『タイムスリップオタガール』全巻ネタバレ紹介!30~40代に突き刺さる!

更新:2021.1.8

本作は「COMICポラリス」で連載されている佐々木陽子の作品です。主人公のアラサー女子「はとこ」が、ひょんなことから中学生時代にタイムスリップしてしまうというお話。オタク女子の生態と、懐かしオタク事情が合わさって、笑いと、郷愁と、感動をもたらしてくれます。 今回はそんな本作の魅力を、余さずご紹介しましょう。ネタバレを含みますので、気になる方はご注意ください。

ブックカルテ リンク

『タイムスリップオタガール』の見所:懐かしのあの時代のオタ活が蘇る!

 

オタ活――オタク活動と聞いて、皆さんはまず、何を思い浮かべるでしょうか?

アニメや漫画、ラノベの観賞?DVDにブルーレイ、各種グッズの購入?ツイッターで作家のアカウントをフォロー?Pixivでお気に入りを巡回し、動画サイトやまとめサイトを手当たりしだいに見漁り読み漁る人もいるでしょう。コスプレの衣装を作る、着る、あるいは撮ることで楽しむという方もいるかもしれません。

そして、それらの最高峰に位置するのが、世界最大級の同人誌即売会コミックマーケットです。

多くの人が思うオタ活といえば、おおむねこの辺りでしょうか。その認識は間違っていません。現代では。

 

著者
佐々木陽子
出版日
2018-03-13

 

本作は、主人公の城之内はとこが、現代から過去の中学生時代の自分に逆戻りしてしまうタイムスリップモノです。

彼女が逆行した時代は、1996年。当時インターネットは今ほど盛んに使用されておらず、光回線はおろか、ADSLですら2000年代を待たねばならない状況。従って、ネットに由来する活動は一切不能でした。

アニメ、漫画の鑑賞を基本として、主な情報収集は全て紙媒体に依存します。アニメ情報誌、ファン交流雑誌、同人誌カタログ、その他諸々。コミックマーケットが集大成であることだけはあまり変わりませんが、世間体というか、社会の認知度が大きく違うのです。

本作ではアラサー、アラフォー世代のオタク猛者がかつて経験した懐かしの世界を、はとこが再び生きていくことになるストーリーです。

 

見所:オタク女子に突き刺さる悩み、主人公の言動

見所:オタク女子に突き刺さる悩み、主人公の言動
出典:『タイムスリップオタガール』1巻

 

はとこは腐女子です。ホモにBLなんでもござれで「オタクとはこういうもの」というイメージと偏見を凝り固めたかのようなキャラクター。一目でフィクションとわかるキャラ造形をしています。

が、それはあくまでも全体像の話。彼女の個々の言動にフォーカスすれば、オタクであれば誰しも身につまされる部分が、ごまんと出てきます。

たとえば、身だしなみには気を遣いません。なぜならその労力を推し作品に捧げるから。

髪型も服装も最低限です。なぜならそこに回すお金を推しキャラに注ぎ込むから。

仕事は真面目にこなし、社会生活では目立たず、波風を立てず、ひっそり暮らします。なぜならオタクを満喫するにはお金がかかるし、何かが起これば矢面に立たされるから……!

彼女は中学生の自分に逆戻りしても、中身は清々しいほど何も変わっていません。特徴的な「ござる」語尾に、オタク特有の早口気味な口調も、妄想しがちな思考も、アラサー時代のまま。そんな彼女がくり広げる出来事の1つ1つ、それに対する葛藤は、あの時代を生きた同じオタク女子ならば、突き刺さること間違いなしです。


オタクがテーマのおすすめ作品を紹介した<【2020年版】推しへの愛に共感しかない!オタクの生態がリアルで笑える漫画9選>もぜひご覧ください。

見所:このタイムスリップを活かして、どう生きていく!?

見所:このタイムスリップを活かして、どう生きていく!?
出典:『タイムスリップオタガール』1巻

 

はとこはタイムスリップして若返ったことを自覚した途端、こう宣いました。

「中学……?
働かなくてもいいでござる~~~~~~~~
中学生最っ高じゃないですか~~~~」
(『タイムスリップオタガール』1巻より引用)

羨ましい――もとい、なんというポジティブさ。タイムスリップという驚愕の事実よりも、自分の身に起こった幸運をとにかく享受しようとします。

この時点でおわかり頂けるかと思いますが、タイムスリップモノではあっても、過去改変などのSF的展開にはなりません(今のところは)。その点では人生やり直しというか、転生モノに近いです。

彼女は過去に戻ったことで、17年分の財産(主にグッズ的な意味で)を失いました。ですが、代わりに17年分の人生経験が蓄積として残っています。それを活かせば、収集出来なかったグッズやレアモノまでも手に入れることが出来るのです。

