バクステ外神田一丁目・堀内華央理がおすすめ! 一度は手に取って欲しい3冊
エンタメ
趣味/実用

バクステ外神田一丁目・堀内華央理がおすすめ! 一度は手に取って欲しい3冊

更新:2020.11.27 作成:2016.10.20

バクステ外神田一丁目・堀内華央理です。夏も終わりすっかり秋らしい日々が続いていますね。食欲の秋、芸術の秋などとも言いますが、もちろん読書の秋でもあります。私は暑さが過ぎ去ったカフェのテラスなどでホットコーヒーを飲みながら、秋の風と共に読書するのが大好きです。そのきっかけは高校時代。 今回は初めて書かせていただくということで、今まで出会った本の中から、思い出深いものだったり、印象深かったり、自分に大きい影響を与えた本を3冊紹介させていただきます。

バクステ外神田一丁目プロフィール画像
アイドルグループ
バクステ外神田一丁目
東京の秋葉原にある国内最大級のアイドル育成型エンターテインメントカフェ「AKIHABARAバックステージpass」で働きながら活動をする総勢約80名のグループ。2012年8月にインディーズデビューシングル「プロデュース」をリリース、翌年2013年5月に「バイトファイター」にてメジャーデビュー。これまでにシングル9枚、アルバム1枚をリリース。2017年3月15日に初の完全ベストアルバムを発売。現在大食いグルメアイドルとしても活動中のもえのあずきも所属している。 バクステ外神田一丁目HP: https://leido.co.jp AKIHABARAバックステージpass HP: https://backst.jp
  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
バクステ外神田一丁目・堀内華央理です。夏も終わりすっかり秋らしい日々が続いていますね。食欲の秋、芸術の秋などとも言いますが、もちろん読書の秋でもあります。私は暑さが過ぎ去ったカフェのテラスなどでホットコーヒーを飲みながら、秋の風と共に読書するのが大好きです。

そのきっかけは高校時代。アメリカの高校へ留学していたのですが、課題で要求される読み物の量が多く、気分転換にカフェで本を読み始めました。小さい頃から読書は好きでしたが、カフェでの読書がルーティーンに加わったのはこの頃。アメリカの高校は秋学期からが一年の始まりなので、秋が来ると高校時代の読書の思い出が胸をよぎります。

今回は初めて書かせていただくということで、今まで出会った本の中から、思い出深いものだったり、印象深かったり、自分に大きい影響を与えた本を3冊紹介させていただきます。

完結まで目が離せない!40年の時をかける「ザ・少女漫画」

著者
細川 智栄子
出版日
1976年より「月刊プリンセス」にて連載中の「王家の紋章」。現在に至るまで単行本で60巻が刊行されています。主人公はアメリカに生きる16歳の少女キャロル。金髪に青い目、真っ白な肌な彼女は古代エジプトにタイムスリップし、若き王・メンフィスと恋に落ちます。古代エジプトでは珍しいルックスの美少女で、考古学を専攻している且つ、未来から来たために、歴史がどう動くか把握しているキャロルを神の娘と呼び、各国のイケメン王たちがキャロルを奪い合うという、時空を越えた歴史物語。

60巻というなんとも長いストーリーにも関わらず、読者を飽きなさせない展開。ぱっちりな目の中には星や輝きが描かれ、まつげも人形並みにばさばさといった「ザ・少女漫画」の美形な登場人物たちが繰り広げる壮大なドラマ。幾多の困難に立ち向かいながら育まれる、まっすぐで熱い愛。「そんなことありえる……!?」といった少女漫画らしい展開や、現実世界ではなかなか耳にすることのないであろうくさいセリフも、この漫画なら自分がキャロルになった気分で味わえる! 歴史の知識がなくてものめりこめること間違いなしのスペクタクル少女漫画です。

自分に残された時間を知らされた時、人は何を思い、どんな行動をするのであろうか?

著者
ミッチ・アルボム
出版日
2004-11-21
アメリカのスポーツジャーナリスト、ミッチ・アルボムが、難病により死を目前にしているモリー教授による「最後の授業」をテープレコーダーに録音し、本として出版したノンフィクション作品。少し前に話題になったアイス・バケツ・チャレンジの難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、知っている方は多いのではないでしょうか? ALSを発症したモリー教授は少しずつ病気に蝕まれて体の自由が利かなくなるなかで、かつての教え子ミッチに最後の授業を行います。そのミッチは、だんだんと、忙しい日々追われて忘れかけていた「人生に大切なもの」を思い出す……。死とは、生物である以上避けては通れない道です。それを目の前にした時にどのようなものが見えてくるのか。初めてこの本を読んだ時、私の胸に深く刺さったモリー教授の言葉を今でも覚えています。

「いずれ誰もが死にゆくことを受け入れ、それに向けて準備をするべき。そのほうが人生に真剣にとりくめる」

そんなモリー教授の言葉を読み、改めて自分の生き様について考えることができました。何が本当に大切か、どのように人生を歩んだら、急に死の淵に立たされても今までの人生を後悔せずいられるか。自分は本当にやりたいことをやっているのか、本当の幸せとは何か。毎日の忙しい生活に追われ、ついつい忘れがちな大切なことを教えてくれる一冊です。私はこの本に出会い、夢を追いかけるための一歩を踏み出す勇気、やりたいことにチャレンジする勇気をもらいました。読み終えた時、ふと心がしがらみから解き放たれて軽くなるような、新しいこれからの人生が、幕を開けたような気がすると思います。

罪を償えるチャンスが与えられた時、苦しい償いの道を選ぶか、罪から逃げ続ける道を選ぶか……

著者
カーレド ホッセイニ
出版日
1975年ごろのアフガニスタンで、裕福な家庭に育ったアミールが主人公。アミールは従者の息子であるハッサンと共に育ち、子供ながらに友達というよりは上下関係を意識する、主人と従者の関係。そんなある日、事件が起き、アミールはハッサンにあることをしてしまいます。その事件をきっかけに、別々の人生を歩み始める2人。罪の意識を抱えながらアミールは大人になります。罪を償うチャンスが訪れたとき、彼はどんな選択をするのか……。

アフガニスタンの昔や今、差別問題、貧困など、国家の問題と人間関係の問題が巧みにストーリーの中にちりばめられている作品。そんな深刻なテーマであるにもかかわらず、誰にでも起こりうる幼少期ならではの物語が、ストーリーのメインでもあります。小さい頃にしてしまったことを後悔し、やり直せたらと誰しも思ったことがあるのではないでしょうか? 物語の随所に出てくる繊細な描写も楽しんでいただきたいです!