原作版『美少女戦士セーラームーン』を全巻徹底紹介!【懐かしなかよし漫画】

更新:2021.3.1

1992年の連載開始後、瞬く間に大人気となった、武内直子の『美少女戦士セーラームーン』。原作版、アニメ版ともに少女漫画らしい恋愛要素にバトルの要素を加えた作品として、当時大変な話題となりました。アニメ化もされ、もはや知らない人はいないのでは?というほどの人気ぶりです。今回はそんな『セーラームーン』の魅力をコミックス完全版から紐解いていきます。

ブックカルテ リンク

原作版『美少女戦士セーラームーン』武内直子の描く名作の魅力とは?

『美少女戦士セーラームーン』は、泣き虫でおっちょこちょいな普通の女の子・月野うさぎが、愛と正義のセーラー服美少女戦士に変身して悪と戦う姿を描いたバトルヒロイン作品です。

「なかよし」誌上では1992年2月号から連載が開始され、すぐに大人気に。ヒロインとしてのかっこ良さだけでなく、切ない恋愛模様を織り交ぜた展開が多くの少女たちの心を打ちました。

また、その世代だけではなく幅広い層のファンも獲得しています。女性や男性ファンのほか、海外の方たちにも人気があり、なかでもLGBTQ(トランスジェンダーやバイセクシュアルなどの方の総称)の方々にもファンが多いそうです。

人気の理由はセーラー戦士や敵キャラたちの性別や関係性があるとされています。キャラクターの中には性別が女性でも男性でもあるという人や同性愛についての描写もあります。 寛容さ、そして心に残る数々のセリフは見ている人に大きな影響を与えています。

2017年でいよいよ25周年を迎え、グッズ展開やさまざまなコラボレーションがおこなわれています。原作版のコミックスはこれまで初版・新装版・完全版が発売され、どれも大ヒットとなりました。なかでも「完全版」は、原作者である武内直子が書き下ろした、美麗なセーラー戦士たちの表紙イラストが話題になっています。

そして旧版、新装版、完全版の違いは 内容は変わらず本の大きさや冊数、収録内容などが変わってきます。

◎旧版…初期の原作となり1992年~1997年まで連載され、全18巻あります。

◎新装版…『美少女戦士セーラームーン』が実写化された際に旧版をもとに作画が修正され、表紙のデザインも変更されています。巻数は本編12巻、ショートストーリーが2巻の全14巻となっています。

◎完全版…新装版をもとに作者による凝った装丁のほかカラーページも含まれているため永久保存版仕様になっています。巻数は全10巻です。

ここでは、完全版の巻数にしたがって、それぞれの内容や見どころなどを紹介していきます。

 

作者である武内直子について紹介したこちらの記事もおすすめです。気になる方はぜひご覧ください。

武内直子の意外な5の事実!「セーラームーン」誕生秘話や、夫・冨樫を紹介!

武内直子の意外な5の事実!「セーラームーン」誕生秘話や、夫・冨樫を紹介!

「なかよし」などで活躍する、日本の少女漫画家。代表作にして大ヒット作品『美少女戦士セーラームーン』は、日本だけでなく世界的にも有名です。配偶者が同じ漫画家の冨樫義博であることでも知られています。 今回はそんな武内直子の経歴や、名作「セーラームーン」がいかにして生み出されたのかなど、意外な5つの事実をご紹介したいと思います。

原作版『美少女戦士セーラームーン』あらすじ

主人公の月野うさぎは、中学2年生。ある日、登校途中に子どもたちにいじめられていた1匹の黒猫を助けます。何とそれは、人間の言葉をしゃべる、ルナという猫でした。

ルナはうさぎにきれいなブローチを渡し、「ムーン・プリズムパワー!メイクアップ!」と叫ぶように伝えます。うさぎがその通りにすると、何と彼女は美少女戦士セーラームーンに変身してしまいました。

ルナから、仲間を集めてプリンセスを探し出し「幻の銀水晶」を守って欲しいと頼まれたうさぎは、次々に地球に迫りくる悪の組織との戦いへ身を投じていくことに。そして、戦いのなかで彼女の運命が少しずつ明らかになっていくのです。