それだけではありません。コツコツ趣味を続けていたおかげで、彼女の画力は当時のレベルから見て、飛躍的に向上しています。中学生の頃に漫然と憧れた漫画家への道を進むことも出来るのです。

そしてさらには、アラサー ――というか、半分以上おばはんに片足を突っ込んでいるため、彼女は対人関係にためらいがなくなっています。同級生を異性と認識しないこと、おばはんの図々しさのコンボで、中学生とは思えないコミュ力を発揮するのです。

これらのことが、彼女にとって2回目の中学生生活に、どんな影響をおよぼすのでしょうか。

 

『タイムスリップオタガール』1巻の見所をネタバレ紹介!アラサー、中学生になる

城之内はとこ、独身アラサー。夏イベントに合わせて上京した彼女は、2.5次元のミュージカルからコミケをはしごして、オタクライフをこのうえなくエンジョイしていました。

著者
佐々木陽子
出版日
2018-03-13

ところが戦利品を抱えて帰宅する途中、電車の接触事故で絶体絶命に。気が付けば彼女は3日前に飛んでいたのです。めげずに同じ3日間をくり返すも……紆余曲折を経て、なんと彼女は17年前の過去にいました。体は若くて軽いし、人間関係は以前より楽。なんだかんだ、1996年に馴染んでいきます。

目を見張るのは、彼女の飽くなきオタク魂でしょう。好きな作品に全てを賭けるのがオタクという人種。それを全て失ったうえで、まだ立ち上がる彼女に勇気付けられます。彼女のそのオタク魂に、思わず共感してしまう人も多いのでは?

それにしても、タイムスリップをしたら普通は「人生をやり直す!」くらいの強い思いで行動に出たりしそうなものなのに、彼女にはそれがほとんど見受けられません。タイムスリップという現象ですらも、全てオタ活のために利用してしまいます。

そのエネルギーの凄まじさたるや、もはや恐ろしさすら感じてしまいますね。

『タイムスリップオタガール』2巻の見所をネタバレ紹介!マンガ命!

 

はとこにとって、悪夢の瞬間がやってきました。成績不振のせいで母親から「マンガ禁止令」が出されそうになるのです。

彼女は苦肉の策で、自分が30歳だと告げますが……当然、信用されるはずもなく。

 

著者
佐々木陽子
出版日
2018-03-13

 

結果的に有耶無耶になったものの、30歳の感覚と中学生の実情との乖離は、彼女の日常を予想外の方向に進めていきます。なぜか親しくなった野球部のリュータ、いじめっ子の長谷川の存在が、彼女の心を揺らしたり揺らさなかったり。

人間関係だけでなく、彼女自身の心境にも変化が訪れます。17年分のスキルと漫画愛を胸に、ぼんやりとしていた漫画家の夢に、ついに向かい出すのです。

本巻の注目は、長谷川くんとはとこのやり取り。長谷川くんがはとこのノートを奪い、それを水に沈めると言い放ちます。しかし、そのノートは濡れ場満載(もちろんBL)の内容ばかり載っている、まさにパンドラの箱。そして彼女は、彼にこう言うのです。

「やってくれ」
(『タイムスリップオタガール』2巻より引用)

 

見られてしまうくらいなら、いっそ水に沈めてほしい。彼女の切実な声が聞こえてきそうです。果たして長谷川くんは、この後どんな行動に出るのでしょうか。

『タイムスリップオタガール』3巻の見所をネタバレ紹介!仲間とともに夢を!

 

いじめっ子の長谷川に漫画のノートを投げ捨てられたはとこは、そこが校舎の2階であることも忘れて思わず飛び出してしまいました。

 

著者
佐々木 陽子
出版日
2018-04-12

 

幸い渡り廊下の上に落ちたおかげで、彼女は軽傷で済みます。そして、彼女を取り巻く環境がまた1つ変化するのです。

漫画家を志望し始めた彼女ですが、その熱が、なんと友人達にも移っていきます。仲良し4人で同人活動の開始です。単純なコピー本であっても、まず始めることに意義があります。キラキラ輝く青春のオタ活にご注目。

彼女を取り巻く環境は徐々に、しかし確実に変わっていきます。思春期ならではの自意識、そして気恥ずかしさがなければ、ここまで自然に学生生活を楽しめるのか!と、彼女を見ていて思わず感心してしまうことでしょう。

彼女を取り巻く環境が、今後はどのように変化していくのか必見です。

 


いかがでしたか?隔世の感があるオタク事情を、エンターテインメントに仕上げた異色作。共感できる人も、できない人も、存分にお楽しみください。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る