『ミトコンペレストロイカ』に画太郎先生の才能溢れるw おすすめのワケは

更新:2021.11.23

天下の奇才、画太郎先生の新作は、3人の少女と宇宙人の戦いを描いた作品『ミトコンペレストロイカ』。女王マゴコンドリアと彼女を支える2人の少女を中心にした物語です。もちろん先生ならではの描写とオチも健在!画太郎作品の魅力を紹介していきます。

マンガワン リンク

画太郎先生の『ミトコンペレストロイカ』が無料!とにかく面白いんです

稀代の天才漫画家、漫☆画太郎。みなさんはこの先生の存在をご存知でしょうか。その圧倒的画力と才能は、あの天下の尾田栄一郎先生にも引けを取りません。

画太郎先生は1990年に『珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-』でデビューを果たした、キャリア約30年のベテラン漫画家です。

画太郎先生の特徴は、

1:圧倒的画力
2:画太郎先生自身の人間性
3:作中で度々登場するキャラ設定、オチ
4:延々と続くコピー

この4つが代表的なものとしてあげられます。

著者
まん○画太郎
出版日
2016-08-09

1つ目の圧倒的画力についてですが、上の画像を見てください。なに!?この無駄に高クオリティな老婆!?そう思われた方も多いのではないでしょうか。

これを見るだけで相当な画力を持っていることが分かりますね!ダウンタウンの浜田雅功やモデルの森泉など芸能人の似顔絵もたくさん書いているので、ご覧になったことがある方もいると思います。

ひと目見るだけで印象に残ること間違いなし。作中でも老若男女、さまざまなキャラクターを描いており、その画力の高さは漫画界でも類を見ません。

2つ目の人間性についてですが、この画太郎先生、とんでもなく破天荒なんです!あえて良く表現すれば、個性的。これだけの圧倒的画力を持ちながら、なんと掲載した作品のほとんどが打ち切りで終了しているんです......

......え......なぜかって?なんと、画太郎先生自身が自分の作品に飽きたり、ストーリーが思いつかなくて話がぐだぐだになったりして、掲載が終了しているのです。そんなバカな、と思われる方もいるでしょうが、本当なんです!

しかし今回ご紹介する作品『ミトコンペレストロイカ』は、ストーリーもしっかりと作りこまれており、画太郎作品のなかでも読みやすい部類に入ります。

3人の少女が7つの玉を探す旅に出ながら、宇宙人と戦う内容なのですが、上の老婆と違って少女たちは非常に可愛らしく描かれており、3人の個性もそれぞれで、ボケとツッコミをくり返しながらテンポよく話が進んでいくので、非常に読みやすい作品です。

破天荒な画太郎先生がちゃんと描く漫画ってどんなんだろう......少しずつ興味が湧いてきたでしょうか。ちょっと読みたくなってきた!という、そんなあなたに朗報です。

実はこの『ミトコンペレストロイカ』、Web上で無料で読めちゃいます!読めるのですが、ファンは非常に心配もしています。

というのも画太郎先生、めちゃくちゃお金にがめつい(と思われる表現をたびたび使っている)のです。過去はコミックのあらすじの箇所に、

「この本を10冊買え!」「全然本が売れねーよ!てめーらが買わねーと金が入ってこねーんだよ!!」「続きを買え!!買わなかったらお前は一生負け犬だとののしられるよ!!いいねーーーー!!」「中古で売るな!」

などの発言を掲載しており、過去には「夢の印税生活」というサブタイトルをつけた作品もあります。

本当にこんな作家がいるの?と思われる方もいるかもしれませんが、それが画太郎先生なのです。そんな先生に、まさかの「無料」で読めてしまうことが分かったら......想像するだけで恐ろしいです......。


画太郎先生のおすすめ作品を紹介した<漫☆画太郎のおすすめ漫画ランキングベスト10!過激で面白いギャグ漫画!>の記事もおすすめです。ぜひご覧ください。

画太郎節1:複雑な世界観!(あらすじだけで分かるドラゴンボール臭)