戦いの幕開け!【第1巻】

ルナとの出会いと、セーラー戦士としてのうさぎの目覚め……すべての始まりとなる第1巻は、地球に迫りくる悪の組織「ダーク・キングダム」と、それに立ち向かううさぎたちセーラー戦士の戦いの幕開けが描かれます。

水と知性の戦士・セーラーマーキュリーこと水野亜美、炎と戦いの戦士・セーラーマーズこと火野レイ、そして雷と保護の戦士・セーラージュピターこと木野まことら、人気の美少女キャラクターたちが続々と登場し、セーラー戦士として覚醒していくシーンは圧巻です。

著者
武内 直子
出版日
2013-11-28

第2話では、いよいよあの有名すぎる台詞も初登場し、バトルの場を盛り上げます。 

 

「愛と正義のセーラー服美少女戦士 セーラームーン参上! 月に代わっておしおきよ!」(『美少女戦士セーラームーン完全版』第1巻より引用) 


当時一体何人の少女たちがこのセリフを真似したでしょうか?『セーラームーン』を象徴するこのセリフには、気持ちが盛りあがらざるを得ません。

 

そして、セーラームーンがピンチになると颯爽と駆けつける謎の男・タキシード仮面。彼の正体は一体?これからの展開に向けて、期待がどんどん膨らみます。この完全版は書き下ろしのイラストを使用しているのはもちろんのこと、サイズもA5判になり、美麗な装丁がひときわ目を引くデザインになっています。

プリンセスの正体は?【第2巻】

愛と美貌の戦士・セーラーヴィーナスこと愛野美奈子の登場により、ついにセーラー戦士の全員が揃いました。「幻の銀水晶」を守るため、ここからますます苛烈になっていく戦いを前に、それでも戦い抜くことを決意します。

しかし、肝心のプリンセスが誰なのか、まったくわかりません。そんななか、1番最後に仲間になったセーラーヴィーナスがプリンセスなのでは?という思いがうさぎたちの間に広がり始めます。

確かに彼女はどこかミステリアスで、ヴィーナスとして覚醒する以前から「セーラーV」として活躍し、世間を騒がせていました。真実は一体……?

著者
武内 直子
出版日
2013-11-28

プリンセスを探しつつ、襲い来る敵たちと戦い続けるセーラー戦士たち。しかし敵との戦闘中に、セーラームーンを助けに来たタキシード仮面が攻撃を受けて倒れてしまいました。このショックが引き金となってうさぎの前世の記憶が呼び覚まされ、彼女は月の王国の姫「プリンセス・セレニティ」として覚醒します。

前世でのセレニティは、地球の皇子・エンディミオンと恋に落ちましたが、地球と月が抗争をしていたことなどから立場上結ばれることができませんでした。やがて2人は死を迎え、地球に転生します。そしてそのエンディミオンこそが、タキシード仮面こと地場衛(ちばまもる)の前世の姿だったのです。

しかし、タキシード仮面はダーク・キングダムに攫われてしまいます。ダーク・キングダムの女王であるクイン・べリルは、前世の時代からずっとエンディミオンに想いを寄せていました。彼を洗脳し、そばに置くべリル。そして、敵の手先となった衛は、幻の銀水晶を奪うため、うさぎたちの前に立ちはだかります。

衛が敵になってしまったことで、ショックを隠し切れないうさぎ。さらにプリンセスとして目覚めてしまったことで、体にも変化が訪れます。髪が異常に伸び続ける彼女の姿を見た他のセーラー戦士たちは、自分たちが切ってあげるとうさぎに提案します。4人の戦士たちがうさぎの髪を触りながら彼女を励ますシーンはとても女の子らしく、心が穏やかになる名シーンです。

そしてラストでは、謎の少女が空から降ってきて……。シリアスな展開が続く第2巻です。

大人気、ちびうさの登場【第3巻】

第2巻のラストで、突然うさぎの目の前に降ってきたピンクの髪をした少女。その素性は一切不明で、全員が「もしかしたら敵かも知れない」と疑念を抱きます。彼女の衝撃の正体は、この第3巻で明かされます。

