マンガ
趣味/実用

咲坂伊緒のおすすめ少女漫画5選!まぶたの裏に残る恋が描かれた作品

更新:2020.12.1 作成:2016.12.1

夕焼けの帰り道、いつもと雰囲気の違う後夜祭、期待せずにはいられない席替え……。咲坂伊緒の漫画はそんな青春のひとコマの空気のにおいまで伝えてきます。今回は、光の残像のようにまぶたの裏に残る恋物語をご紹介します。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • hatena

咲坂伊緒のすごさ!画で伝える漫画家

東京都出身の漫画家。『ストロボ・エッジ 』や『アオハライド』の「全国書店員が選んだおすすめコミック」のランクインや映画化、アニメ化で有名です。咲坂伊緒の作品は直感的に伝わるシーンの書き方と、青春のエッセンスが際立っていることが特徴です。

少年漫画に比べ、少女漫画は余白で語るものが多いもの。咲坂伊緒はその少女漫画の真髄ともいえる空気感を伝えるのがとても上手です。読む側のペースを考えた意図的な余白や1ミリにこだわった登場人物たちの表情、モノローグなしで伝えたいという意思が伝わってきます。

また咲坂伊緒の作品は青春の仕掛けが、どれもとても自然です。それは彼女自身があの苦しいようななんともいえない空気が大好きで、その思春期の記憶をいつまでも心に残しているから。そんな作品への集中力と愛が伝わってくる5作品をご紹介します!

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

咲坂伊緒の原点『私の恋人』【2002~2003年連載】

主人公の恵美は春から高校生。平凡な彼女が美人で頭のいい姉・美希と間違われて電話で告白されるところから物語は始まります。

恵美は驚いてそのまま電話を切ってしまいます。申し訳ないことをしたなと思っていると、美希に告白した男の子は偶然にも同じクラスの同級生でした。恵美は純太を応援するうちに彼に惹かれ、なにもかも持つ姉に複雑な気持ちを抱くようになり……。

著者
咲坂 伊緒
出版日
2002-10-25

咲坂伊緒の初連載作品。全体的に拙い部分もありますが、女子っぽいトーンや細部が可愛く、青春をそのまま切り取ったような台詞は荒削りな分力強さがあります。

そして恋愛だけでない、人間関係という大きなテーマにチャレンジしているのが感じられるので、そこも今の彼女に繋がるものを感じます。咲坂伊緒の原点が感じられる作品です。

「人とは違う」恋をした『BLUE』【2006年連載】

怜司と杏奈はいとこ同士の高校生。杏奈は密かに怜司を想いますが、彼はそんな杏奈がわずらわしそう。

いとこ同士ということでモテる怜司の取り巻きから敵視されることはないけれど、それが悔しくもある杏奈。杏奈は怜司を想う気持ちを隠しながら、実は彼は友人の瑠海のことを好きなのではないかと思うようになります。しかし瑠海にはある秘密があり……。

著者
咲坂 伊緒
出版日
2006-11-24

初期に比べ咲坂伊緒らしい絵柄になってきており、キャラクターも生き生きとしてきています。画面の構成でも空白がうまくなってきているので、読みやすいビジュアルになっています。

そして恋愛を軸に人と違うということ、その障害と向き合う3人の姿を描きます。思春期は特に人と違うことが気になる時期。その閉塞感と苦しさが画面の中に漂っています。

悪いことではないはずなのに、違うというだけで一線を引く人々。その違和感への疑問が投げかけられた作品です。特に瑠海のセリフはその秘密を抱えたものらしい名言も多く、困難な道を進む者の説得力がある言葉ばかり。

思春期の残酷さとまっすぐさが描かれた読みごたえのあるものになっています。

恋する感情は全部大切な記憶になる『ストロボ・エッジ』【2007~2010年連載】

主人公の仁菜子はちょっと抜けている女子高生。人の言うことをそのまま信じてしまいがちで、自分の気持ちですら人に言われたらそうだと思ってしまいます。幼なじみの大樹への気持ちが恋だと言われ、驚きつつもこれが恋なのかと納得。

そんな流されるように過ごしていた時、あるきっかけで学年の王子様、蓮と繋がりができます。クールな彼について興味から想像をするうちに、気持ちが惹かれていき、胸の苦しさの理由が最初は分からなかったけれど……。

著者
咲坂 伊緒
出版日
2007-11-22

設定としてはよくあるものですが、ひとつひとつの感情を丁寧にすくい取った力強い作品となっています。素直な仁菜子が初めての感情たちに丸裸でぶつかっていく様子が勇敢で可愛らしいです。

2007年から2010年まで「別冊マーガレット」に掲載した初の長期連載ということで咲坂伊緒がのびのびと描いているのが感じられ、勢いがあります。一瞬のまぶしくて強い光のような想いに心を奪われる作品です。

咲坂伊緒が描く、心の揺れ動き『アオハライド』【2011~2015年連載】

高校生の双葉は中学時代の初恋相手、田中が忘れられずにいます。そんな小さな恋を忘れられないままいますが、中学時代に女子のグループからはぶかれた経験を経てわざとガサツに振る舞い、恋と縁遠くても高校では平和な日々を送ろうとしています。

そんな時、田中に似た洸という男の子を見つけますが……。

著者
咲坂 伊緒
出版日
2011-04-13

『ストロボ・エッジ』からさらに踏みこみ、心の機微と変化する様子、成長を描いた作品です。登場するキャラクターの生っぽい、人間らしいところまで入っていきます。

自分を演じる双葉や、変わってしまった洸、悠里の芯の強さなど、第一印象はそれぞれと出会って変化していきます。人と関わりあうことで気付きがあり、ブレる不安定な彼らの成長が描かれています。そんな「揺れ」の過程に懐かしいような歯がゆいような気持ちになる青春があります。

『アオハライド』については<漫画『アオハライド』最終回までの見所をネタバレ紹介!無料で読める!>の記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

マンガMeeで毎日無料で読んでみる

咲坂伊緒が読者に問いかける。一途じゃないとだめですか?『思い、思われ、ふり、ふられ』【2015~】

ひょんなことから出会ったまったくタイプの違う女子高生、由奈と朱里。高校1年になって新しい生活がスタートします。

由奈は地味で大人しい女の子、恋は物語の妄想だけで終わっていました。一方朱里は現実的で恋愛経験もあります。そんな2人がお互いの恋を応援しながら成長していく物語。

著者
咲坂 伊緒
出版日
2015-10-13

この作品はまったくタイプの違う2人の女子高生の成長を通して「一途の何が偉いのか」という疑問を投げかけます。少女漫画の主要人物は、一途に描かれたキャラクターが多いですよね。しかしその都度真剣に向き合って、また前向きに次に進むという周期が早いことは悪いことなのでしょうか?

自分の領域を脅かされ、何かを失い何かを得る少女の時代。通念と自分の価値観がぶつかり合い、はっきりとした善悪は少なくなっていきます。一途であるということも良い悪いと簡単に決め付けられないものかもしれません。恋物語を通してそんな大きなテーマを感じることのできる作品です。

『思い、思われ、ふり、ふられ』については<『思い、思われ、ふり、ふられ』を最終12巻まで全巻ネタバレ!無料で読める>の記事で紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。