マンガ

麻雀漫画の頂点『ノーマーク爆牌党』がすごい!雀士の熱い名言ネタバレ紹介!

更新:2020.12.2 作成:2017.6.6

麻雀漫画の名作として名高い『ノーマーク爆牌党』。様々な見所がありますが、特に麻雀をする上での醍醐味、駆け引きの妙にハラハラさせられる作品です。今回はそんな本作の魅力が感じられる名言をご紹介!ネタバレを含みますのでご注意ください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

麻雀漫画の頂点とも言われる『ノーマーク爆牌党』の魅力とは?

著者
片山 まさゆき
出版日

本作の魅力は主に主人公の強さ、心理戦のスリルにあるかと思われます。

主人公はある程度強さがないと、ギャンブル漫画やバトル漫画では話が盛り上がりません。『ノーマーク爆牌党』でも主人公・爆岡が相手の手牌が見えるようになるという「爆牌」を駆使して活躍します。

また、彼と双璧をなすようになるもうひとりの主人公・鉄壁は努力の人。天才と凡人、それぞれの主人公の対比がうまくされています。

そして心理戦のスリルについてですが、これはギャンブル漫画に共通する魅力のひとつ。相手ありきのギャンブルなのでお互いに裏をかこうとする駆け引きの様子に引き込まれる仕掛けのひとつです。

本作では爆岡の必殺技・爆牌がどういう仕組みになってるかを周囲の人物たちが探るというのがストーリーの大筋。それぞれが持ち味を出して戦い、爆岡の秘密を探っていくのです。

今回はそんな本作でも特に人気のあるキャラクターの名言をご紹介します!


片山まさゆきのおすすめ作品を紹介した<片山まさゆきの麻雀漫画おすすめ6選!最強の漫画家雀士!>の記事もおすすめです。

主人公・爆岡「麻雀に流れなんてないよ」

著者
片山 まさゆき
出版日


麻雀、ひいては賭け事や戦いにおいて永遠の命題であるのが「流れはあるのか」。論理的に考えれば勝ち負けは確率論で説明がつくものなので、そんなものはないというのが正解でしょう。

しかし勝負の世界に身を置いたことのある人なら誰しも流れはあるというのを肌で感じたことがあるはず。麻雀でも連続で良い手がきたり、上がりが続いたかと思えば、全く勝てない日もあります。

それぞれのプレイヤーによって考えが分かれるであろうこの命題。『ノーマーク爆牌党』でも雀士によって様々な意見が出てきます。

ある日、雀竜王位を持つ鬼押出という男と戦うことになった爆岡。鬼押出は流れなどないと言い切るデジタル論者。彼は謎の多い爆牌という技で勝ち続ける爆岡のことを勘を頼りにした雀士だと捉えていました。

しかしいざ対決になると、鬼押出は自分の考えが間違っていたことに気づきます。そして自分以上の合理主義的な打ち方を見せる爆岡に敗北するのです。そんな勝負の時に鬼押出に爆岡が言い放ったのがこの名言。

「麻雀に流れなんてないよ」

謎に包まれた爆牌という技で連勝する爆岡ですが、その戦い方は運やツキに任せたものではなく、かなり論理的に考えられたものだったのです。

そしてこの戦いに勝って竜王タイトルホルダーとなった爆岡。このあと彼と双璧をなす鉄壁が力を増し、物語は更に盛り上がっていきます。

凡人・鉄壁「流れや勢いは数学的に実証できると思うんです」

著者
片山 まさゆき
出版日


「流れなどない」と主張する鬼押出にまた少し違う角度から反論したのが鉄壁です。彼は初めて見た爆岡の見事な戦い方に惚れ込み、プロ麻雀の世界に足を踏み入れます。

そして何度も爆岡に挑戦しますが、負け続けるのです。そしてその度に彼からキツいことを言われますが、くじけることがありません。そんな鉄壁が自分の戦い方のヒントになることに気づいたのがこの名言。