ダーク・キングダムとの激しい戦いが終わったのも束の間、新しい敵「ブラックムーン」が地球に姿を現しました。さらに、マーズ、マーキュリー、ジュピターの3人が連れ去られてしまいます。

著者
武内 直子
出版日
2013-12-26

3人を探すため、ピンクの髪をした少女、ちびうさと共に30世紀の未来へ行くことになったうさぎと衛。そこで自分たちの未来の姿である、エンディミオンとセレニティと対面します。

そして何とちびうさの正体は、未来のうさぎと衛の娘「うさぎ・スモールレディ・セレニティ」だったことが判明するのです。

さらに、未来へ渡る時空の扉の番人として、新たなセーラー戦士・セーラープルートも登場します。彼女はちびうさに時空の鍵を預け、自らもその行動を見守っていました。大きな鍵の形をした杖を持ち、ダークカラーのセーラー服に身を包んだプルートは、それまでにない大人の魅力を放つセーラー戦士です。

またこの巻では、うさぎがちびうさに対してヤキモチを焼くシーンが多く描写されます。衛がちびうさを庇うことに腹を立てるうさぎの女心が読者にも伝わって、切ない気分にさせられるのです。

中学生のうさぎはまだまだ幼いですが、衛と共に過ごすことで少しずつ大人の女性に近付いていることがわかり、少し切ない気分にもさせられます。

初登場したタキシード仮面の必殺技も見どころです。「タキシード・ラ・スモーキング・ボンバー」という名前のそれは、読者に強烈なインパクトを残すこと間違いなし。一見の価値ありです。

後半は、ついにうさぎまでもが敵の手に落ちてしまいます。彼女を攫ったのは、ブラックムーンのプリンス・デマンド。彼はセレニティの美しさに心酔していて、彼女を我が物にしようと企んでいたのです。

 

セーラームーンとちびうさが対決…!【第4巻】

いよいよ、ブラックムーン編の完結となる第4巻。時空の狭間に迷い込んだちびうさは、ブラックムーンのワイズマンに捕らえられてしまいました。

そして、ワイズマンの持つ邪黒水晶の力によって、心の中にある負の部分を増大され、ブラック・レディに姿を変えられてしまいます。セーラームーンとちびうさが敵対することになる展開に、ハラハラさせられます。

著者
武内 直子
出版日
2013-12-26

ブラック・レディに変貌したちびうさは、それまでの可愛らしい少女の姿ではなく、成長した大人の女性として描かれています。真っ黒なドレスがちびうさとは思えない色香を放つブラック・レディは、シリーズのなかでも人気のキャラクターのひとりです。

しかし、セーラープルートが身を挺し、自身の死をもってちびうさに正気を取り戻させます。元の姿に戻ったちびうさは、「セーラーちびムーン」として覚醒しました。

一方、敵に捕らえられ、プリンス・デマンドの弟であるサフィールから「お前の存在が歴史を狂わせる」という言葉をぶつけられてショックを受けていたうさぎ。彼女もまた絆の力で覚醒し、他のセーラー戦士たちを危機から救うのでした。

力を合わせてブラックムーンを倒したセーラー戦士たち。役目を終えたちびうさは、30世紀の未来へ帰ることになります。これが彼女との別れだと思ったうさぎでしたが……。

この巻には、マーズが主人公の短編「カサブランカ・メモリー」と、ちびうさの小学校での生活を描いた「ちびうさ絵日記」も同時収録されています。各キャラクターの側面が見え、ますます愛着が沸いてくるかもしれません。

新たなセーラー戦士が登場【第5巻】

新たな敵「デス・バスターズ」が出現し、再びセーラー戦士たちは戦いの渦中へと巻き込まれていきます。

第5巻では、外部太陽系戦士のセーラーウラヌスとセーラーネプチューンが初登場、また転生を果たしたセーラープルートも合流し、セーラー戦士たちが勢ぞろいします。

ウラヌスとネプチューンは美しい外見もさることながら、醸し出す耽美な雰囲気が多くの女性たちを虜にしました。またウラヌスは女性でもあり男性でもある「両性具有」として描かれた、当時としては斬新なキャラクターです。