今作品は3人の少女が主人公となっています。

とある国の女王マゴコンドリア、マゴコンドリアのメイド兼忍者のお汁、地上最強の少女ヌスミです。

著者
まん○画太郎
出版日
2014-08-09

作中の世界観は結構複雑です。突如やってきたアンゴルノアという宇宙人から地球が支配されかけたものの、9人の勇者がアンゴルノアの親玉を倒し、なんとか地球は平穏を取り戻しています。しかし異星人はまだ地球に存在しており、地球人に紛れて親玉の復活を目論んでいる、という設定です。

そんななか、3人の少女が7つの玉を探して旅に出るのですが、道中多くのアンゴルノアと接触しながら倒していきます。そして物語の終盤では主人公3人にまつわる秘密も明かされ......というように設定がしっかり作られているのです!一体どうしたんだ、画太郎先生、こんなにちゃんとした漫画を描くなんて......!

そしてみなさん、このあらすじを読んでいる際に気になるところありませんでしたか?......「7つの玉を探す旅」?あれ?これどっかで聞いたことあるぞ?それ集めると願い叶うやつだったような気が......?揃えたら神龍出てくるやつじゃない?そう思った方も多いかと思いますが、仰る通りです(笑)

なにを隠そうこの作品、かの有名な漫画『ドラゴンボール』のオマージュなのです。さらにこの7つの玉、ネタ元と違い全部集めても何も起こりません。ただただ探しに行きます。色々とツッコみたいところですが、それでもこの設定を中心に物語は展開していきます。

さらには設定のみでは飽き足らず、ヌスミの武器である棒が伸びたり縮んだり、明らかにピッ○ロをモチーフにしたキャラクターが出てきたりするなど、パクリ方がえげつないです。

実は画太郎先生、過去にも明らかに『ドラゴンボール』をネタ元にした作品を描いており、『ドラゴンボール』が大好きなことが窺えます。ただ、大好きなんだとは思いますが、リスペクトというよりは舐めくさっているとしか考えようのない描写や設定があり、あまりに清々しいほどにパクっているので、もう気にもなりません。ぜひ皆さんも読みながら、ここパクっているな、と思う箇所を探してみてください。

画太郎節2:今回も階段から落ちて死ぬ。でも続く

冒頭に紹介した特徴の3つ目とも関連してくるのですが、画太郎先生の作品ではお決まりのシーンや設定があります。有名どころとしては、階段から転げ落ちてトラックに轢かれて大爆発して終了、時間をやたら気にするじいさんやばあさんが出てくる、じいさんやばあさんの排泄シーン、といったものがあります。

今作の1話でも、階段から落ちてトラックに轢かれて大爆発して死亡、という定番の描写が出てくるので、画太郎先生の作品を読んだことがある方は、「2話以降また関係のない話になるのかなぁ......」と思うことでしょう。

しかし、今回は、このシーンが描かれた後も話がしっかりと続いているのです!話がちゃんと続いていると分かったときの感動たるや!疑ってごめんなさい、画太郎先生!

何を当たり前なことを、と思われるかもしれませんが、画太郎先生はそんな普通のことを奇跡に思わせてくれるほど、破天荒で偉大な漫画家なのです。1話以降も本作中でたびたび階段から落ちて死ぬシーンがあり、毎回びくびくするのですが、問題なく話は続いていきます。その点についてはご安心ください(笑)

画太郎節3:作品コピーがほとんどない!(当たり前?)

そして4つ目の特徴、画太郎先生の独特の手法のひとつとして有名な、同じシーンを使いまわして(要はコピーをして)話を進めていく、というものがあります。過去には6ページ連続で、コピ―をした同じ絵を使用していたこともありました。

しかし本作ではコピーの頻度も少なく、話の展開も早いため、どんどん読み進められるようになっています。

階段から転げ落ちて死亡するシーンのコピーはたびたび出てきますが、それもストーリ―に違和感なく組み込まれているので、気にせずに読めるでしょう。

さてここまで画太郎先生の魅力を書いてきましたが、興味を持っていただけましたでしょうか。ただどれだけ言葉を尽くしても画太郎作品を1度読むことには敵わないと思います。

今回ご紹介した『ミトコンペレストロイカ』は画太郎作品の1作目としては非常に入りやすい作品になっているので、ぜひWebではなく、書店で購入して読んでみてくださいね(笑)

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る