『セフレの品格』の魅力を13巻までネタバレ紹介!心も体も切ない、大人の恋

更新:2021.4.29

セフレとは、いわゆるセックスフレンドの略称で、心を結ばない体だけの大人の関係です。本作の主人公・抄子とその初恋の相手・一樹はセフレの関係。ふたりは互いに惹かれあうのですが、大人であるが故の過去やしがらみに囚われなかなか結ばれません。 この記事ではそんなふたりの刺激的で切ない大人の恋をご紹介します。第一部最終回までの内容です。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『S-friends~セフレの品格~』の魅力を紹介!大人の恋は、切なくて、エロい?

 

本作の魅力は主人公・抄子と抄子の初恋の男性・一樹の恋をめぐるストーリーにあります。

ある日抄子は初恋の男性・一樹と再会し、最高の一夜をともにします。彼に胸をときめかせる抄子ですが、「体だけの関係を楽しもう」と言われてしまいます。抄子はその言葉に反発しながらも一樹の魅力と恋心に抗えず、体だけの関係を持つようになるのでした。

恋心と、それに相反する体だけの関係をめぐって目まぐるしく展開するストーリーに目が離せなくなる、そんな本作を第一部最終巻の13巻までご紹介します。ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

著者
湊 よりこ
出版日
2014-07-17

『S-friends~セフレの品格~』あらすじ

『S-friends~セフレの品格~』あらすじ
出典:『S-friends~セフレの品格~』1巻

初恋の男性・一樹とセフレ関係の抄子。割り切った関係を望む一樹への恋心を胸に秘め、体だけの関係を続けています。 そんなふたりは幾度も愛しあい、やがて将来を誓う仲に。しかし、抄子の妊娠がもとですれ違いが生まれ、別々の人生を歩むことになります。

時が過ぎ、一樹はすれ違いの誤解を解くために抄子を訪ねました。ふたりは体を重ねて気持ちを確かめあおうとするのですが、抄子の心に熱は戻らずふたりは完全に決別してしまいます。

そして約2ヶ月後。子宮筋腫手術を受けに行った病院で抄子が妊娠していることが判明しました。心当たりがあるのは一樹と決別したあの時だけです。一樹との子だと確信した抄子は……!?

見所1:バツ2女性と、バツ1男性の大人な関係に引き込まれる!

見所:バツ2女性と、バツ1男性の大人な関係に引き込まれる!
出典:『S-friends~セフレの品格~』6巻

抄子と一樹はとても複雑な事情を抱えているが故に、恋の仕方も一筋縄ではいきません。

抄子はバツ2で思春期の娘を持つシングルマザー。子育てと家事と仕事をこなす忙しい日々のなかでも、いつも明るい彼女ですが、別れた元夫と姑からモラルハラスメントを受けていた過去があります。別れた後も元夫に監視され、2番目の夫や実家にまで数々の嫌がらせをされてきました。

そんな時に出会った抄子の高校の同級生で初恋の相手、一樹。ルックスと腕の良さが評判の産婦人科医です。彼は研修医だった頃、実家の産婦人科医院に勤めていた多恵に想いを寄せていました。ある夜、病院を辞めると泣きながら語る彼女を見た一樹は告白し、それをきっかけにふたりは結婚します。

やがて多恵は男の子を出産しますが、その子供の本当の父親は、何と一樹の父親。多恵に利用されていたこと知った一樹はショックを受けます。その後多恵と離婚し、女性とは心を結ばない体だけの関係を持つようになりました。

一樹は抄子に惹かれながらも傷つくことを恐れて、自分の領域に他人を入れません。一方抄子は、一樹が好きなものの、恋にはいつか終わりが来ることを知っているので、一樹との関係にも終わりが来ると考えており、自分が最高の思い出になれればいいと思っています。

セフレとしてお互いの心も体も知るにつれてどんどん惹かれあうふたりの、一歩近づいてはまた離れるといった距離感や、好きだからこそ型にはまって男女の関係を終わりにしたくない、いつまでも男と女でいたいという気持ちからセフレ関係を続けるもどかしさが、読者を惹きつけるのではないでしょうか。

見所2:「体の関係だけ」ならではの切なさがリアル!

