『ヒノワが征く』の見所を全巻ネタバレ紹介!新たな「アカメ」を読む【無料】

更新:2021.2.24 作成:2019.5.3

「月刊ビッグガンガン」で連載されているタカヒロ原作、strelka作画の作品。アニメ化もされたダークファンタジー『アカメが斬る!』の続編的漫画ですが、和風要素の強くなった新天地と、新主人公による物語となっています。 本作はスマホアプリでも基本無料でご覧いただけるので、気になった方はそちらからどうぞ!

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena
目次

『ヒノワが征く!』が面白い!「アカメ」続編が基本無料で読める【あらすじ】

 

帝国の遙か東、大海の果てを越えた向こうに、かつて「神和(じんわ)」と呼ばれていた大小無数の国が覇を競う大陸「ワコク」がありました。

そのワコクの西の端、海に面した小国「蒼海国」に、大望を抱く娘ヒノワが住んでいます。兵法を学び、自由と平和のために出世を志す彼女が、強大な国「天狼国」との戦争で頭角を表していくことになるのです。

 

著者
タカヒロ
出版日
2017-12-25

そんなヒノワがある時保護したのが、アカメと名乗る少女。無茶な渡海で怪我を負ったアカメは傷を癒やしながらヒノワに協力し、自身が負ってしまった呪いの解き方を探し始めます。
 

そして、まだ半人前のヒノワの前に立ち塞がる敵国武将ヨミヒメ。彼女は、ヒノワにとっては絶対に越えなければならない壁でした。

大望と因縁が交差する、戦記ファンタジーが展開されていきます。

マンガUP!で基本無料で読んでみる

作者タカヒロとは

 

1981年生まれの男性ゲームクリエイターで、シナリオライターかつマンガ原作者です。PCゲームブランド「みなとそふと」の代表でもあります。

ゲーム好きが高じてゲームメーカーのプログラマーになりましたが、企画の人手が足りなくなった際に駆り出され、それが後にシナリオライターの道へと繋がりました。

 

著者
田代 哲也
出版日
2010-08-21

ゲーム代表作は、恋愛アドベンチャーゲーム『つよきす』など。漫画は『アカメが斬る!』、アニメは『結城友奈は勇者である』を手がけました。

絶妙な年上キャラによる「姉萌え」ブームの立役者で、日常描写に定評があります。その一方で原案原作に回ってからは一転して、ハード展開も辞さないシリアスな作風も見られるようになりました。

感情の機微や、あっと驚く展開が見所でしょう。

作品の魅力1:新・主人公ヒノワ!

作品の魅力1:新・主人公ヒノワ!
出典:『ヒノワが征く!』1巻

 

『ヒノワが征く!』は『アカメが斬る!』の事実上の続編ですが、『アカメが斬る!』が西洋風ファンタジーだったのに対して、今作は和風テイストが強く反映されています。

物語も前作主人公アカメが登場する程度で、話に繋がりはありません。そのため今作から読んでも問題なく楽しむことが出来ます。

ただし、前作のラストでアカメが負った呪いと、その解法に関することが少し出てくるので、知っていればより楽しむことができるでしょう。

本作はとにかく、主人公ヒノワのヒロイックさが際立っています。彼女は父親を貧困で亡くし、母親を仇敵に殺された、まさに戦乱に翻弄される悲劇の人物といえます。

若輩ながら、生計を立てるため1人で漁師を営んでいるのも健気です。それも周りの大人に邪魔されて対等な取引を出来ない身の上というのだから、彼女に感情移入するなという方が無理でしょう。

彼女は自分と同じような想いを他の人にさせないため、そして大切な人々を守るため、母親譲りの誇りに賭けて立身出世を望むのです。

とはいえ彼女は所詮、漁師で細々と暮らす若い平民に過ぎません。手っ取り早く出世するためには、戦に参加して目覚ましい戦果を挙げる必要があります。人を守るために、守りたい人以外を殺す。この矛盾も、彼女はその気高い覚悟によって、きっと飲み込んでいるのでしょう。

そういったことが行間から読めるほど、ヒノワは魅力的な主人公となっているのです。

 

『アカメが斬る!』については以下の記事で紹介しています。気になる方はあわせてご覧ください。

漫画『アカメが斬る!』が無料!登場人物の魅力を最終15巻までネタバレ紹介

漫画『アカメが斬る!』が無料!登場人物の魅力を最終15巻までネタバレ紹介

暗殺者として育てられた少女・アカメが腐りきった政治家たちを葬っていきます。ダークヒーローとも呼べる主人公には、様々な過去があり……。暗く残虐な要素とSF要素を織り交ぜたダークファンタジーとも呼べる作品『アカメが斬る!』。今回は、本作に登場する人物たちの魅力と、どんな事情があったのかを紹介していきます。ネタバレも含まれますので、未読の方はご注意ください。 スマホの無料アプリでも公開されています。気になった方は、まずはそちらからどうぞ。