「流れや勢いは数学的に実証できると思うんです」

鉄壁は確率のパラドックスについて鬼押出に話します。瓶に赤と緑のビーズ玉をいれて完全に混ざり合うまでシャッフルすると、それぞれが混ざり合って中間色が出来上がるかと思いきや、ほとんどが赤と緑の塊の部分ができ、偏りが生じると言うのです。

その現象をダンゴ現象と呼び、鉄壁はこのダンゴの部分が流れや運と呼ばれるものだと言います。それはデジタル論者の鬼押出の意見とは平行線をたどるもので、彼は話にならないと鉄壁との話し合いから立ち去ってしまいました。

一見オカルティックな論調かと思いきや、この考えを武器に鉄壁は勝負に勝ち進んでいくようになるのです……。

名脇役!八崎「リードってのは守るもんじゃない、広げるものだ」

著者
片山 まさゆき
出版日


隠れた人気の名雀士・八崎。彼は物語後半からかなりの活躍、名言を見せ、作者・片山まさゆきに「助演男優賞をあげたい」と言わしめた人物です。

八崎は後半から登場する脇役であるにも関わらずかなりの存在感で、性格もプレイスタイルも強気。勝ち続けている場でも更にその手を緩めず、ますます攻撃的になっていくのです。

そしてその場にいた鉄壁などに自信満々でこう言います。

「リードってのは守るもんじゃない、広げるものだ」

ドヤ顔ですが、それが気にならないほどかっこいい名言です。

しかし八崎の魅力はこんなにかっこいいことを言いながら最終的に負けてしまうこともあるということ。そのギャップがキザになりすぎない彼の魅力でもあります。

紅一点のヒロイン!宝燈美「誰にもできない…私だけの…爆テンパネ」!

著者
片山 まさゆき
出版日


作中唯一の女性で、鉄壁と同じように爆岡に影響されてプロとなった宝燈美(ぽとみ)。彼女はいつも爆岡のことを見捨てない優しさと甲斐甲斐しさがあり、お嫁さんにしたいと思うようなザ・ヒロインです。

麻雀の腕もなかなかで三枚目キャラの大介よりもよほど基礎がしっかりしています。しかし分岐点での決断であるフォームの筋が悪く、なかなか成績を残せず、イロモノ扱いされてしまうこともありました。

そんな時、彼女が決意したことは今までイロモノ路線を彼女に指示してきていたプロデューサー的ポジションの者と手を切ること。宝燈美は自分の力だけで麻雀を打つことを決めます。

そしてCリーグでの再浮上がかかった大事な一戦。相手は宝燈美をバカにしたような手ばかりを打ってきます。彼女は腹を立てながらもうまく切り返せない自分の能力不足に歯を食いしばるのです。

しかしそこで弱気にならず、宝燈美は攻めの切りを見せます。そして流れを掴んだ彼女はそのままロン。

「誰にもできない…私だけの…爆テンパネ」

自分の得意技を切り出して相手を打ち負かすのです。それまで不安になって見ていた分、彼女の決め技はスカッとさせられます。

可愛くて優しくて、いざという時に強さを見せる理想のヒロイン、それが宝燈美なのです。

『ノーマーク爆牌党』の名言はまだまだたくさん!そして感動の結末とは!?

著者
片山 まさゆき
出版日


ネタバレを含んでご紹介してしまいましたが、まだまだ魅力的なキャラクター、名言がたくさんあります。

また、本作は結末がかなり感動的。天才・爆岡と凡人・鉄壁の対比がうまくなされ、そこでも名言が出てきます。ぜひ作品で彼らの熱い戦いを見届けてください!


おすすめの麻雀漫画を紹介した<無料で読める麻雀漫画おすすめ5選!定番からギャグ要素の強い作品まで紹介 >の記事もおすすめです。ぜひご覧ください。