見所:「体の関係だけ」ならではの切なさがリアル!
出典:『S-friends~セフレの品格~』11巻

 

一樹には体だけの関係を持つ女性が何人もいて、抄子と一緒にいても別の女性から誘いがあれば応じます。そんな時でも体だけの関係の抄子には彼を引き留めることができません。こんな瞬間が、体だけの関係の一番切ない場面なのではないでしょうか。

また、抄子は関係が終わった時みじめになるのを恐れ、時には誘いを断ります。すると一樹は彼女の家に押しかけ、恋人のような長いキスをするのです。恋人にはなれない、でも期待を持たせるようなことをする一樹との関係は、抄子の恋心と体だけの関係という現実の間に大きな距離を生みます。決して埋められないその距離に、抄子とともに読者も切なくなるでしょう。

お互いに離婚を経験している抄子と一樹は、恋にはいつか終わりが来ることを知っています。だからこそ恋に憶病になり心を結ばない関係を望む一樹と、彼との関係を壊したくない抄子。そんなふたりの関係の行方はどうなるのでしょうか。

 

見所3:人間の恐ろしさ、哀しさを描ききる!

見所:人間の恐ろしさ、哀しさを描ききる!
出典:『S-friends~セフレの品格~』9巻

産婦人科の医院長である一樹の父親はかつて、自分の病院に勤める看護師の多恵と不倫をしていました。やがて多恵は彼の子供を身ごもりますが、医院長は命の大切さを知っているであろう立場であるにも関わらず、迷うことなく多恵に中絶を迫るのです。自分の立場を第一に考える、彼の卑怯な一面が現れます。

 

愛していた医院長に裏切られた多恵は、自分に思いを寄せる一樹を利用し、お腹の子供を彼の子と偽り結婚します。しかし一樹は真実を知ってしまい、多恵とは離婚。さらに彼と父親の関係がこじれてしまうのです。

しかし、一樹の父親も悪いばかりの人間ではありません。自分の罪を長い間一樹に謝ることができず、後悔をし続けています。また一樹を思って起こす行動や苦悩する姿からは、哀しみを感じとることができます。

一番恐ろしいのは、悪魔のような女の多恵でしょう。一樹を騙して結婚し、結婚後も自分を裏切った医院長への復讐のために彼を脅迫して関係を続けさせていました。

そんな多恵は、未来の抄子と一樹をも危機に陥れようとします。ふたりは危機を乗り越えることができるのでしょうか。

さらに本作にはもう一人恐ろしい人物が登場します。抄子の元夫で、一見人当たりが良さそうな浩です。20歳の抄子には彼の本性が見抜けず、やがてふたりは結婚します。しかし浩は、結婚した途端本性を現したのです。

つわりに苦しむ抄子を怒鳴りつけ無理矢理掃除をさせたり、人前では子供を可愛がるふりをしながら、家では抄子をクズ・能無しと罵り続け、彼女を追いつめたりしたのです。耐えきれなくなった抄子は自分の両親を家に隠れさせて夫の本性を見せ、ふたりからの説得によってようやく離婚することができました。

そんな浩は離婚後も抄子を恨み続け、抄子の幸せを壊そうとたくらみます。抄子と一樹がセフレの関係であることを掴むと、そんな母親に娘は渡せない、嫌なら一樹と別れろと脅迫し、さらにあるおぞましい計画を実行するのです。

このように本作には恋愛だけではなく、人間の心の奥にある恐ろしさや哀しさも描かれています。そのリアルさがストーリーに深みを持たせ、読者を惹きつけます。

 

『S-friends~セフレの品格~』1巻から11巻までのあらすじ

 

ここではまず11巻までのあらすじをご紹介いたします。

抄子は初恋の一樹と再会し、めくるめく一夜を過ごします。その後抄子は一樹から体だけの関係に誘われ、一樹への恋心から関係を持つようになりました。一樹が抄子に惹かれていく一方、抄子は一樹との関係を壊したくなくて体だけの関係をわきまえた言動をするようになります。

そんな時、一樹は咲という女子高生の面倒を見ることになります。咲は抄子への嫉妬からある事件を起こしてしまい、それを受けて一樹は抄子にある決意を告げるのです。

そんなある日、抄子の前に元夫の浩が現れました。酷い仕打ちをしてきた記憶と、離婚したにも関わらず自分に執着を持ち続ける元夫に、抄子は恐怖を感じます。頼りの一樹はパリに長期出張中で、不安はつのるばかりです。
 

浩は娘の遥に取り入り、家に上がり込むと、隙をついてお茶に睡眠薬を溶かして抄子と遥に飲ませました。そして恐ろしくもおぞましい計画を実行したのです。

 

著者
湊 よりこ
出版日
2017-05-17

 

