『女子高生のつれづれ』の素直すぎてエロい疑問がやばすぎる!【無料】

更新:2018.8.1 作成:2018.8.1

ミヤタ・ヤッコ・広瀬の仲良し3人組を中心に、女子高生たちの日常や、思春期らしい疑問などが描かれた本作。女の子同士の距離が近く、「そんなところまで許しちゃうの!?」「そんなことまで想像しちゃうの!?」というような独特の距離感が見所です。そんな本作は、スマホで無料で読むこともできますよ。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

『女子高生のつれづれ』の疑問1:更衣室の事件簿【1巻ネタバレ注意】

 

暑い夏。楽しみな人もいるし、そうでない人もいる、プール授業。仲良し3人組、普通の女子高生・ミヤタ、アホの子・ヤッコ、真面目ギャル・広瀬は、1番最後に更衣室へと戻って来ました。

更衣室に残っていたクラスメイト・みきに、鍵を閉めるから早く着替えてと言われた3人。着替えようとした矢先、ヤッコが大きな声をあげました。

「パンツが…ない!!」
(『女子高生のつれづれ』1巻より引用)

普段からアホの子認定されている彼女は盗まれた可能性を考えられることもなく、ちゃんと探したのか、このあとどうするのか、聞かれつつも、ほぼスルー状態。そして何か思いついたように、着替えようとする2人を止めます。

 

著者
三本コヨリ
出版日
2017-04-20

 

「……パンツ見せて」
(『女子高生のつれづれ』1巻より引用)

まさかの、パンツ見せて発言です。どうやら、自分のパンツが他のところに紛れているのではないかと考えたよう。仮にパンツが違ったら普通は気付くだろう、と思いますよね。

ただ、彼女はいたって真剣。その真剣さに押されたのか、着替え途中の2人と、すでに着替えが終わっているみきまでも、パンツを彼女へと差し出します。

みんなとても素直ですね。同性とはいえ、パンツを差し出すのは結構恥ずかしいもの。みきに至っては履いていたものをわざわざ脱いだのですから、余計恥ずかしいですよね。

3人からパンツを受け取ったヤッコは、本当に探す気があるのか、丁寧にパンツの解説を始めます。人のパンツをじっくり眺める彼女は、まさにアホの子で可愛いですよ。

他人のパンツまで念入りに調べたヤッコ。果たして彼女のパンツは見つかるのでしょうか。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

『女子高生のつれづれ』の疑問2:ミヤタの初体験【1巻ネタバレ注意】

 

職員室で用事を済ませた広瀬が、教室に向かうと、中でミヤタとヤッコが秘密の話をしていました。入ったらダメかと、つい盗み聞きスタイルになってしまった広瀬。

隠れて聞くなら、中に入ってしまったほうが後々いいような気もしますが、いくら仲が良くても内緒話をしていると思うとなかなか入りづらいですよね。

聞き耳をたてる広瀬の耳に飛び込んで来たのは、衝撃の言葉。

 

著者
三本コヨリ
出版日
2017-04-20

 

「こないださー 私 ついに…やったんだー」
(『女子高生のつれづれ』1巻より引用)

このミヤタの言葉に対するヤッコの返しが「あれ」や「おめでとう」で、広瀬は混乱します。追い打ちは、そのあとのヤッコの言葉でしょうか。

「で 初体験の感想は?」
(『女子高生のつれづれ』1巻より引用)

広瀬は一気に想像を膨らませました。「初体験」はやはり強烈なワードですよね。その後も中から聞こえてくる会話に悶々と想像を広げます。ミヤタたちの話に合わせて驚いたり、赤面したり、コロコロと表情の変わる可愛い彼女を見ることができますよ。

しかし、その後青ざめる衝撃の展開が彼女を襲います。「やってみたい」と言うヤッコに対し、ミヤタが「やってあげる」と申し出たのです。当然焦りますよね。友人たちが一線を超えた関係になってしまうのか、戸惑う広瀬。彼女が見た光景とは……。

思春期真っただ中、最終的に流されちゃう広瀬は、とても可愛いですよ。

 

『女子高生のつれづれ』の疑問3:たかがヒモ されどヒモ【1巻ネタバレ注意】

 

いつもの3人組と、クラスメイトの仲良し2人組、身長も胸も大きいハッチーと、小柄なモモの5人で待ち合わせをしていたとき、遅れてやって来た広瀬のブラ紐が見えていると、モモが注目。

広瀬は恥ずかしがるのですが、ハッチーやヤッコはブラ紐が見えていても特に気にしない様子。そこから、なぜブラ紐を気にするのかという話になっているくのですが、その話の展開が、完全に思春期男子と化していきます。

 

著者
三本コヨリ
出版日
2017-04-20

 

「紐にイヤらしさは感じられない」と言うミヤタに対し、おとなしいハッチーがもう反論。

「たかがブラ紐 されどブラ紐ォ!!」
(『女子高生のつれづれ』1巻より引用)

この熱弁に、4人は圧倒されます。ハッチーは胸が大きいから余計下着に敏感になるのかもしれませんが、トーンを落としてどれだけブラ紐がエロいのかを説明する姿は、とても熱っぽく可愛いですよ。 