また『アカメが斬る!』の前日譚『アカメが斬る!零』について紹介したこちらの記事もおすすめです。

『アカメが斬る!零』最終回までの見所をネタバレ紹介!【無料で読める】

『アカメが斬る!零』最終回までの見所をネタバレ紹介!【無料で読める】

暗殺者の少女・アカメが、帝国の暗殺部隊に所属していた時代の活躍を描くダークファンタジー漫画。『アカメが斬る!』の前日譚にあたり、爽快な戦闘シーンや魅力的なキャラクター、シリアスで重いストーリーが話題となった本作の魅力についてご紹介します。ネタバレも含みますので、まだ読んでいない方は、ご注意ください。 本作は、スマホの無料アプリで読むことができますので、気になった方はそちらからもどうぞ。

 

マンガUP!で基本無料で読んでみる

作品の魅力2:脇を固めるキャラクターも魅力的!

作品の魅力2:脇を固める存在!
出典:『ヒノワが征く!』1巻

 

本作は主人公以外も魅力的です。

その筆頭は、敵国の武将ヨミヒメでしょう。戦士としても将校としてもずば抜けて優秀で、どこかミステリアスな彼女。実はヒノワと因縁があり、その行方に注目が集まります。

血の気の多い少女トバリ、武人気質の寡黙な少年ヒサメ、商人の次男坊スズマル、女好きのクメハチ。ヒノワとは同じ師に師事し、苦楽をともにした仲間たちです。ハードな展開が続くので、彼らとはいつかつらい別れが待ち受けているのかもしれません。

ヒノワの上官マルゲ将軍の存在感も見逃せません。保身に走る無能将校なのですが運よく切り抜けることが多く、奇妙に愛嬌のある憎めないキャラです。

海軍軍師シオンは……おそらく有能なのですが、海産物とのまぐわいで策を閃くという奇癖がある人物。エイとの描写は、かなりパンチがあります。

そして忘れてはいけない、前作主人公アカメ。完調ではないこと、ヒノワを成長させる思惑(?)からあまり前には出ませんが、実力も経験もピカイチです。

 

母の生き方を継いで【1巻ネタバレ】

同盟国・砂竜への援軍に加わったヒノワ。彼女はまだ若いものの、部下から圧倒的な人気を誇り、不思議と人を惹き付けるカリスマ性がありました。

海路から攻める天狼国のベテラン武将サクザの大型船にも、小型船ならではの小回りで立ち回り翻弄。少数精鋭の攻撃で、見事に敵将首を挙げました。

勝利に浮かれるのも束の間。別行動をしていた天狼国のヨミヒメが単身乱入し、その妖術じみた強さでヒノワの部隊が次々蹴散らされていきます。

ヒノワは部下を逃がし、一騎打ちを挑むのですが……。

著者
タカヒロ
出版日
2017-12-25

 

ここで序盤にして、まさかの信じられない展開が描かれます。主人公のはずのヒノワが、ヨミヒメによって無惨に殺されてしまうのです。乱世を正すことを標榜したヒノワの死にざまに、ただただ混乱してしまうことでしょう。

実はここで描かれるヒノワとは、ここから始まる物語の主人公ヒノワの実母。「ヒノワ」とは元々母親の名前で、生き方を受け継ぐという意志から改名したのでした。

和のテイストになっても、根底に流れるダークファンタジーが変わっていないことを認識させられる第1巻です。

 

仇打ちなるか!?【2巻ネタバレ】

 

天狼国の侵攻に備え、ヒノワはマルゲ将軍のもとで影法師山に防衛を築きました。そこへ虚をつく形で、敵が仕掛けてきます。山での戦いに慣れた敵の猛攻に対し、冷静なヒノワ達のおかげで、マルゲ軍は立て直していくのです。

が、そこに戦局を変える敵将が登場。ヒノワにとって母の仇となる、ヨミヒメです。

 

著者
タカヒロ
出版日
2018-08-25

 

因縁の相手に手も足も出ない状況に追い込まれますが、そこへアカメが助っ人として参戦。怒濤の戦いに発展します。

新主人公の活躍と、その窮地に駆け付ける旧主人公。とても燃える展開です。ここでの戦いはお流れとなりますが、因縁の出来た3人の行方が気になるところでしょう。

この戦いのなかで「冥宝」というキーワードも登場。前作の「帝具」を連想させますが、果たして……?
 

ヒノワの仲間であるヒサメやトバリなどの躍進も目覚ましく、個人の力に依った戦術だけでなく、戦略的な行動に焦点が当たるのも見所です。

 

マンガUP!で基本無料で読んでみる

いかがでしたか?本作はアカメの「その後」の物語であると同時に、ヒノワ達の「これから」を描いた戦記ファンタジーです。大きな時代の流れに、各キャラの運命がどう関わっていくのか楽しみなところでしょう。