著者
武内 直子
出版日
2014-01-25

ウラヌスこと天王はるかとネプチューンこと海王みちるは、お互いに恋心を抱いてるのではないかという描写もあり、彼女たちが嫉妬しあってギクシャクしている関係が、うさぎと衛の関係も揺るがしてきます。そんな危うさにハラハラするのも少女漫画ならではです。

しかしそこを取り持ったのが、未来のうさぎと衛の娘、ちびうさでした。早くも親子としての強い絆を見せる彼女たちに、和やかな気持ちにさせられます。

また、はるかやみちるが着ている無限学園の制服はとても可愛く、そのデザインも見どころのひとつとなっています。えんじ色のブレザーと、チェックのスカートやパンツが、女の子の心を掴んで離しません。

本作では、彼女たちと同じく無限学園に通う土萌ほたるが、最後の外部太陽系戦士、セーラーサターンとして覚醒するところまでが描かれています。

サターンは破滅と誕生の戦士。彼女が目覚め、その手に持った沈黙の鎌(サイレンス・グレイブ)を振り下ろした時、世界は終焉を迎えるといわれていました。うさぎたちは敵の魔の手から、そして破滅から地球を救うことができるのでしょうか。

セーラーサターンの切ない運命【第6巻】

デス・バスターズ編の後編となる第6巻は、ウラヌスとネプチューンの美麗なイラストが表紙となっています。ついに目覚めた、破滅をもたらすセーラーサターン。世界は彼女によって終わりを迎えることになります。

「目覚めた以上 わたしは 『沈黙の鎌(サイレンス・グレイブ)』を振り下ろさねばなりません」(『美少女戦士セーラームーン完全版』第6巻より引用)

しかしセレニティとなったうさぎが世界を再生し、地球は救われました。力を失ったサターンはセレニティの力で転生させられ、赤ちゃんに戻ってしまいます。はるか、みちる、せつなの3人は、ほたるを育てることを決意し、自分たちのもとに引き取りました。

著者
武内 直子
出版日
2014-01-25

デス・バスターズの幹部カオリナイトは、「ウィッチーズ5」という魔女を使ってセーラー戦士を攻撃してきます。またほたるの父である土萠教授は、その研究の成果によって超生物ゲルマトイドに変身し、セーラームーンを襲ってきました。

しかし、7人のセーラー戦士の絆によってスーパーセーラームーンとなった彼女の前に、なす術もなく倒されてしまいます。

一方、自分の体の中に眠るダイモーンの力を開放したほたるは、同じく超生物のミストレス9に身体を乗っ取られてしまいます。銀水晶とちびうさの魂を飲み込んでしまうのですが、彼女の中にあるほたるの魂が身を挺して外に引っ張り出し、ほたるの魂が体から離れたことで、ミストレス9はやがて消滅しました。

本作で「沈黙の鎌」を振り下ろすシーンのサターンは、非常に美しく描かれています。キャラクターとしても人気の高い彼女ですが、その神秘的な魅力を見ればそれも頷けるような気がします。デス・バスターズは滅び、世界に再び平和が訪れました。

第6巻には本編のほか、「ちびうさ絵日記」と番外編の「かぐや姫の恋人」も収録されています。この「かぐや姫の恋人」は原作ファンに非常に人気のエピソードで、主役はなんと人間の姿になったルナが務めます。彼女が体験する切ない恋物語は、涙なしには読めません。

新たな戦いのはじまり【第7巻】

この巻では、デス・バスターズ編に続いて、デッドムーン編が始まります。

戦いを終えたちびうさが未来に帰ろうとしていたその時、不気味な皆既日食が起こって、新たな敵が地球へと侵攻してきました。彼らの名は、デッドムーン。サーカス団の姿を借りて人々の日常に忍び寄り、それぞれが持つ美しい夢を悪夢へと変えてしまいます。