その後、一樹の出張先のパリへ行った抄子は体に異変を覚えます。それは何とつわりでした。一樹との子供を授かったと喜ぶ抄子に対し、様子がおかしい一樹。抄子は妊娠を喜んでくれないのかとショックを受けます。

そんなある日、抄子は何者かに突き飛ばされ、階段から落ちてしまいます。犯人はかつて一樹が関係を持ったフランシス。そのまま一樹はフランシスに監禁され、一方で事情を知らない帰国の期限が迫った妙子は一人日本に戻ります。

そして日本に戻った彼女は、ある人物から恐ろしい事実を知らされます。それはとてもショックの大きなこと。抄子は悩みに悩んだ末に、ある決断を下します。

その4日後、一樹はようやく抄子のもとへ戻りました。そこで彼は抄子から重大な事実を知らされます。一樹は頭に血が上り、抄子の頬を力いっぱい平手打ち。そのままふたりは別れてしまうのです……。

その後も抄子の困難は続きます。彼女は子宮筋腫を再発し、親友の華江のお節介で、産婦人科医師である一樹に相談することになりました。彼と話す前に髪がおかしくないか気にする抄子や、久しぶりにテレビ電話で話すふたりの様子からまだお互いに想いあっていることが感じられます。
 

後日、一樹は抄子を叩いたあの日のことを謝りに行きます。ふたりは想いを確かめるために肌を重ねますが、抄子の心に熱は戻りませんでした……。

それから約2ヶ月後、子宮筋腫の手術を受けに行った病院で、抄子は本当にお腹に子供がいることを確認し、迷わず産む決意をしました。一方一樹は抄子を吹っ切り、気の合う友人のフィフィに結婚しようかと冗談めかして言います。フィフィもまんざらではない様子。ふたりはそのまま結婚してしまうのでしょうか?

そんな中、ある雨の日に抄子は突然破水し、駆け付けた一樹の父親によって子供を取り上げられます。しかし母子の容体は思わしくなく、そのまま一樹の父親の病院に搬送されます。そして一樹の父親と看護師長は、患者たちの話などから抄子と一樹の関係に気づき始め……!?

その後、母子ともに健康で落ち着きを取り戻した抄子のもとへ、一樹の帰国祝いの飲み会の連絡が回ってきました。せめて一樹の姿を遠くから一目見たいと、抄子は飲み会の場所へ向かい、彼を見つけます。この後の重要なシーンは必見です。

そして一樹と別れている間に産まれた春翔のことを、彼にどう話せばいいか悩む抄子。しかしいつまでも話さないわけにはいかないし、きっと受け入れてくれるだろうと、彼に春翔を会わせます。驚く一樹でしたが、やはり春翔を優しく受け入れてくれました。

幸せな抄子たちとは対照的に、彼女の親友の華江は死の影に怯えていました。迫る死に怯えながらも、華江は最期まで女でいたいと思います。実は彼女には死ぬ前に叶えたい夢がありました。それはかつてセフレだった一樹と、最高の一夜をともにすることで……。

そのエピソードが終わった後、今度は一樹に何やら考える事があるよう。抄子が話を聞くと、話しておきたいことがあると言い、息子の大樹のことを話し始めます。本当の父親は一樹ではないのですが、自分の子供だと疑わず5年間育てていた少年でした。春翔を見て大樹が気になると話す一樹に、抄子は会うべきだと背中を押します。

それを受けて思い切って大樹に会いに行くと、彼は夢にまで見た父親との再会に涙を流して喜んでくれました。そして大樹が幼いころから世話を焼いてきたリナ、抄子と春翔も加わり、家族の交流を深めていきます。

辛く厳しい環境で育ったにも関わらず、純粋で真っ直ぐに育った大樹を見て、一樹は大樹に辛く当たる多恵に憤りを感じます。そして彼女と話をするために家を訪ねるのですが、これが後の悲劇の始まりとなります……。

まさに波乱万丈な抄子と一樹のストーリー。しかし、まだまだこれだけでは終わりません!

 

『S-friends~セフレの品格~』12巻の見所をネタバレ紹介!

