「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった⁉子どもたちはどこに消えたのか考察

更新:2018.12.7

グリム童話のなかでもひときわ不気味な光を放っている「ハーメルンの笛吹き男」。実は、本当にあった事件がもとになっていることを知っていましたか?この記事ではあらすじを説明したうえで、現在のハーメルンにあるステンドグラスからわかる事実や、消えた子どもたちはどこに行ってしまったのかを考察していきます。あわせておすすめの関連本も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ブックカルテ リンク

「ハーメルンの笛吹き男」のあらすじを紹介

 

グリム童話のひとつとして日本に伝わってきた「ハーメルンの笛吹き男」。1284年6月26日にドイツのハーメルンという街で実際に起きた事件がモデルになっているといわれています。

グリム童話は、グリム兄弟がドイツの伝承や民話を集めて編纂したもの。そのなかでも「ハーメルンの笛吹き男」は出典とされる物語が11もあり、多くの童話のなかでも存在感を放っているのです。

ではあらすじを簡単に紹介しましょう。


1284年、ハーメルンの町ではネズミが大量発生し、住民たちは困り果てていました。そんなある日、色とりどりの布を繋ぎ合わせた服を来た男が現れます。「褒美をくれるのならば、町を荒らしているネズミを退治しよう」と言ったので、住民たちは報酬を払う約束をしました。

男が笛を吹くと、不思議なことに町中のネズミが集まってきます。そして男が歩きだすと、ネズミもその後ろをついていきました。男はそのまま川へ歩いて入り、ネズミたちを1匹残らず溺死させたのです。しかし、町の住民たちは男との約束を守らず、報酬を払いませんでした。

男は1度町を離れたものの、6月26日に再びハーメルンに現れました。笛を吹きながら町を歩いていくと、家から子どもたちが次々と出てきて、男の後ろに続きます。男が町の外に出ていくと、子どもたちもそのままついていってしまいました。その数なんと130人。いなくなった子どもたちは、二度とハーメルンの町に戻ることはありませんでした。

「ハーメルンの笛吹き男」は実話だった?ステンドグラスの記録とは

 

130人の子どもたちが一斉に町から消えてしまった衝撃的な出来事は、ハーメルンのマルクト教会にあるステンドグラスに描かれています。このステンドグラスは1300年にはすでに作られていて、1660年に1度壊されてしまったものの、残っていた文献にもとづいて復元されたものです。

説明文には、「事件が起きた日付け」「色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男の存在」「130人のハーメルン生まれの子供たちが、コッペン丘近くの処刑場でいなくなった」と記されています。当時の悲惨な事件を忘れないために作られたものなのでしょう。

笛吹き男は、この説明文をはじめ、どの物語においても色とりどりの鮮やかな服装で登場します。これは当時の魔法使いや死神の衣装と同一の表現で、不思議な出来事や死の象徴とも考えることができます。「コッペン丘」に関しては、現在はどの場所を指しているのかわからなくなっているそうです。

「ハーメルンの笛吹き男」の事件の詳細はいまだに解明されていませんが、マルクト教会のステンドグラスをはじめ今では町全体が物語をイメージできる観光名所となっています。旧市街には笛吹き男が立ち寄ったといわれる建物も存在し、130人の子どもたちが通ったとされる道は「舞楽禁制通り」と名付けられ、音を立てずに静かに通るよう義務付けられているのです。

またマルクト教会の周辺では、定期的に「ハーメルンの笛吹き男」の演劇が上演されています。町の人々は今でも消えた子どもたちの帰りを待っているのかもしれません。

「ハーメルンの笛吹き男」の子どもたちはどこに消えたのか考察

 

事件が起きた具体的な日付けがわかってはいるものの、「ハーメルンの笛吹き男」に関するそのほかの詳しいことはわかっていません。町を出ていった子どもたちは、一体どこに消えてしまったのでしょうか。さまざまな仮説があるので、ご紹介しましょう。

伝染病で亡くなった

「ハーメルンの笛吹き男」の冒頭では、町にネズミが大量発生し、住民たちが困っている様子が描かれています。当時のネズミといえば、伝染病の媒介者。特にペストの致死率は高く、13世紀のドイツでは大幅に人口が減ったそうです。