著者
武内 直子
出版日
2014-02-26

デッドムーン編において、特筆すべきはやはり敵キャラの濃さではないでしょうか。そのなかでも「アマゾントリオ」は、原作はもちろんのことアニメ版でも強烈な個性を与えられ、人気を博しました。

可愛い女の子が好きなタイガース・アイ、年上の女性ばかりを狙うホークス・アイ、イケメンの男性が好みなフィッシュ・アイという3人組で、3人ともオネエっぽいキャラクターとして描かれているのです。

また、べスべス、パラパラ、ジュンジュン、セレセレというの女の子4人組「アマゾネス・カルテット」も登場し、彼女らには大きな秘密があるのですが、それは次の8巻で詳しく明かされることになります。

幻想的かつ妖しい雰囲気のサーカスを題材に密度の濃いストーリーを展開するデッドムーン編ですが、動物たちも負けてはいません。レイが飼っているカラスのフォボスとディモスや、美奈子の相棒の白猫アルテミスも人間になった姿を披露します。

特にフォボスとディモスは意外にも女性で、そんなサプライズも見どころです。

アマゾネス・カルテットの正体は?【第8巻】

デッドムーン編の完結編となる第8巻は、デッドムーンの女王ネヘレニアと、セーラームーンとの戦いに決着がつきます。

危機に陥ったセーラームーンの前に、外部太陽系の戦士たちが出現し、彼女を救います。登場シーンは非常にかっこ良く描かれていて、最終決戦に向けて気分が盛りあがる場面です。

ネヘレニアは幻の銀水晶を奪い、地球や月だけに留まらず、宇宙全体を手に入れようとしていました。その正体は側近であったジルコニア本人で、ある事件から月の王国シルバー・ミレニアムを呪っていたのです。

著者
武内 直子
出版日
2014-02-26

この巻ではアマゾネス・カルテットの正体がいよいよ明かされることになります。彼女たちの本当の姿は、次世代の太陽系戦士「セーラーカルテット」で、ちびうさの守護戦士たちだったのです。

休眠期間中だったセーラーカルテットは、その力をネヘレニアに察知されてしまい、呪いによって操られていたのでした。

またこのデッドムーン編は、ちびうさの成長物語でもあります。エンディミオンを影ながら見守っていた祭司のエリオスは、ネヘレニアの呪いによってペガサスに姿を変えられてしまいました。そんな彼と夢のなかで交流していたちびうさは、しだいに恋をしていきます。

第8巻の表紙イラストの彼女は、何ともいえない大人っぽい表情をしています。はたして立派なレディになれたのでしょうか。

セーラー戦士たちの戦いは、まだまだ続いていきます。

最終決戦へ!【第9巻】

第9巻は、いよいよ最後の敵、ギャラクシアとの戦いが始まります。冒頭から衛やその他の仲間たち、そして街までもが次々と姿を消し、うさぎは突然危機に陥ります。

そんな彼女を救ったのは、セーラースターヒーラー、セーラースターファイター、セーラースターメイカーを名乗る、3人の謎のセーラー戦士たちでした。その後、最近世間を賑わせている3人組アイドルのスターライツがうさぎたちの学校にやってきます。

著者
武内 直子
出版日
2014-03-25

「スターライツ」はキンモク星系のセーラー戦士たちで、自分たちが守るべき主君であるプリンセス火球を探していました。

シャドウ・ギャラクティカという敵によって故郷の星を追われた彼女たちは、地球で男性アイドルグループとして活動しながら彼女を探していたのです。普段は男装をしていますが、変身すると女性の姿となる異色のセーラー戦士たちです。

今回地球を襲ったギャラクシアは、銀河中のすべての星が生まれる場所である「ギャラクシー・コルドロン」の支配者であり「銀河の女王」と呼ばれていました。また、スターライツが探しているプリンセス火球は、キンモク星の第一皇女で、その力はセレニティと同等だといいます。

さらに、うさぎのもとには彼女やちびうさによく似た少女「ちびちび」も姿を現します。彼女の正体とは?

