Loading 81b424ebf5b28b6979c5bfbadb4fe3d86654abdce81e3c0259cc91c3ecd00497

『夏への扉』は名作?つまらない?賛否ある古典SF小説の魅力をネタバレ考察

2018.08.12

お気に入り
1

コメント
0

閲覧
7186

『夏への扉』は名作?つまらない?賛否ある古典SF小説の魅力をネタバレ考察

『夏への扉』あらすじ、登場人物を解説!つまらないという批判が多い?

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
作者 ロバート・A. ハインライン
出版社 早川書房
出版日 2010年01月30日

ネタバレ考察:『夏への扉』はSF小説というよりは、ライトノベルに近い雰囲気の作品?

ネタバレ考察:発売当時は夢のある設定だったが、今となってはありふれているように見えてしまう?

ネタバレ考察:『夏への扉』は設定にご都合主義が多い?ロリコン展開との批判も

ネタバレ考察:目的意識が薄いようにも感じられてしまう?

しかし、『夏への扉』が今なお残る名作なのは事実!爽快な雰囲気や気負わずに読める面白さは魅力であり、おすすめ!

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
作者 ロバート・A. ハインライン
出版社 早川書房
出版日 2010年01月30日
おすすめSF小説一覧 おすすめ小説一覧 本まとめ記事一覧 このユーザーの記事

コメント

コメントを書く・見る 0

キーワード・タグ


関連記事

このまとめの作者について

『夏への扉』は名作?つまらない?賛否ある古典SF小説の魅力をネタバレ考察

『夏への扉』は名作?つまらない?賛否ある古典SF小説の魅力をネタバレ考察

朝井利一
朝井利一

注目記事

月間ランキング