5分でわかる『罪と罰』!ラスコーリニコフはなぜ人を殺した?【あらすじと解説】

更新:2021.5.30

文豪ドストエフスキーの名作。漫画や映画にもなるなど、今なお読み続けられている作品です。日本には明治維新とともに渡り、多くの文豪に影響を与えました。そんな本作ですが、長編作品であることや、宗教色が強いため、内容が難しい・とっつきづらいと感じる方も多いのではないでしょうか。 今回の記事では、『罪と罰』のあらすじや魅力、名言をご紹介します。この記事を足掛かりに、不朽の名作をぜひ手にとってみてください!

ブックカルテ リンク

小説『罪と罰』のあらすじの内容を、要約して解説!

本作はロシアの作家ドストエフスキーの代表作で、さまざまな文豪に影響をあたえた名作です。岩波書店や新潮社などから出版されており、江川卓の訳が読みやすいとの評判があります。

漫画や映画にもなっており、日本では「wowow」で『罪と罰』を原案にドラマ化されました。高良健吾、水川あさみといった豪華キャストでも話題に。また、三浦春馬主演で舞台化もされました。

ここでは、本作のあらすじを簡単にご紹介します。

著者
ドストエフスキー
出版日
1999-11-16

 

舞台は、ロシアのペテルブルグ。主人公のラスコーリニコフは、学費を払えず大学を中退し、狭い屋根裏部屋に下宿しています。

彼は「1つの罪悪は100の善行によって償われる」という思想を持っています。その思想に基づき、街で有名な金貸しの老婆アリョーナ・イワーノブナを殺して、彼女の財産を孤児院に寄付しようという計画を立てていました。

計画通り老婆を殺しますが、そこで思わぬ事態が彼を襲います。

 

作者、フョードル・ドストエフスキーとは?

著者
ドストエフスキー
出版日
2015-11-11

 

『罪と罰』の作者であるドストエフスキーは、『カラマーゾフの兄弟』『白痴』などで知られるロシアの文豪です。多作で知られていますが、『罪と罰』『悪霊』『白痴』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』の5つは「5大長編」と呼ばれ、「人間の罪とはなにか」「神はいるのか」といった深遠なテーマを扱っています。

ドストエフスキーは一体どんな人物だったのでしょうか。

彼は短編小説『貧しき人々』でデビュー。この作品を読んだ詩人のネクラーソフが、感激のあまり夜中に彼の家を訪れたという逸話が残っているほどです。

その後も精力的に創作をしていましが、社会主義系のサークルに入った罪で逮捕され、死刑を宣告されます。しかし死刑執行の数分前に恩赦が言い渡され、シベリアでの労働に変更されました。

この経験は彼の人生に大きな影響を与え、『白痴』では死刑執行直前の死刑囚の気持ちが描かれています。彼はシベリアで過ごす間に聖書に触れ、釈放されたあとはキリスト教的な人道主義をテーマにした作品を書くようになりました。

その一方でギャンブル依存症だったことも知られており、ほとんどの作品はギャンブルによる借金を返すために書かれていました。

「もっとも影響を受けた本は?」という質問に「通帳」と答えた逸話が残っています。自らのギャンブル経験を題材にした『賭博者』という作品も書いています。

 

登場人物を紹介!

 

本作の魅力は、登場人物にあります。個性的な彼らが、複雑な物語を織りなすのが見どころです。ここでは、主な登場人物をご紹介します。

  • ラスコーリニコフ
    本作の主人公。頭脳明晰な美青年ですが、大学は中退して貧しい生活をしています。
    「1つの罪は100の善行によって償われる」という理論のもと、金貸しの老婆を殺害。その現場に老婆の妹まで殺してしまい、罪の意識におそわれます。
    人を殺害したことを除けば善良な青年で、貧しい家庭にほどこしをしたり、過去には火事のなかから子どもを救出したこともあります。彼がどんな末路をたどるのかが、最大の見どころです。
    ちなみに「ラスコーリニコフ」という名前は「分裂する」といった意味のロシア語で、実際にはまずいない名前です。なぜ主人公がこんな名前になっているのかも、本作の謎の1つですね。

     
  • ソーネチカ(ソーニャ)
    主人公が酒場で出会った、マルメラードフの娘。家計を助けるために体を売る美少女です。
    普段はおどおどしていますが、罪を犯した人間には厳しい一面もあり、ラスコーリニコフに罪を償うことを促します。彼女は物語上、重要で、終盤まで登場する人物です。
    ソーネチカが体を売ることになった経緯は、かなり細かく描かれています。本筋とは関係ないですが、彼女の過去を知る上で大切な部分なので、読んでおくことをおすすめします。

     
  • ポルフィーリィ
    ラスコーリニコフが起こした殺人事件の犯人を追う予審判事。
    『罪と罰』の舞台は指紋や防犯カメラ等がまだなかった時代ですが、ポルフィーリィは心理的証拠だけでラスコーリニコフが犯人であることに気づき、追い詰めます。

     
  • ルージン
    主人公の妹である、ドゥーニャの婚約者。
    弁護士をしており財産があるので、ドゥーニャは家計を助けるためにも彼と結婚しようとします。しかしルージンは彼女を支配しようとしていただけでした。それが明らかになったので、2人は破局し、彼とラスコーリニコフは争います。
    脇役的な人物ですが、登場している時間も長く、重要な役割を演じます。

     
  • ニコライ
    主人公が老婆を殺害したとき、同じアパートにいたペンキ職人です。当初は無関係でしたが、ひょんなことから老婆殺害の容疑者になり、事件は思わぬ方向にこじれていきます。
    他にもさまざまな登場人物がいます。ドストエフスキー作品の登場人物は誰もが生き生きしており、彼らの活躍から目が離せません。

『罪と罰』とキリスト教の関係を考察!