本書から名台詞を選ぶとしたら、やはりレイが発した決意の言葉ではないでしょうか。

「そうよ だからあたし達 男なんかお呼びじゃないのよ わかる?」(『美少女戦士セーラームーン完全版』第9巻より引用)

お嬢様のレイらしい、非常に凛とした言葉です。『セーラームーン』においては、美少女キャラの発するこのような堂々とした言葉が、多くの女性の胸を打っていることが少なくありません。やはりセーラー戦士たちはヒロインで、女性はいつまでも彼女たちに憧れ続ける存在なのですね。

壮大な物語のラスト。愛と正義が、悪を浄化する【第10巻】

いよいよ完結巻となる第10巻です。ちびうさと小惑星の戦士たちの力を借りて、セーラームーンはギャラクシアのいるギャラクシー・コルドロンに辿り着きました。

コルドロンは星々の誕生する地といわれ、そこでセーラームーンはこれまでに倒した敵たちがすべてコルドロンから生まれた兄弟であったことを知り、驚きます。元凶だと思われていたギャラクシアでしたが、実はコルドロンに巣くう生命体カオスによって、孤独な心に付け入られ、操られていたのでした。

著者
武内 直子
出版日
2014-03-25

カオスは「星になり損ねた者」と呼ばれていました。そしてセーラームーンを取り込み、コルドロンと一体化しようと狙っていたのです。しかし、セーラームーンによって浄化され、消滅します。愛と正義をもって平和のために戦い抜いた彼女たちの戦いが、いま終わったのです。

また、ちびちびの正体がギャラクシアとの決戦前に明かされました。彼女は、気の遠くなるような未来における究極の姿のセーラームーン、セーラーコスモスだったのです。

コスモスは終わりのない戦いに疲れ果て、すべてを捨てて逃げ出してきたのだとセーラームーンに語ります。うさぎもいつかセーラーコスモスとなって、未来で戦い続けなけれなばならないのでしょうか。

 

「どんな時も諦めないわ 希望を捨てたりしない!」(『美少女戦士セーラームーン完全版』第10巻より引用)


この言葉が、うさぎ(セーラームーン)の覚悟と決意を全て物語っています。

 

そして、物語は感動のラストシーンへ。衛のモノローグに合わせてのウエディングシーンの結末、そしてキャラクターたちの笑顔が、戦いが本当に終わったことを象徴しているようです。ドジで泣き虫のごく普通の女の子だった月野うさぎが、仲間と共に自分の力でこの地球を救ったのでした。

『美少女戦士セーラームーン』が25年ぶりの劇場版最新作が公開!

『美少女戦士セーラームーン』が25年ぶりの劇場版最新作が公開へ!
©武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」 製作委員会

 

劇場版『美少女戦士セーラームーン Eternal』の公開が決定しました。25年ぶりの劇場版は内容はアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』の続きとなる、ちびうさとエリオスの淡い恋を描いた第4期「デッド・ムーン編」となっています。前後編の2部作で映画化されます。それぞれ2021年1月8日と2月11日から上映が開始されました。

作者・武内直子を総監修に迎え、キャラクターデザインは90年代に放送された『美少女戦士セーラームーン』『美少女戦士セーラームーン R』のデザイン・作画監督を務めた只野和子が担当。

ゲスト声優には、作品のファンを公表している渡辺直美と菜々緒が務める参加することも発表されています。

豪華な顔ぶれにファンの期待も高まりますね。

キャスト・スタッフや劇場の情報など詳細な情報は、劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」公式サイトをご覧ください!

予告動画が公開されていて、美しく動く美少女戦士たちを一足先に見ることができます。こちらもぜひご覧ください!

 

 


 老若男女問わず人気のある『美少女戦士セーラームーン』。読んでみるとかなり壮大な物語があり、新しいキャラクターも多く登場します。 
日常では私たちと変わらない彼らが、心の強いそして、愛溢れる戦士として戦う姿はとてもかっこよく元気を与えてくれます。
 
大きなスクリーンで迫力のあるセーラー戦士たちが見れるので劇場に足を運んでみてはいかがですか!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る