですが、それはやはり誰も幸せにしない関係性なのだと改めて感じさせられるシーンとなっています。

そんななか、杏寿のネイルサロンに麗華からまたしても予約が入ります。彼女は杏寿に勧めた出会い系アプリを勝手に開き、彼女が気になっている黒井という男性に勝手に返信してしまうのです。ちなみにこの男性はドラマ作品では山田裕貴が演じます。

しかも驚くべきことに彼は杏寿がもともと参加する予定だったネイルイベントに行くというのです。絶対に会わないようにしようと思いながらも、彼がいると言っていたブースの近くで休憩している時に、ひとりの男性から話しかけられます。

それが黒井。彼は杏寿の顔を知らないはずなのに、直感で彼女のことが分かったというのです。いくつかのサロンを経営するという彼を怪しく思いながらも、仕事への熱い気持ち、女性扱いされたことへの嬉しさがあり……。

この他にも2巻は杏寿の友達・ハナの今後意味を持ってくる発言に、里奈の執念が感じられ、事態が思いもよらない方向へ動いていく予感を感じさせる内容となっています。

ちなみにドラマ作品ではハナは登場せず、その役柄に近い春田龍馬を平岡祐太が演じます。

どちらの言い分も正論。それぞれの価値観がリアル。【「ホリデイラブ」3巻ネタバレ注意】

純平には冷静に別れを告げながらも、自分の心に素直になって純平を許すことも必要だと言うハナと、人は変わることができないという黒井の言葉に迷い、今後の身の振り方を考えている杏寿。

それぞれの言い分がどちらも正論です。シングルマザーのハナは自分の経験から、正直な気持ちになって、まだ一緒にいたいという声のとおりに生きるべきだとアドバイス。

それに対して黒井は一度過ちを犯した人物は今後も繰り返す、と言います。間違いを許しながら一緒に歩んでいくことこそが夫婦の理想の姿とも言えますし、一度の失敗ですぐに変われる人間はレアケースでもあります。

どちらの言い分も分かるところがリアルですね。

著者
草壁 エリザ
出版日
2016-04-13

そんななか、会社をやめなければ浮気のことを周囲にバラす渡に脅され、介護という表向きの理由をつけ、退社しようとしていた純平。しかし今までの功績が認められ、彼は晴れて希望の京都京都事業所への異動となりました。

そして彼にとってのいいことは続きます。

正月、彼の実家に七香も連れて3人で帰ることになった時、信用を失うようなことをしたからこそ、もう二度としないように注意しているのかもしれないと思い直し、もう一度歩み寄ろうとします。

しかしそこで出てくるのが里奈の存在。渡たち夫婦はど修羅場で、彼は大声をだして子供たちを泣かせ、里奈は彼らを抱きしめながら「もうすぐだからね…」と意味深が言葉をつぶやくのです。キーワードは電話。

里奈は修復しかけた杏寿たちの仲をある企みで壊そうとしていたのです……。その詳しい内容は作品でご覧ください。

ハナからも注意されていたように、一見可愛らしいだけの女性に見える里奈ですが、なかなかの曲者。影で色々と動き、どうにか純平との仲を復活させようとしています。まだその全容は明らかにされませんが、裏で色々と動いている彼女の様子に注目です。

男女の言葉のすれ違いがリアル!【「ホリデイラブ」4巻ネタバレ注意】

里奈によって純平の知らない顔を明かされ、同様する杏寿。そんな弱っているところに黒井からメールがきます。ハナに連絡がつかず、誰かにすがりたい気持ちだった彼女は彼とバーへ行き、そのままホテル抱き合います。

しかし、そんな時でも、彼女の頭に浮かんできたのは純平の姿でした。寸前のところで我に帰った杏寿は黒井をはねのけ、謝罪しながらももう二度と会わないと言ってその場を足早にさるのでした。

ふたりがそんなことになっている間に、ハナは美容業界で有名な黒井という男が杏寿といる時に出くわしたあの男ではないということを知ります。

著者
草壁 エリザ
出版日
2016-10-13

そして場面は変わり、美容師ではなく、バーテンダーとして働いている黒井の姿が描かれます。そこに入ってきたのは何と麗華!

実は麗華は渡の姉であり、黒井は里奈のために彼女がしかけたハニートラップだったのです。実はふたりの間にはある複雑な事情があり……。里奈と麗華の繋がりについては作品で詳しくご覧ください。

そんなハニートラップにまんまとひっかかってしまった杏寿。未遂であり、黒井、もといタケルがなぜか彼女をかばったものの、麗華に杏寿の下着姿の写真が渡ってしまいます。

そんな裏事情があるなか、4人での話し合いが行われます。そこで里奈から言われたのは、3巻で杏寿を傷つけた純平不倫中の愛の言葉。

しかしそこで純平はそんなこと言っていない、と主張し、ふたりの議論は平行線になってしまいます。

どちらかが嘘を言っているのだ、とする渡。普通そうだと思いますが、実は真実はそんな単純なものではありませんでした。

実はどちらの主張も合っており、里奈の立場から見るとそう取られてしまう、言った純平本人はそこまでの気持ちがなかった、そもそも覚えていないということが事の真相でした。

これはとてもリアルですね。人間自分の都合のいいように記憶を書き換えてしまったり、その場しのぎの言葉を言ってしまったりというのは珍しくない事でしょう。

紐解けばそこにはただ事実があるだけで、それに脚色してしまっているそれぞれの主張がリアルです。

女の不満がリアル!【「ホリデイラブ」5巻ネタバレ注意】

著者
草壁 エリザ
出版日
2017-06-13

 

ついに里奈の切り札である杏寿の浮気の証拠写真が4人の前に出されました。そのど修羅場の様子はぜひ作品でご覧ください。

5巻でリアルに感じられたのは、里奈の豹変ぶり。杏寿が4人での話し合いの時に思ったように、実は渡は冷静で頭がいいように見えて、かなりお子ちゃま。

自分の言い分が通らないことが気に入らず、それを相手に押し付け続けるきらいがあります。

もちろん結婚生活でそれを我慢してきた里奈。今回の騒動を機に、豹変。やり直すつもりはないと突きつけ、彼の性格の短所をずけずけと指摘。必ず子供は取り返すと宣言し、彼のもとを去るのです。

 

 

今までの不満をすべて渡にぶつける里奈の様子はすごい。彼女はやってることはめちゃくちゃなのですが、この夫への溜まった不満を烈火のごとく吐き捨てる様子には共感できる方も多いのでは?
 