その言葉に、再び見えた広瀬のブラ紐に注目する、ミヤタ・ヤッコ・モモ。そして4人のたどり着いた答えは「エロい」でした。

ここからの5人は完全に考えすぎのようにも感じる変態目線で、街ゆく女性たちを見ていきます。それまで対してブラ紐を意識してこなかった人も、意識せざるを得ないような彼女たちの視線に、ついドキドキしてしまうかもしれません。

ハッチーたちは一体、ブラ紐の何にエロさを見出したのでしょうか。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

『女子高生のつれづれ』の疑問4:ひとりでしたいの【2巻ネタバレ注意】

 

休み時間、トイレに立ったミヤタの元にやって来たヤッコと広瀬。一緒に行くという2人に対し、ミヤタはちょっとした拒絶を見せます。

「そういうのちょっと理解できないな…って」
(『女子高生のつれづれ』2巻より引用)

彼女の気持ちもわからなくはないですよね。トイレ中の音というのは、なんともいえない恥ずかしさがあります。

トイレなんてみんなが行く場所ですし、そこに行ってすることもわかっているはず……。それでも音を聞かれたくない、という謎の感情が芽生えます。また人がいると思うと、出るものも出なかったりしますよね。

 

著者
三本コヨリ
出版日
2017-10-20

 

彼女たちがトイレに行くと、そこには多くの生徒が。並んでいるわけではなく、トイレに行く友だちについて来たり、または友人を待っていたりする生徒がいたのです。

「トイレは女子の交流の場っていうかさー」
(『女子高生のつれづれ』2巻より引用)

トイレはみんなで行きたい派のヤッコの意見ですが、確かに他のクラスの知り合いや友人との話す場にもなり得ますよね。そんな彼女たちの会話を聞きながら、ミヤタはトイレの中で1人、タイミングを図ります。

先に行ってもいい、というミヤタに対し、待つというヤッコたち。果たして、無事用を足せるのか……。女性のなかには経験したこともある人がいるかもしれないラストになっていますよ。

 

『女子高生のつれづれ』の疑問5:掃除のポイント【2巻ネタバレ注意】

 

掃除の時間、廊下掃除をしていたミヤタ、ヤッコの元にやって来たのは、女の子や可愛いものが好きな隣のクラスのめぐ。広瀬が階段掃除をしていると聞いて、階段を覗いためぐとヤッコが待っていたのは……パンチラ。

「やっぱ見ちゃうよね」
(『女子高生のつれづれ』2巻より引用)

広瀬はスパッツを履いているため、スパチラとなりましたが、それもまたいいと喜ぶ2人。正直めぐの気持ちはわからんでもないですね。スカートが短い子が階段にいると、ついつい覗きたい衝動にかられます。女子同士だと、そういうところ遠慮がなかったりしますよね。

 

著者
三本コヨリ
出版日
2017-10-20

 

そんな風にふざけるヤッコとめぐをよそに黙々と掃除を続けたミヤタは、ちりとりを持ってその場にしゃがみました。その姿を見たときのめぐといったら、本当に幸せそうで、彼女がどれだけミヤタを好きなのかがよく伝わりますよ。

「何かエロい」
(『女子高生のつれづれ』2巻より引用)

しゃがんでる様子を間近で見下ろしためぐが放った一言。ヤッコも広瀬もすぐには理解できなかったようですが、その後のめぐの行動ですべてを理解したよう。

日常的な行動でそこまで考えてしまうめぐは、なかなか想像力豊かです。ただ、言われてみれば、確かにエロい格好かもしれません。ヤッコと広瀬の反応はもちろん、ミヤタとめぐの構図にも注目したいですね。

 

『女子高生のつれづれ』の疑問6:いずれ来るその日のために【2巻ネタバレ注意】

 

年頃な女子高生ミヤタは、少女漫画を読みながら、キスとはどういうものか広瀬に尋ねます。突然のことに驚いた広瀬は、彼氏のいるみきに話をそらすことに。

いつ来るかはわからないけれど、そのうちくるであろうキスをする瞬間に胸をときめかせるミヤタはとても可愛いので、ぜひ見てほしいところですね。

キスをするとき変な顔をしないか悩むミヤタ。そこで広瀬のキス顔を自分が確認して、自分のキス顔を広瀬に確認してもらい、さらにキスまでの流れをみきに教えてもらうことを提案。

 

著者
三本コヨリ
出版日
2017-10-20

 

真っ直ぐすぎるミヤタだからこそ、突拍子もないことをおこなってしまうのですかね。キスのことを広瀬やみきに尋ねるときは照れ臭そうにしていたのに、キス顔を友人に見られるのは恥ずかしくない、という謎のメンタルの強さが、彼女の魅力なのかもしれませんね。

広瀬と向かい合い、みきの指示を受けながら、キス顔を作って行く2人。

「目を閉じてゆっくり近づいて--」
(『女子高生のつれづれ』2巻より引用)

目を閉じたらキス顔は見られませんね。完全にキスのレクチャーになっています。もちろん本番になったら目を閉じるでしょうが、練習中に閉じる必要はありません。そもそも練習の必要があるのか、教室で練習をするな、という感じもしますね。

みきの指示に素直に従う2人は最終的にどうなってしまうのでしょうか。純情で可愛いミヤタが盛りだくさんですよ。

 

マンガほっとで無料で読んでみる

女子高生たちの、日常で抱くちょっとしたエロい疑問を描いた本作。思春期らしい話題に花を咲かせる女子高生たちにドキドキしたり、学生時代を思い出したりできますよ。