5分で分かる満州事変!原因、関東軍の目的をわかりやすく解説!

更新:2017.10.2

1930年代は、世界にとって激動の時代でした。世界恐慌による経済不安、ナチスドイツの台頭といった第二次世界大戦へのカウントダウンともいえる出来事が相次いで起こります。日本も例外ではなく、満州事変をきっかけに世界からの孤立が始まりました。そんな満州事変について書かれている書籍を紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

満州事変とは

満州事変とは、1931年、中国の遼東半島に駐留していた旧日本軍の一派である関東軍が主導となり、満州(現在の中国・瀋陽辺り)の利益を狙って事実上の日本の傀儡国家・満州国を建国した事件です。

ことの発端は満州にある柳条湖近くでの、満州鉄道爆破事件でした。いわゆる柳条湖事件といわれるもので、この頃満州にいた関東軍は、この事件の犯人を中国軍だとでっちあげたのです。

これを口実に関東軍は満州にある中国軍拠点を攻撃し、満州全土を占領して満州国を建国しました。満州の権益をより確実にしようと、はじめから画策していたのです。

柳条湖事件が陰謀であることが国際連盟の調査で分かると、日本は各国から猛烈な批判を受けました。そして最終的に国際連盟から脱退し、世界から孤立していきます。

満州事変が起こった原因

満州事変が起こった原因は複数考えられます。

原因1:中華民国の国内情勢

中華民国と呼ばれていた当時の中国は、1911年の辛亥革命で清朝が滅亡した後、誰が中華民国を統治するかで揉めていました。彼らは一枚岩ではなく、毛沢東率いる共産党と、共産主義に反対する蔣介石率いる国民党、さらに共産党にも国民党にも属さない軍閥との三つ巴の内戦となっていたのです。

さらに日本は1904年の日露戦争に勝ち、南満州にある鉄道利権をロシアより譲り受けていました。

また第一次世界大戦ではドイツに宣戦布告し、中国にあるドイツの租借地だった青島を攻撃します。その後、ドイツには中国へ租借地を返させた後、中国から対華21箇条要求を介し改めて満州のあらゆる利権を譲り受けたのです。

日本の持っていた中国権益に加えてこの内戦状態は、日本のさらなる領土拡大、資源獲得のための絶好のチャンスでした。

原因2:関東軍の独断行動

満州事変の関東軍の表立った口実は「敵による攻撃から守るための自衛行動」、「満州にいる居留民の保護」だったようですが、実際は関東軍が満州利権の獲得という目的達成のためだけにおこした、独断行動だったといわれています。

そのうちの極端な例が、1928年、田中義一が内閣総理大臣のときに起きた張作霖爆殺事件です。
 

張作霖は中国内戦中の軍閥のひとりで、日本政府が支援していた人物です。彼は当初日本の支援に好意的でしたが、共産党と国民党が仲間割れしたことをきっかけに欧米に接近し、南満州鉄道や関東軍をないがしろにする行動が多くなりました。

当時から満州国の建国計画を立てていた関東軍からすると、張作霖は目の上のたんこぶともいえる存在になっていったのです。

張作霖の立場が悪くなっても田中総理大臣は「張作霖に利用価値あり」と、支援の継続を希望し、関東軍の張作霖排除の意見を却下しました。すると関東軍は、張作霖が乗っていた列車ごと爆破し、彼を強行排除したのです。

原因3:日本政府(内閣)と軍部の意識のズレ、パワーバランスの崩壊

当時の日本政府の外交方針は、ワシントン体制と呼ばれるワシントン軍縮会議で決められた世界秩序を守るため、協力者である張作霖の力を温存しつつ、日本の影響力を維持する方向でした。つまり、外交努力によって国際協調しようという考えだったのです。

一方で、軍部のなかには来たる戦争に備えて満州国を建国し、利権を確保しようという強硬的な意見を持つ軍人もいました。

このような意見の対立は、国際協調路線を主導していた浜口雄幸首相によって絶妙なバランスが保たれていたのですが、浜口が暗殺未遂事件に遭って首相職を辞職し、若槻礼次郎が首相になると、そのパワーバランスが崩れて軍部の動きが加速することになったのです。

原因4:中村大尉事件と柳条湖事件

この2つが満州事変の直接の原因だといわれています。これらは満州での関東軍の行動を正当化するための口実として利用されました。

軍事地誌の作成のために満州を調査していた旧日本軍中尉・中村震太郎が国民党軍からスパイとみなされ、殺害された事件によって、日中関係の悪化が決定的になりました。(中村中尉は死後大尉に特進)

それに加えて関東軍は、先述したように日本が所有する満州鉄道に破壊工作を仕掛け、それを中国軍の策略として中国軍を攻撃しました。

関東軍の目的

満州事変は関東軍の独断行動によるものと考えられています。関東軍によって満州事変が引き起こされたわけですが、その目的は言うまでもなく満州を獲得したいがためでした。しかし、なぜ満州の利権を獲得する必要があったのでしょうか?

