漫画『シティーハンター』冴羽獠のもっこり伝説!エロ名言が炸裂!!

更新:2020.12.16

本作はハードボイルドなガンアクション、謎めいた美女のシリアスな物語、そして……やっぱり、もっこりでしょう!主人公・冴羽獠とは、切っても切れない大事な要素。そんな彼を語るうえでまず外せない「もっこり」なエロ名言に焦点を当てて、作品をご紹介します。 2019年2月には、オリジナルのキャスト・製作陣が揃って新作アニメ映画が公開!そんな注目の本作は、スマホアプリから無料で読めますよ。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

漫画『シティーハンター』の冴羽獠とは?もっこり!だけど、かっこいい……

 

言わずと知れた、本作の主人公。職業は、スイーパーという裏世界の掃除屋です。

彼は相棒・槇村香とコンビを組んで、通称シティーハンターと呼ばれて活動しています。裏世界ではその名を知らぬ者のいない、No.1の始末屋なのです。

 

著者
北条 司
出版日
2003-12-15

まだ30代で脂の乗ったイケメン、鍛え抜いた体つき、確かな実力、決め台詞をキザに感じさせないスタイリッシュさ……モテる要素だらけの彼。しかし、そんな彼には圧倒的に残念が一面がありました。

それは、底なしの性欲!これが、そのかっこいい部分をすべて台無しにしています。

美女と見ればところ構わず発情することから、付けられたあだ名は「新宿の種馬」「新宿の一発狼」。さらに、いい女を見つければ、すぐに発動するもっこり。臨戦態勢が抜群なのです。しかし、そんな二枚目半にもなり切れないところも、彼のよさといえるでしょう。

そんな彼ですが、いざ依頼が来れば、頼れる凄腕の顔を見せてくれます。愛用の357マグナム弾のコルト・パイソンを武器に、どんな困難な依頼であってもクールにこなすのです。だから、美女に弱いのはご愛敬。

彼はその名声にも関わらず、生い立ちは謎に包まれています。物語が進んで徐々に明らかになっていきますが……。

声優は神谷明。本作のパラレルワールドを描いた『エンジェル・ハート』の実写版では、俳優の上川隆也が演じました。

 


上川隆也が出演した作品を見たい方は、こちらの記事もおすすめです。

上川隆也の実写化原作はミステリ好き必見!出演映画、テレビドラマから名作を発掘

マンガほっとで無料で読んでみる

出会い頭に、元気なご挨拶!

 

彼は美女に弱いと書きましたが、もちろん言葉通りの「弱い」ではありません。女性を不得手とする海坊主というキャラクターも出てきますが、獠の場合は意味が違います。

彼は根っからの女好き。女性には基本的に紳士に接します。しかし、それは相手が彼のストライクゾーンの上や下の場合の話。

ど真ん中、好みの美女(特にグラマラスを好む)が相手となると、一見格好を付けつつも本音がだだ漏れになります。ことによっては、積極的にセクハラまがいのアプローチをすることも。

 

著者
北条 司
出版日
2004-07-15

やぁ、みんなぁ! 今日も元気にひもパンしてるかな!?
(『シティーハンター』15巻より引用)

ダンサー・次原舞子は、自身が誰かに狙われていると感じて、彼にボディガードを依頼しました。ガード中も彼女はダンスのオーディションやリハーサルをこなしていくのですが、偶然にもダンサー全員のレオタードの下が、紐パンであることを知った獠。それ以来、決まった時刻に会場に出没しては上記のような挨拶をするのでした。

レオタードなんて、もろに体のラインが出る服、彼のテンションが上がらないわけありません。まぁ、そこでニヤニヤする彼は、見ようによってはただの変質者ですが……。

ここからもまだまだ、エロかっこいい名言たちをご紹介していきます!

シティーハンター ―Complete edition (Volume:01) (Tokuma comics)

北条 司
徳間書店
マンガほっとで無料で読んでみる

キザなエロ名言!香との展開が激アツ!!

 

獠といえば忘れてはならないのが、仕事のパートナーである香との、くっつくのか!くっつかないのか!な、微妙でもどかしい関係です。

彼女は獠の元相棒・槇村秀幸の妹。裏世界の抗争に巻き込まれて兄を亡くした彼女を獠が引き取って、いつのまにかコンビになっていました。

 

著者
北条 司
出版日
2005-01-15

その経緯のためか、彼は普段、彼女を家族のような――あるいは女とは思わず、妹(弟?)分として扱っています。彼女の方も、依頼人に手出しする厄介なエロ親父(獠)を制御することに集中しているのです。