 

ドストエフスキーは聖書に影響を受けたので、作品にもキリスト教的なモチーフを使っています。本作とキリスト教は、一体どんな関係があるのでしょうか。

本作とキリスト教の関係を考えるとき、真っ先に思い浮かぶのはラスコーリニコフの名前です。彼の本名は「ロジオン・ロマーヌイチ・ラスコーリニコフ」で、ロシア語にすると頭文字が「PPP」になります。

このようなイニシャルの人はロシアには存在しないので、明らかに作為的な名前です。「PPP」を上下反転すると「666」になり、「悪魔、反キリスト」を指す数字です。ドストエフスキーは彼の名前に罪を隠していたと考えられます。

彼は殺人者として罪を背負いますが、ソーニャの存在によって愛を知り、更生に向かっていきます。これはキリストの復活になぞらているのではないでしょうか。ちなみにソーニャの本名は「ソフィア」ですが、これは「知恵」という意味です。

このように、本作はところどころにキリスト教のモチーフが使われています。もし余裕があるなら、聖書も一緒に読んでおくとより理解が深まるでしょう。

 

『罪と罰』から得られる教訓をネタバレ考察!伝えたいこととは?

 

本作はその題名の通り、主人公ラスコーリニコフの罪とそれに対する罰を描いた作品です。自分の信念を持って老婆を殺した彼ですが、結局は罪悪感に苦しめられます。

自分の弱さに打ちのめされる彼は、親友や家族、娼婦のソーニャとの関わりのなかで人間らしい心を取り戻し、復活していきます。罪を自覚して、成長するのです。

本作は「罪を犯した人間でも更生できる」というテーマをあつかっています。「殺人」というもっとも重い罪を犯した人間でさえ復活できることを描くことで、読者に希望を与えたかったのではないでしょうか。

 

漫画もおすすめ!小説が苦手な方にも

 

難解な作風で知られるドストエフスキー作品。本作も細かい部分の描写が多く、小説が苦手な方には敷居が高いかもしれません。

そんな方のために、読みやすい漫画版をご紹介します。

 

著者
落合 尚之
出版日
2007-07-03

アクションコミックスから出版されている落合尚之作の漫画版『罪と罰』は、現代社会を舞台にして不良少女の反社会的な行動をテーマにした作品です。

ロシア文学を読む際は、当時の生活習慣を知らないために内容を理解できなかったり、登場人物の名前を覚えきれなかったりと、話についていけなくなってしまうことがあるでしょう。この漫画作品は21世紀の日本を舞台にしているので、話を理解しやすくなっています。

『罪と罰』の漫画作品に関しては、手塚治虫の作品も知られています。角川文庫から出版されており、原作よりも短くまとめられているので、小説の前にこちらを読んでみてもいいですね。

『罪と罰』の名言を紹介!

ドストエフスキー作品には名言が多くあります。本作の名言もご紹介します。

《非凡》な人間はある障害を……
それも自分の思想の実行が(中略)それを要求する場合だけ、ふみこえる権利がある
(『罪と罰』より引用)

ラスコーリニコフが思想を語る場面でのセリフです。彼の犯行の動機にもなった考えであり、物語のテーマにもなっています。

ちなみに「罪」というロシア語には「ふみこえる」という意味があり、一線を超えてしまうといったニュアンスも含まれています。「ふみこえる」というモチーフは、作中でもしばしば使われるので、注意して読んでみましょう。

お立ちなさい!
今すぐ、これからすぐに行って四辻に立って、身をかがめて、
まずあなたが汚(けが)した大地にキスしなさい。
だってあなたは大地に対しても罪を犯したんですから!
(『罪と罰』より引用)

罪を犯したラスコーリニコフに対して、ソーニャが言った言葉です。彼女の厳しさを象徴するセリフです。彼女は彼の罪を知ってから、彼に寄り添うようになります。2人の運命は物語の重要なテーマになっているので注目です。

苦しむこともまた才能の一つである

上記は、ドストエフスキー自身の言葉です。苦しむということは、他の人たちが気づかないことに敏感になっているということ。偉大な人物に近づいているという救いになる言葉ですね。

『罪と罰』の結末をネタバレ解説!ラスコーリニコフはどうなる?

自らの哲学に従い老婆を殺害したラスコーリニコフは、最後にはどうなるのでしょうか。

 

著者
ドストエフスキー
出版日
1999-11-16

 

ラスコーリニコフが老婆を殺害したのは、「1つの罪悪は100の善行によって償われる」という考えのもとでした。しかし、彼は罪の意識に耐えられなくなっていきます。

物語の最後には、彼は自首をし、罪を償うことになります。その結末は彼だけでなく、周囲の人物にも重要な意味を持つものでした。妹のドゥーニャや親友のラズミーヒンにも、ラスコーリニコフの罪は影響をおよぼしました。

エピローグでは、彼のその後が語られますが、暗い内容だった本編に比べると明るく、希望の持てる終わり方になっています。ドストエフスキーは重いテーマを扱った作品を書いていますが、最後には希望を残してくれます。ぜひ結末に期待して読んでみてくださいね。

 

この記事が含まれる特集

  • #本好きな人と繋がりたい

    すっかり生活の一部となりつつあるSNS。読書好きの人のなかには、インスタグラムでおしゃれに本を紹介している人もいるんです。「映え」のポイントなどを解説していきます。目指せインフルエンサー!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る