12巻の見所は大樹を守る一樹と、自分を不幸にした一樹の父親を憎む多恵との対立、そして多恵の復讐が引き起こしたことによる、抄子に及ぶ危機です。

著者
湊 よりこ
出版日
2017-12-16

 

一樹が車で大樹に会いに行く途中、道路に果物が転がっていました。一樹は車を停めて果物を拾い集め、落とし主に手渡します。しかしその相手は何と元妻の多恵。しかし変わり果てた姿の彼女に、一樹は気づきません。元夫に気づいてもらえない我が身を、多恵は嘆くのでした。
 

そんななか大樹の高校の入学式が近づいてきました。一樹は大樹の入学式に出席することを多恵に伝えにいきます。その時に家に閉じこもる多恵を見て、困っているなら力になる、だから大樹をちゃんと愛してやってほしいと語りかけるのでした。しかし、その言葉に激高した多恵は、大樹の父親でもないくせに口を出すなと大声で怒鳴り散らします。

そんなふたりのやり取りを聞いた大樹は、大きな心の傷を負うのでした。誤解を解こうと大樹が隠れたリナの部屋を訪ねますが、リナにも冷たく追い返されてしまいます。

大樹を傷つけたと落ち込む一樹ですが、抄子に励まされ、入学式に出席します。本気で怒っているわけではない大樹に一樹は少し安心し記念写真を撮るのですが、まだ溝が埋まっていないふたりを表すかのように、距離を置いて写真に収まっています。いつか心から笑いあえる日が来ることを願うようなシーンです。

大樹の入学式と同日。多恵は発作を起こし入院することになりました。体の痺れを訴える多恵に、医師は目標を持つとリハビリを頑張れますよといいます。それを受けて彼女はとても恐ろしい目標を見つけます。

その後多恵は鬼気迫る勢いでリハビリに励みました。体を動かした結果体重も落ち、若い頃着ていたナース服を着れるまでに痩せ、昔の面影を取り戻します。そしていよいよある計画が始まるのです。

多恵の計画によって一樹の病院で事件が起こります。この事件はニュースでも報じられ、一樹の病院の信頼は地に落ちてしまいました。 

そんななかでも抄子たちは、病院をなんとか立て直そうと家族で力を合わせます。大変だけど家族の絆が深まっていきます。そんな様子を見た多恵は自分がいたはずの場所にいる抄子に、強い殺意を抱くのです。そして多恵は、彼女を亡き者にしようと恐ろしい行動に出て……。

 

第一部完結!「セフレの品格」というタイトルに納得!【13巻ネタバレ注意】

多恵の策略で危うく命を落としかけた抄子。しかし、ちょうど近くにいた一樹に助けられ、難を逃れます。

しかし抄子は彼女を恨むのではなく、どこか気持ちが分かるような気がすると語るのでした。かつて自分もシングルマザーだった時の世間の風当たりの強さによる辛い気持ちや、幸せそうな夫婦を憎く思ったことがあったのでした。

そして逆に多恵が1人で生きる道を選んだからこそ、一樹は傷ついたものの、2人が出会うきっかけになったのだからいいじゃないかと考え直しました。

著者
湊 よりこ
出版日
2018-07-17

しかし、13巻ではそんな2人の安定した絆ゆえの危機が。一緒に暮らし、彼のだらけた一面を見ることで、抄子は体を重ねる気がしなくなってしまったのです。今飲んでいる薬の影響もあるのかもしれませんが、どこか距離のある関係は一樹も感じていました……。

この事件をきっかけに2人の関係の重要さ、距離感の大切さを痛感した2人は、ある決断をします。

最終回は、その決断が間違ってなかったことを感じられるもの。「セフレの品格」というタイトルが2人を本気の関係にさせたこと、体だけじゃない、心のつながりをも強固にしたものの、抄子と一樹にはもう必要なくなったものだということが実感されます。

そしてこの13巻で、物語の第一部が完結。

抄子と一樹の恋の行方はもちろん、抄子や華江の女性としての生き方にもぜひご注目ください。

また、第二部では息子の大樹にフォーカスの当たったストーリーが展開されていきます。気になった方はぜひ読み進めてみてください。


「セフレの品格」が好きな方には、以下の記事もおすすめです。ほのぼのとしていて、また違った面白さがあります。

『B型H系』が面白い!セフレ100人を目指す美少女?結末までネタバレ紹介

『B型H系』が面白い!セフレ100人を目指す美少女?結末までネタバレ紹介

超絶美少女の目下の目標は「セフレを100人作ること」!? まだ15歳ながら、ひとりエッチも済ませ、妄想にふける美少女・山田の、可愛くて笑えるラブコメディが、『B型H系』です。思春期男子の3倍速のエロモード全開ながらも、空回りし続ける彼女の野望の行方を描きます。 今回は、本作の見所を結末までご紹介。下のボタンからダウンロードできるスマホアプリで読むこともできます。

もっと見る もっと見る