どちらかというと女性の方が気を遣えることが多く、角が立つからと言わないことが多くなりがちでしょう。それを長年、友人とのグチなどで晴らしつつも、どうせなら本人に言ってやってスッキリしたいという気持ちはなかなか消えないもの。

里奈のこの不満を溜めていたことは、なかなか夫婦の関係性のリアルなところを突いているのではないでしょうか。

一方、いよいよ自分の過ちを知られてついに別れなければいけない時がきたか、と悲嘆にくれる杏寿。ハナにそのことを相談するのですが、彼女はこんなことを言います。

「どうしても引っかかる事があるのよ!」(『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』5巻より引用)

そこからハニートラップの真相を見抜いていき……。

 

里奈の美人で小狡い立ち回りがリアル!【「ホリデイラブ」6巻ネタバレ注意】

5巻までで介護という名目で退社しようとしたものの、これまでの頑張りが認められて京都支社に戻ることを許された純平。しかし社内では彼と里奈が不倫関係にあるという噂が流れてしまいます。
 

実はこれも里奈の作戦のひとつ。わざとそのような態度をとったり、うっかりを装って「純平さん」と呼んだりすることでその噂を焚き付け、濃厚にしていったのです。実はそれには純平を逃さないある企みがったのです。純平は、副所長から直々に呼び出されて……。

この展開は本当にハラハラするもの。やっと杏寿と純平がうまくいきかけているのに、やはり里奈は諦めきれないようです。

出典:『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』73話

 

しかし63話では彼女も可哀想だと思わされるシーンが出てきます。里奈は麗華の自宅の物置に里奈を住まわせてもらっっているものの、まだ渡の家には帰りたくありません。それを言うと、麗華から月10万を家賃として払えと言われてしまうのです。

それは無理だと言うと、麗華はじゃぁ渡の家に戻れと、無慈悲に突きつけます。どうしようもなくなった彼女は保険を解約するために証書を取りに家に戻りますが、何と家の鍵が変えられていました。

出てきた渡の、物が盗られる可能性があるからという言い分は、正しいのかもしれませんが、人間として最悪です。改めてどちらもひどい姉弟ですね。しかし彼はそう言いながらも子供のレミとカイの姿を里奈に見せ、彼女の心を揺り動かしてきて……。

このあとの里奈の決意が今まで好感度最悪だった彼女に少し同情してしまうポイント。子供をだしにまでして、自分の性格を変えずに無理やり彼女を家に戻そうとする渡。その姿は、どこか夫婦関係に不満を持っている人は共感できる部分があり、里奈の言葉に心を動かされるのではないでしょうか。

里奈が少し可哀想に思えるものの、73話で明かされる彼女の目的であろう内容のネタバレは、やはりどうしようもなくイライラさせられるもの。美人という武器と小狡さを利用して周囲を巻き込んでいく彼女を恐ろしくも感じます。

しかし、6巻ではそれだけでなくふたつの希望の光も描かれます。里奈が杏寿を陥れたことを純平が知るのです。ただ、彼は流されやすく、里奈にまだ夢を持っていたいタイプなので不安が残ります。

それよりもこれから重要になってくるのは、67話から杏寿がどんどん真相に近づいていくという展開。ハナの助けを得て黒井のことを知るきっかけのひとつだったブログが自作自演のものだったこと、その黒幕にどうやら麗華が絡んでいそうだと思い当たるのです。しかし確たる証拠がありません。

そんな中、里奈からの危険に遭ったかのような自作自演の電話と、自分にはもう何もないと語る里奈の様子を見てこれ以上断ったら一体どんなことになるのか恐ろしくなった純平は、メールのやりとりだけなら続けることを承諾します。
 

もちろん、それは里奈の策略。75話では純平の職場でも、渡、彼との子供たちのことも彼女の思い通りになっているような展開が見られます。

またしてもアンチ里奈が増えそうな展開ですが、職場の女性のひとりは、そんな彼女の様子に疑問を持っているようで……。

里奈の思惑に、彼女に振り回される純平、その真相を明かそうとする杏寿。さらに周囲の人物も関わってきてますます複雑になってきました!

 

漫画『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』7巻が待ちきれない!

著者
草壁 エリザ
出版日
2015-05-13

不倫という出来事をきっかけにそれぞれの人々の心の醜さ、強さが描かれる本作。

徐々にスピード感を増す展開に、それぞれの人物造形のリアルさに、読む手が止まらなくなること請け合いです。7巻が待ちきれませんね。2018年秋に発売予定だそうです。

ぜひ作品で不倫を通してもう一度しっかりと向き合うことになった男女の行く末、彼らを陥れようとする周囲の思惑の結末を見届けてみてください!共感できて勉強にもなる大人の良作恋愛漫画です。

そして冒頭でもお話しましたが、本作が気になる方は『あなたのことはそれほど』という作品もおすすめ。ぜひご覧になってみてください。

事前にどんな作品か知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

漫画『あなたのことはそれほど』の魅力を5巻までネタバレ考察!
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/2395