実は子どもたちはペストの流行で亡くなり、笛吹き男は「死に神」の象徴として描かれたのではないかという説があります。

十字軍遠征に参加した

11世紀から13世紀のフランスやドイツでは、キリスト教の聖地であるエルサレム奪還のために断続的に「十字軍遠征」がおこなわれていました。なかには10代の少年少女たちで結成された「少年十字軍」というものもあったそうです。そして笛吹き男は、軍のリーダーだったのではないかという説があります。

この仮説では、130人の子どもたちは自ら志願して軍に入ったものの戦地で亡くなってしまったか、騙されて奴隷商人に売りとばされ、故郷に帰ることができなくなったと考えられています。

また「ハーメルンの笛吹き男」の類話には、目や耳、足が不自由な子どもだけが町に残るパターンもあるのです。健康でない子どもは十字軍に入れないということが、この仮説の根拠を強めています。

開拓者となるために町から出ていった

当時のドイツでは、町として人が住める場所が限られていたそうです。当然、人口が増えれば食料も足りなくなり、インフラはパンクしてしまいます。そのため各家庭では、長男のみが家や財産を継ぎ、残りの子どもたちは農奴などになるケースも多かったそう。

この仮説は、家や財産を相続できない子どもたちが自ら故郷を去り、別の場所へ移動して新たな住む場所を開拓した可能性を取りあげています。現に、東ヨーロッパには、ハーメルンを由来とする姓をもつ人が多く住む地域があることも確認されているのです。

笛吹き男は移住に関する運動のリーダーだったのかもしれません。

「ハーメルンの笛吹き男」の壮大な研究

著者
阿部 謹也
出版日
1988-12-01

 

「ハーメルンの笛吹き男」に関しては、これまでもさまざまな研究がされてきました。本書は、そもそもこの物語がどうして誕生したのかを探っていく作品です。

物語の内容だけにとどまらず、中世ヨーロッパにおける差別や社会的構造を調査。そして物語が時代とともに変化していった背景についても考察していきます。

作者の阿部謹也は、ドイツ中世史を専門とする歴史学者。ドイツの歴史に関するさまざまな資料を研究してきた経験をもとに、丁寧でわかりやすい解説をしてくれています。研究といえども読み物としても楽しめるので、「ハーメルンの笛吹き男」の物語に興味がある方はぜひ読んでみてください。

不気味さに想像力を掻き立てられる絵本

著者
["レナーテ レッケ", "グリム兄弟"]
出版日

 

本書のイラストを担当しているリスベート・ツヴェルガーは、繊細で魅惑的な画風を用い、たくさんの童話に息を吹き込んできたオーストリアの絵本作家です。『賢者のおくりもの』や『クリスマス・キャロル』など日本語訳された作品も多く担当していて、高い人気を集めています。

本書では、笛吹き男の顔は1度しか描かれません。残りはすべて後ろ姿や、帽子のつばに隠れた状態。このような演出が読者の想像を掻き立て、笛吹き男の言動にミステリアスな雰囲気をもたらしているのです。池田香代子の淡々とした文章も、物語の魅力的な世界観をつくりあげているでしょう。

「ハーメルンの笛吹き男」からは、「約束を破ると罰が当たる」という教訓を得ることができます。ぜひ親子で読んでみてください。

「ハーメルンの笛吹き男」など有名な童話の現代日本版

著者
千早 茜
出版日
2013-08-21

 

グリム童話とアンデルセン童話の物語を、現代の日本を舞台の物語に置き換えて小説にした短編集です。作者は、直木賞や吉川英治文学新人賞などにノミネートされたこともある千早茜です。

「ハーメルンの笛吹き男」を題材にした物語は、とある会社員が主人公。恋人が持って来た盆栽に虫がついて困っていたところ、カフェの店員に駆除の方法を教えてもらい、やがて浮気の関係に発展してしまいます。しかしその関係はこじれていき……。

収録されているのは全部で7編。どれもダークな雰囲気をはらみ、シンデレラや白雪姫などよく知っているはずの物語から新しい発見ができるでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
もっと見る もっと見る