読まない本。本にだって矛盾はある【松下省伍】
エンタメ
趣味/実用

読まない本。本にだって矛盾はある【松下省伍】

更新:2017.9.27 作成:2017.9.27

「あれ? ここに置いといた本は?」 「捨てたわよ。部屋整理してた時に」 「ちょ、待てよ」 「だって読まないじゃない」 「そういうことじゃないんですよ」 「えー、じゃあ持って帰ればよかったじゃない、東京に」 「マジかよ、頼むよおふくろ」 「えー、いるかいらないかわからないもの」 「違うんです。ここにあることが重要なんですよ」 どうもモノブライト ギターの松下です。この物語はフィクションです。 なんですが、つまりこういうことなんす。好き!には持ってるだけで、そこに或ることだけで満たされることもあるんす。 あとこれらの本を好きな人に経験上は悪い奴いないっす。よろしくっす。

松下省伍プロフィール画像
バンド「モノブライト」Gt
松下省伍
2006年、桃野陽介(Vo / Gt)を中心に、松下省伍(Gt)、出口博之(Ba)の北海道・札幌の専門学校時代の同級生でバンド結成。2007年、「未完成ライオット」でメジャーデビュー。2009年、2ndアルバム『monobright two』をリリースし、10月には大阪・なんばHatch、東京・日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ『BRIGHTEST HOPE』を開催。ギターロックの表現の幅を広げるべく、様々なサウンドメイキングに意欲的に挑戦。その集大成として3rd アルバム『ADVENTURE』を2010年10月にリリース。2012年にはデビュー5周年を迎えてのワンマンツアー『LIVE-RALLY』を全国7カ所にて実施。2013年にはキャリア初となるベストアルバム『Remain in MONOBRIGHT』もリリース。。翌年、2014年3月にはZepp Tokyoでのワンマンライブも開催された。2015年6月にデビュー当時からのメンバーでもあったドラムの瀧谷翼が脱退。夏に、メンバーのソロ活動を経て、同年10月に新体制で新境地を目指す。2016年4月20日には、2年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Bright Ground Music』をリリースした。また、現在4:52からフジテレビにてオンエア中の新作アニメーション『ぼのぼの』の主題歌に、モノブライトの書き下ろし楽曲「bonobonoする」が使用されている。6月には地元・北海道を含むワンマンツアー『Bright Ground Music ~B.G.M~ Tour』を開催した。10月にはデビュー10周年を記念した初のセルフカバー・アルバム『VerSus』がリリースされた。2017年11月より全国ツアー モノブライトTOUR2017「monobright × MONOBRIGHT × モノブライト 2007-2017」を開催。ツアー終了後、無期限の活動休止に入る。 http://www.monobright.jp/
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

寅さん語録

著者
["轟 夕起夫", "イソガイ マサト"]
出版日
2017-03-23

物心ついた時から父親と母親が男はつらいよシリーズで大爆笑してた画が脳裏に焼き付いているせいか、またはそんな刷り込み教育のせいか大ファンです。一人で葛飾柴又帝釈天に赴く阿呆とはこの僕で在りやす。みんな寅さんを説明する時人情味があって、と言いますが、不器用なのにまっすぐで故に扱いづらいからこそ人情味があるんだと思います。その順番がね、重要。そんな寅さんの言葉。優勝!!

「北の国から」ガイドブック

著者
出版日

物心ついた時から父親と母親が「北の国から」シリーズで大号泣してた画が脳裏に焼き付いているせいか、またはそんな刷り込み教育のせいか大ファンです。こちらは聖地巡礼本。なにせ約20年前の本ですから時々差し込まれるカルトコラムと最後の方の観光情報がマジどうでもいいことに思えますが、いいんです。この本があることがいいんです。

孤独のグルメ 巡礼ガイド

著者
週刊SPA!『孤独のグルメ』取材班
出版日
2014-07-24

これは割と最近の話ですね。深夜食堂とかも好きです。主人公が酒を飲めないのに酒の肴が好きという設定がまた面白い漫画が原作、ドラマ化されて実際に存在する店が紹介されているためにそのドラマの聖地巡礼本。ドラマになったり本になったりすると巡礼客が増えて店が変になっちゃう話もよく聞きますが、主人公が物静かなキャラだった為に荒れなかったようです。なんかいい話。

今月の1枚

今月の1枚

ホヤ刺しが癖になってくるというオッサンのスタートラインに立つ最近。