関東軍の独断行動の原因ともいわれる関東軍参謀のひとり石原莞爾は、関係が悪化しつつあったアメリカや、共産主義国家として成長していたソ連との戦争に備えるために、満州を手に入れようと考えていた節があったようです。

またそれだけでなく、日本政府に不満をもっていた人物が関東軍内にいたことがさらなる拍車をかけました。張作霖爆殺事件の首謀者、関東軍参謀の河本大作は、日本政府側の国際協調路線を「お人好し」と非難し、「満州の鉄道利権を守るためにはクーデターのひとつでも起こすほかない」と、友人に伝えています。

満州事変後の日本と中国

日本を取り巻く環境は、満州事変を起こしてから劇的に変化しました。

満州事変後の日本

張作霖爆殺事件や柳条湖事件での関東軍の行動は世界からも非難され、日本政府にも「国際連盟を脱退すべし」という空気が出はじめます。リットン調査団の報告書をもとに、国際連盟は、圧倒的多数で満州国の不承認および満州国からの日本軍撤退を決定しました。

日本はそれに従えないとして、国際連盟から脱退することになります。

また満州事変という関東軍の暴走を最終的に政府が是認したため、日本国内ではしだいに政府よりも軍部の発言力が上回るようになります。ある議員が国会で軍部より派遣された説明員を批判したところ、「黙れ!」と一喝され、そのまま引き下がってしまったことがあるくらいでした。

そんな空気のなかで、日本政府や外交に不満を持っていた軍人が天皇を中心としたナショナリズムに燃え、五.一五事件や二.二六事件が起こります。

満州事変後の中国

満州事変が起こり、満州国が建国された後も、中国では毛沢東率いる共産党と、蔣介石率いる国民党の内戦が続いていました。

しかし、盧溝橋事件によって再び日本が中国南部への進出の口実を作ると、日中戦争が起こります。それでも対立は解消されませんでしたが、蔣介石の部下となっていた張作霖の子、張学良が蔣介石を拉致して毛沢東との結託を提案、これを受け入れさせます。

このことを「第二次国共合作」と呼び、中国国内の内戦は一時休戦し、毛沢東と蔣介石は同盟を組むことになりました。皮肉なことに、毛沢東と蔣介石らにとって、日本という新たな敵が増えたことで結託せざるを得ない状況になったのです。

しかし日中戦争の終結後に再び内戦が起こり、勝利したのは毛沢東率いる共産党でした。毛沢東は中華人民共和国の設立を宣言、敗北した蔣介石率いる国民党は台湾へと敗走し、台湾民国として独自政権を樹立することになるのです。

満州事変での関東軍暴走の背景に迫る

著者は、日本政府は満州事変を止めるチャンスがあり、それをできなかったがために満州事変が起こったと述べています。関東軍が暴走する背景となった世界の出来事はなんだったのかでしょうか。

満州事変が起こる前と後で、世界の日本を見る目が変わっていきました。満州事変前の世界諸国は、日本の中国利権を黙認し、日本有利の情勢でしたが、満州事変後は対日本包囲網を構築していったのです。

著者
加藤 陽子
出版日
2007-06-20

満州をめぐっての外交と、旧日本軍の軍事というアプローチから満州事変について考えていきます。

その後に起こる国際連盟脱退、政党政治が崩壊する決定打となった五.一五事件や、現代にも禍根を残す日中戦争などについても論じた一冊です。

満州事変前日譚。満州事変が起こるまでの世界の動き

満州事変が起こるきっかけとなった要因を、日中関係を中心に、アメリカやイギリス、国際連盟などワシントン体制下の世界から考察しています。

国際連盟やアメリカは、日本の中国内における利権を黙認していたようです。それを不満に思った中国と日本の間に起こった小競り合いが、満州事変の原因になっていると指摘しています。

著者
筒井 清忠
出版日
2015-08-06

関東軍の暴走だけで満州事変が起こりえたのだろうか、と疑問に思った時、本書が新たな要因に気づかせてくれることでしょう。

また満州事変が起こるまでに、国際連盟など世界の国々でどのような動きがあったのかを教えてくれます。

まるで実況解説を見ているかのような一冊

満州事変での関東軍と、日本政府重鎮の動きにスポットを当てて、満州事変の全容を解明しようとしている本です。

日本政府の対応に不満を持っていた軍人もいたことを指摘し、その中心人物だった永田鉄山、石原莞爾、河本大作の持っていた思想をピックアップして紹介しています。

著者
川田 稔
出版日
2014-07-18

満州事変が起こるまで、あるいは満州事変中、関東軍や日本政府はどう動いていたのでしょうか。そして、その中心人物となっていた人たちは、どのような考えをもって満州事変にあたっていたのでしょうか。

それらを事細かに分析し、満州事変の理解を目指していきます。

満州事変のもうひとつの戦い。日本の軍部対政党

満州事変が起きてから、力を強めていく旧日本軍勢力と、弱めていく日本政府。これらの政治勢力について詳しく書かれています。

満州事変の直接的原因となった柳条湖事件から、関東軍と内閣や陸軍省など日本政府の行動方針を読み解きます。

著者
川田 稔
出版日
2010-09-10

本書は、満州事変で日本国内の政治がどのように動いていったかを、あますところなく教えてくれます。そして、日本国内の政党政治と日本軍部のパワーバランスの崩壊について、何が原因だったのかを知ることができる一冊です。

満州事変とは、日本が太平洋戦争へと道を進むことを決定づけた事件です。歴史に「もし」や「たられば」は禁句ですが、「どうすれば太平洋戦争という悲劇を回避することができたのか」とあえて問う時、満州事変を題材にしたこれらの書籍が、その答えを教えてくれるのではないでしょうか。ぜひご一読ください。