こぶしファクトリー広瀬彩海が推薦する湊かなえ作品

こぶしファクトリー広瀬彩海が推薦する湊かなえ作品

更新:2021.12.13

こぶしファクトリーの広瀬彩海です。読書の秋がやって来ました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はこぶしファクトリーにとって3回目のツアーが始まり、1人でゆったりと本を読む時間と同じくらい大好きなライブ漬けの日々に嬉しい悲鳴です。 さて、私がこの世の中で最も憧れ、愛読させて頂いている作家さん、湊かなえさんの小説を今回は紹介させて頂きます。なかには有名な小説も含まれていますが、この記事が湊かなえさんの世界観に足を踏み入れるきっかけになればと思います。

chapters リンク

告白

著者
湊 かなえ
出版日
2010-04-08
湊かなえさんの代表作と言っても過言ではないこの小説、これほどまでに衝撃作という言葉が似合う小説にはなかなか出会えないんじゃないかと思います。教師が生徒を追い詰めていく、という点では『悪の教典』などと同じような系統かと思いきや、まったく別の視点から責めていくところが湊かなえワールドだなと感じます。

そして、自分まで胸が苦しくなる、惹き込まれる、そんな湊かなえさんの小説の醍醐味となる部分が楽しめる小説となっているのではないかと思います。なにより発想が斜め上すぎて、そうきたか……と何度も「騙され」ます。次はどんなトラップを掛けてくれるんだろう、と慣れてくるとどんどんワクワクしてしまうのが、狡いなと感じます。この、狡さにとことん浸ってしまうのも一つの手かも知れません。

夜行観覧車

著者
湊 かなえ
出版日
2013-01-04
家族を題材にした作品。真逆とも言える2組の家族を中心に回るこの物語。ミステリー小説って、裏をかけば良いのかと考えてる方にぜひ読んでいただきたいです。自分の中で選択肢にも入っていなかったような考えが浮かんできたり、頭を殴られたような衝撃が走ったりと、まさにミステリー!といった印象です。

何よりこの物語を読んで感じるのは、家族って普通が一番だなということです(笑)。風紀が乱れても、理想を追い求めすぎてもダメなんだと、自然体でいられる家族に囲まれていることが幸せなんだと思います。……と、感想文のような文面になってしまいましたが、身近な誰にでもありえる設定になっているからこそ、リアリティが溢れていて余計に怖い、と感じることができるのではないかと感じます。

贖罪

著者
湊かなえ
出版日
2012-06-06
私がこの世の中の小説で一番好きな作品と言ってもおかしくないほど、何度も何度も読んでいる本です。とにかく面白い、の一言に尽きます。少女時代の出来事を大人になってからの事件や問題にリンクさせ、それぞれが「罪を償う」。

小学生の頃、ある一つの事件に巻き込まれた少女達はそれぞれ違った心の傷を負って、それでも生きていく……誰がこんな酷いことをしたのか、そして彼女たちはどのような方法で罪を償うと決断し、どんな行動に出るのか、女性の愚かな部分も、強い部分も、儚い部分、美しい部分も、魅力が詰まった物語になっているのではないかなと思いました。

ページをめくれば湊かなえさんならではの作風や表現方法を味わうことができ、物語に惹き込まれるのも時間の問題です。

この記事が含まれる特集

  • 本とアイドル

    アイドルが、本好きのコンシェルジュとして、おすすめの本を紹介します。小説に漫画、詩集に写真集に絵本。幅広い本と出会えます。インタビューも。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る