が、一歩退いて見れば、彼らの間には確かな信頼関係があり、家族の情を越えた気持ちがあることは明白でした。

そんな2人の想いが、作中で一時通った名エピソードがあります。

マンガほっとで無料で読んでみる
出典:『シティーハンター』27巻

古くからの友人で、デザイナーの北原絵梨子と再会した香は、彼女の一計で見違えるような美女に変装しました。変装した香は素性を隠して、獠とデートすることに。2人は途轍もなくよい雰囲気になって……そんななかで、彼は別れ際にこう言いました。

そうか……君の名前がわかったよ……
君はシンデレラだったんだな
(『シティーハンター』27巻より引用)

 

香と気付かず、なんともキザったらしい一言。こうしたセリフもさまになってしまうところが、彼のズルイところです。香はこの日のことを一夜の夢と思うものの、本当は……。

 

エロのなかにも、かっこよさが滲む……。だからお前はズルイんだ、獠!!

 

獠は、大女優である佐藤由美子のボディガードをすることになります。しかしこの彼女、最愛の恋人と死別したショックから、女優として撮影中に死ぬため、自ら殺し屋を雇っていたのでした。

自分を殺し屋に狙わせているにも関わらず、そのうえで殺し屋から守ってもらう……あべこべで矛盾した依頼です。

獠が相手取る殺し屋は、彼と並んで称される海坊主という男でした。実力伯仲の激闘。その最中に、獠は少しずつ彼女の閉ざされていた心を開いていくのです。

 

著者
北条 司
出版日
2004-01-15

そして、ついに撮影当日。彼は海坊主の狙撃で、重傷を負ってしまいます。依頼通り、海坊主が彼女を殺しにやって来ました。生き残るには、彼女の意志が必要です。そこで彼女が選択したのは……。

すべてが終わった後、獠は彼女の肩を抱き寄せてこう言うのです。

また死にたくなったら呼んでくれ。
女性へのアフターサービスは万全なんだ――――!!
(『シティーハンター』3巻より引用)

憎い。実に憎い……!しょっちゅう股間をもっこりさせて迫っていた男と、同一人物とは思えません。

マンガほっとで無料で読んでみる

冴羽獠といえば、どっ直球!普通だったら、許されません。

 

ここまでで十分すぎるくらいにわかるとおり、彼は下心を巧みに偲ばせて、美女に向かって堂々と名言(迷言?)を言います。普段はセクハラまがいばかりですが、めちゃくちゃかっこいい発言も多いのです。

その一方で、本心をまったく隠さず、直球ストレートに言い寄るシーンもしばしば見られます。

 

著者
北条 司
出版日
2004-04-15

 

たとえば、恋人の遺志を継いで殺人バチの解毒剤を作った免疫学者・名取かずえ。事件は円満に終わって大団円を迎え、2人は非常に親密になっていたのですが……。

 

マンガほっとで無料で読んでみる
出典:『シティーハンター』10巻

 

一発やらせろっ
(『シティーハンター』10巻より引用)

最低です。加減もオブラートもなにもない、ドストレートの本音。当然のように彼女は未練を断ち切って、アメリカの大学に旅立ったのでした。

 

冴羽獠の「もっこり」総数!

冴羽獠の「もっこり」総数!
出典:『シティーハンター』5巻

彼といえば、やっぱりもっこり!ファンの方にはわざわざ説明する必要もありませんが、ここはあえて詳しく説明しましょう。

これは、男性機能が生理現象によって隆起した状態。有り体にいって、勃起というやつです。少年誌であるジャンプで連載するに当たって、ともすれば生々しくなる性的表現をギャグに昇華した、ある種の発明なのです。ですので、決して汚らわしいものではありません!はい!

では実際に、彼が作中で「もっこり」した回数は何回だったのでしょうか?

有名な『巨人の星』の厳格な父・星一徹は原作では1度もちゃぶ台返しをしていませんし、『北斗の拳』のケンシロウも「お前はもう死んでいる」とはほとんど言っていません。このように世間のイメージと実情が乖離している例は多々あります。獠も本当のところは「もっこり」していなかったのではないか。そんな疑念が湧いてきました。

実際に数えてみた人がいます。それによると……なんと原作では125回「もっこり」があったそう。

なんとイメージ通り、というか、それを遥かに越す勢いの数字です!これには、驚きを隠しきれません。獠=「もっこり」のイメージは正しかったのです。


獠の魅力を紹介した<漫画『シティーハンター』冴羽りょう6の事実!名言や過去、愛車…かっこいい>の記事もおすすめです。

マンガほっとで無料で読んでみる

いかがでしたか?『シティーハンター』冴羽獠の魅力を、もっこり、いや失礼、たっぷりお伝え出来たでしょうか。興味の湧いた方は、ぜひ一読してみてください。スマホアプリからは、無料で読めますよ!

もっと見る もっと見る